転職の志望動機がない人が面接官に響く志望動機をひねり出す方法

転職活動で応募書類の「志望動機」の欄を書くときに、書くことが思い浮かばず手が止まってしまったことはありませんか。困ったあげく応募する会社のサイトを開いて、会社概要をななめ読みし、苦しみながら志望動機をつくりあげたのに、あっさり書類選考で落とされた苦い経験はないでしょうか。

実は転職内定をもらえる志望動機の作り方には簡単なコツがあります。ここでは履歴書やエントリーシートの段階で、何ひとつ志望動機が思い浮かばなくても、応募した会社から内定がもらえる志望動機をつくるコツについて紹介します。このコツを押さえれば、最初は転職の志望動機がない人でも、書類選考を通過し、面接で採用担当者に認められる志望動機が簡単に書けるようになります。

採用担当者もうんざり?ありがち&トンデモ志望動機

転職の志望理由に待遇や条件に触れるのはNG

内定がもらえる志望動機のつくり方について紹介する前に、転職活動で失敗するNG志望動機を紹介します。

「会社が自宅から近く通勤が便利なので応募しました」、「給料が今より良くなることが転職の条件です」、「社員食堂があることが魅力でした」など、待遇や条件を志望動機にあげるのは避けましょう

給与や福利厚生などの条件が良いことが、応募する動機づけになっているのはごく普通のことですし、働く上で大切なことなのですが、応募者が書類や面接であえてそのことに触れる必要はありません。それでもこの人を採用したいと思えるような経歴や実績を持っている人でなければ、どちらかというと「自分勝手」や「非常識」というマイナスなイメージを採用担当者に与えてしまい、選考を通過する可能性は低くなってしまいます。

自己都合で転職する場合は業界や今の職場に対する悪口はNG

「今の会社は給料が安いので転職したいです」、「全然休みが取れないので有給が取りやすそうな会社を探して応募しました」など、転職理由が今の会社に対する悪口になっていないかチェックしましょう。

転職を希望している以上、応募者が今の職場に何らかの不満があるのは採用担当者も理解しています。しかし応募者が採用の過程で転職の理由として、前の職場や業界の悪口を並べるのはNGです。これから一緒に働くかもしれない初対面の人に、いきなり愚痴るようなネガティブな人を雇うのはリスクが高いと考える企業が多いからです。志望理由には、新しい仕事に対して意欲や前向きな姿勢が感じられる言葉を選びましょう。

学びの姿勢は謙虚に伝えよう

「御社での仕事を通して成長したいです」など「勉強したい」「成長したい」というワードは、一見前向きでやる気があるような印象があり、志望動機が思いつかないときについ記入してしまいがちです。

しかし企業としては給与を出す以上、転職の目的に自分本位の内容を掲げられると違和感を覚えることがあります。また転職先で腰を落ち着けて働く意思が感じられないため、採用担当者にキャリアを理由にすぐ退職してしまいそうなマイナスの印象を与えてしまうこともあります。社会人としては、表現を工夫して謙虚な姿勢をアピールし、自分がどのように企業に貢献できるかを伝えることを優先しましょう。

「将来性」や「企業理念」などありきたりな表現はNG

採用担当者が頭を抱えてしまうような志望動機というわけではありませんが、「貴社の将来性に魅かれました」、「御社の経営理念に共感しました」などのありきたりな言葉を志望動機に使わないようにしましょう。

志望動機に書くことがなかなか思いつかないと、「将来性」や「企業理念」などの言葉をつい書いてしまいがちで、どれも採用担当者の心に響くことはありません。これらの言葉は、ありがちで漠然としていて、「何も言うことがないからとりあえず褒めておこう」という投げやりな姿勢が見え、採用担当者にもともと強い志望動機がなかったことが伝わってしまいます。書きあげた志望動機を読み返してみて、別の会社を受けるときにそのままコピペして使える文面であれば書き直したほうが賢明です。

転職の志望動機内容は、内定にどの程度影響する?

「志望動機」の重要度

採用につながる志望動機を考えるためには、採用側が「志望動機」をどれぐらい判断の材料として重視しているか知っておきましょう。転職の場合、採用担当者は「志望動機」を「職務経歴」の次に重要視しているというデータがあります。応募書類の中で、「志望動機」力を入れて作成すべきポイントなのです。

また志望動機で企業側は何を知りたがっているのか知っておくと、採用側に響く志望動機が作りやすくなります。採用担当者は「志望動機」の内容で、応募者の意欲や仕事に対する考え方を判断しようとしています。また志望者が、会社として欲しい人材像とかけ離れていないかもチェックしています。求人する方も転職者の採用に時間とコスト労力を欠けているので、優秀であっても採用してもすぐやめてしまう人は避けたいと思っています。

採用担当者が知りたい情報をうまく盛り込んで、長く働く姿勢や意欲をアピールできる志望動機を作成しましょう。

転職者の志望動機のポイント

特に同業他社からの転職の場合、採用側はシビアに注意深く志望者の人物像について知ろうとします。普通、同じ業界からの転職者は即戦力として働ける可能性があるので、企業もぜひ採りたい人材と考えます。

しかし、なぜ転職というリスクをおかしてまで、今の職場を辞めようとしているのか、業界に対してどのような考えを持っているのか、なぜこの会社を選んだのか、知ろうと面接で突っ込んだ質問がくることが予想されます。

志望動機が思い浮かばないと、ついつい「前職での経験をいかして頑張ります」と書いて終わりにしてしまいがちですが、採用側の知りたいと思っているポイントの答えとなり、担当者が納得し、受け入れる志望動機を準備して、応募書類に記入しておくことがベストです。

履歴書に転職理由や志望動機が全く書けないときの対処法

実践!内定がもらえる「志望動機」のつくり方

では実際に転職理由や志望動機が思い浮かばない場合の、志望動機のつくり方をお伝えします。志望動機のつり方には3つのポイントがあります。
1.前向きな転職理由
2.なぜこの会社でなければいけないのか
3.自分が企業に貢献できる点のアピール

この3つの柱で志望動機を組み立てます。

面接官が知りたい「転職理由」を志望動機に盛り込もう

まず転職の場合は、転職の理由をあわせて志望動機に記入しますが、「給料が安い」とか「休みがとれない」などのという事情があっても現職への不満は書きません。基本的に「やりたいことがあるけれど、いまの会社ではそれがかなわない」というテイストで、仕事の内容に対する熱意と想いをアピールする流れで、転職理由を作成しましょう。

「この会社でなければいけない理由」を探そう

次が志望動機の核となる部分ですが、「同業他社の他の会社ではなくて、なぜこの会社に入りたいか」を伝えましょう。この部分が全く思い浮かばない場合は、志望する会社の製品やサービスについて調べてみます。志望理由には自分がその中で興味を持っている製品やサービスの具体的な名前をあげます。志望する会社に「この会社には自分にとって魅力的な商品やサービスがあり、自分は仕事でそれに関わりたい」ことを伝えます。

会社に貢献できるポイントを謙虚に伝えよう

最後に憧れの気持ちだけでなく、その商品やサービスを生み出す仕事の中で、自分のこれまでの経歴や能力をどう活かせるかを企業に伝えます。自分の経歴をアピールしつつも、謙虚な姿勢で新しい仕事に挑むために勉強と努力を重ねる気持ちが伝わるようにします。採用担当者に、その企業で活躍しているあなたの姿がイメージできるような内容の志望動機になったら成功です。

転職面接で「ない」志望動機を上手く「作る」方法

面接で志望動機を聞かれて詰まらないための準備

応募書類の志望動機は時間をかけ推敲をかさねて、ブラッシュアップすることができますが、面接は一発勝負です。受け答えと応募書類の内容が矛盾したり、緊張して口ごもったりしないために、予想される質問によどみなく自信を持った口調でしっかり答える練習をしておきましょう。受け答えの内容だけでなく話し方や態度、仕草でこの会社に入りたいという熱意をアピールできる仕上がりを目指しましょう。

応募書類と面接の志望動機は同じでいい?

面接で、履歴書やエントリーシートで書いた応募動機をそのまま読み上げるのは、アピール力に欠けます。応募書類に書いたことを暗記して、しゃべるだけでは面接官に意欲は伝わりません。

面接で志望動機について聞かれたら、基本的な内容は書類と同じで構いませんが、書いたものを覚えてそのまま繰り返して話すのではなく、面接では応募書類でつくりあげた具体的なエピソードを付け加えると、採用担当者の心を動かすアピール力の強い内容になります。面接を受ける企業やその企業の商品についてどのように知ったのか、どこに興味をひかれたのかについて具体的に話すと、面接官の説得力も好感度も上がります。

自分で考えた志望動機に自信が持てない人は

出来あがった志望動機に自信が持てない人、文章を組み立てるのが苦手で応募書類がなかなかかけない人は、転職エージェントを通して転職活動をすすめる方法がおすすめです。

転職エージェントに登録すると、転職に関する専門知識を持ったエージェントから、応募書類の添削をしてもらったり、ロールプレイング形式の模擬面接を受けたりすることができます。働きながら転職活動をする人は、ひとりで試行錯誤する時間が節約できます。応募書類や面接の準備ができていると余裕がうまれ、気持ちもリラックスできるようになります。

中でも転職エージェントのリクルートエージェントはひとりひとりに担当のエージェントがつき、手厚い転職の活動のサポートがもらえます。転職希望者はリクルートエージェントに登録すると、無料でサービスを利用することができます。上手に転職エージェントを活用して、転職活動を成功させましょう。

まとめ

転職活動で「志望動機」が思い浮かばない場合の「志望動機」の作り方と作成のポイントを紹介しました。

志望動機は「前向きな転職理由」・「企業の魅力的な商品やサービス」・「企業に貢献できる点のアピール」の3つで構成し、面接では具体的なエピソードを盛り込んで、就労に前向きな姿勢と意欲をアピールすることが大切です。志望動機に不安がある場合や、面接に苦手意識がある場合はリクルートエージェントなどの転職エージェントのサポートをもらうことがおすすめです。

転職エージェントでは、応募書類や面接のサポートだけではなく、一般には非公開の求人を紹介してもらうことができます。転職を希望する人はぜひ転職エージェントに登録しましょう。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング