「カフェを開業したいが、何から手をつけたらいいのか分からない」「サラリーマンのままで一生を終えたくないが、カフェの経営で生活していけるのだろうか?」「どうやったら成功するの?」

カフェを経営したいが具体的なことが分からずに一歩を踏み出せずにいるというあなたのために、開業にあたり誰もがぶつかる疑問点をまとめました。ぜひ参考にして、夢の実現に役立ててください。

カフェ経営の魅力とは?

仕事の内容は?

カフェの仕事といえばもちろんコーヒーを淹れることですが、それだけではありません。どのようなメニューを提供するかによっても異なりますが、アイスドリンクやフードも出すとなれば、キッチン内での仕事も多岐に渡ります。また洗い物も出るので、注文を取ったりドリンクを準備する合間にカップや皿を洗う必要もあります。
それ以外にも、仕入れや帳簿付け、売上の管理など、様々な仕事が必要になってきます。個人経営のカフェではのんびりとコーヒーを淹れているようなイメージがあるかもしれませんが、実際には企業・あるいは個人事業主として様々な業務が必要になってきます。

やりがいと魅力はたくさんある!

それでも個人でカフェをやるのは、やはり魅力があります。何と言っても、カフェを経営する以上は一国一城の主になるわけです。様々な仕事をしなければいけないというのは、逆にいえば自分で全てができるということでもあります。これは、雇われていると経験できることではありません。
特にカフェの経営は、お客さまとの距離も近く、訪れる方の反応がすぐに分かります。内装やメニュー、音楽などにもこだわりを反映させやすいのです。自分自身の感性で全てができるミニマムさがカフェ経営の魅力。自分でチョイスしたメニューや音楽などをお客様に褒めていただけるというのは、何ともやりがいのあるものです。

どんな人がカフェ経営に向いているの?

カフェの経営に向いているのは、やはり人と接することが好きな人。特に個人経営のカフェではリピーターが重要になってくるため、お客様にはフードやドリンク、そしてお店だけでなく、あなた自身を好きになってもらう必要があります。また、複数のお客様に対して異なるメニューを異なるタイミングで提供しなければならないため、応用力のある人が向いていると言えます。また、オーダーやお金のやり取りに対して正確さが求められます。

カフェ経営の現状と将来性

はっきり言えば、カフェ経営の現状はそれほど楽なものではありません。コンビニコーヒーの影響などもあり、古くからのカフェでも苦戦を強いられているところがあるのが現状です。しかしSNSを有効に使うなどして、お客様が途絶えないカフェがあるのもまた事実。「カフェでコーヒーを飲む」という文化がなくなることはまず考えられないため、成功するかどうかはあなたのアイディアしだいと言えるのです。まさにやりがいのある仕事だと言えます。

カフェ経営の平均年収は?

カフェオーナーの平均年収はどれぐらい?

カフェオーナーの平均年収ですが、データによれば200万円から1000万円以上と非常にばらつきがあります。稼いでいる人は複数の店舗を経営し、1000万円以上の収入を得ている人も。逆に稼いでいない人は200万円程度となっています。もちろんこれは平均なので、実際にはもっと稼いでいるオーナーもいれば、年収が200万円以下というオーナーもいるわけです。

カフェ経営で稼いでいるのはどんな人?

1000万以上の年収を得ているオーナーというのは、複数の店舗を経営している人です。カフェは客単価が安く、粗利で言えばせいぜい数百円程度の儲けです。そうである以上、まずは大勢のお客様に来ていただく必要があります。成功しているカフェの条件は、まず集客力があることだと言えます。
そのためにはやはり、ほかの人と同じことをしていては意味がありません。成功しているカフェは、立地であったりメニューであったり、そのカフェにしかないカラーがあるものです。稼いでいるカフェオーナーは、「オリジナルなコンセプトを打ち出すことで顧客のハートをつかみ、リピーターになってもらって店舗を拡大する」というのが共通した特徴を持っているのです。

カフェ(喫茶店)を開業するには?

開業までの流れその1〜コンセプトと事業計画〜

カフェを開業するまでの基本的な流れとしては、まずコンセプトを決め、どこでどんな店を出したいかを決めることが第一です。メニューや内装のイメージもこの段階で検討します。次にすべきことは、具体的に事業計画を立てること。売上や集客数を考えるわけですが、この事業計画がしっかりしていないと融資を受けることもできません。理想や願望ではなく、現実的な数字を考えましょう。

開業までの流れその2〜物件探しと融資〜

資金調達と並行して行わなければいけないのが物件探しです。「どこでもいいからカフェを出したい」では売上がついてくるわけもありませんし、また場所が決まっていないと融資も受けられません。それに内装を整えたり、厨房機器を搬入する必要もありますので物件は事前に押さえなければなりません。物件が決まったら契約書を交わし、最終的な融資の話を進めましょう。

開業までの流れその3〜形を整える〜

融資の話が進めば、あとは実際に形を作っていく作業です。内装や厨房の工事を業者に進めてもらいながら、メニュー表を作ったり、仕入れ業者を選定し、コーヒー豆や食材の仕入れが必要になってきます。また、合わせて資格取得と営業許可の申請が必要になってきます。こちらについては後ほど詳しくご説明します。

開業資金はどれぐらい必要か?

立地や大きさ、居抜き物件かどうかによっても異なってきますが、カフェ開業に必要な最低金額は500万円以上と言われています。実際には個人で開業する場合、600万円から700万円ほどが必要になります。もちろん自宅で開業する場合と駅前の一等地に店舗を借りる場合では大きく変わってきますのであくまで目安となりますが、一つの目安としてこれぐらいはかかると心得ておきましょう。

必要な資格や手続きは?

先ほど簡単に触れましたが、カフェの営業には二つの手続きが必要です。まず一つは、管轄する保健所に「飲食店営業許可」を取ること。似たものに「喫茶店営業許可」がありますが、喫茶店営業許可ではアルコールの提供ができず、フードの提供にも制限があります。ぜひ飲食店営業許可を取っておきましょう。具体的な手続きについては、保健所に相談すれば丁寧に教えてくれます。手続きには時間がかかる場合もありますので、少なくとも開業の一ヶ月前には保健所に相談しておきましょう。
また、一軒のカフェにつき一人、「食品衛生責任者」という資格を持った人が必要になります。こちらも管轄は保健所ですが、定期的に開催される講習を一日受ければOKです。合わせて保健所に質問してみましょう。

カフェで儲かる経営のポイントは?

儲かるための最大のポイントとは?

先にも述べましたが、カフェで成功するポイントは、他との差異化を図ること。特にSNSが普及している現代では、有効にSNSを使うことが成功への近道です。自分自身で発信していくことももちろんですが、お客様が写真を撮りたくなるようなフォトジェニックなメニュー・内装・器などにこだわることで顧客数をぐっと増やすことが見込めます。

カフェ経営で成功する人失敗する人

カフェは廃業数も非常に多いと言われます。カフェ経営に失敗する人の特徴は、一言で言えば「こだわりが強すぎて、数字を意識しない人」です。「自分はこれをやりたい!」ということにこだわるあまり集客数が伸びず、廃業に追い込まれるわけです。成功する人は柔軟に考えられる人、そしていい意味で「カフェ経営はビジネス」と割り切って考えることができる人です。自己満足になってしまわないように、自分のやり方にとらわれずお客様に意見を求めたり、きちんと利益率や売上を把握することが成功への条件です。

フランチャイズでカフェ・喫茶店を開業するサポートサイト

運営32年の実績『フランチャイズサポート』

フランチャイズサポート

フランチャイズサポートは、運営32年以上、数多くのユーザーの独立・起業をサポートしてきた実績があり、経験豊富なスタッフが独立開業をサポートします。日本全国の『知る人ぞ知る会社』から『超人気会社』まで、厳選したFC企業を検索、資料請求できます。カフェ、喫茶店、外食チェーン等多数掲載中です。
丁寧なサポートには定評があります。失敗しないための独立起業マガジンは必読です。

フランチャイズサポートへ無料登録

商工会議所系フランチャイズポータル:BMフランチャイズ

BMフランチャイズ

BMフランチャイズは、全国の商工会議所が運営するビジネスマッチングサイト「ザ・ビジネスモール」から派生した、フランチャイズビジネス比較サイトです。商工会会員企業が多くFC募集しています、全国100件以上のFCビジネスを簡単に比較できます。資料請求は何件でも無料です、説明会への申込みもサイト上で簡単に完了できます。
新規開業相談コーナーもあり、開業手続関係・税務・資金関係 、法律関係の相談ができます。

BMフランチャイズへ無料登録

日本最大級のFC募集情報サイト『フランチャイズ比較ネット』

フランチャイズ比較ネット

運用実績が10年以上あり、年間“200名以上”の独立実績のある『フランチャイズ比較ネット』は、FC制度を利用し独立開業したい方を応援する、日本最大級のフランチャイズ情報サイトです。コンビニなどの小売業から塾、ハウスクリーニングや介護等サービス業から多数の飲食業など約130社のフランチャイズを比較検討できます。また「開業までのステップ」「フランチャイズの比較検討ポイント」「加盟契約時の注意点」など、開業までに必要なノウハウを身につけることができ、現役オーナーへのインタビューや、サービスや制度について丁寧に解説してくれるオリジナル動画など独立開業希望者を徹底サポートしています。

フランチャイズ比較ネットへ無料登録

まとめ

カフェ経営で成功している人は、単に理想や自分自身のこだわりにとらわれているわけではありません。具体的な手続きや数字の管理をしっかり行い、コンセプトに沿って現実的な経営をしているからこそ成功しているのです。あなたもカフェ経営で成功することは可能です。そのためには夢の実現に向けて、すべきことを一つずつこなしていきましょう。