転職市場は今どうなっている?

新型コロナウイルスの感染拡大によって、転職市場は大きな変化を余儀なくされました。その原因は2つです。まず、外出自粛などによって打撃を受けた飲食業、観光業、宿泊業、航空業を中心に大幅なリストラが行われて、失業者が増えたことです。

失業者はこれからも増えることが予想され、転職を希望する人は増える一方です。そしてもう一つは企業側の求人が減ったことです。リストラが行われるくらいなので、求人募集をしている余裕がないとも言えます。このように転職を希望する人が今までになく多い一方で、求人がかなり減った状況なので、現在の転職市場はとても厳しいと言っても過言ではないでしょう。

希望と合致する会社がなかなか見つからない、応募しても内定がもらえないなどと、うまくいかないことを嘆く声があちこちから聞こえてきます。

コロナ禍での求人状況とは?

コロナ禍では、どの企業も少なからぬダメージを受けています。昨年度と比較して業績が低迷している企業も多いのではないでしょうか。ダメージが大きい企業は、会社を存続させるためにやむなくリストラを行いました。これによって人件費を抑え、悪化した経営状況を少しでも引き上げようとしたのです。

ダメージが少ない企業では、リストラは行わなかったものの、新規の求人募集は受け付けなくなりました。ただし、一部の業種や職種では、求人募集を続けているところもあります。今後、この新型コロナウイルスがこれ以上に感染拡大していくのか、それとも収束に向かってくれるのか予想できない状況です。

そのため、たとえ余力のある会社でも、今は求人募集を出さずに様子を見ようとしているところが多く見られます。

広がる内定取り消しや試用期間中の解雇について

転職先が決まったので、それまで勤めていた会社を辞めた矢先に、あっという間に新型コロナウイルスが広がり始めたという方がいます。企業からは感染リスクがあるため、当初予定していた出社日を後ろ倒しするように打診されました。そして、その次の電話で、「申し訳ありませんが、内定はなかったことにしてほしい」と言われたのです。突然の内定取り消しに驚き、こんなはずじゃなかったと思ったのは言うまでもありません。

しかし、このような話は最近では珍しくはありません。なぜなら、企業にとって人件費は大きな支出だからです。転職すると、一定の試用期間を設ける企業が一般的には多いです。試用期間とは、採用した人の能力や適性、勤務態度などを見極めるための期間で、その期間は1か月から6か月程度です。

試用期間が明けるまでは、社員であっても社員の一歩手前のような扱いになりますし、内定者であればなおさらです。コロナ禍によって業績が悪化し、経営にも影響があった企業ができることとして、真っ先に人件費を抑えることが思い浮かび、その対象として内定者や試用期間中社員が選ばれるのはやむを得ないと言えます。

なぜなら、内定者や試用期間中の社員は、もしいなくなったとしても今いる他の社員が十分にその穴を補填することができる存在だからです。

今後の新型コロナウイルスの動向は分からないので、さらなる経営難に立ちゆく可能性もないとは言い切れません。ですので、転職がうまくいって内定がもらえた方や、試用期間中だけれどこのままこの職場で頑張って働きたいという方も油断は大敵です。考えたくないかもしれませんが、内定者や試用期間中の社員は、リストラの対象になりやすいということを覚えておきましょう。

面接の日程を延期されると…

コロナ禍で求人募集をしている企業でも、感染状況によっては面接の日程を延期しているところもあります。現在の職場で働きながらの転職であれば、収入の確保はできているので余裕を持つことができますが、失業中の転職者にとってはそうはいきません。

なぜなら、面接の日程を延期されると、その分、失業期間が長期化し、前職を辞めてからのブランクが生じてしまうからです。そして、ブランクが長くなればなるほど、金銭的にはもちろんですが精神的にも辛く、こんなはずじゃなかったとしか言い様のない状況に陥ります。

一部の企業では、コロナ対策としてウェブによる面接を実施しています。このような状況でもパソコン環境が整っていれば、面接をしてもらえるというのはこの上ないメリットだと言えるでしょう。しかし、実際に直接会って話す面接と比較すると、ウェブ面接は画面越しであるため、熱意が伝わりにくいというデメリットがあります。

一般的な面接よりもウェブ面接の方が、さらに自分の強みをアピールする力が求められます。Web面談対策は、転職プロのコンサルタントやアドバイザーの力を借りることをおすすめします。

コロナ禍だけれど今、転職したい方は

コロナ禍での求人は以前よりも少ないですし、業種や職種に偏りがあります。どうしてもここで働きたいと思える、希望に合致する業種や職種の求人があるのなら、今転職しても問題はありません。しかし、希望する求人がないのであれば、今この時期に妥協して、急いで希望もしない業種や職種に転職するのはやめて、少し待ってみることをおすすめします。

いずれコロナが収束して経済が快方に向かい、求人が増えたタイミングですぐに応募できるように、今は準備を整える期間に充てておくのが得策ではないでしょうか。ただ、現在の会社でこれ以上勤めるのが辛い、失業期間が長期化して経済的に限界が近づいているなどの理由で今、転職を考えていらっしゃる方もいると思います。

そんな方が今、仕事選びで気をつける点は、二点あります。

まず仕事選びで気をつける点の一点目は、それまでの職歴やそこで得た経験、培ったスキルを生かせることです。コロナ禍でなくても自分が活躍できる職務を選ぶということは大切ですが、今は特に、即戦力となって会社に貢献できる人材が求められています。

会社としては、業績が落ち込んでいる時に新入社員を雇うと、人件費という新たな支出が必要になります。そのため、新入社員が一人前に育つのを悠長に待っていられません。面接時や、試用期間中にはその企業に貢献できることを精一杯アピールして、その企業にとって必要な人材であると認めてもらいましょう。

そうすれば、やむを得ない場合を除いて、リストラの対象から外れることができます。そのためには、自分の強みが何なのかをしっかり自己分析して、それに合致する勤め先を探しましょう。

二点目は、いいなと思った企業があれば早めに応募することです。仕事選びに慎重になるのは悪いことではありません。しかし、このコロナ禍では求人が非常に少なくなっており、いいなと思った企業は他の人もそう思っている可能性が高いです。ですので、危機感もなくのんびりしていると、先に動いた他の人に内定を奪われかねません。

それに、この新型コロナウイルスが今よりもさらに感染拡大したら、企業は今よりも求人を取り下げ、今ある求人さえもなくなってしまうかもしれません。いいなと思う企業があれば、今よりも感染が拡大する前に早めに応募しておきましょう。それでも、途中で面接の日程を延期される可能性もあります。なるべく早く動いて、転職を終えてしまうことが大切です。

もちろん、急ぐあまりに適当に決めてしまうと、後悔することになります。後悔だけはしないように、自己分析や企業分析にはある程度の時間を掛けて、ここぞという企業を見つけることができたら迷わずに応募しましょう。

コロナ禍でもNo1エージェント、リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。非公開求人数が20万件を超えており、コロナ禍でも大手最大の特徴といえる豊富な案件と抜群の知名度と人材を武器にしています。

何よりも転職というのは不安が付きまとうものです。業界最大手という安心感は転職活動を行う上で欠かせません。転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下と特に高評価です。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的です、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントへ無料登録