「単身赴任が決まったけど、自分の留守中に妻が浮気しないか心配。単身赴任中の妻の浮気率ってどのくらいなの?」、「夫が家族のために単身赴任までして頑張っているときに浮気する妻って、何考えてるの?自分がいない隙に浮気させないようにするには、どうすればいい?」

ここでは、単身赴任中の妻の浮気が心配な人のために、夫の単身赴任中に浮気する妻の割合妻が浮気する理由単身赴任中の妻の浮気を防ぐ方法を紹介します。

単身赴任のせいで大事な家庭を壊したくないなら、ぜひ参考にしてください。

妻が昼顔さながらの浮気に繋がる4つの理由とは?

①孤独と不安で誰かに寄り添いたい

夫の単身赴任中に妻が浮気に走ってしまう理由の一番は、夫と離れて暮らす孤独や不安・淋しさです。

ほとんどの妻は夫の単身赴任がやむを得ないことだと理解していますし、浮気するすべての妻が最初から浮気するつもりで他の男性に近づくわけではありません。

しかし、近くにいる夫以外の男性と接触するうちに、寂しさから相手に恋愛感情を持ってしまったり、体の関係を結んでしまうことがあります。

②家事や育児のストレスから癒しを求めてしまう

夫が単身赴任中の妻は、家事や育児に夫の協力が得られないことでストレスを溜め込みがちでもあります。仕事を持っている妻であれば、仕事のストレスもあるでしょう。

ですが、夫と離れて暮らしているので、困っていることを気軽に相談したり、ちょっとした愚痴を聞いてもらうといったことも難しいです。

その結果、家の外に癒しを求めて浮気してしまう妻もいます。

③自由な時間が豊富で浮気の時間ができる

子どもがいない夫婦や、いても手がかからない年齢の子どもの場合は、夫が単身赴任することで妻が1人で自由に過ごせる時間が増えます

時間に余裕がある=浮気する時間が取れる」ということでもあります。

また、育児のストレスが少ない反面、1人ぼっちになりがちなため、浮気の原因となる孤独や淋しさを感じやすい状況でもあります。

④夫がいなければ何をしてもOKという気になる

夫が単身赴任することで、淋しがるどころか清々して、自由に振る舞い過ぎるタイプの妻もいます。

もともと浮気癖がある妻や、夫に飽きている妻の場合はこのタイプになりやすいです。

こうした妻は、「夫にバレなければOK」、「夫がいないときは何をしてもOK」という軽い気持ちから浮気に走ります

実際には、これまでに述べた理由が複合的に絡んで浮気に繋がっているケースも多いです。

夫が単身赴任中の妻の浮気率は約3%

夫の単身赴任中に浮気・不倫をする妻は3%です。ほとんどの妻は浮気せずに待っていてくれますが、妻の浮気が急増しており、100人に3人は浮気してしまいます。

浮気癖がある・夫に飽きているといった特徴を持つ妻が浮気しやすいのは先に述べた通りですが、淋しがり屋ですぐ人に依存したがるタイプや、惚れっぽいタイプも浮気しやすい性格といえます。

こうした特徴がある妻を家に残して単身赴任する場合は、特に注意が必要です。

単身赴任中に妻が浮気しないようにする方法は?

マメに連絡を取る

妻の浮気を確実に防ぐなら、単身赴任先に妻も引越しさせてしまうのがベストです。ですが、妻の仕事や子どもの学校などの事情で、家族ごと引っ越すのが難しいケースもあるでしょう。

単身赴任せざるを得ない状況であればまず、マメに連絡を取ることで、不安や寂しさを感じさせないように努めましょう。最近は電話やメールの他に、スカイプなどのテレビ電話でお互いの顔を見ながら話すことも可能です。

できれば1日2回は連絡を取ってあげましょう。夫の1日の様子が分かり、話を聞いてもらえるだけでも安心しますし、夫から気持ちが離れにくくなります。

また、頻繁に連絡を取ることで、浮気などの妻の変化にも気がつきやすくなります。

赴任先に会いに来てもらう

赴任先に会いに来てもらうのも効果的です。直接会ってコミュニケーションを取ることで、妻の心に他の男性が入り込みにくくなる効果があります。

掃除を頼むなどして、赴任先で暮らしている部屋にもときどき入ってもらうとよいです。

部屋を見ることで暮らしぶりが分かり、普段の生活もイメージしやすくなるので、離れていても安心しやすくなります。夫の部屋に他の女性の影が見えないことを自分で確認できるので、安心できるというのもあります。

こまめに家に帰る

体力的・金銭的負担は大きくなりますが、妻の浮気を防ぎたいなら、休みの日はなるべく自宅に帰りましょう直接会う頻度が多いほど、相手の心が離れにくくなるからです。

海外赴任など赴任先が遠い場合は休みのたびに帰るのは難しいですが、その場合もゴールデンウィークやお盆休み、年末年始休暇などの長期休暇のときだけでも帰った方がよいです。

また、妻の誕生日や結婚記念日などの特別な記念日には、忘れずにプレゼントを贈りましょう。女性は記念日を重視する人が多いため、記念日を祝ってもらうことで愛されていることを実感でき、安心する傾向があるからです。

周囲の人間に妻を監視・報告してもらう

あまり気持ちのよい方法ではありませんが、共通の友人や両親などに頼んで、定期的に妻の様子を見てもらい、変わったことがないか報告してもらうという手段もあります。

誰かに様子を見てもらうことで浮気の兆候を早期に発見できるので、場合によっては未然に浮気を防げる可能性があります。

また、夫と共通の知人と顔を合わせることで、心理的にも浮気しにくくなります。

ただし、妻を監視していることを悟られてしまう人や、妻の浮気相手になりそうな人に頼むのはアウトです。

自分が信頼できる人物で、妻と上手くつき合える人に頼むことが大切です。浮気相手になる心配がないという意味では、基本的には女性に頼む方がよいでしょう。

転勤なしの会社や職種に転職

単身赴任が原因で妻が浮気するのを根本的に解決したいなら、転勤のない会社や職種に転職するのが一番です。

事業所が一つしかない中小企業なら、転勤がないので単身赴任もありません。支店などがあっても同地区内限定で展開している会社なら、転居を伴う異動がないので安心です。

どこにいてもできるネットメディア運営の会社など、事業内容の性質上転勤の必要がない会社もおすすめです。

職種では総務や法務などの管理部門や、研究職IT系職種は、大手企業でも一つの拠点に部署が集約されていることが多いため、単身赴任の可能性が低いです。

地方公務員も単身赴任は稀です。

他にも、勤務地を限定して働く「勤務地限定正社員」という手もあります。

まとめ

夫の単身赴任中に浮気する妻の割合は、3%です。夫と離れている淋しさや、家事・育児のストレスから他の男性に癒しを求めたい気持ちになってしまいます。

特に子どもがいない夫婦や、いても手がかからない年齢の子どもの場合は、自由に過ごせる時間が豊富なため、環境的にも浮気が可能になりやすいです。

中には、「夫がいないときは何をしてもOK」と考える妻もいます。

単身赴任中に妻が浮気しないようにしたいなら、以下の対処法が効果的です。

マメに連絡を取る
赴任先に会いに来てもらう
こまめに家に帰る
周囲の人間に妻を監視・報告してもらう
転勤なしの会社や職種に転職

面倒ではありますが、大事な家庭を守るために頑張りましょう。