営業職の方の転職は失敗しない限り、年収アップに繋がります。失敗とは何を指すかというと自分の営業スタイルに合わない求人に応募して転職することです。

転職に失敗すると確実に年収はダウンします。稼げない求人と稼げる求人の違い、何よりも自分にあった稼げる求人の見極め方についてご説明します。

営業は歩合給がある

固定給と歩合給

営業職を経験された方なら歩合給の存在は無視出来ないことがわかるでしょう。転職の機会だからこそ、自分に営業スタイル合った給与形態を選ぶことが不可欠です。
まずはいくつかのパターンを比較します。

目標達成型歩合給

安定した収入が欲しい方であれば決められた期間ごとに目標を達成する形の歩合給を選びましょう。

目標とする設定にもよりますが、売上、新規獲得ベースの歩合給よりの給与形態ではなく、固定給の部分のパーセンテージが大きい求人です。達成の可否で著しく給与がダウンする歩合給のパーセンテージが大きい求人と違い、月ごとに安定して給与を受け取れることがメリットです。

目標達成型歩合給の求人は歩合給の幅が少ない分、新規獲得や売上、数字がアップしても給与に反映されにくいのがデメリットです。
営業スタイルとしては、顧客管理が得意で新規獲得も既存の顧客からの紹介など、繋がりがある部分から取得できる方におすすめです。
一見地味な印象ですが、実際にはリスクが少ない分、会社側からも重宝される営業スタイルです。

売上連動型歩合給

どんどん稼ぎたい。数字を取れる自信がある方であれば確実に売上連動型歩合給の求人を選びましょう。新規獲得や売上アップができるのに固定給のパーセンテージが大きい求人を選ぶのは間違っています。

営業職に必要な要素として自信があります。自信があるからこそ実力が伴う。両方兼ね備えている方なら数字で結果を出すことは簡単です。

数字が取れる方が売上連動型歩合給を選ぶことで確実に年収アップに繋がります。
メリットは際限なく稼げるということ。デメリットとしては新規開拓や売上を作る実力が無ければ全く給与に反映されないことです。

完全歩合制

もっと自信と実力がある方であれば完全歩合制を選びましょう。ご自身のリスクがある分、歩合給に対する給与も大きくなります。
ここで注意すべきなのは完全歩合制を採用している会社はブラック企業も多いことです。予め入念にリサーチした上で求人に応募することが絶対条件です。

自分の営業スタイルに合った求人を選ぶ

自分の営業スタイルを知らなければ年収は確実にダウンします。新規獲得や売り上げなど数字が取れる人が固定給よりの求人に応募すれば確実に稼げません。数字を取ることよりも顧客管理や安定して顧客に対しての信頼を得るのが得意な方が歩合給よりの求人に応募すれば、やはり確実に稼げません。

もちろん、両方できる自信がある方であれば、歩合給よりの求人を選ぶべきです。保守的な意味合いではなく、営業活動が上手な方は売り上げの部分には出にくい信頼や会社の顔としての一面に長けているので、数字ありきでない方は迷わず固定給よりの求人を選びましょう。

給与形態・契約について

求人で提示されている条件

営業の求人を出している会社は自社の営業のデメリットを完全に把握しています。その上で歩合給と固定給のパーセンテージを出すということは会社として損のない金額だということです。

その会社の予測を裏切るほど能力があれば別ですが、そうでない場合は確実に年収がダウンします。理由としては現状で同じ条件で勤められる営業が存在しないから、高い条件で提示しているからです。

求人情報と面接時の条件の相違を確認

なぜ高い条件で提示するのか。営業は実力勝負です。実力があれば稼げる。稼げるということは会社の利益になる。安い給料では良い営業は応募しません。ただこれらは会社側が営業の求人に対して知識がない場合のみです。

実際にその会社で勤めている営業の方が同じ給与形態なら必要以上に心配するのは止めましょう。

応募して面接の時に実際の営業職の環境や数字についても確認する。そして最初の何か月間は固定給だとか、一定期間過ぎたら歩合給のパーセンテージが大きくなるような契約など、勤めた後に給与が下がるようなことがないように注意しましょう。

歩合給で特に稼げる業界

MR

製薬企業の営業ですね。医療関係はインフラに近いので契約が取れるということは金額が大きくなります。そして安定した売り上げを産みます。
製薬企業としては営業努力として一番力を入れる部分であり、良い人材を欲しています。だからこそ結果に対する歩合も大きくなるのです。

医療機器メーカー

同様に医療機器メーカーも歩合が大きいと言えるでしょう。それは機械を売るだけでなく、その後の維持やメンテナンスなども含めて売り上げになるからです。一般的に保守やメンテナンスを持ち合わせている企業の営業は年収も高く、固定給の部分についても一般的な営業よりも高報酬になることが多いです。

電機・機械メーカー

医療関係ではない電機や機械メーカーの営業も歩合給が高い傾向にあります。理由としては工場や企業に導入など一案件ごとの金額がとてつもなく大きいものが多いからです。
そして競合他社との勝負に勝つにはまず良い製品を作る。コストの面も含めて上回ったとしても、売れなければ意味を失います。その分、営業職に対する歩合に関しても高い企業が多いです。

営業の仕事は売ること

営業職全般に言えることが、最終的に売るのが営業ということです。数字を取るというのは企業としての売上を確実に出すことです。どんなに良い製品でも在庫のままではマイナスにしかなりません。
売るのは物だけでなく、サービスなども含めてです。企業として利益を上げられる部分の先頭に居るのが営業職です。

歩合給の営業職に転職するときの注意点

求人を選ぶ時にチェックすること

転職する時にチェックすべき点として、自分の実力や営業スタイルに合わない業界にしないことです。

優れた営業は野菜でもコピー機でも同じように売ると言いますが、得意なものを売る方が確実に年収は上がります。これは給与形態や待遇だけで選んでしまうと実際に働き続けることが不可能になることを指します。

どんなに給与が良くても続けられなくては年収が下がり、キャリアに傷が付きます。自分を分析し、自分に合った業界を選びましょう。

業界に対する深い知識の有無

業界を選んだのなら次は実際に売るのは何かということです。物を売るにせよ、サービスを進めるにせよ前知識が完全にマイナスから始まるのは年収が下がる要因となります。

その理由は顧客は営業が提案することで必要かどうかを決めます。営業が提案する時に中途半端なバックグラウンドの知識では契約を取ることは出来ません。
深い知識が無いにせよ自信を持って営業できるかどうかは自分で判断して応募しましょう。厳しいことを言えば畑違いすぎると書類審査も通らない可能性があることも覚えておくべきです。

給与形態や契約について

給与形態や契約については求人情報に記載されていても、実際に面接に行って口頭や書面で変わってくる場合があります。最初に提示してあった条件よりもあからさまに低い場合はその時点で辞退することも視野に入れましょう。

転職する側は高い給与が欲しいですが、企業側はいかに安く雇えるかに重点を置く場合もあるからです。そして転職者に対して足元を見るような企業もまだまだ存在します。自分が損だと感じたならば無理に話しを進めてはいけません。

実情や現状を知ること

ハローワークや転職サイトなどの求人や企業ホームページを見て得られる情報はごく一部です。書類審査が通り面接の場で得られることもごくわずかです。何らかのコネクションがあれば別ですが無い場合は企業の実情や内情を知ることはできません。

知らないことが多いままとりあえず勤めてみるというのは危険な発想です。知らないのであれば知る方法を考えましょう。

転職エージェントを利用する

利用する価値

転職エージェントであればハローワークや転職サイトなどのただ求人情報が記載されるものとは違い、企業担当者と転職エージェント間で情報の共有度が高いです。
それは企業側もただ求人を出すだけでは良い人材を得ることが不可能だと理解し、転職エージェントに企業の内部情報を出すことで、人材との橋渡しを確実なものにするためです。

キャリアコンサルタント

転職エージェントにはキャリアコンサルタントが必ずいます。転職したい方と企業とを密に繋ぐ役割を持ち、個人で転職活動するよりも確実に年収がアップする手助けとなります。
求人情報についても一般公開されているものだけではなく、非公開求人も含めて親身に自分にあった企業を紹介して貰うことが可能です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

営業職の方におすすめしたい転職エージェントはリクルートエージェントです。
転職実績NO1としても有名ですが特徴としては業界最大の非公開求人数があり、専門のアドバイザーも名前だけでなく実績があるということがあげれます。
その上で転職サポートも受けられますから営業の方で転職を考えている場合は絶対に選ぶべき転職エージェントです。

リクルートエージェント公式サイト

歩合給に向いているタイプとは?

性格ごとに歩合給に向いているタイプを紹介します。いくつかのパターンがあるので自分がどのタイプなのか確認しましょう。

自分の実力次第で先輩を追い越す、下克上タイプ

転職後の先輩の実績、数字を追い越すことにベクトルを向けられる人材です。追い越そうという前向きで力強い考え方を持ち、実力以上の結果を出すことができる下剋上タイプと言えるでしょう。

自分の力で未来を切り開いていく、一匹狼タイプ

新しい職場であっても自分の実力や考え方を信じて、より新しい未来を切り開くタイプです。一見、一匹狼に見えますが、周りからの信頼も強く、自分だけでなく周囲のスキルアップにもなるタイプですね。

学歴に左右されることなく、高収入を得たい、ギラギラタイプ

常に考え続けることが好きな方です。なぜ?どうすれば?あとは何をすべきか?手を抜くことも気を抜くこともなく、合理的最速で結果を出すことができるでしょう。

タイプごとに違いはありますが、向上心が強くポジティブな人材は総じて営業向きです。
時に営業は影響と言い換えます。他に対し影響を与えることで、変化させる。それが事績や売上、数字を生み出すのです。

歩合給のメリットはなにか

歩合給では成果を上げれば上げるだけ、給与UPに直結する

働く理由はなんですか?最小限の労働や時間で最大のリターンを求めることです。営業に求められる要素の一つに数字、すなわち成果を出すことがあげられます。成果を上げて報酬としてのリターンを求める。それは前向きである常にプラスになる行動です。

営業としての実績が自信になる

実績としての数字は積み重なるものです。自分の自信となり、実力の証明にもなるでしょう。厳しい言い方をすれば数字が出せない営業は営業とは呼べないということです。
数字、結果、成果。それが営業職に求められることであり、自分自身の全てを持って行動することで得られるキャリアとなるのです。

年収1000万を狙うことも可能

あえて1000万という数字を出しました。実際には上限はありません。数字を出せばいくらでも稼ぐことができます。稼げるのに稼がない営業は売り上げを作らない無能な営業だと断言できます。

時間を有効に使い、自分の時間を作ることも可能

稼いだお金は使わなければ意味がありません。お金を使うには時間が必要です。最小限の時間や労働で最大のリターンがあれば、自分の時間をたくさん作るとができます。それは家族や恋人と過ごす時間でもあるでしょう。
有意義な人生を過ごすためにも転職し年収を上げるの必然の理なのです。

歩合給の営業マンの気になる点


歩合給の営業の方がチェックすべき項目です。すでに理解されている方も再度確認しておきましょう。

歩合給の営業マンが住宅購入する際、住宅ローンの審査に不利なのか?

住宅ローンの審査の際に気にするべきなのは歩合給のパーセンテージです。固定給よりの給与体系と歩合給よりの給与体系では審査に違いがあります。
歩合給のパーセンテージが大きいと場合によっては個人事業主と同じような審査となる可能性があるということを視野にいれておきましょう。

歩合給の営業マンの確定申告について

歩合給のパーセンテージが大きい場合、もしくは完全歩合給の場合はご自身で確定申告をしなければならないことがります。
転職後の給与体系をしっかりと確認することで、自分がどうすべきかの判断ができます。

注意点としては確定申告が面倒だとかわからないことを理由に稼げない求人を選ばないことです。理由としては確実に年収をダウンさせるような結果となるからです。
確定申告自体は難しいものではありませんから、自分の実力に応じた歩合給の求人に応募すべきだということを理解しましょう。

歩合給の営業マンのノルマについて

ノルマに対する考え方

営業職の経験がある方ですとノルマに対する考え方が固まっている場合があります。達成してもしなくても良いノルマはノルマとは言えません。
そしてノルマは基本的には増えていくものです。100出来るようになれば次は110。一度出した数字をさらに上げることは自分の実力をアップさせるためにも必要なことです。

挑戦する気持ち

考え方としてはできる、できないではなく「やる」です。挑戦する気持ちが給与に反映されるのがノルマの達成であり歩合給です。そしてそれが営業であることの一番のメリットなのです。
稼いでいる営業のモチベーションは妥協しないことと、現状に甘んじないことがあげられます。
向上する気持ちの有無は実力と自信、そして実績に密接に関係しています。

やる気のない営業は営業ではない

もっと簡単に言えばやる気がない営業は営業ではないということです。ただ単にノルマを達成することに注力するのではなく、ノルマを超えて、どれくらいプラスにするかを考えるようにしましょう。それが年収をアップさせる最低限の条件となります。

まとめ

本当に稼げる求人とは自分に合った求人を選ぶことです。最後に要点を確認しておきましょう。

営業スタイルを再度見直して歩合給かと固定給のどちらのパーセンテージを優先するのか。前職よりも年収がダウンするのならその転職は失敗です。自分で稼げない求人を選んでしまった結果です。
自分の実力を知る。その上で自分に合った業界の求人を探す。そして給与形態と契約を必ず吟味する。一社にこだわることなく、絶対に妥協しないことが成功への前提となります。

営業職の強みの数字を取る能力を、自分の給与という形で対価にする。これは誰から見ても当たり前のことです。
自分が結果を出せる。数字を出せる企業を見つけて、自分の年収を確実にアップさせると信じて行動しましょう。諦めずにチャレンジする精神は絶対に報われます。