年収レンジが高く、求人件数も多いことから保険会社の営業職として働いてきたけれど、ノルマがきつくて辞めたい・転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、保険会社から転職する際のおすすめの転職先と、他業種に転職する場合の志望動機・自己PRの書き方についてまとめています。
また、保険営業職の実態ノルマなしの保険会社は存在するのかについても解説しています。

保険会社から転職したいと考えている人は、参考にしてください。

保険会社を辞めたい理由は?保険営業職の実態

高収入は可能だが、その分のリスクも大きい

営業職の中でも特に大変というイメージも強い、保険会社の営業職。保険の営業は、場合によっては年収1,000万円も夢ではない仕事です。高収入という目標を持っているのであればおすすめしたい仕事ではありますが、その反面プライベートや自身の身を削るような覚悟もなければ、保険の営業で高収入を目指すというのは難しいかもしれません。

というのも、営業の仕事は基本給に加えて、契約を取ることで得られるリベートなどの「ボーナス」 が支給される場合が多く、保険営業で高給取りの人はそのボーナス部分で高収入を可能にしています。
しかし、基本給は低く設定されている場合が多いので、そこまで稼ぐとなるとかなり大変な思いをしなければなりません。

ノルマによる過酷な日々

大変な思いをする一つの理由として挙げられるのが「ノルマ」 の存在でしょう。ノルマは、営業各人に与えられる言わば会社の売上目標のようなもの。一人ひとりがしっかりと契約を取ってくることで、会社の売上も安定するわけですが、このノルマこそが営業の仕事を過酷にさせている原因にもなっています。

もちろん、悪い側面だけではありません。このノルマを達成し、さらに高みを目指すことで高収入を可能にしているのですが、それもほんの一握り。ちょっとやそっとでは達成することができないようなノルマが多く、営業マンは日々契約のストレスに悩まされています

ノルマなしの保険会社ってあるの?

保険会社は基本ノルマあり

保険会社の営業職には、基本的にノルマが存在します。特に、生命保険営業職は個人事業主のようなもので、自分の身の回りから契約を手あたり次第取るのが仕事と言っても過言ではありません。

求人票に「ノルマなし」とあったとしても、例えば個人ノルマはないけれどチームとしてのノルマはあるとか、何らかの形でノルマは存在すると覚悟するべきです。

代理店にもノルマはある

保険営業は個人事業主のようなものなので、代理店にももちろんノルマは存在します。本社・営業所では細かいフォローがしきれない地域などの業務を代理店に担当してもらう、という側面もあります。
代理店は、保険会社とライセンス契約を締結することで、その会社の商品を販売します。ライセンス契約にはノルマが設定されることもあり、契約に応じた実績を求められます

家族・友達を売らなくて済む保険会社はある

他社との差別化を図ることができず、商品そのものにオリジナリティや強みを持たない会社は、どうしても知人や友人のつてを頼る営業活動に偏りがちです。「営業マンそのもの」の能力や人間関係を売りにしなければ、商品が売れないのです。

しかし、独自の商品力や提案力をもっている会社は商品自体に魅力があるため、会社としてのノルマは無いことが多いのです。

プルデンシャル生命

ライフプランナーとして女性の活用に力を入れているのがプルデンシャル生命です。
プルデンシャル生命はアメリカが本社の外資系保険会社です。外資系といえば完全実力主義というイメージですが、ここでは、会社から与えられるノルマというのはなく、「自己目標」を設定して仕事を進めます。そうすることで、ノルマありきの営業でなく顧客の立場に立った営業活動をし、サービスの質を保てる、という会社の考えに基づいたシステムです。

ノルマについて上司から叱責されることはなさそうですが、自己管理をしっかりする必要があるため、ある意味厳しい世界です

ペット保険業界

近年、注目されているのがペット保険業界です。ペット保険市場は売り手市場で正社員採用が追いつかず、パートやアルバイトでなんとか繋いでいる会社も少なくありません。
契約数は伸びていますが、インターネットによる契約が基本で営業職がそれほど必要ないこともあり、女性に人気の高い事務職やコールセンターなどの職種も求人がある、穴場の業界です。ただし、営業以外の事務系の職種の場合、年収が下がる可能性が高い点には注意が必要です。

保険会社から転職、おすすめの転職先は?

営業の経験は、業種を問わず転職に有利

営業は、厳しいノルマを達成する努力や忍耐力などを培うことができます。また、社外で多くの人と接するため、経験を積めば積むほどビジネスマナーやコミュニケーション能力を磨くことができます。

さらに、問題が起きたときに臨機応変に対応する能力なども身につけることができます。そのため、営業を経験していることは、業種・職種を問わず転職する上でプラスに働くことがたくさんあります。

ノルマの無い他業種の営業職

メーカールート営業

ノルマがない、もしくは少ない営業に転職したいなら、メーカーのルート営業がおすすめです。ノルマが完全にないとは言い難いですが、法人相手のルート営業だとノルマはかなり緩い傾向があります。

既存顧客との信頼関係を保つだけでなく、より強固にし、顧客に対してよりよい新たな提案を行うというのがおおまかな仕事です。決して簡単な仕事ではありませんが、毎日朝から晩まで新規開拓の飛び込み営業で数字に追われるような営業とは一線を画します

医療系営業職

医療系の営業職には、医療関係者に医薬品の情報を提供し、提案販売するMRが主に挙げられます。基本給を抑えて能力給や歩合の割合を高くしているため、安定性に欠ける生命保険業界とは異なり、基本給自体が高く設定されているため、比較的安定した収入が見込める、というメリットがあります。

また、収入レンジも高いです。ただし、転勤が多いことや、医師や医療関係者など顧客の都合に合わせた時間で仕事をすることになるので、終業時間が読めない、といったデメリットもあります。
ノルマがきついのは嫌だけど、とにかく稼ぎたい人におすすめの職種です。

人材系営業職

生命保険の営業で培ったコミュニケーション能力を生かして、人材派遣会社などの営業に転職するのもおすすめです。登録スタッフのフォローの他、営業事務的な仕事も多いので、労働時間や休みも管理しやすい仕事です。

ビジネスマナーや電話対応など、保険営業でのスキルを生かして仕事ができる、という点もおすすめできる理由の一つです。

販売職、保険ショップ

また、保険会社の経験が一番有利になる仕事としては、近年増えてきている保険ショップなどの仕事も視野に入れても良いかもしれません。保険の知識を活かすこともできますし、何よりお客さんが保険の相談をしに、あなたの元へとやってくる仕事となるのです。

同じく、ショップでの販売職も、あなたが経験してきた営業スキルを活かすことができるでしょう。無理に売り込むのではなく、店に来たお客さんに物を売るため、ストレスは遥かに少ないでしょう。

営業企画・販促・マーケティング

保険会社の営業をしていると、顧客のニーズや好みなどを把握したうえで、お客様に合ったプランを紹介していたという人も多いですよね。保険を売るために自然としてきたことだとは思いますが、実は市場マーケティングと同じことをしています。

そのため、営業企画・販促・マーケティング職でもその営業経験と知識を十分に発揮することができます。

まずは求人を転職サイトでストックしておこう

ノルマに追われて、ゆっくり転職活動をすることもできないと思っている人もいると思います。転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まりますが、良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している、国内No.1の転職サイトです。新着・更新求人が毎週1,000件以上届き、その中の約8割はリクナビNEXTでしか見ることができない独占求人です。
さらに、レジュメ登録者にはサイト未掲載の特別求人を閲覧することも可能です。
サービスも充実していて、スカウトメールの他にも、提携エージェントから特別求人が届くシステムもあります。

リクナビNEXT公式サイト

本気で転職するなら転職エージェントを活用しよう

求人を転職サイトでストックしつつも、本気で転職したいと思ったら、転職エージェントも活用するのがおすすめです。転職エージェントに登録することで、専任のキャリアコンサルタントが担当につき、転職サイトには出てこない非公開求人を紹介してもらえます。さらにキャリアコンサルタントには応募前に履歴書や職務経歴書をチェックしてもらったり、面接で企業がどんな質問をしてくるか事前に情報を得られるので、選考通過率が格段に上がります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功率NO.1の転職エージェントです。エージェントの中でも最大手で、保有している求人数が格段に違い、さらにネットなどで閲覧できる公開求人よりも非公開求人を多く(10万件以上)抱えています。
非公開求人の中には希少価値の高い「未経験可」の求人もあるのはもちろんのこと、応募書類の添削から、心配な面接練習までの対策を講じてくれるので、安心して転職活動を効率的に進めることができます。

リクルートエージェント公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

30代から40代のキャリア志向のビジネスマン向けの転職エージェントです。外資系企業や日系企業のグローバルポジションに強みを持っています。
登録者と求人企業を一人のコンサルタントが両方担当しているので、双方の情報をスムーズに伝えられ、マッチングの精度が高いです。そのため、企業を熟知しているコンサルタントから親切丁寧な対応で細かいサポートを受けることができます

JACリクルートメント公式サイト

保険会社から他業種に転職する際の志望動機・自己PRの書き方

転職を目指すのにあたって、必要となってくるのが履歴書や職務経歴書です。これまで保険会社の営業で培ってきた仕事内容や経験、資格などをまとめる必要がありますが、具体的にはどのようなポイントに絞っていけば良いのでしょうか。また、実際に転職を行う際の面接や、自己PRの方法についても、ある程度まとめておいたほうが良いでしょう。

退職理由と志望動機は混ぜて答える

職種はともかく、「働く」 という点においてはどの仕事も同じこと。転職する企業側に対して「この人は営業が嫌で辞めたのかな?」 という印象を与えてしまっては、うちでも同じことになるのではと心配になってしまうでしょう。

そこで重要になるのが退職理由と志望動機です。退職理由は事細かに伝える必要はなく、志望動機と一緒に混ぜて答えるのが理想的でしょう。
例えば、「御社(書面上であれば貴社)の仕事内容に惹かれたため」 という志望動機であれば、「面接先の仕事がしたいので、退社した」 と答えることができます。

退職理由を逆手に取って、自己PRも前向きに

自己PRについても同じことが言えます。「保険営業職で培った経験やスキルを、御社で活かしたかった」と伝えれば、面接先の企業も、保険営業職が嫌で辞めたのではないんだなと感じられるでしょう。

事実、保険営業職で我慢しながら頑張ってきた経験は、次の会社でも存分に活かすことができるでしょう。精神的に追われるように保険営業職を離職したとしても、次の仕事にまで影響を与えることはありません。

転職先のリサーチも忘れずに

転職する際に重要となるのが、どのような仕事をしたいかという考え方、方向性です。転職エージェントで相談することで、色々な仕事の内容や、自分にあった仕事というのが明確になってきますが、大事になるのはあなた自身のやりたいという気持ちです。

どんな仕事があるのか、どういう仕事に憧れるのか、どんな仕事がしたいのかという方向性が見えてくると、おのずと準備しなければいけないものも見えてきます。

準備しなければいけないものは、これから身につけるものなのか、前職でも経験してきたものなのか。まずは、自分の方向性をしっかりと持つことが、転職を有利に運ぶポイントとなります。

まとめ

保険会社の営業は、大小はありますが基本的にノルマがありますが、中にはノルマが少ない業種もあります。ペット保険は営業の必要が低いので、穴場の業界です。

他業界のノルマなしの仕事に転職したいなら、

メーカールート営業
医療系営業職
人材系営業職
販売職・保険ショップ
営業企画・販促・マーケティング

といった職種がおすすめです。

転職エージェントのサポートを上手に活用しながら、自分がどの条件を最も重要視するか自分の中で整理しておきましょう。