日本にある企業の中で、いわゆる大企業と呼ばれる企業は1%ほどしかありません。残りの99%は、中小零細企業と言われています。当然、サラリーマンの大部分は、市場の99%を占める中小零細企業に勤めていますが、一握りの大企業に勤めるサラリーマンは、一般的に高収入で福利厚生も充実しています。そんな大企業のサラリーマンに憧れて、中途採用のチャンスを伺っている人も少なくありません。

こちらでは、今、中小企業で働いている自分にはもっと可能性がある、大手企業で活躍できる!という人が大手企業を目指して転職活動をするときに注意するべきことや、転職を成功させるために役立つ転職エージェントを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

大手企業の営業職への転職は難しいという現実

数少ない中途採用枠に全国からたくさんの志望者が集まってくる

新卒採用に偏っている日本企業

日本企業に古くから根付いていた終身雇用制度は崩壊しつつあり、人の出入りも多くなってきましたが、それでも、まだまだ採用は新卒に偏っているのが現実です。
大企業に入社するには、やはり新卒の大きな枠のチャンスに賭けるのが一番可能性の高い方法です。
しかし、新卒採用はその年の景気に大きく影響を受けるため、自分が新卒に該当する年に必ずしも採用があるとは限りません。採用枠がなければ、チャレンジすることもできないのです。不景気や社会情勢の煽りを受け、新卒採用に縁がなかった人は、中途採用枠を狙って転職活動をしています。

大企業に中途採用の求人はあるの?

しかし、大手企業にも中途採用枠はありますが、当然、人気が高く競争率がはかなり激しいので、狭き門となっています。また、中途採用を行っているケースは多いですが、公開してしまうと、応募が殺到して採用活動にも支障が出ることを懸念して、非公開求人になっていることが多いのです。また、ヘッドハンティングによって優秀な人材を自ら探し出す企業も多いです。なので、大企業の中途採用求人は、求人サイトやハローワークで目にする機会はないといっても過言ではありません。
しかし、新卒者の早期離職率の高さが社会問題にもなっている近年、人材補充のニーズはあります。

大企業が中途採用の人材に求めることとは?

大企業が中途採用する場合、基本的には経験者採用となります。未経験者やポテンシャル採用は新卒採用で間に合っているので、ある程度年齢を重ねていて、社会人経験のある中途採用者には、即戦力となりうる能力を求めています。
また、大企業の場合、前職の社格を見る目が厳しいことも特徴です。社格とは、企業のブランド力や、いわゆるランクのことを表します。一般的に知名度は低くても、業界内での評価が高いような中小企業なら、採用担当者の目に留まる可能性も大です。

大手企業営業職への転職を成功させる秘訣とは?

同じ業界の同じ職種なら自分の実績をアピールしやすい

営業職は比較的求人が多いので、チャレンジしやすい職種です。企業の規模は違うとしても、自分がこれまで挙げてきた数字や実績は客観的に見てもわかりやすいので、アピールの材料になります。営業から営業、というように、仕事内容や業界が全く同じで、企業規模だけ大きくなるパターンは大手企業へ転職しやすいといえます。たとえば、電子部品メーカーの中堅企業の営業から電子部品一部上場大手の営業へ転職、地方銀行の営業から都市銀行の営業へ転職といったケースです。

大手企業は、経験・実績・マッチング重視

ターゲットを絞りすぎるのは自分の首を絞めることになる

大手企業は知名度が高く、会社の実情を知らなくても社名だけは知っている、というケースが多いため、あらかじめ「転職するならここ」とターゲットを絞って転職活動をする人もいます。しかし、それはあまりおすすめできません。企業のターゲットを絞りすぎると、マッチングできずに転職することができなくなるからです。これは、大企業への転職に限らずそうですが、求める条件が多かったり厳しすぎたりすると、選択肢がどんどん狭まってしまいます。ましてや、大企業への転職は元々狭き門なのです。転職先に求める条件に優先順位をつけて、「これだけは譲れない」という条件だけから徐々に絞っていく、というようなスタンスで考える必要があります。

自分の市場価値を客観的に判断するには

中小企業から大企業への転職は、同業種・同職種が一番成功の可能性が高いパターンです。同じ業界なら、業界ならではの情報もあるでしょうが、あまりターゲットを絞り込まず、決めるのは業界・職種だけにしておくのがおすすめです。
転職エージェントのキャリアコンサルタントなどに相談して、客観的に自分の市場価値を判断してもらうのも一つの方法です。転職エージェントなら、コンサルタントと直接キャリアプランの相談もできますし、サイトによっては、経歴やスキルを入力して適正年収を判断するサービスなどもあります。
転職を考えているなら、自分のスキルやキャリアの棚卸しをしておくことが、自分自身を客観的に捉える力を養うことにもつながります。

大手企業の営業職の求人を見つける方法とは?

非公開求人をいかに手に入れるかが勝負どころ

前述したとおり、大手企業の求人は、非公開になっていることが多いです。ハローワークや転職サイトには求人が掲載されていません。企業のホームページに掲載されていることもありますが、あるかないかわからないものを一つ一つ検索して自力で求人を探すのは大変です。そこで、一番効率が良いのが、転職エージェント経由で紹介してもらう方法です。
ただし、転職エージェントに登録すれば大企業などの非公開求人を紹介してくれるとは限りません。あくまでも、その企業が求める人材に見合うと判断されてはじめて、転職エージェントは、良質な非公開求人を紹介してくれるのです。

大手企業の営業職の求人が豊富な転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

抜群の知名度と求人数、転職成功実績を誇る転職エージェントです。求人の地域も全国に対応しているので、大企業への転職を目指して地方から転職活動をすることもできます。
経験豊富なキャリアコンサルタントは企業とのコネクションも強く、非公開求人も豊富に扱っています。キャリアやスキルから適性を見て企業とマッチングしてくれます。転職活動をはじめるなら、まずは登録しておきたいエージェントです。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

新卒採用の偏重傾向がある日本では、新卒者はその時々の景気動向に左右されがちです。ここ数年は売り手市場が続いていますが、一昔前は就職氷河期と言われた、新卒採用枠さえなかったような時代もありました。また、数年前のリーマンショックのような突発的な出来事にも大きな影響を受け、内定が取り消されたりするケースもありました。そのような環境下で、大手企業にチャレンジしたくてもできなかった優秀な人たちは、さまざまな場所で活躍しています。そのような人たちも含め、さまざまな場所で働いている人たちが中途採用で大手企業にチャレンジできる環境があることは素晴らしいことです。

しかし、そのチャンスを自力でつかむのは難しいものです。非公開求人も豊富に扱っている転職エージェントを活用して、大手企業への転職にチャレンジしてみませんか?自分の可能性を試すチャンスをぜひ手に入れてください。