実は、会社の上司からパワハラを受けているという人もいるのではないでしょうか。しかし、パワハラされて泣き寝入りでは納得できませんよね。何かしら仕返ししてやりたいという意見も多いです。

ここでは、パワハラ上司への効果的な仕返し方法を伝授します。
さらに、パワハラ上司の特徴や性格万が一報復に失敗した時の逃げ道の用意の仕方についても説明します。
パワハラ上司への報復を考えているなら、ぜひ参考にしてください。

パワハラの定義やパワハラ上司の特徴や性格は?

パワハラとは優位な立場を利用した嫌がらせ

パワハラの定義は厚生労働省で、「職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為」と定められています。

上司から部下に対するいじめが代表的ですが、部下が上司をいじめるケースや、後輩や同僚へのいじめもパワハラに該当します。

パワハラのターゲットになりやすいのは、真面目で大人しい人・優しくてやり返してこなそうな人です。もっと端的にいうなら、「攻撃しやすく、反撃される心配のない人」ということになります。

こうしたタイプの人は、仕事ができなければ低能扱いされ、仕事ができれば妬まれるため、どのみちパワハラのターゲットになりやすいです。

パワハラは大きく分けて6パターン

パワハラにはさまざまなやり口があり、人によって具体的な被害状況が異なりますが、大きく分けて6パターンに分類されます。

身体的攻撃:殴る・物を投げつけるなど身体への暴力
精神的攻撃:恐喝や暴言など、言葉の暴力
人間関係からの切り離し仲間外れや無視など
過大な要求明らかに無理な仕事を押しつけること
過小な要求:使う予定のない部屋の掃除など、業務に必要のない低レベルな仕事をさせること
個の侵害:有給取得の理由を詳しく知りたがる・交際相手のことをしつこく聞くなど、プライベートに干渉すること

パワハラ上司になりやすい人には特徴がある

パワハラをする人には、もともとの性格に特徴があります。以下のようなタイプの人は、パワハラ上司になりやすい傾向があるので注意が必要です。

自意識過剰タイプ

一つは、「自意識過剰で社会的地位や権力・名声に執着する」タイプの人です。このタイプは自分の立場を誇示するために、格下と見なした相手には威圧的な態度を取ります。一方で、自分より立場が上と認識している相手には言いなりなのが特徴です。

王様タイプ

ワガママで自分が一番正しいと思っている」タイプの人も、パワハラしやすい傾向があります。このタイプは、何でも自分の思い通りにしないと気が済まないため、自分と違う意見はすべて口答えと認識して攻撃します。

ストレス発散タイプ

ストレスを溜め込みやすい人」も要注意です。このタイプは弱い者いじめをすることで、ストレスを発散しようとします。

パワハラ上司への効果的な仕返しの方法まとめ

在職しながらの仕返し

めんどくさい部下になる

このほかにも、自分の思い通りにしたがるパワハラ上司に、「素直で粘り強いが、極端に仕事ができない新人」の教育係をお願いしたら、上司の方がノイローゼになって退職したという事例もあります。

本社に報告して異動待ち

パワハラ上司のさらに上司に当たる人や、本部の人間がまともに相談に応じてくれる人であることが前提ですが、同じ企業で働き続けながらパワハラ上司に仕返しができる方法の1つです。
他には、パワハラ上司より偉い人の前でわざと倒れ、後日お見舞いに来た偉い人に、パワハラがあったことを告白。パワハラ上司は窓際に追いやられた。という例もあります。

サイトやメディアに晒す

24:マジレスさん:2017/08/22(火) 23:40:23.39 ID:QtPUzm1g.net
>>11
今更だけどこれすげー分かる
あの音声聞く度に心臓に悪いし泣きそうになったわ
あと、俺ICレコーダーで音声取ってた人間だけど、パワハラ容認してるような会社は音声提出しても、自分が不利になるだけだよ
裁判は、それなりに時間かかって、弁護士費用も余裕見て250万くらい必要で、パワハラ裁判で勝っても判例からいくとせいぜい50万程度+会社の不名誉程度
なにより年寄りにとっては、ついその間まで殴る蹴るふつーの世の中だったのに、コイツ何言ってんだ?くらいの気持ちだから、まず会社上層部に味方はいない
だから、議員秘書がやったように、裁判よりメディアに音声データ晒した方が早い。大手企業なら週刊誌も乗ってくれる。中小なら2ちゃんやニコ動、就活サイト

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/jinsei/1499089689/-100

世間を味方に付けるという方法です。メディアを使うのは勇気がないという場合は、2ちゃんや就活サイトを利用すれば直接的な仕返しではないですが、少しずつ確実に悪評を広めることができます。

小さな仕返しをコツコツやる


大がかりな仕返しは怖くてできないという人には、小さな仕返しを積み重ねていくのがおすすめです。
たとえば、上記のように心の隙間に入り込み方法もあれば、ちぎった消しゴムをパワハラ上司の後ろから投げるといったようなものまで様々あります。

退職前提の仕返し

退職日にすべて晒す

733 :彼氏いない歴774年:2018/06/08(金) 07:22:44.08 ID:J76do4WE.net
>>727
本気で復讐を考えてるのなら、理由が理由だけに弁護士に相談するしかないんじゃないの
その人によほどのダメージがあると言ったら社会的制裁しかない
まぁ私なら退職相談して退職日に悪態ついてとっとと辞める
(子どもみたいに騒ぎ立てるのではなく、挨拶の時に「〇〇さんの厳しいご指導、あ、間違ったパワハラなど酷いことを沢山されて、苦しむこともありましたが」などのイヤミを言うとか)
とりあえず辞めるのがベストではあるよ
あなたがしんどいんだから
遅かれ早かれ酷いことした人はなにか悪いことが返ってくるんじゃない

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/wmotenai/1526130093/726-

退職後のトラップを用意する


直接的な仕返しはしなくても、自分の退職後にパワハラ上司が確実に困ることを仕掛けておくのも1つの手です。他には、自分が使用していた仕事のデータを消すPCのパスワードを変更してから退職するなどの方法があります。

一斉退職

https://twitter.com/momo_tarou_jp/status/678877699096506369

自分以外にもパワハラ上司に悩まされている人がいるなら、その人達と相談のうえで一斉に退職するのもアリです。私も昔、当時の上司にパワハラを受けていた人達と一斉退職をした経験があります。今でもその時一斉に退職した人達とは繋がりがありますし、会社は潰れたしでとてもスッキリしました。

仕返しの仕返しに注意


790:非公開@個人情報保護のため:2018/09/26(水) 06:24:01.14 .net
>>784
そう思う理由が上司や先輩のパワハラなら
辞めなくても異動希望を出せば良いのでは?
もしかしたら仕返しも考えてるかもしれないが
その場合は必ず正しい方法で行うこと。
昔いたようだがここで実名を晒して誹謗中傷投稿は絶対にNG。
逆に自分が名誉毀損やら侮蔑罪になりかねない。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/koumu/1532600794/787-

パワハラ上司への仕返しをする方法は様々ありますが、感情に任せるのではなく自分の身を守りながらするのが鉄則です。下手をすると上記のような例や、オリンパス報復人事訴訟のように仕返しの仕返しを受けることになり、自分の立場が危なくなるので注意が必要です。
特に、法的手段で仕返しをするのは、デメリットも多いです。狭い業界の場合、トラブルを起こしやすい人物と上司が噂を広めて転職を妨害される可能性もあります。

報復に失敗したときに備えて逃げ道を用意しておく

報復に失敗すると会社に居られなくなる

パワハラ上司への仕返しは、必ずしも成功するとは限りません。退職を前提としている人であれば問題ありませんが、そうでない場合は誰から見ても被害者と思ってもらえるケースでないと、「すぐに被害者ぶる人だから要注意」という扱いになり、社内での立場が悪くなり会社に居辛くなります。当然、上司から嫌われて出世コースからも外されてしまいます

そうなってしまった場合、会社にいられなくなるので転職せざるを得なくなります。

いつでも転職できるように求人をストックしておく

もしパワハラ上司への仕返しを考えている場合、いつでも転職できる状況を作っておくことがおすすめです。いつでも辞めてやる!という心構えでいることで、少し気が楽になります
日々のパワハラ行為でストレスや疲労が限界に達してしまうと、正常な精神状態でなくなる可能性が高く、今すぐに転職したいと思っても転職サイトに登録する気力すらなくなってしまいます。

転職を急がない場合でも、今のうちに転職サイトだけは登録しておきましょう。なかなか出ない理想の求人に出会えるかどうかはタイミングがすべてになるため、早い段階から求人をチェックする必要があるからです。

転職サイトで求人数が一番多いリクナビNEXT

リクナビNEXT

最大手の転職サイトで、求人数が最多です。全国の求人に対応しているので利用しやすく、業種・職種が幅広いため、さまざまな職業の求人が掲載されています。

スカウト機能もあり、レジュメを登録しておくことでスキルやキャリアに合ったスカウトが受けられます。

リクナビNEXT公式サイト

まとめ

パワハラ上司への仕返しの方法は、「本部に連絡して上司の異動を待つ」、「サイトなどに実情を晒す」、「退職後のトラップを用意する」など、大掛かりなものから小さなものまで様々な方法があります。

しかし、その報復に失敗してしまうと仕返しの仕返しを受ける羽目になり、会社に居づらくなり退職予定がなかった場合でも転職を余儀なくされる可能性があるので、注意が必要です。

万が一そうなってしまった場合のために、転職の求人をストックして逃げ道を作っておくことが心に余裕もうまれるのでおすすめです。