経理の仕事を続けて、年収アップをしたい。でも今の会社のままだと月給もボーナスも上がらなそう・・・。

ここでは経理の仕事で転職先を見つけて年収アップを実現する方法を紹介します。
経理の平均年収と、年収アップが狙える転職先効率良くいい条件の転職先を見つける方法についてまとめました。

経理で転職を考えている人は参考にしてください。

年収の幅が広い経理の平均年収はどれくらい?

経理の平均年収は443万円で一般事務より高水準

年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
20代 379万円 408万円 356万円
30代 509万円 541万円 450万円

出典:マイナビエージェント

経理の平均年収は、443万円です。一般事務の平均年収より高い水準になります。
経理の年収が他の職種の年収と違う所は、年齢が上がると平均年収がかなり上がる所です。40代では約600万円、50代以降では約700万円という結果になっています。
また、20代の場合は男女の年収差が比較的小さいのが特徴的で、性別関係なく充実していることが予想されます。

経理は年収の幅が広い理由

・経理職経験者が転職する場合の平均年収

経理実務経験など 資格 平均年収
3年以上+英語力 簿記2級程度以上 400万円~700万円程度
3年以上 簿記2級程度以上 350万円~600万円程度
1年~2年程度 簿記2級程度以上 300万円~450万円程度
経験なし 簿記2級程度以上 200万円~350万円程度

・税理士や公認会計士が一般企業の経理職などに転職する場合の平均年収

経理実務経験など 資格 平均年収
3年以上+英語力 税理士及び公認会計士 500万円~800万円程度
3年以上 税理士及び公認会計士 450万円~700万円程度
1年~2年程度 税理士及び公認会計士 400万円~600万円程度
経験なし 税理士及び公認会計士 300万円~450万円程度

出典:会計人材バンク

平均年収は先ほど紹介した内容になりますが、実は年収の幅が広いのも経理の特徴で、約150万円から300万円ほどの差が出ます。では、なぜこれだけの差が出るのでしょうか。

業務内容の違い

経理は、経験年数が長いと次々に任される仕事の重要度が上がっていき、目に見えてキャリアアップできる仕事です。
その仕事の中でも、連結決算や原価計算の経験があるかどうか、年次決算を一人でこなせるかどうかなどで相場が大きく変わります。大きな額のお金を企業のために動かす業務ができるかどうかがポイントになります。

スキルの違い

2つ目にはスキルの違いが挙げられます。上記の表から分かるように、経理の仕事には英語ができるかどうかが大きくかかわってきます。英語が使えると年収が高くなるのは、グローバル展開していて英語が堪能な人材を求めている大手企業が多いためです。

企業規模の違い

有能な人材であっても、勤めている企業の規模が小さければ高い年収は望むことができません。残念ながら、大企業と中小企業の間には賃金格差が存在しています。
管理職の場合、中小企業は年収600万円~800万円、大企業は800万円~1,200万円ぐらいと、かなりの差があることがわかります。

経理で年収アップ転職をするには何をすべき?

経理の年収をあげるなら、本当に使える資格を取得する

経理の求人を見てみると、簿記2級を必須資格としていることがほとんどなので、未経験から経理への転職を考えている場合は、まず簿記2級を取得することが絶対条件です。

経験者で年収アップ転職を狙っているのであれば、簿記1級、TOEIC730点以上は取得したほうが年収アップできる可能性は高いです。外資系企業に転職を考えている場合は、USCPAもあると採用担当者からの評価が高いです。
公認会計士や税理士の資格を保有している方がもちろん年収は高いですが、すべてを学ぶだけでも相当な時間を費やすことになるので、すぐに年収アップ転職をしたい人にはおすすめできません。

ムダに経験を増やさず早いうちに転職をする

経理の転職は実務経験がものを言います。そのため、もう少し今の職場で経理の実務経験を積もうと考える人もいるかもしれません。ですが、どの業界・業種でも転職は若いうちの方が選択肢が多いのが現状です。

会社の景気が良くなく給料が増える見込みがないのなら、早めに決意してその時点で選べる最良の求人を選んで転職を実現させるのがおすすめです。

経験を生かして年収アップ!経理で年収アップを狙える転職先の特徴

キャリアを活かせる同職種が有利

経理という現在のスキルを生かして年収を狙うなら、同職種で今より条件のいい会社に転職するのが鉄則です。
経理の仕事が自分に向いていない、続ける自信がないなど、よっぽどのことが無い限り、経理のキャリアを投げ出すのではなく、自分の経験とスキルを活かせる職種で転職先を探した方が、転職先でも能力を生かせるので年収が上がりやすくなります。

会計コンサルティング会社

経理の仕事経験者は会計コンサルティング会社に転職する道もあります。会計コンサルタントでは、事務処理だけでなく、経営に関するアドバイスに力を入れていれていて、コンサルタントの内容で依頼者の経営が良くなれば、多額のインセンティブがコンサルタントに支払われます。

会計コンサルティング会社では経営支援の能力が収入に反映するので、やりがいがありキャリアアップできる転職先です。

外資系企業の経理

経理職で収入アップを目指すなら外資系企業の経理職に就く方法もあります。国内企業よりも2~3割給与が高い水準で給料を支払っている企業が多く、経理パーソンではなかなか手の届かない年収1000万クラスの収入を手にしている人も少なくありません。
外資系企業の経理に転職するには、経理のスキルに加えて、英語や中国語など語学スキルが求められます。

資格取得に余裕があるなら大手の会計事務所・税理士事務所

税理士、会計士資格を取得した方が有利

経理の人の転職先は企業の経理部門だけではありません。年手アップを狙うためには大手の会計事務所税理士事務所に転職という道もあります。
簡単に取得できる資格ではありませんが、会計事務所や税理士事務所に転職するには、税理士、会計士資格を取得した方が有利となります。

固定給+αの収入を目指せる

会計士は企業の監査業務を行い、税理士は個人や法人の依頼にそって税務に関する業務やアドバイスをおこないます。会計事務所や税理士事務所では成果主義を導入しているところが多く、固定給の企業の収入より実力次第で収入アップがのぞめます

年収アップが可能な経理の求人を効率よく見つける方法

良い条件の求人は自力で探すのは難しい

転職サイトやハローワークで、経理の仕事そのものは一定数見つかりますが、年収アップが可能なよい条件の求人を見つけるのは困難です。国内企業の経理管理職は、はえぬきの社員がポストに就くことがまだまだ多く、ハイクラスの経理の求人はヘッドハンティング等一般には公開されない方法で募集をかけることがほとんどだからです。

非公開求人を紹介してもらえる転職エージェント

年収アップが狙える経理の求人を見つけるには、転職エージェントに登録するのが手っ取り早い方法です。担当のコンサルタントに希望年収や条件を伝えると、条件にあった求人を非公開求人の中から紹介してくれるので、自力で仕事を探すより手間も時間もかかりません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大の転職エージェントです。転職実績ナンバーワンで、非公開求人の数は全体の約90%、求人数も他社と比べてダントツに多く、転職を希望している人は登録しておきたい転職サービスです。経理や会計といった専門職の転職実績も豊富で、企業からの信頼も厚く、非公開求人の中には年収アップを実現できる有名企業・優良企業が多数含まれています。第二新卒から幹部候補まで幅広いキャリアの転職に対応している総合型の転職エージェントです。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

経理の平均年収は443万円で、一般事務より高い水準となっています。
経理は、実務経験スキルや資格取得次第でさらに高い年収を得ることも可能な職種です。しかし、企業によっては賃金格差があるため、大手の年収の高い企業に転職することが年収アップ転職には重要です。

年収がアップする可能性が高い転職先に

会計コンサルティング会社
外資系企業の経理
大手会計・税理士事務所

があります。

経理で良い条件の求人は一般公開されないことがほとんどなので、質の良い非公開求人を多数抱える転職エージェントに登録し、経理の仕事での年収アップを実現させましょう。