働くなら高収入を得て充実した生活を送りたいと考える人は多いです。しかし、未経験者や女性が高収入を得られる仕事はあるのでしょうか。

この記事では、未経験者や女性が転職して高収入を得るための方法をまとめました。転職サイトからの転職で未経験が高収入を得られる職種とは何か高収入求人の探し方未経験が高収入を目指せる資格について紹介しています。

女性が高収入の仕事を見つけられる方法についても紹介しているので参考にしてください。

転職サイトからの転職で、未経験が高収入を得られる職種とは?

転職サイトの1,000万クラス求人は不動産か保険の営業がほとんど

不動産や保険営業は自己投資にお金がかかる

転職サイトで「年収1,000万」でヒットする求人の多くは、不動産や保険の営業職です。中小企業から大手まで様々ですが、年収1,000万円を実現している人はほんの一握りといえます。

また、不動産営業職は動かす金額も大きいですし、保険営業は一生のお付き合いをしていく可能性がある重要な契約です。そのため、お客様からの信用を得るために服装や髪型、時計や鞄など持ち物にも気を配り、投資する必要があります。

しかしながら、自腹で投資し身なりを整えても契約がとれるかどうかはまた違うため、給料額を見合わないケースも多いです。年収1000万を目指して転職しても、逆に生活が厳しくなってしまうこともあります。

不動産営業の場合、労働時間は深夜過ぎも当たり前

不動産営業の場合、戸建て等の展示会も行わなければなりません。展示会は時間の拘束が長く、特に夏の時期は展示会の終了時刻が日暮れと比例して遅くなってしまいます。

多くの場合、展示会終了後に、会社に戻って事務作業を行うため、帰宅は深夜0時を超えることも頻繁にあります。それでも翌日は通常通り出勤しなければならないため、体力的にもつらい仕事といえます。

営業職の年収1,000万円はあまりおすすめしない

「未経験歓迎!」「新人も一から優しく指導」には惑わされない

転職サイトの爽やかな仕事風景写真や、「新人も優しく指導」などの文言から勘違いしがちですが、営業職で高給なのは成果だけが評価される体育会系の要素がかなり強い傾向があります。

まず、未経験歓迎で募集を行うにはポジティブな理由とネガティブな理由があります。ポジティブな理由で言えば、他社の色がついている人材を避けたい、新卒採用で採りきれなかった人材を補充したいなどがありますが、ネガティブな理由で言えば、採用しても続かないのでとりあえず多くの人を採用したいなどがあります。離職率が高く社員の入れ替わりが激しい企業が、人材の使い捨て目的のために採用しているのです。

ネガティブな理由での募集の上、「優しく指導」となっている企業はだいたいブラック企業だと思って間違いないです。本当に優しく教えてくれるところもありますが、実際は指導が厳しく、気力と体力がなければやっていけないような企業も多くあります。

「学歴不問」にも要注意

また、「学歴不問」も同様です。業務が厳しい企業では、少しでも多くの人材を採用するために母数自体を多くしなければなりません。「学歴不問」にすることで応募者数を増やす狙いがあるのです。

営業職の高年収のほとんどはインセンティブでできている

営業職で年収1,000万円求人の場合、その内訳が重要です。例えば、月収は30万円前後しかないけれど、インセンティブが年収の半分弱を占めている場合は注意が必要です。

成果給の割合が多いと、影響成績により年収が変動するため、営業スキルが低ければ入社後の生活はかなり厳しいです。

特に、基本給が新卒程度しかない場合や、そこに残業などの時間外手当が含まれている場合などは、営業ノルマがかなりきつい可能性が高いので要注意です。

また、言い換えれば契約が取れず成果給がもらえなければ、低収入に陥ってしまうということです。業界も職種も全くの未経験の場合、歩合をあてにして生活を考えるのはかなり危険といえます。

転職サイトでは営業以外は見つからない?高収入求人の探し方とは?

営業以外の求人もあるにはあるが、未経験から応募できる求人はほとんどない

営業という職種は大変でつらいというイメージが強いためできれば避けたいと思っている人も多いと思いますが、転職サイトの高収入求人のほとんどは営業職です。営業職以外の高収入求人もあることもありますが、専門職が多く、未経験から応募できる求人はないといっても過言ではありません。

未経験から応募できる高収入求人は営業職のみと思って間違いないでしょう。

ハイクラス求人はほとんどが非公開

大手企業・優良企業は選ばれた人材しかほしくない

一般的な転職サイトや、大手の転職サイトを見てみても、営業職以外の年収1,000万円級の求人にはなかなかお目にかかれません。それは、年収1,000万以上、高年収の転職求人情報はほとんどが非公開求人になっているからなのです。

非公開求人には、一部上場企業の優良求人や、希少性の高い求人が数多く含まれています。これらの求人は競争率が高く、採用側もむやみに公開求人にしてしまうと誰もが応募してくる可能性があります。

できればある程度の人数に絞って、限られた優秀な人材から採用する人を選びたいという企業側の事情により、あえて多くの目に触れる公開求人ではなく、非公開求人にしているのです。

年収1,000万円以上の高収入の求人を探す方法

ハイクラス向けの転職サイトを利用する

現在の転職サイトでは、求職者側の様々なニースに応えられるようにそれぞれに合ったテーマでサイトを分類しています。その中に、ハイクラス人材向けの転職サイトがあります。

ハイクラス向けの転職サイトで取り扱っている求人は主に、年収700万円以上からのものが多く、高収入求人を簡単に探すことができます。ハイクラス求人を探すならビズリーチがおすすめです。

ハイクラス向け求人サイトならビズリーチ

ビズリーチ

管理職や専門職、次世代リーダー、外国人などのグローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のエグゼクティブ専用、会員制の転職サイトです。

転職すると年収が下がるリスクを抱えながら転職活動している方も多い中、ビズリーチでは、最初から役職つきの求人や、管理職限定などのハイクラス求人を専門に扱っています。年収アップを狙う人の中でも、現職でマネジメント経験がある人や、実績を残してきた人なら、転職直後から年収アップが期待できます。

また、会員登録した人だけに紹介される非公開案件によって、年収・キャリアアップの両方を実現できます。

ビズリーチへ無料登録

リクルートのエグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

リクルートが運営する、年収600万円以上のエグゼクティブ専門の転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中からヘッドハンターが求人を探してくれるのが基本なので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。もちろん、自分で求人検索することもできます。

他の転職サイトのように、期待度が低いスカウトメールが来ることが少ないので使いやすいです。提携しているヘッドハンターも、経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターが揃っているので、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。
※年収800万円以上の求人情報を55,000件以上保有しています。(2020年9月時点)

キャリアカーバーへ無料登録

スカウトサービスを利用する

転職サイトに登録して、企業側からスカウトしてもらう方法もあります。スカウトサービスとは、転職サイトに履歴書や職務経歴書、希望年収などを記載したプロフィールを登録しておき、企業からのスカウトを待つ方法です。

企業側から良いと思った人にアプローチをかけているため、自分の希望とマッチする求人を見つけやすいです。ただし、スカウトは多くの人にとりあえず送っている企業もあるので、「オファー」という形できたものの方が希望にマッチしているケースが多いです。

スカウトサービスを利用する場合は、高収入を提示できる力を持った企業が多く集まっている求人サイトで利用する方が良いです。求人数の多さならリクナビNEXTがおすすめです。

スカウトサービスを利用するならリクナビNEXTがおすすめ

リクナビNEXT

リクナビNEXTは国内最大級の転職求人サイトです。掲載されている求人数が最多で、求人の業種・職種も幅広いです。転職を考えた時にまず登録して間違いのないサイトです。

スカウト機能があり、職務経歴書を登録しておくと、期待度が高いスカウトが届くこともあります。スカウトは選考前提に送られてくる興味通知オファーや、企業から直接面談などを前提に送られてくるプライベートオファーを利用すると書類通過率がアップし、自分の希望する条件の企業により多く出会えるのでおすすめです。

リクナビNEXTへ無料登録

転職エージェントを利用する

高収入の企業に入社し、年収アップしたいなら、転職エージェントを利用した方が確実です。転職エージェントが持つ求人と企業情報を上手く活用することで、年収アップを実現できます。転職エージェントは企業とのコネクションも強く、年収交渉の経験も豊富なため、直接応募で年収交渉を行うよりも、年収が上がる確率が格段にアップします。

また、未経験からの転職で、高収入を実現させるのは自分1人の力では厳しいですが、エージェントを活用すれば、書類の添削を始め面接指導などもサポートしてもらえます。

エージェントは独自の非公開求人も多く保有しているため、自分の希望する条件の会社や求人を見つけられる可能性も高いです。

年収交渉に長けているエージェントならパソナキャリア、非公開求人数が多いエージェントならリクルートエージェントがおすすめです。

年収アップの実績豊富な交渉力が高いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは交渉力が高いと評判のエージェントです。
転職エージェントはそれぞれ強みを持っていますが、中でも給与交渉に長けているのがパソナキャリアです。人材業界の老舗で、企業人事とのパイプが強いことがその理由です。

67%以上の人が年収アップに成功しているという実績もあり、キャリアアドバイザーの支援サービスの質や交渉力の高さがうかがえます。キャリアが浅い人に対しても親身にサポートしてもらえ2019-20年と利用者の満足度は連続No.1です。

求人は大手企業から成長中のベンチャーまで幅広い業界を取り扱っており、面接対策や応募書類の作成サポートにも定評のある転職エージェントです。転職の目的が年収アップの場合、登録しておいて損はないエージェントと言えます。

パソナキャリアへ無料登録

非公開求人数の多さならリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績ナンバーワンの総合型転職サイトです。独自に保有している非公開求人は約20万件もあり、希少価値の高い求人も多く含まれています

非公開求人は、公開求人よりも年俸などの待遇面において恵まれていることが多く、またリクルートエージェントに登録している人しか応募できないため、内定が決まりやすいです。

リクルートエージェントのコンサルタントは実績豊富で、応募書類の添削に至るまで手厚くサポートしてくれるので安心です。

リクルートエージェントへ無料登録

転職エージェントを利用することでブラック求人も回避できる

転職エージェントを活用すれば、ブラック求人を回避することも可能です。エージェントは各企業の情報や知識も豊富なため、企業の雰囲気についても教えてもらうことができ、ブラック企業についても教えてもらえることができるからです。

転職エージェントは自分たちで求人企業に足を運んでいるので、各企業の実態を把握した上で、求職者の希望に合った求人を紹介してくれます。求人票だけでは分からない、実際の勤務条件や職場の雰囲気なども教えてもらえるので安心です。

また、求人の審査が厳しいので、ブラック求人は入り込めなくなっています。他の求人媒体に比べて採用コストも高いため、人材使い捨て型のブラック企業はまず利用しません。

関連記事
年収1000万円の職業と転職する方法まとめ。未経験からチャレンジ可能な仕事は?

営業職以外で年収アップを目指すなら業界選びが重要!

航空運輸業

運輸業界の幅は広く、運送会社、鉄道会社から広くは宇宙業界も含まれます。その中でも、月収が比較的高額なのが航空運輸業です。航空業界には、大型~小型旅客機などを運航している航空会社や、空港の運営会社などがあります。

具体的には40歳前後で平均月収が60万円前後と数ある業界の中でも断トツの高収入です。その上残業時間も少ない業界のため、人気があります。

金融(商品取引)業

金融(商品取引)業は、文字通り、金融商品や先物取引を取り扱っている業界のことです。主に、証券会社や銀行などが当てはまりますが、投資コンサルタントやファンドマネジャー、金融ディーラーなども該当します。

平均月収は56万円で、加えて年間賞与の平均額が290万円前後のため、年収は航空業界よりも高額になります。

電力業

電力業には電力会社などが当てはまります。平均月収は50万円です。平均勤続年数が他の業界に比べて長いため、高収入の上に、働きやすい労働環境が整っている業界といえます。

不動産や保険の営業職以外で未経験が正社員転職可能な高収入の仕事の一例

コンサルタント

一口にコンサルタントといっても、幅が広いです。人材、経営、ITなど業界も様々で、企業も野村総研総合研究所、三井総合研究所、アクセンチュアといった大手から中小まで数多くあります。

中小のコンサルティング会社であれば、社会人経験があれば求人に応募可能なところも多く未経験から挑戦できるところも多いです。

しかし、専門知識を必要とする仕事のため非常にハードですし、労働環境は厳しいです。また、景気に左右される業界でもあるため、挑むならそれ相応の覚悟を持って挑戦した方が良い職種でしょう。

個別講師

学習塾などの講師も、勤務先によっては未経験でも高収入が可能です。特に、個別講師の場合は、自分なりの指導スキルが活かせるため、他の講師との差別化を図りやすく、給料も上がりやすいです。

学習塾以外にも、得意分野に応じて、パソコン教室やジムのインストラクターなどを選ぶ方法もあります。こちらも、高収入を目指したいなら、グループ指導より個人指導が狙い目です。

ただし、その分野が得意であることに加え、生徒が覚えられるように教えるスキルも必要です。

MR

MRとは医療情報担当者のことです。医師や薬剤師などに対して自社で取り扱っている医薬品の営業と販売を行い、かつ、実際に使用された薬の副作用情報を収集して会社にフィードバックする仕事です。

MRは他の営業職とは違い、販売や販促活動が主な仕事ではなくメインは医療情報の提供や副作用情報のフィードバックです。

常に最新の薬の情報を提供しなければならないため、専門的知識や薬に対する継続的な勉強が必要となりますが、営業未経験でも募集していることの多い職種です。

営業職の特徴である、売り上げ達成のノルマがつらいと感じている人でも挑戦しやすい職種です。

未経験でも高収入を目指せる資格は?志望動機はどう答えるべき?

未経験で資格を取るならIT系、介護系、語学

資格を活かして高収入を目指す方法もあります。高収入に繋がりやすい資格の代表的なものには、法律や会計関係、医療系の資格がありますが、これらの国家資格は難易度が高く取得が難しいです。働きながら転職のために取得するのは、あまり現実的ではありません。

一般的な人が資格を活かして高収入を目指すなら、ITや介護などのこれから伸びる分野の資格や、語学のように廃れにくい資格を取得するのがおすすめです。

特に、ケアスタッフや語学の資格はなくても就職できるため、無資格で転職活動を進める人も多く、資格を持っていれば他の応募者と差別化を図りやすいので、収入面でも有利になります。

志望動機の答え方はその分野に興味を持ったきっかけや理由を明確に

即戦力が高い人の場合は志望動機に収入を挙げてもよいですが、未経験の仕事への転職では、志望動機に収入は挙げない方が賢明です。使い物になるか分からないうちから、待遇のことばかり考えていると思われて印象が悪いからです。

未経験の仕事への転職の志望動機は、その分野に興味を持つきっかけになった出来事や、興味を持った理由を明確に説明するとよいです。

その上で、その仕事に必要な知識や技能について。自分で学習中であることも言い添えられると、未経験なりに期待できそうだと判断してもらいやすいです。

また、他社よりもその企業を選んだ理由も答えられるように、応募先の業務内容や企業理念などを理解しておきましょう。

女性が高収入を得られる職業は?高収入の仕事の見つけ方とは?

女性に人気の高収入職業ランキング

女性が高収入を手に入れるにはいったいどんな仕事に就けば良いのでしょうか。以下は厚生労働省の平成28年度賃金構造基本統計調査を基に、女性の職業別の年収をランキングにしました。

職種女性の平均年収
1位航空機操縦士1,206万4,400円
2位医師1,081万5,400円
3位大学教授1,021万600円
4位弁護士841万6,900円
5位大学准教授798万8,600円
6位歯科医師759万3,900円
7位公認会計士756万1,100円
8位記者692万3,300円
9位客室乗務員659万700円
10位大学講師637万5,400円

参考URL:厚生労働省
平成28年度賃金構造基本統計調査データ

年収が高い職業の特徴

専門性が高い

「職業に貴賤なし」とはいえ、誰もができる仕事は、もちろん収入も少ないものです。

しかし、専門的知識を持ち、あるいは専門的技術を持ち、「その人にしかできない」ような仕事の場合は、それが「価値」となり、年収にもつながるため、高収入になるのです。

国家資格など、取得するのが難しい資格が必要

専門性の高さと少し重複しますが、高収入を得るためには「希少価値」のある人材であることが大切です。そのために分かりやすく社会に設けられている判定基準が「国家資格」なのです。

国家資格は幅広い分野から深い知識が問われるものであり、中には現場での実習などを含むものもあります。そのような壁を乗り越えて取得した国家資格だからこそ、社会的な価値があるのです。

今からでも間に合う!女性が高収入を得るために取った方が良い資格

1位 ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、人々の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から夢や目標を実現するための方法を提案するための資格です。

ファイナンシャルプランナーには、国家資格と民間資格の2種類があり、国家資格である「FP技能士」は1級~3級の水準に分けられています。

国家資格の方を取得すれば、年収は1000万も可能です。

2位 社会保険労務士

社会保険労務士は、労働関連法令や社会保障法令に基づいて書類などの作成を代行したり、企業を経営する上での労務管理・社会保険に関する相談・指導を行うための資格です。社会保険労務士は国家資格であり、ニーズも高い資格です。

受験資格も短期大学・高専卒以上という比較的低いハードルですから、多くの人が挑戦可能な資格です。

ただし、最も気になるのは平均合格率が7~10%という難易度の高さでしょう。毎年5万人ほどの人が受験し、その7~10%しかパスできない問題の難易度が大きな壁となっています。社会保険労務士の資格を取得し、開業すれば、年収3000万円も可能です。

3位 中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントに関する国家資格で、年齢・性別・学歴等に制限はないため、誰もが自由に受験できます。経営コンサルタントはニーズの高い分野でもあるため、取得後はスムーズに高収入な転職につなげることができるでしょう。

ただし、1次試験、筆記と口述の2次試験、実務補習・実務従事の3段階の試験をパスしなければならないという道のりの遠さ、難易度の高さを乗り越える必要があります。中小企業診断士の資格取得後は、年収800~1000万円が期待できます。

高卒でも大丈夫!女性が高収入の求人を探す方法

転職エージェントを活用する

転職サイトなどの掲載されている公開求人では、高収入の求人数に限界があります。また、応募から書類作成、面接対策もすべて行わなければなりません。

転職エージェントでは、非公開求人を抱えておりその中から希望条件に合った優良企業を紹介してくれます。また、キャリアコンサルタントが応募書類の添削から面接対策、さらには年収交渉をしてくれるため、高収入の企業に内定が決まりやすいのです。

関連記事
30代独身女性が年収1000万円稼げる仕事と転職方法
女性でも年収600万稼げる仕事に転職する方法

転職エージェントを利用するメリット

また、女性は結婚や出産といったライフイベントによってキャリアプランが大きく変更される可能性があります。そのような変化も考慮し、希望勤務時間や休日、産休・育休など、自分が希望する条件を上げ、見合った企業や求人を探すのは一苦労です。

しかし、女性の転職に特化したエージェントを利用すれば、女性ならではの条件で求人を探してもらうことができるため、希望に合致する求人のみに目を通すことができます。

「でも、希望の職種に就くためのスキルが足りない…」という不安がある方に対しても、どんなことが転職に有利になるのかをコンサルタントに相談できるため、安心して転職活動を進めることができます。

女性の転職ならパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、女性の転職を得意分野としているエージェントのため、女性の転職についての情報も豊富に持っています。そのため、女性ならではの転職の悩みに向きあい、転職のアドバイスをしてくれます。

常時全国40,000件以上の幅広い業界・職種の求人には、パソナキャリア独自の高収入・ハイクラスの非公開案件や40代以上のミドル層求人も豊富に保有しています。履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。

また、女性を積極的に採用する会社結婚、育児経験の有る女性を求めている会社などの情報を知ることができるのも、大きなメリットです。

パソナグループ自体が「女性が社会で活躍すること」を掲げ、女性が活躍している実績のある企業のため、女性ならではの問題に対しても真摯に向き合ってくれます。

パソナキャリアへ無料登録

まとめ

転職サイトを利用して、未経験の人が高収入を目指して転職しようとすると、不動産や保険の営業職くらいしか該当する求人は見つかりません。しかし、未経験歓迎の高収入求人は、成果だけが評価されるブラック企業の可能性があります。

また、営業職で高収入の場合、給料の内訳はほとんどインセンティブのため、営業スキルがなければ、新卒程度の月収しかもらえないこともあるので注意が必要です。

高収入などの優良求人は非公開での募集がほとんどです。未経験で高収入を得るために転職するなら、ハイクラス向け求人サイトに登録するか、求人サイトのスカウト機能を利用するのがおすすめです。なお、確実に高収入を得たい人は転職エージェントを利用すると良いです。

エージェントなら、独自で保有している非公開求人を紹介してもらえますし、選考のサポート年収交渉の代行まですべて行ってくれます。

女性が高収入を得るために転職するなら、女性に特化したエージェントを利用して転職活動を行うと、自分の希望が実現できる企業に出会うことができるでしょう。

この記事を参考にぜひ高収入を目指してくださいね。