安定も知名度も申し分ない。勤め先を口にするとみんなにうらやましがられることの多い自動車メーカー。でも様々な理由から出来るだけ早いうちに異業種に転職したいと転職活動をはじめる人もいます。

自動車メーカーを辞めたい理由や、おすすめの異業種転職先自動車メーカーから異業種転職するときに年収を下げない求人の選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自動車メーカーを辞めたい理由は?

企業風土があわない

自動車メーカーはものづくり文化を代表し、日本経済を支えてきた産業です。歴史があり、大きな会社が多いのですが、一方で体質が古い企業が多く、体育会系的な縦のつながりを重んじる風潮が根強く残っています。

年功序列主義や、出世のスピードに上司との人間関係が大きく影響するのに嫌気がさして、もっと風通しのよい企業で働きたいと考える人がたくさんいます。

仕事が細分化されすぎている

自動車メーカーの多くが、規模の大きな会社です。部署ごとに仕事が細分化されていて、決められた仕事をこなしていくシステムを採用しているところが多くあります。そのため個人に幅広いスキルが身につきにくく、与えられた仕事に物足りなさ自分の将来のキャリアに不安を覚えて転職を決意する人もいます。

業界に将来性がない

自動車業界は技術面でも市場の面でも過渡期にあります。国内のシェアは飽和状態で、技術面や価格の面でメーカー間の競争が激化しています。

それぞれの企業が海外に市場を求めて新たな戦略を打ち出す工夫をする一方で、成果を求められすぎた部署がデータ改ざんを行ったり、価格競争のしわ寄せを下請け企業への圧力を強めることで回収したりする問題が後を絶たず、業界全体の将来性のなさに失望して異業種に活躍の場を求める人材も増えています。

自動車メーカーから異業種に転職、おすすめの転職先は?

古い体質が嫌になった人はベンチャー企業へ

自動車業界独特の古い体質に嫌気がさしている人や細かく仕事が振り分けられていることに不満のある人は、ベンチャー企業への転職がおすすめです。これまでのキャリアを活かしつつ、能動的に働いて新しい組織を作り上げていく醍醐味を味わうことができます。

年収や安定性といった面では前職に劣るかもしれませんが、新しいことにチャレンジしたい、やりがいのある仕事をしたい、自分の仕事の範囲を自分で決めていきたいという希望を叶えることができます。

自動車業界に見切りをつけた人は航空機メーカーへ

自動車業界の将来性に不安を感じている人は、同じ輸送機器メーカーである航空機メーカーに転職するという方法があります。海外でのシェアを伸ばしつつある航空機業界では転職者の採用を積極的に行っています。これまで身につけたノウハウを活かし、自動車産業を離れて同じ製造業で働くことができます。

辞めたいと思ったら、まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

自動車メーカーから異業種転職、年収を下げない求人の選び方

自動車メーカーは他の業界に比べると高い年収をもらっているケースが多いのが実情です。転職者は現在の年収を維持したまま異業種転職するのはハードルが高くキャリアと求人のマッチングが最重要課題になります。

自動車メーカーでの経験やスキルと、転職先が求める条件がマッチしてないと、単なる未経験転職と見なされ、年収が大幅にダウンする危険性があります。

求人サイトなどで自力で探すよりも、自分に合った求人を見つけて転職のサポートをしてくれる転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けて、非公開求人の中から自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらう方が転職の成功率が高くなります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大級の転職エージェントです。規模が大きいだけでなく、異業種転職の成功実績があり、利用者の満足度が高い転職サービスです。

転職先の業界に精通したキャリアアドバイザーと面談を行い、今後にキャリアについて相談することができ、面談後に希望にあった求人を紹介してもらうことができます。応募先との日程調整や条件交渉なども代行してもらえ、利用者はこれらのサービスを無料で受けることができます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

自動車業界になじめない仕事が細分化されている業界に将来性を見いだせないなどの理由で、自動車業界から異業種転職を希望する人が増えています。

・古い体質が嫌になった人はベンチャー企業
・自動車業界に見切りをつけた人は航空機メーカー

といった転職先がおすすめです。

全体的に給与水準が高い自動車業界からの転職で年収を下げないために、キャリアのマッチングは不可欠で、転職サービスの利用がおすすめです。現在の職場では叶えられなかった希望や条件を転職サービスを利用して効率よく見つけ、転職活動を成功させましょう。