新型コロナウィルスの感染拡大による影響で、会社が倒産したり、リストラ、雇い止めなどで転職を余儀なくされ緊急事態宣言の中、いざ転職活動を始めてみたものの、「思ったようにうまく進まない」「仕事が見つけられないのは私だけじゃないの?」と精神的に追い込まれていく人は少なくありません。

同級生と一緒に行う新卒での就職活動とは違い、緊急事態宣言中の転職活動は同じ悩みを共有できる仲間が近くにおらず、外出自粛で1人で悩んでしまい、孤独感がつきものです。

こちらでは、転職活動中の人が、転職活動がうまくいかないとき、長引く感染拡大による緊急事態の中、転職活動に疲れたときの息抜きの方法などをまとめてみました。悩みがある人はひとりで抱え込まず、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動に悩みや迷いはつきもの

緊急事態の転職活動・・・精神的に辛い

早く決めるぞ、と息巻いて積極的に転職活動をしてきたけれど、現実はそう甘くないものです。新型コロナウィルスの感染拡大で先行きが見通せないなか転職活動が長引くと、焦る気持ちも強くなり、精神的にも追い込まれます。

書類選考には通るけれど、慣れていないWEBオンライン面接で落とされる日々が続いて、気が滅入っている。そんな声も良く聞きます。特に、面接で落とされることが続くと、自分の存在価値を否定されているような気がして本当に辛いものです。

しかし、そこで落ち込んでしまうと焦る気持ちがWEB面接の態度にも表れてしまい、ますます悪循環です。

早く決めたい、という気持ちだけで妥協してはダメ

現在のような将来不安が強い特殊な状況では、精神的に追い詰められると、受かりそうなところを妥協して受けてしまったり、どうしても譲れないと考えていた条件を譲ってしまったりしがちです。それで再就職が決まったとしても、思っていたのと違う、と言ってすぐに辞めてしまっては意味がありません。

今は転職先を決めることが先だと思う気持ちもわかります。しかし、職場で新型コロナウイルスの対策などがされていない会社では、今後感染のリスク不安を増長すると考えられ仕事どころではなくなってしまいます。

情報収集をしようとしてついつい読んでしまう、転職サイトなどに掲載されている成功談も、本来ならとても役立つものですが、精神的に参っているときには逆効果です。現在の世の中の状況と比較して、より焦りを生んでしまうことがあるので、惑わされないように気を付けましょう。

迷うこと、悩むことは間違いじゃない

そもそも現在転職活動をしている時点で、前職に何か問題があったとかではなく、新型コロナウイルスの影響で希望する職場イメージやキャリアプランが不十分な状態で急遽転職活動を始めて、さらに家庭の事情とか、何らかの事情を抱えているケースが多いはずです。

そんな中でスタートする転職活動に、悩みや迷いはあって当たり前です。仮に転職活動が成功して、無事に新しい仕事に就けたとしても、「もっと探せば良い職場があったんじゃないか」とか「本当に良かったのかな」と思ってしまうのが人間です。

迷ったり悩んだりすることは悪いことではありません。自分が前向きに進むのに欠かせない過程です。

不採用が続いて立ち直れないときは

第一志望の会社から不採用通知が届いてショックで立ち直れない、といったときはどうやって気持ちを切り替えればよいのでしょうか。

入りたいという気持ちが強ければ強いほど「反省して、次は頑張る」と気持ちを切り替えるのは難しいものです。また、初めてのWEB面接の感触が良いと手ごたえを感じていたのに、ふたを開けてみたらあっさり不採用・・・なんてことも現実にはよくある話です。

自分なりに頑張った、できることはやったなら「たまたまライバルが強すぎた」と考えて気持ちを切り替えることが大切。仕事でも何でも、人のかかわりには「縁」があります。不採用になったときは、残念だけどこの会社とは縁がなかったんだな、と思って割り切ることも大切です。

転職活動に疲れた時のリフレッシュ方法

現在仕事をしていなくて、転職活動をしている人

人は、仕事をしていないと、最初は焦りを感じたり「これではいけない」と思ったりするものですが、案外そんな日々にすぐ慣れてしまいます。規則正しいメリハリのある生活を心掛け、資格取得のために勉強を続けたり、並行して複数の会社にチャレンジしたり、社会から離れすぎてしまわないように気を付けることは大切です。

在職中に転職活動をしている人

基本的には、在職中に転職活動をすすめることをおすすめします。精神的にも経済的にもある程度余裕を持って活動を進められるからです。

しかし、在職中は忙しくて思うように活動を進められなかったり、テレワーク仕事と並行してのスケジュール調整が必要だったりと、ストレスを感じやすい状況にも陥ります。そんなときは、転職活動のことをちょっと忘れて今の仕事に没頭するのも一つの方法です。在職中だからこそできる小休止は、一番のリフレッシュになります。

できる運動をして体もリフレッシュ

自己研さんのためにオンラインで習い事をするとか、友人とオンライン飲み会などでおしゃべりするのもよし。一人ドライブで遠出したり、行ったことのない公園に出かけたり。転職活動を忘れるくらいがちょうどいいのです。

一生懸命がんばったら、充電期間も必要です。緊急事態宣言の中でも、知恵を絞ってリフレッシュしてプライベートを楽しめば、また新たな気持ちで「がんばろう」と思えるはずです。

まとめ

新型コロナウイルス緊急事態の転職活動が辛い、疲れたと感じたら、立ち上がれなくなる前に小休止しましょう。転職活動が長引けば長引くほど焦りを感じてしまいますが、こんな状況では同じような経験をしている人はたくさんいるはずです。転職サイトのコミュニティなどネットをうまく使えば、同じ境遇で悩んでいる人とつながることができます。

励ましあったり、認め合ったりして、厳しい転職活動を乗り越えましょう。