アルバイトといえば思い浮かぶのがコンビニバイト。店舗数も多く時間も24時間営業という点もあり、ちょこっと働く分にも都合が良さそうです。従業員の年齢層にしても学生から主婦、店舗によっては高齢者が働いているところも多くなってきていますし、年齢に関わらず働けそうです。とはいえハード過ぎたりしないかちゃんと稼げるのか人間関係はどうかなど様々な不安がありますよね。実際はどうなっているのでしょうか。

コンビニバイトの良い評判まとめ!メリット・楽な点は?

仕事場が近いのが楽

コンビニエンスストアはお店の数が多く、コンビニでアルバイトをしようと思ったときに家や学校の近くでアルバイトを見つけられる可能性が高めです。通勤そのものが楽で、通勤にかかる時間を短縮することができ効率よく働けます。

また、マニュアルがしっかりしており、一度覚えてさえしまえばすることは同じだというのがコンビニバイトの楽な点です。経験者に聞くと、やはり深夜に短時間働くとお客さんも少なく楽だという声が多いです。とは言っても全てのお店が楽なわけではなく、店舗によって忙しさが大きく異なるのもコンビニバイトの特徴。

例えば駅の近くなどは遅くまで客足が途絶えないため、本来は楽であるはずの深夜の時間帯でもハードワークになってしまいます。住宅街や、昼間の集客がメインであるオフィス街の中にある店舗であれば、夜間は楽に働くことができます。自分の働きたいところの近くで、あまり人が集中しない店舗を選ぶことをおすすめします。

https://twitter.com/o_25band/status/1071566842869628928

働きたい時間を選んで働けるのがメリット

コンビニは通常24時間営業です。いくつかの時間帯のシフトから自分の都合のよいシフトを選んで働くことができます。学業や家庭と両立しやすく、掛け持ちのアルバイトも可能です。

コンビニで働く最大のメリットは時間の融通が効きやすいことですが、それ以外にもコンビニならではのメリットがあります。それは、流通や情報の最先端にいるということ。働いているだけで新しい情報や商品に触れることができるため、トレンドに敏感になれます。また、様々な商品を取り扱っているため、今どんな物が売れているかという勉強にもなります。物流の最先端にいるわけですから、仕事をする上での視野を広げることもできます。
https://twitter.com/0330Satokan/status/1073820331792424961
https://twitter.com/balino_mami/status/1073315124839014400

コンビニバイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

業務の幅が広く、いろいろな作業を平行してやらないといけないのできつい

コンビニの仕事はかなり幅広く、レジや陳列などの他に調理や清掃などの仕事もあります。最初のうちは覚えることが多く、自分の中で段取りを組んで仕事を進めないと、店の運営に支障がでてしまうので慣れるまできつい仕事です。サービスの多様化もあり、業務を覚えるまでが大変という経験者の声が多いです。

またコンビニはいろんなお客さんが来店します。急いでいる人を待たせたりするとクレームになりやすく、深夜は酔っぱらいに絡まれることもあるので一定レベル以上の接客スキルがなければ精神的にきつい仕事です。飲屋街の中など、立地によっては客数が少なくても一人一人の対応が大変になってしまう場合があるのです。

立ち仕事なので脚腰が痛い、ルーチンワークなので飽きてしまう

コンビニの仕事は立ち仕事が基本です。シフトの間立って作業するので脚や腰に負担がかかります。

またコンビニの仕事は覚えることは非常に多いけれど、広く浅いルーチンワークで構成されています。長い間勤めてひととおり仕事を覚えてしまうと、仕事に飽きてしまいマンネリ化して退屈で仕事が長く感じてしまうデメリットがあります。

バイト探しに役立つサイトBest5


ショットワークス
短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

バイトル バイト探しちゅー
アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

ギガバイト
最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数!!。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、1日のみの単発仕事からスキマ時間で稼げるアンケート系お仕事も多数紹介しています。

キャリアバイト
アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。インターンでも労働者扱いですので、通常のアルバイト時給で実践的な職務経験を積むことができます。大手の内定を勝ち取れるかも!?

コンビニバイトの具体的な仕事内容とは?

コンビニバイトの基本・レジでの接客

コンビニバイトの基本は接客です。レジでお客様に挨拶をしてお会計をしたり、お弁当を温めたりというのはイメージが湧きやすいでしょう。レジでの接客には会計や温めのほか、宅配便などの荷物受け付け、切手やはがきなどの販売があります。またタバコやアルコールを販売する際には年齢確認をしたり、水道光熱費や電話代などの収納代行をしたりするのもレジの仕事です。

最近は多くの自治体で税金や保険料などがコンビニ払い可能になっており、そのような公共料金の収納代行も多くなっています。その他にも、チケットの取り扱いなど、コンビニによってサービスが多少異なってきます。

レジ以外ではどんな仕事をするのか?

自分がユーザーとして利用する際には意識しないかもしれませんが、コンビニバイトにはレジ業務以外にも様々な仕事があります。まずは清掃。コンビニはトイレ利用者も多いため、店内だけでなくトイレ清掃もしなければなりません。

また、商品の品出し・陳列、店によっては発注も任される場合があります。レジ脇にあるおでんや肉まんなど「カウンターFF」と言われる商品の調理の他、コピー機やATM、チケット発券機の使い方も聞かれることがあるため、一通り覚えておかなければなりません。

店舗によっては特殊な業務も

店舗にもよりますが、クリーニングの取り扱いやギフト商品の予約、年賀状印刷などの代行を行なっているコンビニもあります。また、最近はアマゾンなどインターネット通販の荷物受け取りができるお店も増えてきました。コンビニの業務はどんどん幅広くなっています。

コンビニバイトの給料(平均時給・月収)

コンビニバイトの平均時給は?

気になるコンビニバイトの時給ですが、平均900円前後となっています。しかし、この数字はあくまで全国平均であり、また、昼間と夜間では当然時給も大きく異なります。その上、コンビニは高校生も働いていますが、高校生は時給が下げられていることも多いです。

そのため、夜間にシフトに入れる社会人であれば、もっと稼ぐことができると考えて良いでしょう。首都圏を例に挙げれば、夜間は1200円から1300円ほどの時給になっています。地方に行くと概ね100円から200円ほど時給が下がる傾向にあります。

コンビニバイトは学生や主婦、フリーターと様々な人が働いているため、一概に月給が幾らぐらいになるとは言い切れません。しかし、例えばダブルワークで週に三回、三時間ほど働くことができれば、時給1000円としても週に9000円、月で言えば4万円近くの収入になります。休日前の夜間だけでも勤務時間を増やすなどすれば、月に5万円以上稼ぐことも可能です。24時間営業のため、働こうと思えばいくらでも働くことができるのがコンビニバイトの強みです。

時給を上げるには?

コンビニバイトで時給を上げるには、もちろん日々の業務をしっかりこなすことが一番です。ダブルワークの場合には社会人経験というアドバンテージがあるため、この点は問題ないでしょう。また、オーナーや店長、そしてフランチャイジーのスーパーバイザーとしっかりコミュニケーションを取ることも大切です。オーナーや店長は意外とお店の運営やバイトの教育に悩んでいたりするもの。積極的に話しかけて相談に乗ることで信頼を勝ち取り、仕事や教育を任せられるようになることが昇給への近道です。

コンビニバイトの年齢層は?

何歳ぐらいの人が働いているの?

コンビニバイトの年齢は様々です。高校生になったばかりの未成年から、定年退職した高齢者まで幅広い年齢層の人が働いています。ただし、店舗によっては高校生を雇っていなかったり、若いフリーターが多かったりします。条件的に通いやすそうな店舗があれば、ユーザーとしてそのお店を訪れた際に従業員の年齢層を確認してみるのもいいでしょう。曜日や時間帯によって従業員の年齢層がガラッと変わるお店もあります。自分が働きたい時間帯や曜日を確認しましょう。

働くのに年齢制限はあるの?

業界最大手であるセブンイレブンのホームページを見ると、高校生以上であれば年齢制限はないと明記されています。ファミリーマートやローソンの求人ページを見てもシニアアルバイトの写真が掲載されており、何歳以上だからダメだという制限はないことが分かります。とは言っても実際の採用を行うのは店舗のオーナーです。気になるようであれば働きたい店舗に直接確認しましょう。

コンビニバイトに採用されるコツ

こんな人が求められている

コンビニのオーナーが求めているのは、しっかりシフトに入ってくれる人です。裾野が広いコンビニバイトですが、その分学生のバイトはテスト前にはシフトに入れなくなったり、主婦の場合は家族の都合によって急にお休みをしたりと、意外と人集めに苦労しているのです。決まった曜日・時間にきちんとシフトに入れると採用率がアップします。

コンビニバイトに向いている人向いていない人

コンビニは様々商品やサービスを取り扱っており、また、商品の入れ替わりも激しいです。加えて、仕事内容も多岐に渡ります。そのため、一つの物事を追求したいという人よりは、浅く広く、臨機応変に対応できる人が向いていると言えます。客層も様々ですし、予想外の質問をされることもあります。全てを完璧にこなそうとせず、フットワーク良く柔軟に対応できるスキルが必要です。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークスへ無料登録

  2. バイトル バイト探しちゅ〜

    CMでも話題の、学生やフリーターなど若年層から人気を集めている求人サイトです。また、アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。
    エリアや職種の他にも、仕事の特徴や給与、雇用形態など、求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。
    ※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

    バイトルへ無料登録

  3. ギガバイト

    最速で最適なアルバイト探しは、ギガバイト。最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数掲載。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、詳しい条件検索や、1日のみの単発仕事や春/夏/冬休みなどで絞り込みもできます。アンケートモニターバイトなど、スマホでどこでもできる、スキマ時間で稼げるお仕事も多数紹介しています。

    ギガバイトへ無料登録

  4. キャリアバイト

    若者正社員チャレンジ

    単なるアルバイト情報サイトではなく、インターン情報サイトです。アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。職場体験的なプログラムとは違い、実践的なインターンで職務経験としてキャリアに繋がります。

    インターンでも労働者扱いですので、労働基準法、最低賃金法など各法規を遵守しています。大手企業からベンチャー企業まで多種多様な職種業種で累計2,500社以上です。大手の内定を勝ち取れるかも!?

    キャリアバイト 公式サイトへ

  5. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

コンビニバイトは楽な場所や時間帯と、そうでない場所・時間帯の差異が激しいです。また、従業員の年齢層もオーナーの意向によって異なるため、入ってみたら学生ばかりという可能性もあります。コンビニバイトをするのであれば「家の近所だから」などと安易に決めず、ユーザーとして通い、チェックした上で働きやすそうな店舗を見極めましょう。働きやすい店舗であれば勤務もしやすく、その分だけ稼ぐこともできます。