遊園地や観光スポット、週末のショッピングモールなど、どなたも一度はかわいいキャラクターの着ぐるみを目にしたことがあると思います。いつも子どもたちに大人気の着ぐるみですが、どんな仕事かご存知ですか?

その仕事内容から大変なこと楽しいことどんな人が向いているのかまで、着ぐるみバイトにまつわる内容をご紹介します。

着ぐるみバイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

実働時間が短く休憩が多い

着ぐるみの中の人のバイトは1日拘束の場合が多いですが、実働時間は非常に短いです。着ぐるみを着た状態で動くのは体力的にとてもハードなため、頻繁に休憩が挟まれるからです。

働く場所にもよりますが、15分働いたら45分休憩、という感じのペースになっていることが多いです。休憩時間も時給が発生するので、体力がある人には美味しいバイトといえます。

子どもの人気者になれる

子どもの人気者になれることも、このバイトの魅力の一つです。着ぐるみのバイトは大まかに、戦隊モノなどのスーツアクターと呼ばれるものと、遊園地などのマスコットキャラクター系の2種類に分かれます。

どちらも子どもが喜ぶものなので、ちびっ子たちの注目を集められることは間違いないでしょう。

着ぐるみとしてではありますが、子どもと触れ合える楽しみもあります。

積極的に駆け寄って来る子から、もじもじしながら遠巻きに見ている子まで、子どもによっても反応がさまざまです。保育士など子ども相手の職業を目指している人には、子どもの扱い方の勉強にもなるでしょう。


https://twitter.com/kiki_ahokimoota/status/882208232717955072

ダイエット効果が得られる可能性も

着ぐるみのバイトは、サウナスーツを着て運動するのによく似ています。そのため、ダイエット効果が得られる可能性もあります。実際に、着ぐるみのバイトで体重が落ちた人もいます。

また、汗をたくさんかくので、デトックス効果が得られる可能性もあるでしょう。


https://twitter.com/RetrieveEthan/status/1020836188683362304

着ぐるみバイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

暑くて重い体力仕事

着ぐるみのバイトのもっともきつい点は、中が蒸し暑くて着ぐるみ自体の重量が重いことです。冬でも動き回ると汗だくになりますが、夏は50℃を超える暑さになるのでかなり大変です。

酷暑に耐えながら動き回るので、体のコンディションをしっかり整えておかないと危険です。前日の夜更かしは控え、勤務中も涼しい服装でこまめに水分を補給するなど、体調に気を配るようにしましょう。

メイクや整髪料も汗で流れて不快感が増すので、しない方がよいです。ピアスなどの金属類も、汗と反応してかぶれる可能性があるので外しておきましょう。

重量はものによって異なりますが、ディズニーランドの着ぐるみの場合で10~30kgほどの重さです。


https://twitter.com/xiuHEvmP08tEpKg/status/859979845261971456

視界が悪くて動きにくい

重さもさることながら、着ぐるみを着ていると視界も普段の10%ほどしか確保できないので、動くのが非常に難しくなります。

視界が悪くても、子どもにぶつからないように考えて動かなければならず、想像以上に気を遣います。

動きにくいので、一人では着ぐるみの脱ぎ着もままなりませんが、これについてはアシスタントが一緒に行動するので手伝ってもらえます。ただし、毎回違う相手と組むので、人見知りな人だと少々辛いかもしれません。


https://twitter.com/apb____tnskt/status/887656653482414080

着ぐるみの中が臭い

着ぐるみはいろいろな人が着るので、前に着た人たちの汗や体臭などで臭いこともあります。そのため、人や体調によっては臭いで気分が悪くなる可能性もあります。

また、次に着る人のことを考えて、香水など臭いが残るものはつけて行かないようにしましょう。


https://twitter.com/meko_007_/status/767139671147057152

子どもに乱暴される

着ぐるみに集まってくる子どもの中には、パンチしてみたり蹴ってみたりと、乱暴をする子もいます

酷いケースになると、着ぐるみを脱がせようとしたり、目の部分を塞がれてしまうこともあります。

着ぐるみを着ていると喋れないので、「止めて」と伝えることもできませんが、相手は子どもなので、基本的には大らかな気持ちで受け止めることが大切です。

しかし、あまり酷いときや危険を感じるときは、アシスタントなど周りのスタッフに、ジェスチャーなどでサインを送って助けてもらいましょう。

https://twitter.com/ayupom____o0/status/838024850656485379

体格によってはバイト不可

着ぐるみはサイズが決まっているので、中に入れる人の体格がある程度限られます

特に、背が高い人はマスコットキャラクター系の着ぐるみのバイトはほぼできません。可愛らしく見えて親しみやすいという観点から、着ぐるみの身長が低めに作られていることが多いからです。需要が高いのは、160センチくらいまでの小柄な人です。

男性で背が高い場合は、ヒーローショー系の着ぐるみなら採用してもらえる可能性があります。なおヒーローショーは、ヒロイン役も小柄な男性が演じていることが多いです。

ただし、極端に太っている人の場合は、いずれのタイプの着ぐるみも着られないのでバイト不可です。閉所恐怖症の人も止めておいた方がよいでしょう。


https://twitter.com/yaranainoka/status/892415426994462722

バイト探しに役立つサイト厳選Best3

シェアフル
登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリです。大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで「1日単位で」「すぐに」「簡単に」働ける、平均時給1200円以上のバイトがたくさん。求人情報は東京中心に全国拡大中。

シゴト.inバイト
an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。職種・給与・エリアに加え、時間帯や一日・短期・日払い・憧れの職種などで検索できます。

マッハバイト
バイトに採用が決まったら必ずお祝い金がもらえるバイト情報サイト最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

着ぐるみバイトの仕事内容

着ぐるみの種類

着ぐるみバイトには大きくわけて2種類あります。

1つめは、遊園地でよく見かける戦隊モノのショーなどを行うアクション系のもの。

2つめは、子どもたちに風船を配ったり、周りの人たちに手を振ったりして場を和ませる癒し系のものです。一般的によく目にする着ぐるみといえば、後者の癒し系のものですね。

仕事現場は主に遊園地が多く、他にもショッピングモールや企業のイベント会場、レジャー施設などがあります。ゆるキャラブームの影響もあり、着ぐるみバイトの需要は高まっていると言えます。

主な仕事内容

単発のバイト募集であることが多く、そのイベント期間中、決められた時間に1回20~40分程度着ぐるみを着てお客さんの前に登場するのを、1日に4~8回程度こなします。

主な仕事内容は、子どもたちと触れ合ったり、一緒に写真を撮ったり、キャラクターになりきって場を盛り上げることです。

自然と小さい子どもの相手をすることが増えるので、うっかり夢を壊さないように気をつけた行動を心がけなければなりません。

着ぐるみバイトの給料(平均時給・月収)

給与の平均相場

気になる着ぐるみバイトのお給料ですが、一般的には単発の日給バイトが多いです。7,500円~12,000円程度が平均的な金額で、着ぐるみの内容によって差があります。

単発ではなく定期的な仕事を求める場合、イベント会社の派遣に申し込んだり、遊園地との直接契約などもあり、アクション系などスキルが必要になるものは、仕事内容のハードルは上がるものの比例して高収入が期待できます。

着ぐるみバイトの年齢層

どんな人がやってるの?女性でもできるの?

着ぐるみの中は大変暑く、また意外と重たく動きづらいので、体力が必要になってくる仕事です。単発バイトが多いこともあり、お試しで経験してみたい男性、特に大学生に人気の仕事ですが、ニーズ面では女性が有利だとも言えます。

なぜかというと、着ぐるみは子どもとコミュニケーションをとりやすくするために、背を低く小柄でかわいらしく作られていることが多いからです。そのため中に入る人も当然150~160cm以下の身長のニーズが高く、背が低い男性、そして小柄な女性が向いていると言えるのです。

特にスカートをはいたキャラクターなど、かわいらしさがポイントの着ぐるみでは、スカートをつまむ仕草や首をかしげる仕草など、女性の方が演技が自然になるメリットもあります。

ただし、中に入っているのが女性だと見破られると、男性に抱きつかれたりなど、セクハラを受ける可能性があるので要注意です。

着ぐるみバイトに採用されるコツ

向いてる人ってどんな人?

着ぐるみの中は冬でもかなり暑く、着ぐるみ本体もなかなかの重量な上、オーバーアクションをとらなければならないため体力の消耗が激しいです。休憩時間がしっかりしてるといっても、やはり体力勝負のお仕事なので、背が低く小柄で、体力に自信がある人が着ぐるみバイトに向いていると言えるでしょう。

逆に言うと、体力さえあれば男性でも女性でもチャレンジできるので、幅広い人が活躍できます。

あとは、狭いところが苦手じゃないこともポイントです。着ぐるみの中は、入ってみると想像以上に視界が狭く、圧迫感もあります。閉所恐怖症の人などはパニックになってしまう危険性があるので、耐性があることが前提といえます。

特殊な着ぐるみの場合は、事前に打ち合わせや練習があり、求められるハードルは高いですがその分高収入が期待できますよ。

意外と大変な着ぐるみの移動

着ぐるみをひとりであやつるのは難しく、着たり脱いだりもひとりでは満足にできません。そこでアシスタントの登場です。着ぐるみを着るときからお客さんの前まで同行してアシストしてくれるので、何かあったら頼ることができるので安心です。

その反面、初日から初対面の人と行動を共にする必要があるので、苦手な人にはネックかもしれません。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのアルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで、平均時給1,200円の色々な仕事を希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  3. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  4. リクルートがフリーターから正社員転職を支援する、就職Shop

    就職Shop

    リクナビやリクルートエージェントでお馴染みのリクルートキャリアが運営する、既卒や第二新卒、フリーターに特化した就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません。

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。
    業界・職種の中卒・高卒・未経験OK・書類選考なしでエントリーできる正社員求人もあり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやマナー講座、模擬面接大会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートを展開しているのも特徴的です。
    全国対応で、拠点は首都圏と関西圏になりますが、リモート対応も可能です。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

どの着ぐるみの場合も、そのキャラクターになりきれること、そしてそれを楽しめることが大事です。体力的にはきつい面もある仕事ですが、単発から気軽にできるし、求人によってはそこまで体力を使わなくても良いものもあります。

ちょっと変わった仕事を楽しんでしたい、やりがいを感じたいという人には、話のネタにもなる着ぐるみバイトはおすすめです。