専門学校に通い、国家資格を取って始めた自動車整備士の仕事。車は今でも好きだけれど、整備士の仕事はもう続けたくない、と異業種への転職を考えている人がたくさんいます。

自動車整備士を辞めたい理由や、自動車整備士からのおすすめの転職先自動車整備士から異業種転職をするときに年収を下げない求人の選び方について紹介します。自動車整備の仕事から転職を検討している人は参考にしてみてください。

自動車整備士を辞めたい理由は?

A male looking under the hood of a car

整備より接客の比重が大きい

自動車整備士の仕事についている人のほとんどが、自動車が好きで整備の仕事そのものに愛着を持っています。ですが実際仕事を始めてみると、顧客対応にかかる時間が思いの他長いことが負担になってしまうことあります。

整備士の接客とは、単に整備の内容を顧客に説明するというより、客単価を上げるために、商品のセールスをしたり、仕事場によっては本来必要でない部品交換を勧めたりすることも多くきついノルマが負担となって接客が嫌になって整備士の仕事から離れたい気持ちが強くなっています。

労働時間が長く給料が少ない

自動車整備士の人数は年々少なってきていて、整備士不足が自動車業界の問題となっています。量販店もカーディーラーも必要な整備士の人員が十分確保できないため、今働いている整備士一人あたりの仕事量が増え、拘束時間も長くなっています。

自動車整備士は国家資格を取らないと仕事に就くことができず、仕事をしながらも新しい技術について知識を身につける努力を続けなければ務まりません。ですが、仕事で求められることが多い割に収入が少なく自動車整備士の年収の平均は420万円程度です。もっと簡単に収入を得られる仕事を求めて、自動車整備士の仕事を離れる人がたくさんいます。

自動車整備士から異業種に転職、おすすめの転職先は?

中古車査定士

自動車整備の仕事に半年以上就業している人は、中古自動車査定士の試験を受けることができます。資格を手にし、中古車販売業に転職する道があります。中古車査定士は、車のコンディションを正確に見極め、車検の合否判定をしたり、中古車買い取りの査定販売をしたりする仕事で、これまで身につけてきた車の知識を仕事に活かす事ができます。

保険会社の技術アジャスター

整備士から保険会社に転職し、技術アジャスターの仕事に就く道もあります。技術アジャスターとは、自動車事故が発生した時に事故の原因を調べ、車の修理費用を算出する仕事を行います。

技術アジャスターは試験を受け合格して日本損害保険協会に登録してなれる職業で、受験には自動車整備の知識が必要です。転職で年収が整備士の頃より上がることが多く、独立してフリーに仕事を請け負うことができるので、年収アップや、労働時間を自分でコントロールしたい人におすすめの転職先です。

自動車販売営業

整備の仕事を離れますが、ディーラーに転職して自動車販売営業の仕事に就く選択肢もあります。現在の収入に不満のある人におすすめの転職先で、自動車の販売営業は成功報酬がつく給料体系が多く、能力次第で高収入を目指すことができます。

自動車整備士は年収アップ転職が楽勝

自動車業界では整備士不足という問題を長年抱えています。特に若い人材の車離れが顕著で、整備要員の高齢化が進んでいます。

自動車整備士不足は深刻ですので、異業種転職ではなく、同業他社に転職で年収アップや、待遇の良い職場で働くことも可能です。量販店よりもカーディーラーの方が条件は良いのが一般的ですが、量販店で働いていた人はいろいろなメーカーの車の整備を経験し、知識も技術も高いことが多く、転職市場で評価が高めです。

転職するときは、年収だけに目が行きがちですが、好きな自動車整備の仕事を年齢が上がっても無理なく続けられる職場を探すことも重要です。

辞めたいと思ったら、まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

自動車整備士から異業種転職、年収を下げない求人の選び方

自動車整備士から異業種転職をする場合は、整備士の技術と知識を活かせる職場を選ぶことが重要です。キャリアと求人のマッチングが年収を下げない転職には欠かせません。

整備士時代の経験やスキルと、転職先が求める条件がマッチしてないと、未経験転職と見なされ、年収がダウンすることもあります。

求人サイトなどから自力で転職先探すよりも、自分に合った求人を見つけて転職のサポートをしてくれる転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けて、自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらう方がキャリアと求人のマッチングがうまくいき、転職先の選択肢が増えるのでおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大規模の転職エージェントです。非公開求人の数は約10万件で、利用している企業には有名企業や優良企業が多数含まれていて、転職者から信頼を集めている転職サービスです。

自動車業界やメカニック関連の求人も多数取り扱っていて、登録すると担当のキャリア・アドバイザーから希望にあう求人を紹介してもらえます。希望すれば、就業後の時間帯や電話での面談もできるので、現在の仕事と転職活動を両立することができます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

自動車整備士の仕事を、セールス偏重の仕事内容が嫌になった仕事量が多く残業が長い仕事内容に給料が見合っていないなどの理由から異業種に転職希望する人が増加しています。

・自動車整備の経験を活かしキャリアアップしたいなら中古車査定士保険の技術アジャスター
収入アップを目指すなら自動車販売営業

といった転職先がおすすめです。自動車整備士は減少傾向にあるので、同業他社への転職で、収入アップや待遇の改善も期待できます。

自動車整備のキャリアを活かした転職には、希望にあう求人を非公開求人から探して紹介してくれる転職サービスの利用がおすすめです。