景気不透明の昨今で、国内企業にこだわらず、外資系企業に転職を考えている人も少なくありません。外資系企業といえば、先進国の代表であるアメリカをイメージしますが、今ではドイツ系企業も転職市場で人気が高くなっています。ドイツはEU圏内で経済力が最も強く、外務省によると、GDPでは欧州で第1位を誇り、世界有数の先進工業国でもあります。日本と近い企業風土を持っているドイツ系企業の利点をみていき、どうしたら転職できるかを紹介してきます。

外資系代表のアメリカより働きやすい!ドイツ企業の社風とは?

日本企業に似ている部分が多い

日本企業といえば、まじめで丁寧な仕事をイメージすることでしょう。日本人だからこそかもしれませんが、生産国や原産国が「国産」「日本製」になっていると、安心感が芽生えるものです。

日本に似ているドイツ系企業

実はドイツ系企業にも同じことがいえ、いい加減な仕事はぜず、専門性の高い職人気質で条件面でも譲歩をする姿勢をみせています。この譲歩や折り合い面などで、メンタル的に日本と似ている部分があり、ドイツ人と仕事をしていても、働きやすい印象を持つ人も少なくありません。人材を育てる風土が根付いているのがあるのでしょう。

一方、アメリカの外資系は個人主義で比較的ドライな印象を受け、集団主義であり、ウェット感があるドイツの企業は日本と似ていることがうかがえます。

自主性を重んじ、裁量権も大きい

ドイツ系企業にも当然、マニュアルが存在しますが、そのやり方に捉われず、問題点や改善点があれば意見を発し、効率的な仕事をできる環境が整っています。このように、一人一人の自主性を重んじ、裁量権も大きいのが特徴といえます。

意思決定が早い、フラットな組織

ドイツ系企業はフラットな組織で、年齢や役職といった縛りがなく、だれでも議論が活発にでき、意思決定も早いことが知られています。人材をじっくりと育て上げ、一から技術研修する制度が根付いています。

労働時間の長さなどでなく、成果で評価される

ドイツ系企業は働く時間の長さで評価されるのではなく、サービス残業はなくて決まった時間で成果を出すことが求められます。そのため、仕事にメリハリを持って臨めるので、プライベートも充実させたい人に向いています。

結果だけでなくプロセスも重視される

アメリカの外資系は成果重視の企業が多く、結果を求められていますが、ドイツの外資系企業ではプロセスも重視されます。この点は日本人気質とも似ているといえるでしょう。

一括りでいわゆる「外資系」とするべきではない

外資系と一括りにしても問題ないでしょうか。その答えはNOです。ドイツは労働者に対する保護がしっかりしていて、企業が従業員を大切にする文化が根付き、社会背景として存在しています。そのため、他国の外資系企業と同列で考えるのは避けたほうがいいでしょう。

ドイツ系企業で働くメリット・デメリットまとめ

ドイツ系企業で働くメリット

有給休暇や長期休暇を取りやすい

ドイツは世界4位の経済大国ですが、有給休暇をしっかりと取得でき、日本では引け目を感じる長期休暇を取ることに支障がありません。また、残業も比較的少なく、オン・オフの切り替えができていて、仕事の効率が良いといえます。

日系企業と比べると年収は高い傾向にある

気になる年収では、20代後半から30代前半でも800万~1,200万円ほどの年収も珍しくありません。営業職でインセンティブが付くと30代でも年収1,500万円を稼ぐ人もおり、日系企業と比べてもドイツ系企業は年収が高い傾向にあります。

地位や役職に関わらず、意見を言いやすく通りやすい

ドイツ系企業では職場の風通しが良く、地位や役職に関わらず自分の意見を言いやすい環境にあります。人を育てる風土があり、上司から厳しい意見やアドバイスを受けることもありますが、引きずる事も少ないのが特徴です。

ドイツ系企業で働くデメリット

外資系特有の出世スピードは望めない

人を育てる風土の裏返しで、出世が遅い傾向もあります。プロセス重視なので、成果を出したから即出世とはいかないこともあります。

意思決定の機能が独立していない企業も多い

意思決定の機能が独立していない企業もあり、本国にお伺いを立ててからでないと動けないこともあります。そのようなケースでは顧客の求めるスピードに対応できず、ジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。

ドイツ系の有名企業一覧

金融・保険業界

企業名 特徴
ドイツ銀行 中央銀行ではなく、市中銀行であり、ドイツ最大手の銀行。明治5年には日本に進出している歴史ある老舗銀行。
コメルツ銀行 ドイツ三大銀行の一つで、2012年にはドイツ国内で2番目の預金高を持っているメガバンク。ドレスナー銀行を買収してアリアンツと資本提携を結ぶなど、総資産はドイツ銀行に迫る勢い。
アリアンツ 数多くの傘下企業を持つ保険会社で、世界有数の金融グループ。欧州の損害保険会社としては日本法人第一号となる。

コンサルティング業界

企業名 特徴
ローランド・ベルガ― アメリカ勢が主力を占めるコンサルティング業界において、独自の地位を築いており就職先や転職先として人気がある。
欧州ではマッキンゼー、BCGと並んで三大ファームの一つとされている。
アイ・エム・エス・ジャパン ヘルスケア・メディカル業界向けで世界規模のマーケットを展開するコンサルティング会社。医療情報やテクノロジーサービスを提供している。
バレオコン・マネジメント・コンサルティング 製薬・医療機器業界で多くのコンサルティング実績を持ち、世界15か国20言語で対応。グローバルな組織・人材を創造し、リーダーシップ開発を手掛けている。

情報・通信・交通業界

企業名 特徴
DHL 航空機を主体とした世界最大の国際輸送・ロジスティクスの会社。
SAP ヨーロッパでは最大、世界でもマイクロソフト、オラクルに次いで世界第三位のソフトウェア会社。
シーメンス ミュンヘンに本社を置く多国籍グローバル企業で情報通信、電力、家電、生産設備などあらゆる分野のシステムソリューションを提供する巨大コングロマリット企業。

自動車業界

企業名 特徴
ダイムラー メルセデス・ベンツのブランドで世界的に有名な企業。
フォルクス・ワーゲン 世界19か国に44工場を持ち従業員34万人を誇る、世界規模で有名なメーカー。フォルクスワーゲングループの中核を担う。
BMW 日本でも人気が高い大手自動車メーカー。

ファッション・スポーツ業界

企業名 特徴
アディダス 世界的有数のスポーツ用品メーカー。日本でも人気が高く、あらゆるスポーツ用品のブランドとして定着している。
プーマ アディダス創業者の兄が創立。世界有数のスポーツ用品メーカー。シューズにおいては、サッカー界のマラドーナや陸上のボルトなどトップアスリートからも絶大な支持を得る。
ジル・サンダー ドイツが誇るファッションブランドで、創業者の本人も世界トップクラスのファッションデザイナー。

医療機器業界

企業名 特徴
カールツァイスメディテック 手術用医療機器の輸入販売やサービスを手掛ける。眼科手術や眼科検査技術において幅広くサポート。
ドレーゲル・メディカルジャパン 医療や安全技術分野でサポートし、医療機器の輸入販売やサービスを提供している。
バイオトロニックジャパン ペースメーカーなど心臓外科向け医療機器の製造販売やマーケティング活動を行う。

製薬業界

企業名 特徴
日本ベーリンガー・インゲルハイム 130年の歴史を持ち、医療用医薬品業界で全世界のトップ20に入る企業。
バイエル薬品 ヘルスケアと農業関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業。

ドイツ系企業の優良求人を見つけるには

ドイツ系企業の日本法人における求人は、ほとんどが非公開求人

ドイツ系企業の優良企業はほとんど未公開で、転職サイトなどの公開求人媒体だけでは簡単に情報入手ができません。転職エージェントに登録して未公開求人を紹介してもらうほうがいいでしょう。

またドイツ系企業での面接は、ドイツ語の他にもビジネスレベルの英語力を求められます。意地悪な質問をすることで、ストレスへの対処能力を見られることもあります。独自では対策しづらいので、転職エージェントから事前に情報を得ておき、面接対策をサポートしてもらいましょう。

ドイツ系企業の求人に強いJACリクルートメント

JACリクルートメント

ドイツ系求人に強いのがJACリクルートメントです。イギリス発祥の外資系転職エージェントで、ハイキャリアや高収入を得たい人にはおすすめとなっています。JACリクルートメントしか扱っていない求人案件もあり、ハイキャリアを得意としているだけあって、提案力が高くキャリアコンサルタントも優秀といえます。

語学力があったり、高学歴、海外勤務経験や技術的に特定スキルを擁しているなど、市場価値が高い人ほど有利といえる転職エージェントです。

JACリクルートメント公式サイト

まとめ

外資系の代表といえるアメリカ企業よりも働きやすいのがドイツ系企業です。年収も高くて休暇もしっかりと取れる企業風土で、意思を尊重して結果だけでなくプロセスを重要視されて、裁量権も与えられ、フラットな組織運営が特徴です。

ドイツ系企業はほとんどが未公開求人ですので、外資系転職エージェントに登録しておき、転職活動を成功に導きましょう。