フリーター生活に終止符を打ち、正社員を目指そうと考えた時、まず利用を考えるのがハローワークではないでしょうか。利用者に制限のある転職エージェントとは異なり、ハローワークは求職中であればだれでも利用できる公共機関なので、フリーターにとっても敷居が低く簡単に利用できます

しかし、何も知らずにハローワークを利用してしまうと、思ってもみなかった恐怖体験をしてしまうことがあります。この記事では、フリーターがハローワークであいやすい恐怖体験効率よく就活する方法を紹介しています。

ハローなんて気軽さは一切なし!フリーターにとってハロワはスリルの宝庫?

ギリギリ感のある転職活動を楽しみたい人にはおススメ☆

就職や転職するときに利用する機関でもっとも有名なのはハローワークです。しかし、フリーターが一念発起で就職活動をスタートさせるのに利用する機関としてハローワークはあまり向いていません。ハローワークを利用して納得のいく就職をするにはさまざまな難関を突破する強い心と知識が必要です。

誰にでも利用できるので、利用しやすいと思われがちなハローワークですが、実は気を付けて利用しないと落とし穴にはまってしまう上級者向けの就活支援機関なのです。

職員の対応が悪い

利用者の多くが経験していることの一つに職員の対応の悪さがあります。利用者の声で多いのが、「高圧的な態度」「長時間の説教」「嫌味を言う」などがあげられます。ただでさえ、ナーバスになっている就活期間にこのような態度をとられてしまうと、ますます自信がなくなり就職へのモチベーションも保ちにくくなります。

求人の質が悪い

ハローワークは企業側も無料で求人票を出せるので、採用活動にコストをかけられない企業が多く利用しています。そのため、社員の定着率の低いブラック企業の求人も一定数あるのです。求人票だけでは、ブラック企業を見抜くことは難しく、うっかりブラック企業に入社してしまったなんてことも十分に起こりえます。

また、優良な案件が出ると、多くの人がそれに殺到し、倍率が数十倍になることもあります。就活初心者にはブラック企業を見極めたり、数十倍の倍率を勝ち抜いて内定を得るというのは至難の業です。

変わった求職者も多い

誰でも利用できるということは、変わった人も利用できるということです。中には、いわれもないのに、睨んできたり、職員に怒鳴り散らしていたりとモラルのない求職者に出会うこともあります。

仕事を探しに行って、変な人に絡まれたのではたまったものではありません。そういう人とは、できるだけ距離を保っていたいのが本当のところです。

非日常は満喫できてもフリーターの就活にはいまひとつ役立たない

ただでさえ、説教や嫌味で傷つく人がいるハローワークでは、フリーターと伝えると冷たい対応をされる場合もあります。

また、話を親身に聞いてくれる職員に出会えたとしても、彼らは就職のプロではないので、アドバイスが的外れなこともあります。紹介される職業が希望の斜め上だったり、明らかなブラック企業だったりする可能性もあります。

求人票と実際の条件が違う

2015年には「求人内容が事実と違う」という苦情が12000件以上もハローワークに寄せられました。入社後、実際に働いてみると、賃金、仕事内容、就業時間などが求人票と異なっていたという声が多くあります。

求人票に乗せる情報はあくまでも、労働条件の「目安」でいいとされているので、それを悪用したブラック企業が、求職者を確保するために体のいい求人票を出しているのです。

フリーターや就活初心者向け、わかものハローワークの対応はまだマシ?

普通のハローワークよりはウェルカム感がある

わかものハローワークとは、正社員経験のない、または正社員経験の少ない若者を対象にしたハローワークです。通常のハローワークと違い、メインユーザーは20代後半~30代なので、若者でも入りやすい雰囲気が特徴です。

求職者一人ひとりに個別の担当がつくので、職業相談から、応募書類の添削、面接のアドバイスなども行得ます。通常のハローワークよりもしっかりとサポートしてもらえる機関です。

相談員はハロワより親身だけど手練れではない

若者が来館しやすい造りにしてあり、ハローワークの職員よりはわかものハローワークのほうが職員の対応もよいと感じる人が多くいます。しかし、ハローワークの職員は就職のプロではないので、職業相談には乗ってくれるが、アドバイスが必ずしも的確でありませんし、それで就職が決まるというわけでもありません

フリーターが正社員就職を目指す道はハロワ以外にない?

自分のペースで進めやすいのは転職サイトやネット応募

自分のペースで進めたいなら、ハローワークより転職サイトなどを利用したネット応募のほうが無難です。ただ、ネットの情報だけでは、フリーターの雇用に積極的な企業かどうかもわからないので、やみくもに応募すると時間の無駄になることもあります。

転職サイトの求人情報は膨大にありますが、フリーターOKの求人自体多くありません。あっても雇用される人数が少ない場合が多いので、通常はかなり倍率も高くなってしまいます。

また、求人票やネットの情報だけでは、ハローワークと同じように、ブラック企業かどうかの判断がつきにくいのが難点です。

フリーターから正社員就職できる非ブラック企業を効率よく探す方法

フリーターOKの求人は多くないので、自力で探すとなると手間がかかる上、限界があります。就活が長引いてしまうと、焦りが出て、ブラック企業に応募しうっかり入社してしまうなどのことも増えてきます。しかし、せっかく就職するのであれば、ブラック企業は確実に避け、長く働ける会社に入社する必要があります。

フリーター専門の就職エージェント

フリーターの就活におすすめなのが、フリーター専門の就職エージェントです。保有している案件は、フリーターOKの企業に限られるので、就活の効率アップも可能です。

また、フリーターに特化し支援しているので、フリーターが悩みやすい応募書類や面接の対策も、ハローワークに比べ、よりフリーターに合わせた専門的なものを受けることができます。また、インターン制度なども充実しているので、入社前に実際の職場で働くことも可能ですので、入社してみたらブラックだったといった危険も避けることができます。

フリーター就職サイト・就職エージェントおすすめランキング

  1. リクルートが本気で正社員転職を支援する、就職Shop

    就職Shop

    リクナビやリクルートエージェントでお馴染みのリクルートキャリアが運営する、既卒や第二新卒、フリーターに特化した就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。
    業界・職種の中卒・高卒・未経験OK・書類選考なしでエントリーできる正社員求人もあり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやマナー講座、模擬面接大会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートを展開しているのも特徴的です。
    全国対応で、拠点は首都圏と関西圏になりますが、リモート対応も可能です。

    就職Shopへ無料登録

  2. 第二新卒・既卒・フリーター・エージェントneo

    第二新卒エージェントneo

    第二新卒・既卒フリーター向けに特化した、就職転職満足度No.1、面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1の就職の転職エージェントです。

    丁寧なキャリアカウンセリングから自分にマッチする適職を探すことも可能で、履歴書の書き方や面接対策、アドバイザーの推薦状など、内定確保のためにきめ細かいサポートをしてくれます。不合格の時はダメだった理由を確認してフィードバックしてくれるのも、次へのステップになり有難いですね。

    拠点が新宿/大阪/名古屋/福岡のみなのが残念な点ですが、内定後の入社前研修は新卒の新人研修並みに充実していると評判です。電話の取り方、名刺の受け渡し、ビジネスマナーの基礎など、企業での勤務経験のない既卒フリーターには貴重です。

    第二新卒エージェントneoへ無料登録

  3. 現状月給25万円以下なら、若手専門のキャリアスタート

    キャリアスタート

    キャリアスタートは、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、高卒、中卒、フリーター、ニートのための一般的な就活・転職サポートに加え、選考予定の企業や、求職者の特徴に合わせた面接トレーニングを徹底することで、驚異の内定率86%を記録しています。

    求人案件の95%が正社員としての募集になるため、好待遇案件が多数あり、専属キャリアアドバイザーが豊富な職務経験をもち的確なアドバイスで、本人希望だけでなく、性格やスキル、特性を見極めながら求人の紹介を進めているため入社後の定着率は92%以上!

    首都圏、愛知県、福岡県、大阪府、北海道に就職希望の18歳〜30歳前後の男女
    1万人の転職相談と、転職成功者の声からできた、「転職成功BOOK」 無料進呈中

    キャリアスタートへ無料登録

  4. ハタラクティブ

    ハタラクティブ


    既卒者や第二新卒など若年層の未経験者をターゲットに特化した就職・転職支援サービスです。単なる求人紹介ではなく、「企業発見カウンセリング」でしっかり自分にマッチした企業を発見することができ、手厚い就活支援サポートが受けられます。

    関東、関西、中部、九州エリアの未経験OKの正社員求人案件を常に2300件以上保有しており、既卒者向けとしては成功率トップの最大手です。書類審査通過率が91.4%なので、経歴が原因で不採用にされる可能性が低いです。既卒からでも、上場企業や優良大企業への就職を目指せます。

    ビジネスマナーから面接のコツまで徹底サポートしているため、就活をしてこなかったから就活のマナーが分からないという人でも、しっかり対策できます。

    ハタラクティブへ無料登録

  5. 既卒・フリーター向け求人が豊富なRe就活

    Re就活

    東証一部上場の「学情」が運営する第二新卒の20代若手人材、既卒やフリーター層に特化した 「新卒以上キャリア未満」というコンセプトの転職サイトです。登録者の9割以上が20代で、「職歴なし」「社会人経験3年未満」「未経験」でも応募可能な求人案件が中心で、98%が第二新卒向けになっています。

    既卒・第二新卒向け就職イベント「就職博」、若手社会人向けキャリアアップ転職イベント「転職博」を全国で開催していて、知名の高い企業の求人案件も豊富です。他社でサポートを受け応募書類や面接に自信がついたら、自力で活動するために活用するというのも良いでしょう。

    Re就活へ無料登録

  6. 第二新卒・既卒・フリーターのウズキャリ

    ウズキャリ第二新卒

    ウズキャリ既卒20代の既卒・フリーターのための就職支援サービスです。職歴なしを含む既卒に特化したサポートで、内定率は86%以上を達成しています。優良企業のみを紹介しているため、定着率も93%以上と安心です

    会員一人あたりの合計面談時間は24時間にもなり、面接対策を考えたい方や徹底的なサポートを希望する方に向いているエージェントです。

    また、離職率、労働時間、社会保険、雇用形態などの独自の基準を設け、実際に企業を訪問し、基準を満たしていると確認できた企業のみを取り扱っています。また、独自のブラック企業データベースを保有していますので、ブラック企業を高確率で避けることができます。

    対応地域:東京(関東)、大阪、名古屋、福岡
    面談:東京、大阪(電話対応可能です) 18歳〜29歳(最終学歴高卒以上の方)

    ウズキャリへ無料登録

  7. JAIC(ジェイシック)

    有名情報番組や海外メディアなどでも多数取り上げられるなど非常に注目度が高い就職サービスです。第二新卒、既卒の正社員への就職・就職支援のサービスを10年以上も前から提供しています。

    マンツーマンのサポートよりもセミナー形式のサポート(面接会・就職支援講座)がメインとなり、就職成功率81%以上という驚異的な実績をあげています。

    また、JAICでは、就職試験での第一難関・書類選考ナシで優良企業20社と2日間に渡って面接ができる就職イベントも実施しています。希望者が多いため倍率は高いのですが、イベントに参加できた場合、書類選考抜きの面接で内定を貰える可能性もあり大きな魅力です。

    JAICは就職後の手厚いサポートも特徴で、その成果から就職後の定着率が約91%という高水準をキープしています。このため、自分に最適な職場に就職し、長期的に勤めたいという方に是非おすすめしたい就職サイトです。
    全国対応:18歳〜39歳までです。

    ジェイックへ無料登録


まとめ

誰でも利用できるハローワークですが、職員に冷たい対応をされたり、ブラック企業に当たってしまうこともあります。軽い気持ちでいくと恐怖体験に遭遇し、凹んで帰ってくることもありますので、利用は慎重に行いましょう。フリーターからの就職でおすすめなのは以下の2点です。

①ハローワークならわかものハローワークを利用
フリーター専門の就職エージェントを利用

フリーターは就活で恐怖体験をすることもあると思いますが、効率よく就活を進められる機関を利用して、正社員として安定して働ける企業に就職しましょう。