もう辞めたい!30代なのに怒られてばかりな人の特徴と解決策

30代にもなると新人の教育や大きな仕事を任されることも増え、人によっては上長に昇進し、部下を持つことも珍しくはありません。しかしながら、30代になっても仕事で怒られ続けている人も少なくありませんし、ダメ社員という烙印を押されて仕事をしている人もいることでしょう。
そこで、30代なのに仕事で怒られてばかりの人の特徴その解決策をここでみていきましょう。

30代なのに怒られている人の特徴まとめ

やる気がない・覚えない・自己解釈に偏りがち

30代になっても仕事で怒られ続けている人には共通点があります。仕事をきちんとしていると実感していても、周囲からは評価されないことが多く、余計にモチベーションが上がらなくなってしまいます。30代で怒られている人の特徴をまとめてみました。

教えられた通りに仕事をしない

仕事をする上で基本的に先輩や上司に作業手順や考え方、要領を指導してもらっているはずです。しかし、30代でも怒られている人は、教えてもらった通りに仕事をしていないことが多く、独自の考えやオリジナルの作業で作業していることがあります。

これは仕事を覚える気がないと思われることもあり、中には覚えられないから教えてもダメだというレッテルを付けられてしまいます。教えても覚えないという認定をされてしまうと、大事な仕事は任されることなく、雑務ばかり押し付けられるようになってしまいます。

また、教えられた通りに仕事をせずにミスをしてしまうと、自分の作業をチェックされるようになってしまい、だれかの足を引っ張ってしまうことにつながります。

意欲が感じられない・やる気がない(ぼーっとしている)

仕事において、新しいことにチャレンジしようとせず、いつまでも新人がやる作業ばかりしている人もいます。これは周囲から楽をしていると思われてしまいがちです。仕事への意欲を疑われ、30代なのにやる気がないと思われると上司からの当たりも厳しいものになってしまいます。

会議やミーティングでも発言せず、無関心でいるような雰囲気を作ってしまうことはマイナスポイントになりやすく、上司から怒られる要因を作っていることになります。仕事中にぼーっとしている人は集中力が足りないと思われますし、真面目にコツコツと取り組んでいる人と同じミスをしても、前者のほうが風当りは厳しくなるでしょう。不公平という人もいるでしょうが、覇気が感じられない人は仕事でミスをしても当たり前だという認識を持たれてしまいがちです。

納期を守れない・言い訳ばかり

仕事で怒られる人の多くは納期を守れないことがあります。納期は会社にとって信用につながりますので、遅れるということは業績悪化につながります。直接取引先と仕事をしていない人でも、上司からいつまでにやってほしいと期日を言われることがあるはずです。

そのような時に納期を守れない人は、必然的に言い訳が多くなってしまうものです。言い訳は本人からしたら事実でしょうが、仕事を待っている側からすると、そのような言い訳は全く関係ありません。

自分の都合で物事を考えていると、多少納期が遅れても「これくらいなら大丈夫」と勝手に自己解釈してしまいがちです。納期を守れないというのは社会人として失格といえますので、どうしても期日を守れない時には後から言い訳せずに、前もって相談しておくべきでしょう。

ダメ社員の烙印が押されている

怒られる人の特徴には、上司や同僚の前でおどおどした態度を取ってしまうこともあります。自分の意見をしっかりと持っておらず、声が小さくなってしまい、テンパってしまって動揺が隠せないパターンです。

このような社員はダメ社員という烙印を押されてしまい、重要な仕事にも任されなくなる可能性が高くなります。おどおどした態度は「何を言っているのか分からない」と解釈され、相手をイラつかせてしまう恐れがあります。

怒られないための解決策

怒られた事より原因にシフトして考えよう

30代でも仕事で怒られる人は、まず怒られることよりもその原因を考えるようにしていく必要があります。基本的に仕事をしていると年齢に囚われず、だれもが常に怒られているものです。

いつも怒ってばかりの上司も、さらに上の上司に怒られ続けているものです。30代になっても怒られ続けない人というのは、怒られた原因を追究し、同じミスをしないように作業を見直してしっかりと考えていることがうかがえます。

怒られて嫌な気持ちもあるでしょうが、どうして怒られるのかということを常に意識しておくようにしましょう。

教えてもらった通りに実践

ミスを無くすためには仕事を教えてもらった通りに実践するようにします。自分なりのやり方をしてしまうと、確かに楽かもしれませんが、ミスを重ねる恐れがあります。上司はこれまでに失敗を経験してきた経緯から、同じミスを防ごうと仕事を指導してきますので、素直に言うことを聞くようにしましょう。

また、自分ばかりが怒られるようになることもあります。怒られキャラになってしまい、上司も怒りやすいイメージを持っているはずです。しかし、あまりに理不尽に自分だけ怒られているなら、自分の意見を率直に言うようにしましょう。

さらに上司の怒りポイントを把握し、会話の持って行き方や機嫌のよい時間帯などを狙って業務報告をするようにしましょう。

まとめ

30代でも仕事で怒られている人は、仕事を覚えず、やる気もなくて、納期も守れない特徴があります。言い訳が多くなり、責任転嫁を図ろうとしてきます。また、おどおどした態度を取ってしまい、テンパってしまうので動揺が隠せなくなっていきます。これは相手をイラつかせるのに十分な動機といえますので、注意が必要です。

怒られないための解決策として、怒られたこともより、実際の要因を調べ、2度と同じようなミスが生じないように考えていくようにしましょう。さらに仕事を教えてもらった通りに実践し、上司の怒りポイントを把握しておいて、自分の意見をしっかりと述べるようにしてください。