本記事では居酒屋経営に挑戦しようと考える人にとって役立つ情報をお伝えします。ご一読いただければ居酒屋経営に関する基礎知識を身につけられるでしょう。

居酒屋経営の魅力とは?

居酒屋を開業する際、経営者の仕事は多忙を極めます。大きな決定から細かな買い物にいたるまで、全てに責任を持たなければいけないからです。また初めて居酒屋の経営に挑戦する場合、実際の手続きや内情が不明瞭な分だけ不安もつきまといますが、情報を知ることで解消されるでしょう。以下では居酒屋経営がどのようなものかを魅力とともにお伝えします。

やりがいや魅力

店のコンセプトや運営方針を決め、メニューの企画や開発にも参加し、内装のデザインや手配を行い、食器や備品の発注をするなど、居酒屋経営者はすべてのタスクにかかわる必要があります。

忙しく動き回る必要はありますが、一国一城の主になれることは魅力的です。明確なビジョンを持つ人間にとってはやりがいがあるでしょう。また、居酒屋の経営者が店に立つ場合には十分な体力が必要です。接客業なのでコミュニケーション能力も求められます。

現状と将来性

外食産業の現在の状況は衰退傾向にあるともいわれますが、インバウンドが盛んになるなどプラス要因もあります。将来的に状況が向上することも十分考えられるでしょう。

居酒屋の平均年収は?

実際に居酒屋を経営するといくらもうかるか知りたい方は多いでしょう。人生をかけて挑戦するだけの報酬が得られるのかどうか判明すれば、現在の収入と比べることで将来の生活をイメージできます。以下では業界全体での平均年収や他の経営者の年収についても解説します。

平均年収、稼いでいる人の年収、稼いでない人の年収

居酒屋を経営する人の平均年収は、人によって金額の幅が大きく開いていることから、はっきりとわかりません。およそ300万円~2500万円程度だと言われており、大きな差が生じる理由は経営スタイルにあるといえるでしょう。

複数店舗経営をしている経営者の場合は、年収1千万円以上の人も多い傾向があります。逆に1店舗経営の居酒屋の場合は、普通のサラリーマンと同等かそれ以下になるケースもあるのです。

客商売なので毎月の収支も安定しません。初心者の場合、経営状態を黒字に保つことは難しく、赤字が続いてしまう店舗も珍しくありません。赤字状態が続くと年収が200万円台にまで落ち込む場合もあることを覚えておきましょう。

どんな人が稼いでいるのか

居酒屋経営で稼ぐ人の特徴として、基礎的な経営の知識を身につけていることが挙げられます。経営知識をもとに複数の店舗経営を実現できれば、1000万円をこえる年収も夢ではありません。

経営者にとって税金や経費の知識は不可欠です。決算書などの内容を理解できる、いわゆる「数字が読める経営者」にならなくてはならないのです。基礎知識くらいは少なくとも実際に経営を始める前までに身につけておきましょう。

知識を身につけた経営者は発想が豊かになります。普段の生活を経営者目線で見ることになるので、新しいアイデアが浮かびやすくなるのです。そのアイデアを店舗経営に結びつけることで発展させていくことができるでしょう。

居酒屋を開業するには?

居酒屋を開業するための手順や資格について説明します。ただし居酒屋と一口に言ってもその運営内容は店舗によって異なるため、実際にはそれぞれ調査する必要があります。営業時間はどうするか、共同経営者はいるか、目当ての物件はどのようなものかなど、ご自分の状況を考慮してご確認ください。

開業までの流れ、開業資金はいくら必要か

開業を決意した経営者は、まず物件探しからはじめます。次に事業計画や資金調達、店舗内装や設備投資といった大きな決定をします。備品購入や諸官庁への届け出、スタッフの募集と教育、販促活動など細かな作業まで経営者が責任を持つのです。

開業資金の目安は小規模な店舗であれば700万円~1200万円程度です。まず物件を取得するためには保証金を最初に支払う必要があります。店舗経営をする物件では賃料の10カ月分程度が相場となっています。
また店舗設備のための費用は、内装工事や備品の購入に充てる費用のことです。たとえば居抜き物件の場合は調理用具などをそのまま使えるので、買いそろえる費用がかからずお得となるでしょう。

資格や免許、許認可は必要か

飲食店を開業するには「食品衛生責任者」と「防火管理者」が必要であり、手続きは保健所や消防署に対しておこないます。

食品衛生責任者とは、店舗ごとに一人は在籍しなければならず、開業時に保健所へ届け出ます。資格を得るには都道府県で実施している講習を受ける必要があり、その際の受講費は1万円程度かつ通常1日で取得が可能です。

防火管理者の資格を得るには消防署で実施される講習に参加する必要があります。受講費用として、テキスト代が3千円から5千円程度がかかり、講習期間はその種別によって1~2日かかります。
また、その他にも場合によっては許認可を得なければならないケースがあります。

居酒屋で儲かる経営のポイントは?

せっかく居酒屋経営に挑戦するのであれば、収入が上がらなくては魅力がありません。以下では居酒屋経営でもうかるためのポイントを解説します。キーワードはスタッフ教育、設備投資、利益率の見極めです。飲食店経営の全般に関わる基本的な内容となっているので、開店した際にはぜひ実際に行ってください。

儲けるコツを紹介

社員を教育することでスタッフのスキルアップが望め、結果として店舗の利益アップに直結します。特に他店舗経営も視野に入れている場合、店長クラスの人間を育てることも大切にしてください。そして育てた人材が辞めないように職場環境の充実をはかることも忘れないようにしましょう。
リピーター客を飽きさせない工夫として、内装や食器を変えるなどのマイナーチェンジは効果が期待できます。

利益率を伸ばすには顧客単価を上げるやり方と、原材料などのコストカットを徹底する方法があります。しかしボーダーラインを見誤り、サービスと価格が不釣り合いになると、お客様から見放されてしまう恐れがあるので注意しましょう。

失敗する人と成功する人

失敗する人は基本的に居酒屋経営を甘く見ており、普通に経営すれば良い結果がついてくると勘違いしています。成功するには競合店との差別化をはかる必要があります。お客様があなたのお店に来るメリットをよく考えましょう。

原材料を安く仕入れることができれば利益率が大きく伸びるということを自覚しなければなりません。開業したばかりで卸業者と価格交渉をするのはハードルが高いですが、実績を積めば、やがて取り合ってもらえます。

経営を成功させる源はお客様の満足度にあります。例えば食材の質を落としてもバレなければ良いという考えでは失敗します。逆にお客様の想定を超えた満足を求め、気を配れる人は成功しやすいといえます。

フランチャイズで居酒屋を開業するサポートサイト

運営32年の実績『フランチャイズサポート』

BMフランチャイズ

フランチャイズサポートは、運営32年以上、数多くのユーザーの独立・起業をサポートしてきた実績があり、経験豊富なスタッフが独立開業をサポートします。日本全国の『知る人ぞ知る会社』から『超人気会社』まで、厳選したFC企業を検索、資料請求できます。居酒屋、外食チェーン等多数掲載中です。
丁寧なサポートには定評があります。失敗しないための独立起業マガジンは必読です。

フランチャイズサポートへ無料登録

商工会議所系フランチャイズポータル:BMフランチャイズ

BMフランチャイズ

BMフランチャイズは、全国の商工会議所が運営するビジネスマッチングサイト「ザ・ビジネスモール」から派生した、フランチャイズビジネス比較サイトです。商工会会員企業が多くFC募集しています、全国100件以上のFCビジネスを簡単に比較できます。資料請求は何件でも無料です、説明会への申込みもサイト上で簡単に完了できます。
新規開業相談コーナーもあり、開業手続関係・税務・資金関係 、法律関係の相談ができます。

BMフランチャイズへ無料登録

日本最大級のFC募集情報サイト『フランチャイズ比較ネット』

BMフランチャイズ

運用実績が10年以上あり、年間“200名以上”の独立実績のある『フランチャイズ比較ネット』は、FC制度を利用し独立開業したい方を応援する、日本最大級のフランチャイズ情報サイトです。コンビニなどの小売業から塾、ハウスクリーニングや介護等サービス業から多数の飲食業など約130社のフランチャイズを比較検討できます。また「開業までのステップ」「フランチャイズの比較検討ポイント」「加盟契約時の注意点」など、開業までに必要なノウハウを身につけることができ、現役オーナーへのインタビューや、サービスや制度について丁寧に解説してくれるオリジナル動画など独立開業希望者を徹底サポートしています。

フランチャイズ比較ネットへ無料登録

まとめ

いくつかのプラス要因があるとはいえ、外食産業には昔のような勢いはありません。漫然と居酒屋経営にとりくむだけでは成功することは難しいでしょう。競合店との差別化を考慮したコンセプトを確立しつつ、常にお客様の満足度の向上を求める姿勢が大切なのです。そのため自分の個性やアイデアを発揮することや、他人を喜ばせることが好きな方にとっては、居酒屋経営は向いているといえます。