IT業界はブラックばかりでプログラマーは奴隷扱い、深夜残業は当たり前ですよね。
ITエンジニア、SE職やPG職がバタバタ倒れるデスマーチ、ハードで過酷な現場はまるで戦場、3Kの温床です。
でも、そんなブラック企業ばかりではなく、残業なしのホワイト企業も実は存在します。
「プログラマーで残業なし」は、都市伝説ではありません。

IT企業のすべてがブラック企業ではありません
キャリアを捨ててIT業界から逃げなくても、ホワイト企業へ転職すれば大丈夫です。
特に未経験からのIT転職なら、ブラック体質ではない優良企業を選びましょう。

プログラマーが残業なしのホワイト企業に転職する方法、過酷なブラック企業ではない優良企業の見分け方を紹介します。

プログラマー=ブラック?残業が多い理由は?

予算と工数の見積もりがあまい

請負SIerのプログラマーはプロジェクトの納期に合わせて仕事をしますが、そもそもの予算や工数見積もりが甘いと、スケジュールは最初からタイトです。
安く受注したプロジェクトの場合は、予算が無いので人手もかけられず、一人の業務量がもともと多いです。どんなに能力の高いプログラマーでも、自分のキャパ以上の仕事を押し付けられれば定時では終わりません。
仕様の詳細が決まっていないのに受注契約している場合、仕様変更や追加で後からどんどん作業が増えてしまいます。予算が増やせない、余裕のあるスケジュールが組めない、人員も増やせない、残業前提の日々という悪循環に陥ります。

PMがクライアントをコントロールできていない

クライアントとの関係で立場が弱く、プロジェクトマネージャーがクライアントの言いなりの場合は、スケジュール管理ができず最悪です。
仕様確定ができない、いつまでも突然の仕様変更を受け続けているような場合は、スケジュールもあってないようなモノです。顧客の言うことに振り回されるばかりで、苦労して作業しても翌日にはコロッと要望が変わっていたりすると、仕事に絶望します。

トラブル時の対応で休日出勤

プロジェクトはモノづくりであり、何らかの理由で遅延が発生することは多々あります。
トラブルを吸収できるようなスケジュールが組んであればよいのですが、タイトスケジュールで遅れた場合は穴埋めの必要があります。納期は簡単には延びないので、どうしても深夜残業や休日出勤で対応するハメになりがちです。
スケジュール管理が甘くキチキチで余裕がないスケジュールだと、トラブル対応で休日出勤することが増えます。

できるプログラマーが他の会社へ行ってしまう

優秀な人材は給与や待遇のよい会社へ転職してしまい、できないプログラマーばかりが残るのが過酷な現場です。スキルの乏しいダメな人のフォローが必要になると、一人一人の仕事量が増え、負担過多になっていくデスマーチです。
結果的に生産性が悪くなり、残業が増えていくのもSEやPGあるあるです。

長時間残業が仕事効率を低下させ、残業が増える

プロジェクト後期になると特に、溜まりたまった長時間労働のツケがまわってきます。
「残業が多い」→「疲労によりプログラマーの処理能力低下」→「さらに残業が増える」という負のサイクルです。
納期直前は、脳内を常にデスマーチが鳴り響いているというプログラマーもいるでしょう。
そんなに過酷な現場でも高収入なら報われますが、サビ残が多くて給料に反映しないケースも少なくありません。

もともと残業ありの給与体系になっている

技術職として裁量労働制を導入している会社では、みなし残業代が給料に含まれるため、残業が前提になっていたりします。
実際には、みなし残業分以上に残業をしないと仕事が終わらないのですが、コミコミ制の場合は働いても働いても給料に還元されないので空しいですね。

転職で選んではいけない!残業の多い会社の特徴とは?

エンジニア派遣の会社、客先常駐は残業が多い

請負SIerや下請け会社には技術力がないことも多く、プロジェクト受注単価が安いので社員に払える給与も当然低くなります。つまり会社も無い袖は振れないパターンです。
客先常駐の零細SIerは、低予算で納期が短いプロジェクトしか受注できないため、低賃金で残業多めのため社員の定着率も低いのです。
人材の離職率が高い企業は、社員を大切にできず酷使している証拠かもしれません。

ゲーム業界は残業多い

ゲーム業界のプログラマーは、繁忙期は毎日残業で終電、休日出勤も多々あります。
特にパッケージゲーム開発の請負会社はクライアントありきなので、リリース直前はかなり過酷な現実があります。新作ゲームの発売予定日がどんどん先延ばしになっていくことって、よくありますよね。
無事に製品がリリースされた後などは、ホッと一息つける時期もあります。

受託開発(請負開発)している会社

プロジェクトにもよりますが、クライアントをコントロールできていないマネージャーのプロジェクトは仕様変更による残業が発生しがちです。優秀なPMが余裕を持った業務見積もりをしている場合や、大手企業でムチャなスケジュールの依頼はそもそも受けない方針なら別なのですが、受託や請負の場合は弱い立場の下請けSIerがほとんどです。
結果的に、しわ寄せはすべて末端のプログラマーにかかってくることになります。

プログラマーの残業なし/少ない会社は存在するのか?

技術力がある企業=残業が少ない

技術力がある企業は、クライアントである相手先企業との関係を良好に保つ契約関係を得ることもできます。何より「技術者側が働く分量をコントロールできる」ため、工数の見積もりがきちんとでき、余裕をもってスケジュール管理できます。
上流工程であるシステム設計までを別途契約するという方式を採用し、工数をキチンと把握してから受注する会社もあります。単なる労働力として安く買いたたかれるここともありませんし、プログラマーも正当な評価を得られ、残業も少なく収入も安定します。

WEB系の自社開発をしている会社

自社でWebサービスを企画運営している企業は、タイトな納期ではないため残業も少なめです。上流から下流まで自社でサービス提供している会社は、クライアントに振り回されることがありません。
零細ベンチャーの場合は別ですが、労務管理がしっかりしているWeb系企業なら、自社の技術者も大切にしているので安心です。

異業種の自社ソフト開発をしている会社

自社でBtoBの企業向けシステムを開発している企業は、労働環境もよく残業も少なめで待遇もよい傾向です。財務会計・金融系、医療系などの専門分野です。
特に、病院やクリニック等へ導入する医療システムやレセコン、電子カルテ、製薬系・医療系システムの自社開発企業は年収ベースも高くホワイトです。保険制度の改定時期はかなり忙しいですが、その他の時期は残業なしと思ってもよいでしょう。

研修制度がある会社

未経験者に限らず、社員教育に力を入れている会社はホワイト企業です。
プログラマーのスキルアップは業務効率のアップにつながります。社員みんながスキルアップすれば業務効率も上がり、結果として残業も少なくなります。
ライフワークバランスがとりやすくなれば、社員の定着率やモチベーション、愛社精神もアップします。会社全体がよい循環となり、利益が上がり社員への還元も期待できます。

本当に残業の少ない会社を見極めるには

残業なしの好待遇企業を探したいなら、転職前に企業の内部情報を得ることです。
素人が企業調査をするのは困難ですから、転職エージェントの活用、業界に詳しいプロの手を借りるのが一番です。

type転職エージェント

type転職エージェント

技術系雑誌の流れをもつ老舗の総合型転職エージェントで、IT業界に強みがあります。
技術系の大手企業やIT企業との太いパイプもあり、独自案件も多数保有しています。IT業界に精通しているので、企業の内情にも詳しく、残業の少ない優良企業とのマッチングを希望することもできます。関東圏のみですが、親身なサポートが自慢です。

type転職エージェント公式サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT転職に特化した専門タイプの転職エージェントです。Web系企業、アプリ開発などIT関係の求人のみを取り扱っていて、スマホやゲーム関連の求人も多いです。
登録者との面談に時間をかけ丁寧なカウンセリングが特徴で、転職目的と希望の優先順位を明確にします。
入社決定後のフォローも手厚いので、Web系エンジニア転職なら間違いありません。

レバテックキャリア公式サイト

まとめ

過酷な環境で働くプログラマーですが、すべての職場がブラックではありません。
残業なしで待遇のよい会社も存在します。
自社開発や技術力で利益をあげている会社は、社員の価値をよくわかっています。
元請け大手や優良企業は、社員への還元も決しておろそかにしません。

転職するなら、優良企業を見極めることが一番のポイントです。
・技術力がある企業
・WEB系の自社開発をしている会社
・異業種の自社ソフト開発をしている会社
・研修制度がある会社

搾取されるIT土方ではない、ホワイト企業のプログラマー職は、決して都市伝説ではないのです。
社員を大切にするホワイト企業への転職なら、IT業界に詳しい転職エージェントを利用しましょう。