歯科助手のバイトとはどのようなことをするのでしょう。歯科助手が働く歯科医院や病院は医療現場であり、緊張感を持って働くことが大切です。そのため、歯科助手バイトを申し込む前には、仕事内容や特徴を知っておく必要があります。

これから、歯科助手バイトの仕事内容や時給向いている人の特徴などをご紹介しますので、参考にしてみてください。

歯科助手バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

資格なしでも働けて、手に職がつく

歯科衛生士の場合はバイトでも国家資格が必要ですが、歯科助手なら資格がなくても働けます未経験OKの求人も多いです。

資格不要とはいえ、働く中で習得できる技術や専門知識はたくさんあります。しっかり仕事を覚えれば、だいたいどの歯医者に行っても通用する歯科助手になれます

歯科助手のバイトから、歯科衛生士の資格を取って本格的に働き始める人も多いです。したがって、手に職をつけたい人にもおすすめのアルバイトです。

特に最近は一般的な歯科だけでなく、矯正歯科や審美歯科の需要も増えているため、新しいクリニックも次々とオープンしています。

今後も安定した需要が見込める業界なので、食いっぱぐれる心配もないでしょう。


https://twitter.com/myangelitti/status/1022495693213057025

短時間から働けて時間の融通が利く

短時間から働けて時間の融通が利くところが多いのも、メリットの一つです。「4時間からでOK」、「週3日からでOK」といった求人がたくさんあるので、自分に合った勤務無条件のところを見つけやすいでしょう。

他のバイトと掛け持ちしたい人や、家事や育児に忙しい主婦にもおすすめです。


https://twitter.com/sae_co_/status/641908637904932864

年齢が高くても働ける

資格・経験不問の求人もたくさんありますが、基本的にはスキルやキャリアを持っている方が歓迎されやすいです。

そのため、ある程度年齢が高くても採用されやすく、年を取ってからも続けやすい仕事です。一度経験を積めば一生の仕事にできるので、ブランクありの主婦なども復職しやすいでしょう。

地方でも働ける場所がある

アルバイトは職種によっては、地方だとまったく求人がないことも珍しくありません。ですが、歯科ならほとんど全国どこにでもあるので、地方でも働ける場所を確保しやすいです。

また、駅前だけでなく住宅街などにもクリニックがあるので、家の近所でバイト先を見つけられる可能性もあります。


https://twitter.com/hcnsa/status/720554506497331200

歯科助手バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

覚えることが多い

歯科助手のバイトは覚えることが多いので、人によっては大変に感じることもあるでしょう。

歯科助手の業務は、治療中に医師のサポートをする他、受付や清掃などの雑務も行います。特に治療のサポートは、医療行為以外はほとんどが歯科助手の職域になります。

バキュームで唾液の吸引を行う姿がよく知られていますが、詰め物に使うセメントを練ったり、歯の型取りに使う石膏の準備なども歯科助手が行っています。

専門知識が必要になることに加え、他のスタッフも忙しくてなかなか教えられないので、だいたいのことを覚えるには半年はかかるといわれます。

新しいことを覚えるのが億劫な人だと厳しいでしょう。

https://twitter.com/smkd10712/status/1082218694980202496


https://twitter.com/ankr_shika/status/1043440423866232832

腰を傷めやすい

歯科助手の仕事は前屈みの姿勢を取ることが多く、治療中は立ちっ放しになるため、腰を傷めやすいデメリットもあります。

例えば、治療中に唾液などをバキュームで吸引する作業は、一定時間屈み続けなければならないため腰に負担がかかります。

実際に歯科助手の中には腰を傷めている人も多く、中にはヘルニアなどの重い病気になって退職せざるを得なくなる人もいます。

勤務中はある程度はやむを得ませんが、普段はなるべく背筋を伸ばしておくなど、腰への負担を軽減できるよう心掛けるとよいでしょう。

職場の人と合わないと悲惨

総合病院など大きな施設の中の歯科であればまだよいですが、個人のクリニックの場合は職場の人と合わないと悲惨です。

個人のクリニックはスタッフの人数が少なく、決まったメンバーだけと付き合うことになるからです。クリニックによっては、院長と自分しかいないといった職場もあります。

治療方針が良心的でないなど、院長との相性が悪い場合は特にやりにくいです。

ですが人間関係はクリニックによってもさまざまで、ギスギスしているところもあれば、治療中に医師と歯科助手が談笑しているような穏やかなところもあります。

可能であれば検診などの口実を作って、事前に患者として様子を見に行ってみるとよいでしょう。


https://twitter.com/shisei_yuumei/status/853984381509058560

バイト探しに役立つサイトBest5


ショットワークス
短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

バイトル バイト探しちゅー
アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

ギガバイト
最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数!!。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、1日のみの単発仕事からスキマ時間で稼げるアンケート系お仕事も多数紹介しています。

キャリアバイト
アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。インターンでも労働者扱いですので、通常のアルバイト時給で実践的な職務経験を積むことができます。大手の内定を勝ち取れるかも!?

歯科助手のバイトの仕事内容

歯科助手バイトの仕事内容①「受付業務」

歯科助手バイトの仕事内容として、受付業務があります。受付で患者さんの来院受付や次回予約・電話予約・問い合わせなどが主な仕事内容です。新規の患者さんが来院した場合は、保険証や受給券の確認を行い、問診票の記入を依頼します。

また、診察室にある電子カルテで情報が確認できるように、患者さんの情報入力なども必要です。カルテや診察券の用意も、受付業務をする人が行います。

次回予約や電話予約では、患者さんごとに次までの来院期間が異なるので注意が必要です。抜歯後の消毒なら翌日となり、補綴物をセットする場合は、それが完成するまで来院できません。歯科医師から次回予約の指示を受けると思いますが、大体の目安は把握しておきましょう。

歯科助手バイトの仕事内容②「洗浄や滅菌作業・洗濯・掃除」

歯科助手バイトは使用した歯科器具の洗浄や滅菌・消毒、タオルなどの洗濯、掃除などをします。歯科器具は洗浄後、機械に入れて高圧滅菌をするのが一般的です。その機械で対応できない器具は、超音波洗浄か消毒液付きガーゼで拭き取ります。よって、器具ごとに扱い方が異なるため、知っておくことが必要です。

また、タオルなどを使用している時は洗濯や干す作業もします。歯科医院の中や外を掃除するのも仕事内容の一つで、駐車場や入口のゴミ拾いや掃き掃除、診察室や受付の掃除を行います。雑誌や子供用のおもちゃがあれば、汚れの確認や整理整頓も行うでしょう。このように、患者さんや歯科医師などが安心して過ごせる環境にするのも仕事です。

歯科助手バイトの仕事内容③「患者さんの誘導と診療補助」

歯科助手バイトでは患者さんを椅子に誘導して、エプロンやコップ・器具のセットを行い、歯科医師や歯科衛生士の診療補助をします。診療補助の内容は、口腔内確認時の記録やバキューム持ち、診療器具の準備などです。

バキューム持ちとは、診療時に唾液や器具から出る水分の吸引器具を持つ仕事です。また、口腔内確認をする時には、歯科医師や歯科衛生士から歯の番号と状態が伝えられるでしょう。その場で用紙に記録するため、歯式や歯科用語を知っておく必要があります。

その他にも、診療が始まる前の準備や、診療中に必要器具を準備することもあります。そして、照射器具を適切なタイミングで渡すなどの技術も必要です。

歯科助手のバイトの給料(平均時給・月収)

歯科助手バイトの平均時給や平均月収とは?

歯科助手バイトの平均時給は約850円~1000円ぐらいです。地域や歯科医院によっても異なります。平均月収は約14万円~18万円ぐらいです。

歯科助手バイトの時給を上げる方法

歯科助手バイトで時給を上げるためには、時給を高く設定している時間帯に働くことです。例えば、休日や夜遅くまで診療している歯科医院もあります。そのような時間帯の時給を高くしている場合は、積極的にシフトを入れるといいでしょう。

また、歯科助手としての技術が向上すると、時給が上がる可能性もあります。歯科助手であっても歯科用語の習得、歯科器具などの名称・使い方を熟知するといいでしょう。診療補助などがスムーズにできると、技術などが認められて時給が上がることもあるのです。

歯科助手のバイトの年齢層

歯科助手バイトをしている人の年齢層とは?年齢制限はある?

歯科助手に、年齢制限はありません。10代~60代まで、幅広い年齢層が働ける職種です。60代以降であっても、仕事内容を熟知している場合は働くことができます。男女比では女性の方が多いです。

歯科助手バイトは高校生・大学生でも可能?

歯科助手バイトは高校生や大学生でも働けます。歯科医院の診察時間が決まっているため、その時間帯に働ける場合は可能で、休日のみや夕方以降で働ける歯科医院もあります。歯科大学や歯科衛生士専門学校に行っている学生だけでなく、歯科分野とは関係ない学部で学んでいる人も可能です。

歯科助手のバイトに採用されるコツ

歯科助手バイトはどのような人が求められている?

歯科助手バイトで求められるのは、細かい気配りができる人です。歯科助手は患者さんとのコミュニケーションや歯科医師・歯科衛生士のサポートを行います。細かい気配りができていると、患者さんは来院しやすいと思うでしょう。

また、診療しやすい環境を作るにも、歯科助手によるサポートが必要です。患者さんが歯科医師へ直接伝えられないことがあれば、その橋渡しも行います。患者さんの状態を把握し、いつもと違うと感じた時には声をかけるなどの行動がとれる人も求められるでしょう。

そして、歯科用語や器具の使い方を覚え、適切な診療補助ができる人も求められます。治療で失敗はできないため、準備や診療補助の仕事は重要になるでしょう。

歯科助手バイトに向いている人と向いていない人

歯科助手バイトに向いている人とは、医療現場で働くことに抵抗感がなく、責任感を持って仕事ができる人です。加えて、気配りができて、笑顔でいられる人も向いています。特に、受付業務をする歯科助手は、患者さんとコミュニケーションを取ることが多いです。会話を得意とし、笑顔で対応できる人が向いています。

一方で、血や唾液を扱うことが苦手な場合は、向いていないでしょう。さらに、歯科用語や器具の使い方など習得することが多いため、覚えるやる気がない人や覚えられない人も向いていません。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークスへ無料登録

  2. バイトル バイト探しちゅ〜

    CMでも話題の、学生やフリーターなど若年層から人気を集めている求人サイトです。また、アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。
    エリアや職種の他にも、仕事の特徴や給与、雇用形態など、求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。
    ※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

    バイトルへ無料登録

  3. ギガバイト

    最速で最適なアルバイト探しは、ギガバイト。最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数掲載。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、詳しい条件検索や、1日のみの単発仕事や春/夏/冬休みなどで絞り込みもできます。アンケートモニターバイトなど、スマホでどこでもできる、スキマ時間で稼げるお仕事も多数紹介しています。

    ギガバイトへ無料登録

  4. キャリアバイト

    若者正社員チャレンジ

    単なるアルバイト情報サイトではなく、インターン情報サイトです。アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。職場体験的なプログラムとは違い、実践的なインターンで職務経験としてキャリアに繋がります。

    インターンでも労働者扱いですので、労働基準法、最低賃金法など各法規を遵守しています。大手企業からベンチャー企業まで多種多様な職種業種で累計2,500社以上です。大手の内定を勝ち取れるかも!?

    キャリアバイト 公式サイトへ

  5. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

歯科助手の仕事は、歯科医院での受付や掃除・患者さんの誘導・歯科医師の診療補助など様々な仕事をします。医療現場でもあるため、責任感を持って働くといいでしょう。そのためには、仕事内容や職種の特徴を知っておくことは大切です。歯科助手は、患者さんや歯科医師、歯科衛生士をサポートする重要な役目であり、やりがいのある仕事と言っていいでしょう。