きっかけはほんのちょっとしたトラブルだったのに、職場で周りの人達からすっかり孤立してしまった。仕事が上手くいかないし、居心地が悪くて会社に行くのがつらい。

人間関係が原因で職場で孤立してしまった場合どのような影響があるのか、周囲から既に孤立している場合の対処法について紹介します。人間関係トラブルを経験した人の転職先の選び方についてもあわせて紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

人間関係で会社から孤立してしまったらどうなってしまうの?

仕事上での問題が起こりやすくなる

周囲から孤立してしまうと、仕事への悪影響がでます。通常なら会社では上司や同僚と情報を共有したり、疑問点を相談しあったりします。また周囲が個人のミスに気がついたら早めに指摘して大事に至らないように軌道修正を行います。

ですが自分が周囲から孤立したり嫌われたりしていると、コミュニケーション不足で仕事が思うように進まなくなります。同じ仕事をこなすのに他の人より時間がかかる、仕事の質が下がってしまうなどの影響が起こり、その責任を個人として追及されることがあります。

上司や周りからの風当たりが強い

成果主義を導入している会社であっても、自分がまわりから好かれていないと風当たりが強くなります。特に自分の評価を下す立場の上司に好かれていないと、個人の仕事そのものは上手くこなせていても評価に結びつかず、昇給は難しくなり収入面でも影響が出てきます。

仕事の負担が大きくなる

職場で周囲から孤立していると、通常周りから人が嫌がる面倒な仕事を押し付けられやすくなります。その上自分は周りに頼みごとがしにくくなり、仕事の負担がどうしても大きくなりがちです。残業や休日出勤が多くなったり、身体や精神的な疲労から体調を崩したりする影響があります。

人間関係で孤立、もう会社にいられない!今後やるべきことは?

社内で部署異動

今の部署で自分対周囲のトラブルが起きてしまった場合の対処法ですが、今の部署にとどまったままで人間関係の完全な修復は大変困難です。トラブルの始まりがどうみても自分に非がない場合でも、残念なことに大勢が相手では自分の方が不利な状況なのは間違いありません。

人間関係で孤立してしまったら、まず会社に相談をし、部署の異動願いを出したほうが早く解決します。新しい部署で心機一転やり直したほうがスムーズで、自分自身の負担が軽くなります。

人と関わらない職種に転職

部署移動では問題が解決しそうにない場合は、思い切って転職することがおすすめです。一度人間関係でトラブルを経験してしまうと、人と関わるのが嫌になったり怖くなったりしがちです。そこで転職を諦めて引きこもりにならないように、できるだけ職場で人と関わらないですむ職種に転職するのもひとつの方法です。

人と関わらないで済む仕事には、ひとりで持ち場を担当する製造業清掃作業員警備員や、物理的に個人で作業するトラック運転手在宅勤務があります。必要なスキルが身についていればフリーランス、専門職、芸術系の仕事といった選択肢もあります。

人間関係の良い会社に転職

人間関係の良い会社の特徴

今の職種で働き続けたい、これまでのスキルを活かして働きたいなら人間関係の良い会社を選んで転職したいものです。人間関係の友好な企業を見つける方法ですが、団結して大きな経営課題に立ち向かっているカリスマ性のある経営者がいるなどの特徴があります。

求職活動中に職場の雰囲気をつかむには

外部から人間関係を含む職場の雰囲気を把握するには、口コミや離職率のチェックが役に立ちます。転職希望者に求人紹介をおこなう転職エージェントを利用すると、会社の内情を良く知っているエージェントから会社の雰囲気の情報をもらうことができます。積極的に情報収集をしたり転職サービスを上手く利用したりして、人間関係の穏やかな企業への転職を叶えましょう。

まとめ

職場でまわりから孤立してしまったら
仕事への影響
風当たりが強くなり収入への影響が出る
仕事の負担が大きくなる
などのマイナスの影響が予想されます。

職場で孤立してしまった
・別の部署に異動願いを出す
人間関係のトラブルが少なそうな業種に転職する
人間関係の良い企業に転職する
などの対処法があります。早めに気持ちを切り替え、居心地が良くて自分が正当に評価される環境を見つけましょう。