会社からの辞令で転勤を命じられ単身赴任をしているものの、寂しいし辛くなってきて帰りたいと感じている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、退職せずに単身赴任から帰る方法について解説し、単身赴任中の人がどのような辛さを抱えているかどのように気を紛らわせているのかについてまとめました。
また、転勤のない会社の特徴とその会社に転職する方法について紹介しますので、参考にしてください。

単身赴任が寂しい時、辛い時に気を紛らわせる方法

単身赴任が寂しい、辛いと感じる理由

とにかく孤独

単身赴任をしていて、寂しい・辛いと感じるのは家族と離れ「孤独感」を感じるからです。仕事をして誰もいない暗い部屋に帰って、掃除洗濯をしてコンビニ弁当を一人で食べる。このように、家族が家で待っていてくれた時からは考えられないような孤独感を毎日感じることになります。

子どもの成長を見守れない

また、仕事の時は良いけれど、プライベートの時間はお金を掛けられないので一人で家に引きこもっているという人もいます。さらに、小さい子どもがいる場合は、子どもの成長を傍で見ることができないのも、単身赴任の辛い所でもあります。

単身赴任が寂しい、辛い時の対処法

単身赴任生活経験者は、どのように単身赴任の辛さを乗り越えてきたのでしょうか。圧倒的に多いのは、赴任先での楽しみを見つけ、普段家族の目を気にしてできないことや、一人だからこそできることを思いっきりやるという意見でした。

例えば、電車・バスツアーに参加して飲みながら小旅行する、赴任先の名物を食べ歩きする、仕事終わりに映画館に行くなどがあります。また、ちょっとした時間は料理作りを覚えて腕を上げたり掃除に集中して寂しさを紛らわすというやり方もあります。

どうしても家族に会いたくなったら、電話やテレビ電話でしのぐ方法もあります。
いつまでも寂しさでめそめそするよりも、少しでも楽しみを見つけて早く単身赴任を終わらせて家族のもとに帰るぞ!という強い気持ちを持つようにしましょう。

単身赴任から帰りたい!退職せずに戻る方法はある?

転勤拒否はやむを得ない事情がない限り難しい

転勤を命じられたとき、断れないものかどうか試案した人も多いのではないでしょうか。しかし、転勤を命じられたときに断ってしまうと、懲戒解雇になる可能性が高いです。
働く場所を選べないなんて理不尽だと思う人もいるでしょう。しかし、正社員の場合は長期的な雇用を前提としているため、勤務地や職種は限定されず、配置転換命令権が肯定されてしまうのです。

もちろん断っても解雇にならない企業もあります。しかし、転勤を拒否することで、懲戒解雇になるかもしれない…と思ったら、そう簡単には断れないですよね。

ダメもとで異動願いを出してみる

単身赴任にどうしても慣れず、早く帰りたいという思いが強いなら、「異動願」を出してみましょう。ほとんどの企業で、毎年の人事異動前に異動を希望する社員は異動願を出せる制度があります

しかし、会社は適材適所で人事異動を考えているので、異動願を毎年出し続けても戻れる保証はありませんし、戻ってこれたところでまた転勤がないとも限りません

残念ながら、サラリーマンである以上転勤はつきものです。会社側からすれば個人の都合をすべて認めていたら収集がつかなくなるので、あなた自身が心身に不調をきたした場合や、家族に介護の必要が出たなどの場合以外は、自分の都合で単身赴任先から戻ることは難しいと考えておきましょう。

もう単身赴任したくない!「転勤なし」の会社に転職するには?

もともと転勤のない会社に転職するのが一番

どうしても単身赴任から帰りたいという人や、転勤族で転勤から逃れるのが難しい人は、異動願いよりももっと確実に帰って来られる方法を試してもよいでしょう。

それは、単身赴任中の今の会社を辞めて、転勤のない会社に転職するという方法です。
では、以下に転勤のない会社とはどのような会社なのかについて紹介します。

支社や事業所がない

転勤が発生する理由は、転勤先になりうるような支社や事業所があって、配置替えがあるからです。
本当に転勤したくなければ、企業の規模自体も必然的に小さくはなりますが、支社や事業所のない、本社のみの会社に転職しましょう。

従業員数が極端に少ないような会社も、支社をつくりようがないため転勤が発生しにくいといえます。
転職先を企業規模で選んでいる人は、転勤を避けるためにも本社のみの会社を探しましょう。

本社勤務の必要がある仕事

転勤がない仕事に転職するためには、本社にいてこそ価値のある職種に転職すればよいのです。

たとえば、法務や、知的財産を扱う仕事は支社にいる必要はなく、本社勤務で常に企業のコアで働くことができます
転勤しても支社には同様の仕事はなく、結果的に転勤はないも同然なのです。

エリア社員として転職する

求人票には、全国どこでも転勤の可能性のある総合職もあれば、特定の地域限定のみのエリア限定職もあります。

総合職の場合、さまざまな職種をさまざまな地域で経験した後、会社の中心となって出世していくコースです。
一方、地域限定職の場合は総合職よりも給与面では下がりますが、転居をともなう転勤がなく、転勤によって家族と離ればなれになる心配が最初からありません。

転職する段階で、総合職ではなくエリア限定職として転職すれば、もう転勤で悩む必要はなくなるのです。

会社を拠点としない業種に転職する

働き方改革の推進によって、働く場所を選ばないリモートワークを取り入れる企業も増えてきています。
特に、インターネットメディア運営などは、そもそも会社に出勤しなくとも、自宅でも作業可能な業務内容であることから、転勤はしてもしなくても同じです。

このように、会社を拠点として働く必要のない仕事に転職すれば、転勤しなくとも働くことができるでしょう。

転職サイトで「転勤なし」で検索して求人をストック

転勤のない求人を探すには、「転勤なし」「残業なし」「土日休み」など、さまざまなこだわり条件で検索できる転職サイトを利用するのがおすすめです。今もし検索して、いい求人が見つからなくても、希望条件を登録しておけば新着求人が出たときにメールで教えてくれる便利な機能も付いています。
よい求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、あらかじめ登録しておくのと良いでしょう。

こだわり条件で検索できるリクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している、国内No.1の転職サイトです。新着・更新求人が毎週1,000件以上届き、その中の約8割はリクナビNEXTでしか見ることができない独占求人です。
さらに、レジュメ登録者にはサイト未掲載の特別求人を閲覧することも可能です。
サービスも充実していて、スカウトメールの他にも、提携エージェントから特別求人が届くシステムもあります。

リクナビNEXT公式サイト

転職エージェントで「転勤なし」求人を紹介してもらうのが一番確実

転職サイトでも求人を探して応募することはできますが、求人票と実際の働き方に差異があり、実は転勤があったという事もなくはないです。そのため、本当に転勤のない優良企業に転職をしたいのであれば、転職エージェントのサポートを利用するようにしましょう。
転職エージェントは、業界や企業の内情に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、本当に転勤がないか確認をすることができます
また、転職サイトでは見ることができない優良企業の非公開求人も多数保有しているので、自分の希望に合う求人を紹介してもらいやすいです。

優良企業の非公開求人が豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェント

全ての業種に幅広いコネクションを持っているので、大手から外資企業まで紹介される求人数が多いです。また、業界最大手だからこそ企業からの信頼も厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすることができます
さらに、各業界に精通したアドバイザーが多数在籍しているので、自分の条件に合う求人も紹介してもらえます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

家族と離れ孤独からのストレスも大きい単身赴任生活がイヤになったら、異動願いを出してみましょう
しかし、異動願いは聞き入れてもらえないことも多いため、今すぐに単身赴任生活を辞めたい場合には、次のような転勤のない仕事に転職するのがおすすめです。

支社や事業所がない
法務や知財など、本社勤務の必要がある仕事
エリア社員として転職する
会社を拠点としない業種に転職する

1日も早く家族の元に戻るためにも、異動の日を待つより転職した方が確実です。