メーカー・製造業に勤めている人でも、仕事を辞めたいと思い、異業種に転職しようと考えている人もいることでしょう。同じ業種で転職することが多いのが製造業ですが、専門性が高いことから、全くの未経験転職をするには少しハードルが高いこともあります。

そこで、メーカー・製造業を辞めたい人の理由おすすめの転職先転職方法を紹介していきます。

メーカー・製造業を辞めたい理由は?

単純作業に疲れて辞めたい

製造業といっても多くあります。毎日同じ作業の繰り返しになることが多い職種では、単純作業に疲れてしまい、このままでは将来に不安を感じるとして仕事を辞めたくなります。

中には派遣社員やパートと同じ扱いを受けて、生産ラインから抜け出せず、ライン作業のみに従事している場合もあるでしょう。段取りや機械の調整をすることがなく、ラインを任されているという実感を抱けない人は仕事を辞めたくなりがちです。

中小企業は給与が低くて労働時間が長い

製造業といえば交代制もあって、交代勤務手当や残業手当、休日出勤手当、深夜手当などの各種手当が充実していると思われがちです。しかし、中小企業の中には、基本となる基礎給与が低くて残業しないと生活できない水準が多く、労働時間が長くなりがちです。

交代制でないと生計が立てられない人は、企業の業績で急きょ日勤のみになった場合に生活が苦しくなり、アルバイトなどの副業をしなくてはならないことも出てきます。給与が低いことへの不満から仕事を辞めたいと思う人も少なくありません。

メーカー・製造業から異業種に転職、おすすめの転職先は?

メーカー・製造業からの異業種転職は難しい?

メーカー・製造業からの転職では、同業他社には転職成功例が多く見られますが、限られた専門分野で勤務したことが長くなると、異業種転職ではネックになりがちです。専門分野が長くなればなるほど、柔軟性が乏しく、頭が固い人と思われてしまいます。

工場勤務のイメージは生産ラインでの立ち仕事ということが多いので、実際はそうでなくとも、人と話す機会が少なく、黙々と仕事をこなしているのでコミュニケーションに弱い人材と思われがちになります。

モノづくり特有のQCや改善を生み出す効果を期待

製造業にはモノづくり特有といえる、現場のムダを無くす改善活動を実践している企業が多くあります。どの企業でも従業員のモチベーション低下やシステムのマンネリ化など、現場の空気に関して問題があることを認識していることが挙げられます。

何かアクションを起こして現場の雰囲気を変えるためには、多くの製造業で取り組んでいるQCサークル活動や5S3定などの現場改善活動が必要となります。

そこで、製造業で取り組んできた改善の実績があれば、どのような職種であっても重宝されることといえます。

各部署での向いている転勤先

製造業では製造ラインで生産を担当している部署や生産管理、品質保証、生産技術が主にあります。異業種への転職では、生産管理部に所属していた場合だと客先との付き合いが求められる営業職が向いていますし、品質保証部では、食品や商品などの物流管理部門や飲食関連の商品開発部門など、これまでに品質の維持向上に努めてきた成果が発揮できます。

生産技術関連では研究職や商品開発パソコンのスキルを活かしてデスクワークにも向いているといえるでしょう。現場の製造ラインでは、長時間の立ち仕事にも慣れているでしょうから、飲食業もできますし、夜勤も問題なく対応している場合には、警備関連企業が向いています。

辞めたいと思ったら、まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

メーカー・製造業から異業種転職、失敗しない求人の選び方

異業種転職で年収を下げない求人の選び方

メーカー・製造業で異業種に転職するには、未経験OKの仕事を探すことが必須といえます。そこで未経験者歓迎が大多数のハローワークで求人を探す場合、確かにすぐに見つかりますが、掲載料が無料のため、人の出入りが激しくて離職率の高いブラック企業に応募してしまう恐れがあります。

掲載料が有料の求人サイトでは、24時間ネットにつながっている状態であれば、いつでも仕事を探すことが可能です。しかし、ハローワークのようにブラック企業が多くあるわけでもありませんが、企業の内部情報が判断しづらいことが挙げられますので、いざ面接して採用となってみて、入社してから後悔することもあり得ます。

たとえ運よく優良企業を見つけたとしても、自身のキャリアにマッチした求人先でないと、年収が下がってしまうことも考えられます。そこで、求人先の内部情報を把握し、キャリアにマッチした非公開求人を紹介してくれる、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントから非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントでは、キャリアに適した非公開求人を紹介してくれます。各業界に特化したキャリアコンサルタントが担当になり、自身の市場価値を見出してくれ、どのような仕事が向いていて、年収もいくらくらいまでなら可能か判断してくれます。

第三者の客観的な視線で見てくれますので、適正なキャリアマッチングを実施してくれます。転職エージェントでは未経験転職者が苦労する面接対策も実践し、履歴書や職務経歴書も不備がないようにサポートしてくれます。自身の仕事に支障がないように、面接日の調整や先方との連絡を代行してくれます。

採用になった場合、転職エージェント側が応募先企業との年収交渉を行ってくれますので、安心して転職活動を任すことができますし、これらのサービスをすべて無料で利用できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

どの転職エージェントを利用していいのか分からない人も多いといえるでしょう。そのような時に大きな味方になるのが、大手転職エージェントのリクルートエージェントです。リクルートエージェントは、全国に拠点を持ち、ノウハウが凝縮されたキャリアコンサルタントを数多く在籍させています。

非公開獣人は10万件を超える規模があり、国内最大級のネットワークを駆使しています。人材業界最大手のリクルートが運営しているだけあって、各企業との取引実績も豊富で、信頼感も違います。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

メーカー・製造業を辞めたいと考えている人は、単純作業に疲れ、給与が低くて労働時間が長いことに悩んでいるといえます。特に中小企業であればなおさらといえるでしょう。製造業からの転職は難しいケースもあり、単に頭が固い人というレッテルを貼られています。

一方でメーカー・製造業はモノづくり特有の改善活動を実践してきたことがありますから、多くの企業でその取り組み結果は重宝されます。どのような取り組みをしたかで採用が決まることもありますし、所属部署によっては営業デスクワーク商品開発、長時間の立ち仕事など向いている仕事は多くあります。

単なる未経験転職とならず、年収を下げないためには転職エージェントを利用し、キャリアにマッチした非公開求人を紹介してもらうようにしましょう。