今よりもいい会社へ…という希望を抱いて、あるいは今の会社じゃなければどこでも!と逃げるような気持ちで転職する人が多い中、実際に転職活動を始めてみると、想像以上にしんどかったという人が多くなっています。

転職後の新生活を夢見ながらも、まだ本格的に転職活動を始めているわけではない人にとって、どんな辛さがあるのかは未知の世界ですよね。

この記事を読めば、転職活動の何が辛いのか?そして、その転職活動の辛さを乗り越えるヒントがわかります。
この記事を読んで、転職活動の現実を知り、その現実に立ち向かって転職を成功させる秘訣を探しましょう。

転職活動を辛いと感じる原因と対処法

転職活動中の8割以上が辛いと感じている

今やれっきとした社会人のあなたも、数年~数十年前に体験した地獄の就職活動を覚えている人は少ないかもしれません。

就職活動が辛い地獄だったように、転職活動も実際のところ、楽しいものではありません。

それを証明するかのように、転職活動を「辛い」と感じる人は、82%にものぼります。
また、「辛い」と感じる時期は、転職活動開始から3カ月過ぎが最も多いというデータがあります。

すぐに決まるだろうと思っていた転職者でも、3か月を超えると、「どこにも転職できないのでは」という焦りが手伝って不安も募り、応募書類を書いて、面接を受けて…という手間のかかる作業を繰り返すうちに辛さを感じてしまうのです。

在職中の転職活動が体力的につらい

転職活動成功者の8割は在職中の仕事と両立させている

転職活動を成功させている人の8割は、在職中に転職活動を行っており、現職の仕事と転職活動を両立させています。

在職中の転職活動は、最悪の場合現職を辞めなければ職を失うという最大のリスクを回避できるというメリットがあります。

一方で、在職中に転職活動をすると、転職面接の日程が急に決まった場合、仕事とダブルブッキングになってしまい、どちらかを犠牲にしなければいけないというデメリットもあるのです。

現職の仕事と転職活動の優先順位を決めておく

仕事をしながら転職活動をする場合は、優先順位を決めておきましょう。

転職活動の中でも、面接などは必ず優先させるべきです。
応募先の採用担当者は、あなたのために一定のスケジュールを空けておくという手間と時間をとっているわけですから、その手間と時間に応えるよう、あらかじめ根回しをして応募先の希望通りに休むようにしましょう。

周囲に気付かれないように転職活動するために、現職をおろそかにしない

在職中の転職活動は、突然休みをとったり、いつもと仕事のテンションが違う…などの理由で職場の同僚や上司にバレがちです。

最近では、在職中の転職活動に配慮してくれる企業は多くなっています。
職場バレしないよう、面接等の日程調整は応募先の企業にも事情を説明したうえで行い、現職の通常業務にできるだけ穴をあけないよう、平静を装うことも大切です。

現職もおろそかにしない姿勢でバランスを考えた行動を心掛けましょう。

面接官から圧迫されて精神的につらい

転職活動の精神的な辛さを感じるのは、面接時です。

面接では前職の退職理由や、空白期間の説明などについて、具体的に答えるように突っ込まれてしまうものです。

また、「ここで採用してもまた転職するでしょ?」「どうせここもすぐに退職するでしょ?」という圧迫面接を行う企業もあるため、そのたびに精神をすり減らすことになってしまいます。

さらに退職してから空白期間がある場合、「〇ヵ月もの間、何してたの?」「なんでこんなに長くプラプラしてたの?」など、空白期間があいたことの説明を合理的にする必要があり、大した理由もない人は追い詰められて本当に辛い思いをしてしまいます。

離職後の転職活動は金銭面の不安がつらい

離職後の転職活動は金銭的に負担となる

一旦離職してから転職活動を始めると、労働による収入は途絶えてしまうことになるため、金銭的にも辛い目に遭う可能性があります。

離職後、転職先が決定し、最初の月給が支給されるまでの間、以下の費用がかかることを覚えておきましょう。

1)生活費…1人暮らしなら食費・光熱費・家賃・通信費など【平均140,000円/月ほど】
2)国民健康保険…無収入の場合【17,700円/月ほど】
3)国民年金保険料…年々改定率が上昇【16,260円/月ほど】
4)各種税金…所得税、消費税は各生活の仕方、前職の収入による

ただし2~4は、安定した収入が得られるまで繰り延べてもらうことが可能です。

資金の目安は月給2~3か月分が目安

上記のように、離職してからの転職活動中も、取られるものは取られてしまいます。
かかるお金は仕方がないので、「転職活動資金」として在職中から財源を確保しておきましょう。

転職活動資金の金額の目安は、月給の2~3か月分が目安です。
とはいえ、いきなりそんなお金を準備できない!という人は、離職するタイミングを変更してその間資金繰りをしたり、貯金を切り崩したりして節約を心掛けましょう。

失業保険の給付を受ける

前職で雇用保険に加入していた場合、要件を満たしていれば失業保険が受給できます。
転職のための退職ということは、形式としては「自己都合退職」というカタチになります。

自己都合退職の場合、失業保険が給付されるまでの期間は、最短で3か月と7日です。
給付される日数には上限があり、自己都合の場合は90~150日となっています。
支給額は、最大で約118万円ですが、もちろん転職活動をしていることを証明するもの(ハローワークの利用履歴等)が必要です。

高望みしすぎ?現実とのギャップがつらい

転職活動で正社員にこだわるのは不利

転職活動が辛くなってきたら、そもそもあなたが何を求めて転職を決意したのか再確認しましょう。
最初から正社員では無くても良いのなら、紹介予定派遣などを利用し、派遣社員や契約社員からスタートするのも選択肢に入ってくることになります。

希望全てとマッチし、正社員としての内定を貰えそうでも、ブラック企業の可能性が無いか調べることも忘れずに行いましょう。

希望とマッチする会社が長期間見つからないのは高望みのせい

あなたの転職希望が、あなたのスキル・経験、実績などよりもはるかに高い場合、マッチする会社はそうそう見つかるものではありません。

高望みは転職の遠回りになってしまい、時間も気力も体力もお金もかかってしまいます。ある程度のところで折り合いをつける覚悟も必要です。

やることが多くてつらい

転職活動には、数々の準備作業が必要です。
書類選考対策の履歴書・職務経歴書などの応募書類準備、キャリアプランの作成、求人選択など…1社に応募するのにたくさんの工程を踏む必要があります。
慣れないとそのどれもに時間がかかってしまい、本当に辛い思いをしてしまいます。

こんなことで応募前に辛い思いをしないよう、事前に対策を練っておくことも大切です。転職活動計画を立てる前に、自己分析キャリアの棚卸し業界・職種研究をすこしずつでも進めておくと、後々転職活動が少し楽になり、辛い思いも軽減させることができます。

つらい転職活動を乗り越えるための4つのヒント

①在職中の転職活動は時間配分をもう一度見直す

在職中で転職活動をしている人は、根を詰めすぎるとストレスが溜まってしまい、うまくいくはずのものもうまくいきません。

在職中の転職活動時には、ストレスをその都度発散させてリフレッシュする時間を確保するように心がけましょう。

退職後に転職活動を始める人は、同時進行で転職後に役立つスキルを身につけるなど、時間を無駄にしない工夫が必要です。

②離職後の転職活動は合間にアルバイト

前述した失業保険を受給する場合は、長期のアルバイトをすると労働をみなされ、失業保険金の受給をストップさせられてしまいます。

でも、単発のアルバイト(1週間の労働時間が20時間未満程度)なら、この限りではないので、失業保険を受給しながらでもOKなのです。
単発のアルバイトを探して、失業保険が受給できる範囲で稼ぐことで、金銭的な不安を取り払うことができます。

また、まるで専門外のアルバイトは、気分転換になり、リフレッシュ効果も期待できます。

③不採用は「縁が無かった」だけ

転職活動中に一番落ち込むと言われるのが、立て続けの不採用通知です。
数々の書類を時間と手間をかけて作成したのに、「不採用」「〇〇様の今後のご活躍をお祈り申し上げます」の文字を見ると、本当にガックリきてしまうものです。

そんな時は、自分の何が悪かったんだろう…あの文章をこう書いていたら…などと後ろを振り返らずに、「縁が無かった」とポジティブに気持ちを切り替えることが大切です。

楽観的に考えて気持ちに余裕を持つことで、楽な気持ちが余裕の表情となり、結果的に上手く行くこともあります。
転職を機に自分がこうなりたいんだ!という固い決意を再認識しながら、前を向いて次の応募に取り掛かりましょう。

④人に頼ることで解決することも

人脈を掘り起こしてみる

自分ひとりで求人を探すだけでも、数ある転職サイトを閲覧し、チェックしたたくさんの求人からさらに絞って…という工程は、とても面倒で辛いものです。

正攻法でうまくいく人もいますが、ひとりでもがくのではなく、人脈をたどるという方法もあります。
親戚や古い友人、友人の知り合いなどのネットワークから、思わぬ展開が開かれる可能性もあります。

転職エージェントを利用する

個人的な人脈に頼ってみるほかに、転職エージェントにキャリア相談するという方法もあります。

エージェントには、転職の専門的知識とスキルをもったキャリアコンサルタントやアドバイザーが在籍していて、求人の紹介といった実務的な支援に限らず、純粋に「転職活動の辛さを共有する相手」としても役立ちます。

転職活動でのつらい気持ちを人と共有するだけで、気持ちも楽になり、前向きな姿勢で新たな転職活動に取り組めるようになります。

転職相談に役立つエージェント

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

各業種・職種に精通したキャリアコンサルタントが、5,100か所以上に拠点を構える守備範囲の広いアデコグループが保有する豊富な求人の中から、あなたの経験やスキルにマッチした求人を紹介してくれます。

それだけではなく、求人企業とあなたの橋渡し役となってくれるので、あなたの企業への思いや、仕事への情熱を書類だけではなく直接企業に伝えてくれます。
そのため、志望した企業への採用が決まりやすいという特徴があります。

転職活動に辛さを感じている人も、その理由や背景について、コンサルタントが一緒になって考えてくれるため、辛さを共有し克服するために、採用されやすい新しい求人を提示したり、応募書類の添削などを行ってくれます。

Spring転職エージェント公式サイト

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、エージェント利用者の満足度が87%という実績をともなった転職エージェントです。

サイトへ登録すると、必ずあなた専任のキャリアアドバイザーがついて、90分にわたるオフィス面談を行うというきめ細やかな対応が特徴的です。
東京にあるオフィスまでは出向けない…という遠方にお住まいの方は、電話面談のみの対応も行っていますが、こちらも30~60分という充実した対応です。

この面談中に転職活動の辛さを打ち明けることができ、そこから辛さの原因を分析し、採用への近道を提示してくれます。

type転職エージェント公式サイト

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング

まとめ

在職中でも、離職してからでも、転職活動には金銭面このままどこにも採用されない不安不採用からの人格否定など、辛いことがたくさん待っています。

でも、以下のことに注意すれば、その辛さに立ち向かうことができます。

在職中から転職後に役立つ資格を取って時間を効率的に使う
金銭面の不安には失業保険と単発アルバイトで対応
・不採用が続いても、「縁がなかった」と考える
・友人や親せきなどの人脈に隠れた優良求人がある可能性も

それでも辛さを克服できない場合は、転職エージェントを活用し、転職活動の辛さを傾聴してもらい、採用に向けて自分ひとりではなくコンサルタントと二人三脚で前向きな転職活動を再開しましょう。