転職したいときの悩みの一つに、「いつ転職するのがよいのか?」という問題があります。巷には「求人が多い時期に転職すべき」、「ボーナスをもらってから転職すべき」など、いろいろな意見が飛び交っているので、どうすればよいか分からなくなってしまっている人もいると思います。

ここでは、転職のベストタイミングを見極めるポイントについて、さまざまな角度から検証します。ベストタイミングを知るためのリサーチ方法も紹介するので、いつ転職すればよいか判断に迷っている人は、参考にしてください。

転職求人の多い時期と穴場の時期はどちらが狙い目?

中途採用が多いのは3~4月と9~10月

リクルートのdoda「ホンネの転職白書2011年~中途採用実態調査」によると、3月(31.4%)〜4月(31.1%)が最も多く、3割以上の企業がこの時期に積極的に採用活動を行っています。2番目に多いのは9月(23.8%)〜10月(21.7%)で、2割以上の企業が積極的に行うと回答しています。

逆に、それ以外の時期の求人数は全体的に少なくなっています。最も少ないのは8月の11.7%で、3月の31.4%とは3倍近い差があるのです。

期末に退職者が出たことで補充したいという会社や、新卒などと同じタイミングで研修や教育をまとめて行いたいという会社が3~4月に多いです。9~10月から10月は、上半期の結果を見て、足りない人材を補強しようとする企業が多いです。

この期間は求人も多いですが、転職者も多く採用のハードルが高いです。選考にじっくり時間を掛ける企業も多いので、転職のハードルも上がります。

参考URL:https://doda.jp/guide/ranking/039.html

未経験が転職しやすいのは3~4月

新卒採用と同時期に研修を行いたいと考えている企業は、中途採用者に対しても研修を行おうと考えています。このような企業は、即戦力を求める企業よりも、未経験が比較的転職しやすい企業であるといえるでしょう。

そのため、未経験者は3月から4月に求人を行う企業が狙い目ともいえます。しかし、3月から4月に求人を行うすべての企業が、中途採用への研修を考えているわけではないため、注意が必要です。

2月と6月も欠員補充のための求人が増える

2月と6月は、「夏や冬のボーナスを貰ってから転職しよう」と考えて退職した人が出てくるので欠員が出やすく、その穴埋めをするために求人が多くなります。しかし、転職希望者が多い時期でもあるので、競争率は高くなります。

2月は求人や転職者が増えてくる3~4月の先駆けになるため、早めに行動して倍率が低いうちに活動することが大切です。

一方6月は、在職中の人が活動しやすい時期でもあります。5月のGWから行動しておけば、転職活動の時間も確保しやすくなり、仕事との両立がしやすいです。

未経験でもライバルが少ないのは7~8月

求人数に対して転職希望者がもっとも少ないのは8月です。この時期は、求人数は少ないですが、帰省や旅行など、プライベートのイベントが多い時期なので応募する人も少なく、ライバルが少ないです。

また、7~8月の求人は採用ハードルの低い求人も多く、未経験でも他の時期よりは採用されやすいです。お盆休みなどを活用すれば在職中でも活動できるので、普段休みが全然取れなくて転職活動が進まないという人でも転職しやすいです。

転職希望者が多い時期と中途採用が多い時期は必ずしも一致しない

転職を希望する人が増える時期と、企業が中途採用を行う時期は、被る部分もありますが、必ずしも一致するものではありません。また、企業規模や求めるスキル、業界などによっても、求人が増える時期が違ってきます

転職活動を有利に進めたいなら、自分のタイミングだけでなく、求人企業の動きを考慮した上で、転職時期を決めることが大切です。

また、この記事に記載したのは、あくまでも一般的な傾向で、年度によって多少ズレが生じることもあります。経済界の動きや、志望する業界の動向などもチェックしておくようにしましょう。

年間の動向を知るとメリハリのある転職活動ができる

計画的に効率よく転職するには、応募したい企業の採用計画を知っておくとよいです。企業ごとに、中途採用活動が活発な時期と停滞している時期があるので、12ヶ月の波を把握しておきましょう。

その上で、転職目標時期から逆算して、準備期間もしっかり設けると、転職活動が長引いてモチベーションが下がることがなく、実力を最大限に発揮できます。

避けておきたい転職のタイミング

失業給付受給後の転職活動は不利

転職を考える人の中には、「失業給付をもらって、しばらくゆっくりしてから転職したい」、「一度退職してから、じっくり転職活動したい」と考える人もいます。しかし、失業給付をもらってからだと、転職に不利になるのでおすすめしません。

失業給付を受け取っている間は、採用担当者から見ればブランク期間です。退職後すぐに入社できる人に比べて、仕事の勘が鈍っている可能性があり、即戦力は期待できないと判断されてしまいます。「休んでいる間に怠け癖がついているのではないか?」という不安もあるので、採用されにくいです。

さらに、受給中に誕生日を挟んでいる場合は、年齢も上がってしまいます。

住宅ローン審査前に転職するとローンが組めなくなる

住宅の購入を考えている場合は、住宅ローンの審査が通るまでは、転職は控えた方が賢明です。住宅ローンの審査では、勤続年数が重視されるからです。

したがって、転職後すぐは住宅ローンの審査が通らない可能性が高く、審査中に転職しても、最初から審査をやり直しになります。審査が終わるまで、転職は待ちましょう。

なお、すでに住宅ローンの支払いが始まっている場合は、転職しても問題ありません。

年をまたいでの転職は確定申告が必要

前職の年末調整を待たずに退職し、転職先の年末調整にも間に合わなかった場合は、会社で年末調整を行えないため、自分で確定申告をしなければなりません。

確定申告は会社員だと慣れていないこともあって、かなり面倒な作業になるので、年をまたいでの転職は避けた方がよいです。

転職のタイミングは業種や職種ごとでも違う

求人数が増えたり減ったりする理由は、業界や企業によって違う

採用時期が一律の新卒採用とは違い、中途採用を募集する時期は、業界の事情や企業の考え方により変わります。例えば、新卒と同時期に研修をしたいと考える企業もあれば、業務分散のため新卒とは違う時期にずらす企業もあります。

また、事業計画に必要な人材を採用するケースでも、業界により繁忙期が異なるため、求人時期が変わってくるのです。また、通年で募集を行う、という方針の企業もあります。

それぞれの企業の中途採用への事情は異なるため、全体の求人数が多い時期が、あなたにとっても有利な時期であるとは限りません。それぞれのケースごとに、詳しく見ていきましょう。

業種や職種別の転職のタイミング

百貨店や大型量販店などの販売や流通に関連する業界では、年末商戦に向けて10月頃から採用が増えていきます。3月あたりでも求人が増えるので、募集の時期は一般的と言えます。

観光に関連する業界では、年末年始、ゴールデンウィークや夏休みを前にした時期に求人が増えます。このような求人は、活躍してほしい時期が確定しており、即戦力を求められているケースです。

IT系のエンジニアは、下期に向けて人員を増やすために9月あたりに募集をかけるところが多いです。10月もまだ求人は多いですが、9月頃がピークになっているので、早めに優良企業を見つけるためには9月には活動をしておいたほうが良いです。

クリエイティブ系は1年を通してあまり求人数が上下することはありません。常に求人を確認しておいて、いいところがあったらすぐに行動できるようにしましょう。

転職に穴場の時期とその理由

3月~4月、9月~10月以外の穴場の時期に採用を行う主な企業としては、大手の銀行、総合商社、メーカーなどがあります。これらの企業は、新卒採用に注力しているため、新卒採用で忙しい3月~4月を避けて中途採用をしたいと考えている企業も多いのです。

ベストタイミングに転職するための3つのポイント

①企業側の採用意欲が高まる時期を見極める

転職のベストタイミングの一つは、企業の採用意欲が高まる時期です。新卒採用が落ち着く4月は新規事業もスタートし、足りない人材が明確になります。

この時期に、即戦力となる経験者を中途採用したいと考える企業は多いです。

②GWやお盆休みなど大型連休を最大限に利用する

在職中の場合は、仕事と転職活動の両立が難しいので、時間を確保しやすいという点では、GWやお盆休みなどの大型連休も転職活動に適したタイミングといえます。

③プランを立てて損をしない転職を

転職活動に掛かる期間は、3ヶ月が目安です。準備にしっかり時間を掛け、なおかつ疲れないうちに転職活動を終了させるには、3ヶ月くらいが適切だからです。

したがって、転職したい時期が決まったら、逆算して3ヶ月前には行動を開始しましょう。きちんとプランを立てて転職活動することで、狙った時期に転職しやすくなります。

仮に転職目標時期が6~8月なら、4~5月には求人のリサーチを始めます。ボーナスをもらってから転職したい人は、ボーナス時期なども考慮してプランを立てましょう。

転職のベストタイミングを見極めるにはサポートを活用

転職市場は多様であり、一律の法則はありません。業界や企業規模によって、求める人材や求められる経験は変わり、採用活動も異なります。

そのため、すべての業界をまとめた中途採用の全体の動向を知るだけでは、自分にとって有利な転職時期を知ることはできないのです。大切なのは、自分の希望する業界について、希望する企業について、的確な情報を知ることなのです。

そのためには、独断では手に入らないより多くの情報をもとに、転職活動を行うべきです。

サポートには転職エージェントがおすすめ

志望先への転職のベストタイミングを簡単に見極めたいなら、転職エージェントで情報を入手するのがおすすめです。転職エージェントは豊富な情報をもとに、あなたにとって最適な転職時期を教えてくれます

転職エージェントには多くの企業から求人情報が集まり、企業の採用担当者と直接付き合いがあるので、転職サイトなどよりも情報が早いのです。また、一般には公開されない非公開求人、各業界や企業の採用活動の動向も知ることができます。

応募書類の作成のアドバイスや面接練習などのサポートも充実しているので、すぐに転職活動に取り組めます。転職のベストタイミングを知りたい人は、求人数が多い転職エージェントがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数が業界最多の転職エージェントです。幅広い業種・職種の求人を豊富に扱っているので、採用活動の動向にも詳しいです。内資・外資の大手企業を中心に、中小・ベンチャーまで、さまざまな企業規模の求人を取り扱っています。地方求人・海外求人も豊富です。

非公開求人も多く、約12万件を保有しています。質の高い求人が多く、コンサルタントの対応がスピーディーで提案力も高いので、短期間で転職できます。

サポートが充実していて、個別のサポートの他に無料セミナーもあり、応募書類の作成や面接に不安がある人も安心です。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング

第二新卒で転職活動をはじめるのに最適な時期は?

第二新卒は新卒の就職活動時とは違って、入社時期は人によって様々です。

4月入社は人間関係が構築しやすい

4月は決算後や新年度への区切りもあるため、異動・転勤に並んで転職も多い時期です。
実際、上記のような理由から4月入社を歓迎している企業が多くなっています。

第二新卒組も新入社員と一緒に研修が受けられるので、同期も多く、人間関係の構築がしやすいのが特徴的です。

10月入社は早く働きたい人におすすめ

10月は転職者と企業がwin-winの関係になれる

10月入社も同期が比較的多いうえに、直ぐに実務にとりかかることができるという転職者にとっては都合のよい時期です。

下半期に入る10月入社は、転職者にとってのみ都合のよい時期というわけではありません。実は企業側にとっても、ボーナスを受け取ってからの退職者の補充が行われるためタイミングの良い時期なのです。

決算と転職の関係

第二新卒が転職をするなら、企業の決算期を頭に入れて動きましょう。
転職と決算期には、大きな関係があるからです。

企業側からすると、決算の業績を中心に次の採用枠を決定しており、決算中の時期に応募してきた転職者に対して「もうちょっと遅く来てくれれば…」と内心思っている採用担当者もいるのです。

第二新卒者が転職を行うのに最適なシーズンは1月~3月

第二新卒者が転職活動を行うピークは4月採用を見越して1月~3月に訪れます。
なかでも採用活動のピークは3月で、企業側からの求人募集が増える傾向にあります。

10月入社を目指す場合は7月~9月が転職開始時期に向いています。
次の職が見つからないという不安をなくすためにも、在職しながらの転職活動を行う人が多いと思いますが、面接日程調整などで時間がかかりがちなので、遅くても1月・7月には転職活動を始めることをおすすめします。

第二新卒者が転職活動を開始するのを避けたほうがよい時期

採用のピークがある一方で、いくら第二新卒でよい人材であっても転職が成功しにくい時期があります。
このような時期に無謀にチャンレンジをしても、よい結果は待っていません。

転職を実行する時期を間違えると、転職活動そのものが台無しになる可能性もあります。
採用のピークを過ぎた4~6月と、10~12月の転職活動は避けたほうがよいでしょう。
これは、採用のピーク時に採った人材の教育期間と重複するため、いくら素晴らしい人材であっても採用する余裕がないからです。

一般的に転職活動は書類選考から一次面接~最終面接、最終選考の結果待ちまで含めて1~3ヶ月程度かかりますから、余裕を持って第二新卒としての転職活動をスタートさせましょう。

第二新卒ブランドが使えるのは入社3年まで

第二新卒という言葉を企業側で使用している例も増えてきましたが、では、“第二新卒”とは具体的に新卒から何年経過していることを指すのでしょうか?

実は法的な定義はないのですが、一般的には新卒で企業に入社してから3年以内までが“第二新卒ブランド”を利用できることになっています。

第二新卒は新卒のフレッシュさや意気込みの強さ、思考の柔軟さなどのよいところと、数年でも企業に属して勤務してきた社会人経験・ビジネスマナーのある中途採用者との中間であり、企業側としても採用するメリットがあります。

そのため、大手企業のみならず、優良中小企業も第二新卒の採用には積極的なのです。

転職活動は在職中に行うのが基本

新卒で入社した企業を退職したい!もっと自分を成長させたい!と強く思ってから転職活動を開始する人が多いと思いますが、感情にまかせて退職してから転職活動を始めることはおすすめできません

退職してしまってからの転職活動は、収入の無い期間や職歴の空白期間が長くなることから、どうしても焦りが生じてしまい、あまり企業を見極めずにブラック企業に入社してしまう危険もあるからです。

その点、在職中に始める転職活動は、「万が一転職先が決まらなければ、転職時期をずらせばよい」という余裕があるので、転職先をよく見極めるゆとりが生まれます。

さらに転職エージェントのサポートを活用することで、効率よく転職活動を進めることができるので、転職エージェントへの登録は第二新卒での転職活動におすすめです。
転職エージェントは求人探しに役立つだけではなく、履歴書や職務経歴書の応募書類のチェックもしてくれて、さらに面接対策なども丁寧に対応してくれます。

第二新卒におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントのなかでも、転職成功実績がナンバーワンなのがリクルートエージェントです。実績がナンバーワンである理由としては、非公開求人数が転職エージェントのなかでも最大級であること、転職アドバイザーが経験豊富であること、面接対策や情報提供などのサポートが充実していること、などが考えられます。

非公開求人数とは、転職情報サイトや企業のホームページなどには、掲載されない求人数のことです。リクルートエージェントは、10万件以上の非公開求人を持っており、実に75%以上が非公開求人です。

転職エージェントを利用しない場合には、非公開求人を知ることができません。多くの選択肢から転職先を選ぶためにも、転職エージェントへの登録をおすすめいたします。

リクルートエージェント公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントも日本を代表する転職エージェントのうちのひとつですが、特徴は数多く取り揃えている求人のうち、8割が非公開求人であることです。

エージェントに登録し、各分野の専門的知識を有するキャリアアドバイザーとマンツーマンでカウンセリングを行い、第二新卒でどんなところで働きたいのか、新卒でどんなスキルや経験を得てきたのかということについて話し合いながら、あなたに最もマッチする求人を見つけることができます。

マイナビエージェント公式サイト

まとめ

転職をスムーズに進めるためには、転職時期を見極めることも大切です。求人が多い時期は理想の会社を見つけやすいですが、倍率が高く採用までのハードルが上がります。逆に、求人が少ない時期は見つけるのは難しいですが、倍率は低いです。

基本的に中途採用が多いのは3~4月、9~10月です。2月や6月あたりも、ボーナスを貰ってから転職した人の穴埋めとして求人が増えます。

中途採用の求人が少ないのは7~8月です。夏休みに入るために活動する人も少なく、自分は休みの間に転職活動を進めることができるので、未経験の人の転職活動には向いている時期です。

業種・職種などによっても転職のベストタイミングが違ってくるので、転職エージェントで情報を入手するとよいです。転職エージェントなら、志望業界全体の動向から、個々の企業の採用スケジュールまで教えてもらえます。