「勢いで大学中退したけど、大学中退ってその後の進路にどう影響するの?」、「大学中退した女が働ける職業は?」

ここでは、大学中退した人はその後どうなっていくのかを紹介します。大学中退で成功する人の特徴フリーターを続けないための方法正社員の探し方なども解説しているので、参考にしてみてください。

大学中退でもその後成功した人がやったこととは?

フリーターの自由を謳歌せず、常に学んでいた

フリーターはある種自由が利くものです。それに満足せずに将来の起業や、公務員試験に向けて勉強したりと、大学中退でも成功している人は、フリーターで時間がないということを言い訳にしていません。大学中退で専門学校に通い、資格を取得するなど、何かを学んでいる人は成功する可能性が高くなっています。

もちろん、全員が成功することはありませんが、起業へ向けて努力したことや資格取得に向けて勉強したことというのは、就職する際の強みなとなります。面接時に努力していたことを素直に述べられますし、何かにチャレンジしていたというのは企業からすると、評価になるポイントといえるでしょう。

特殊性の高いアルバイトをしていた

大学中退者としての空白期間を弱みにしないような、特殊性のあるアルバイト経験をしていると面接官の食いつきもよくなります。なぜそれを選んだのか、そのバイトでどんなスキルや知識が身に付いたのかという点に興味を持ってくれます。

また、希望する職種につながるような、スキルが身につくアルバイトの経験があれば、就職に有利になりますし、入社してからも自身のスキルを十分に活かせて成功につながります。

正社員になるため人の助けを借りた

大学中退後でフリーターなどの期間が長くなると、正社員になりにくくなります。親兄弟や知人の会社などに紹介で入社できればいいのですが、それも無い場合、自力で探さないといけません。

大学中退者は一度入学してはいるものの、書類上の学歴は高卒というハンデがあり、一人で就職活動を続けていくのは困難となります。そこで、未経験者の正社員就職をサポートしている就職エージェントに相談すると、大学中退者の大きな支えとなってくれます。

自分でネットなどから情報を得て、何社も応募するよりも、フリーター専門の就職エージェントに相談することが、正社員登用への近道となるでしょう。

有名人にも多い大学中退者!成功するのはほんの一握り

大学を中退してその後成功した有名人を一部紹介します。

・有田哲平(くりぃむしちゅー) 立教大学 法学部中退
・石田純一 早稲田大学 商学部中退
・糸井重里 法政大学 文学部中退
・上田晋也(くりぃむしちゅー) 早稲田大学 教育学部中退
・岡村隆史(ナインティナイン) 立命館大学 経営学部中退
・桂文枝 関西大学 商学部中退
・キダ・タロー 関西学院大学 社会学部中退
・黒柳徹子 慶應義塾大学 文学部中退
・河野太郎 慶應義塾大学 経済学部中退
・甲本ヒロト 法政大学 経済学部中退
・小室哲哉 早稲田大学 社会科学部中退
・堺雅人 早稲田大学 第一文学部中退
・櫻井よしこ 慶應義塾大学 文学部中退
・水道橋博士(浅草キッド) 明治大学 経営学部中退
・西田敏行 明治大学 農学部中退
・葉加瀬太郎 東京藝術大学 音楽学部中退
・百田尚樹 同志社大学 法学部中退
・堀江貴文 東京大学 文学部中退
・槇原敬之 青山学院大学 文学部中退
・松本幸四郎 早稲田大学 第一文学部中退
・宮崎哲弥 早稲田大学 教育学部中退

※参照 マイナビ 学生の窓口
(https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/41647)

上記のように、有名人にも成功者が多くなっていますが、同じように夢見てフリーター期間を長引かせるのは危険です。成功している人も知名度があるから多く見えるだけで、実際にはほんの一握りの存在と言えます。

大学中退、その後の人生が暗くなった人がだいたいやってる失敗

アルバイト先で、せいぜい数年だけの俺イケてる感を満喫

学生時代からのアルバイトを続けている人は、オシャレなお店で働いてイケてる感を出している人も少なくありません。大学よりも前から同じ店舗で長年働いている人もいることでしょう。アルバイト先でリーダー的ポジションに立っていたとしても、威張れるのはせいぜい数年程度です。

実際にアルバイトはどんどん新人が入ってきます。フリーターとして働いていても年々周囲の視線が厳しくなっていきます。大学中退を全面に押し出すようなアウトロー的な雰囲気を出していても、30歳という年齢が近づくにつれて、バイト先での肩身が狭くなっていきます。

奨学金が返せない

大学を中退すると、奨学金もストップしますが、返済に関しては貸与終了後の7か月目から始まります。それまでに就職しているといいのですが、生活にゆとりがない状態でいると、奨学金の返済が大きな負担となってしまいます。

気づいたときにはあとの祭り!正社員採用は20代を逃したら正直厳しい

大学中退後にフリーター歴が長い人ほど、正社員採用のチャンスは減ってしまいます。これは企業側からすると、就職する気がない甘えた一面が見えるからです。

フリーターでいたことに特別な理由がない限り、行動しようと思えばすぐに出来たのにフリーターの立場に甘んじていた人だと思われて、企業からの印象は悪くなります。企業からは、「いざ入社しても、我慢が続かずにすぐに辞めてしまうだろう」と見られてしまいます。

30代までに正社員になるように行動

きちんと正社員として働くなら、20代の内に動く必要があります。企業側は、30歳までが未経験の入社ラインとしていることが多いです。全くの未経験が仕事を覚えるのは20代の内で、30代以降はある程度責任あるポジションの転職者を希望するからです。

また、就職エージェントなどに頼る場合にも、20代のうちに登録しておかなければいけません。30代になると登録すらさせてもらえなくなることが多いので、サポートを受けることができなくなってしまいます。

大学中退に付け込まれないホワイトな就職先を探す方法

大学中退した人におすすめの職業

大学中退で正社員経験のない人には、IT系職種や営業などがおすすめです。ITは人材が足りていないので未経験でも採用されやすく、将来性の高い職種なので高収入が狙えます。スキルさえ身につければフリーで働くことも可能です。

営業は未経験でも採用されやすいだけでなく、アルバイトでの接客経験なども活かせます。自分のスキル次第では、学歴に関係なく高収入が狙える仕事です。

大学中退した女性は、資格を気にしなくても働ける事務員や、資格を取得するなら将来の需要も高めの介護系を視野にいれておきましょう。

ホワイト企業で働くには

大学中退者が焦って就活を始めると、未経験者歓迎と称して雇用してくれる企業を信じ切ってしまい、入社後にブラック企業だったと後悔してしまうこともあります。ブラック企業は甘い言葉で勧誘していますので、信頼できる企業情報を得ることが大切です。

フリーター専門の就職エージェントを利用することで、正社員経験がない人でも積極的に採用している企業情報を紹介してもらえます。また、大学中退からの空白期間を、自己PRに変えるための対策を講じてくれます。

まとめ

大学中退で成功している人は、時間を無駄にせずに、資格を取ったり起業のために番強したりと努力をしています。かと言って、成功するのはごく一部の人です。

失敗しないためには、30代になる前に、できるだけ早く正社員として就職することです。大学中退で正社員経験がない人はIT系や営業、女性なら事務系や介護系の職種がおすすめです。

大学中退で失敗しないために、早めに行動しましょう。