40代女性の転職事情

冒頭から厳しい数字を上げざるを得ませんが、平成27年度における厚生労働省の「働く女性の実情」というデータによると、40代女性の労働者のうち、実に7割が非正規社員となっています。つまり、今ビジネスシーンで活躍している女性のうち、正社員が占める割合はたったの3割、「女性の社会進出が進んでいる」と言われますが、実際にはこのように安定しているとは言い難い就業環境に置かれているわけです。

これには家事や育児との両立といった女性の側の都合もあるわけですが、それでも正社員で働きたい、安定した雇用環境で働きたいと希望している女性にとっては厳しい状況にあると言えるでしょう。40代女性が正社員への転職を実現させるにはしっかりと準備を行い、利用できる手段はできるだけ利用した上でうまく進めていくことが求められます。

このように厳しい就業状況にある一方、40代女性の転職例そのものは多く、総務省の調査によると、40代は30代〜50代と比較しても過去1年間に転職する可能性が高いと考えられています。ですから「40代女性の転職例は非常に多い、しかし正社員への転職は少ない」と見ることもできるでしょう。

これは転職活動の際に求人を見つけるのはそれほど難しくない一方で、正社員の求人は少なく、採用が狭き門となっていることを意味しています。転職を実現するためには求人情報を厳選してチェックしつつ、チャンスを逃さないことが重要になってくるでしょう。

40代女性の転職は難しいという現実

40代の女性が転職しようとなるとなかなか難しいのではないか?と思う方も多いようです。まして資格なしともなると選択肢が非常に限られてしまうので、転職活動そのものを進めていくのが難しくなるとも言われています。

実際のところ、40代女性の転職にはさまざまなハードルが立ちはだかります。資格なしからの転職ともなると、とくに難易度が高くなると考えたほうがよいでしょう。ですから、資格なしからの転職を検討している方は、これからどんなハードルが待ち構えているのか、そしてそのハードルをどう乗り越えていけばいいのかを踏まえた上で、職探しをしていくとよいでしょう。

40代女性の転職が難しい理由

どうして40代女性の転職が難しいのでしょうか?理由はひとつではなく、複数の事情が絡んでいます。1つ目は、年齢的な問題で女性の採用を渋る企業が増えてくる点です。40代資格なし、未経験からの中途採用となると、上司が年下の環境で働くケースが多くなります。

日本の風土では、この「年下の上司、年上の部下」という構図はなかなか難しい面があります。年上の部下の立場になる人が気にしていなくても、年下の上司になる立場の人が気を遣い、部下の扱いに困ってしまうケースが多くなるのです。

しかも年上の女性の部下となると、とりわけ接し方に困るケースが多いと言われています。とくに年下の上司が女性の場合、ほどよい距離感での関係を掴むのが難しくなりますし、男性の場合でも接し方に苦労する傾向があるのです。こうした点から、企業が最初から中高年の中途採用を避けているケースも少なくありません。

2つ目の理由はおそらく最大の理由、雇う側が年齢相応のキャリアやスキルを求めてくる点です。男性であっても女性であっても、40代での採用となると即戦力としてのスキルを求めてくるのが一般的です。ただでさえ現代の日本のビジネスシーンでは、男性に比べて女性が現場で活躍してキャリアを重ねる機会が限られてしまうと言われており、年齢を重ねるほど転職に格差が生じる面があります。加えて資格なしとなると、応募できる求人そのものが少なくなってしまうのです。

3つ目の理由は、2つ目とも関わってきますが、本人の希望と現実がマッチせず、よい求人を見つけることができないケースが増えてくる点です。年齢を重ねるにつれて生活するために必要な出費が増えていくものですし、先行きの不安から貯金や保険などの備えもしておきたくなるもので、どうしてもある程度の収入を求めたくなります。

また、体力的な面や家庭生活などから、就業環境にも配慮が必要になってくるでしょう。こうした「働きたい環境」にマッチした求人を見つけることができず、自分のスキルや経験に合わない求人にばかり応募してしまう傾向が出てきてしまうのです。

簡単に言えば、よい収入、よい就業環境の職場ほど、求められるスキル・経験のハードルが高くなります。資格や経験が不足している方は、40代に相応しい就業環境・生活環境が得られる求人に応募しても採用されるチャンスが限られてしまう、という厳しい現実もあるわけです。

正社員の求人はどうやって探す?

そうなると、40代女性も応募可能な正社員の求人をどう効率よく探していくかがポイントになってきます。求人情報の収集と言われて、まずどんな手段を思い浮かべるでしょうか?多くの方はネットの一般公開されている求人サイトを連想するでしょう。

それも有力な選択肢ですが、情報量が多い一方で、自分にとって本当に役立つ情報を絞り込むのが難しい面もあります。この方法にばかり頼っていると、情報収集に時間ばかりがかかってしまい、効率が悪くなってしまう恐れもあります。

先ほども触れたように、40代女性向けの正社員の求人情報の数は限られている上に、多くの人が応募して狭き門になりがちです。膨大な情報に埋もれているうちに良い情報に出会うのが遅れてしまい、気づいた時にはすでに応募が締め切られてしまっていた…なんてことになりかねないのです。

もちろん一般公開の求人サイトがダメというわけではなく、選択肢の一つとしてうまく有効利用していくのがおすすめです。

では、ほかにどんな選択肢があるのでしょうか?おすすめしたいのが転職エージェントとハローワークです。転職エージェントは、会員登録をした上で求人情報探しやコンサルタントのサポートを受けることができるサービスです。このサービスのポイントは、事前に希望を伝えておけばコンサルタントがそれに見合った求人を探して教えてくれること、そして一般公開の求人サイトでは掲載されていない非公開求人を利用できることです。

最初から「正社員の求人を探したい」と意思を明確にしておけば、その求人をいち早く知ることができるでしょう。コンサルタントからは履歴書の作成方法や面接対策など、基本的な転職対策のイロハを教えてもらうこともできます。

そして、もうひとつがハローワークです。性別・世代を問わず、職探しをしている人の心強い味方になってくれる施設ですが、とくに正社員の求人を探している40代女性にとっては非常に役立つ選択肢です。

ハローワークのメリット、活用方法は?

ある程度のキャリアを積んだ上でスタップアップを目指す30代の男性、心機一転、新天地での再スタートを目指す40代の男性などは、ハローワークよりも転職エージェントや転職サイトの方が見つけやすい面もありますが、そもそも仕事そのものが見つからない、安定した就業環境で働きたいと思っている20代や40代の女性にとっては、ハローワークのほうが適している面もあるのです。

ハローワークの正式名称は「職業安定所」、つまり住民が安定した環境のもとで就業できるよう支援している公共の施設です。就業環境がなかなか安定しない人、職を見つけることができない人向けのサービスが充実しています。なかなか正社員の転職先を見つけることができない40代女性の心強い味方になってくれるのです。

そんなハローワークにはいくつかのメリットがあります。まず、多くの求人が寄せられていることです。転職エージェントや転職サイトに掲載されている求人情報は、基本的に掲載する企業がお金を払って掲載しています。それに対して、ハローワークは無料で掲載することができるので多くの企業からの求人が掲載されているのです。

中にはハローワークに限定して求人を出している会社もあります。実際、企業の中には「まずハローワークに求人を出してみて、よい人材が見つからなかったら転職エージェントに掲載する」というアプローチをとっているところもあると言います。転職エージェントが求人探しをする上での最高の選択肢とは必ずしも言えない面があるわけです。

それから相談窓口業務の充実です。直接施設に赴く必要がありますが、対面で職員と話し合いながら求人探しができます。正社員の求人なら何でもよい、ではなく、自分に向いている仕事にはどんなものがあるのか、どんな業種からの正社員の求人があるのかなどをアドバイスを受けながら探していくことが可能なのです。

また、転職エージェントは利用者と企業の間で雇用関係が成立することで運営元に利益が生じます。そのため、コンサルタントは積極的にいろいろな求人情報を提供してくれるのですが、必ずしもそのすべてが自分にあった情報とは限らず、中には「数撃ちゃ当たる」とばかりに見当違いな求人を強引に押し付けてくるコンサルタントもいます。ハローワークにはそうした利益を巡る事情は存在しないので、押し付けがましい宣伝や情報提供はありません。

そして、ぜひとも有効に活用したいのが就職支援サービスです。単に求人を紹介するだけでなく、就業できるための資格取得や技能を身につけるためのサポートを行っている、あるいは行っている施設を紹介してもらうことができます。

例えば東京都の場合、女性の事務職への就職・転職をサポートするための「女性しごと応援テラス」という転職支援サービスを行っており、ハローワークとともに利用することが可能です。

子育て中の方なら女性向けの「マザーズハローワーク」を利用することもできます。その名前の通り、子育てをしながら就職を希望する方、仕事との両立ができる職場への転職を希望している方を対象に、求人の紹介や職業相談を行っています。通常のハローワークともどもうまく活用してみましょう。

一般公開の求人サイト、転職エージェント、ハローワークとそれと関連する就業支援サービス、この3点をうまく使い分けながら、40代女性の正社員への転職を目指してみましょう。そうすれば必ずうまくいくと断言することはできませんが、充実した環境で転職活動を続けている方とそうでない方との間で大きな差が出てくるのは間違いないでしょう。とくにハローワークは馴染みがない人も多く、「利用するのはちょっと恥ずかしい」と考える人も多いようです。

それが理由で利用しないのはとてももったいなく、大きなチャンスを逃してしまうこともなりかねません。地元のハローワークの場所をチェックし、まずはどんな場所なのか、雰囲気を探るためにも訪れてみてはいかがでしょうか。

40代女性が資格なしで転職を成功させるには!

このように多くのハードルが待ち構えている40代女性の資格なしからの転職ですが、もちろんチャンスはゼロというわけではありません。できる限り理想に近い形での転職を実現するためには、40代女性でもチャンスに恵まれやすい、ハードルに邪魔されないような方法を選ぶことが重要です。

まずは女性に広く門戸が開かれ、転職のチャンスが多い業種・職種を選ぶことです。筆頭はやはり事務職でしょう。とくに国家資格などの特別な資格は必要とされない職種ですから、資格なしから転職を実現するチャンスは十分あります。資格はないけれども実務経験があるという方にとってはおすすめの分野です。

ただ、やはり女性にもっとも適した職種ということもあり、競争率も激しい傾向が見られます。40代資格なしの女性でも応募できる求人をできるだけ多くピックアップした上で、落選してもくじけずにトライし続ける心構えも必要になるかもしれません。

需要の多さ、競争率の低さで評価するなら、介護職員がもっとも適した選択肢となりそうです。慢性的な人手不足が指摘されている介護業界なら、資格なしからでも十分転職のチャンスが得られます。とくに、女性は性別を問わず介護サービスの利用者に接しやすいことから、需要が高い傾向が見られます。

介護福祉士やヘルパーなどの資格が必要な業務だけでなく、資格なしでも業務ができる介護助手の求人もありますから、まず転職して現場で経験を積みながら資格の取得を目指していく、といったことも可能です。激務でなかなか収入が上がらないといった面もありますが、安定した就業環境が得られる点でも魅力的な選択肢となるのではないでしょうか。

40代の資格なしから転職に成功した事例

成功事例を見ると、先述した業種以外でも、資格なしから転職に成功したケースも見られます。

例えば、派遣社員から正社員への転職に成功したケースです。このケースでは、転職活動を始めた当初は正社員としての転職を目指していたのですが、残念ながらいろいろな求人に応募してもなかなか採用の機会に恵まれず、契約社員からの再スタートを図ることにしました。

派遣社員の立場として事務職に就き、半年ほど現場で働いた後に、改めて正社員として登用された上で引き続き勤務を続けることに成功しました。このケースでは事務職としてのスキルはもちろん、資格なしから知識・スキルを身につけていこうとする向上心やコミュニケーション能力が正社員へと登用される上での重要な鍵になったと言われています。

働きながら独学で資格を取得して、転職に成功したケースも見られます。この事例ではアルバイトの形で事務職の仕事を続けながら独学で宅建の勉強を続け、見事資格の取得に成功した上で不動産業界への転職に成功しました。つまり、資格なしの状態で転職するのではなく、まず資格なしを解消した上で転職を実現させるというパターンです。

あらかじめやりたい仕事、就きたい業種・職種がある場合には、非正規で働きながら独学で資格を取得する方法も選択肢のひとつとなるでしょう。

40代女性にも十分チャンスはある!

実際のところ、現在の日本のビジネスシーンでは多くの分野において人手不足の状況になっています。ですから、若い人材、男性を求めている企業でも「この人なら」と評価できるなら、40代でも、女性でも、採用する余地は十分にあると言えるでしょう。たとえ20代の男性であっても、向上心がなく、上司に叱られるとすぐに腐ってしまうような人物は会社にとってメリットがあるとは言えません。

だったら、向上心や人柄の面で評価できる40代のほうがずっといい、企業にそう思わせるようなアピールができるかがひとつのポイントになりそうです。派遣やアルバイトからの正社員登用を目指す、努力して資格を取得した上で転職活動に臨むといった、年齢がマイナスにならない長所をアピールできる状況を目指してみてはいかがでしょうか。

その上で転職エージェントを活用し、コンサルタントから求人紹介やアドバイスを受けながら転職活動をするのもおすすめです。どんなルートで非正規から正社員への登用が期待できるのか、どんな資格を取得すれば転職への近道になるのかといった点も含めたアドバイスを受けつつ、40代資格なしの女性でも転職のチャンスが得られる求人の情報を提供してもらえるはずです。

40代キャリア女性向け転職エージェントおすすめランキング

  1. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    全ての業種に幅広いコネクションを持っているので、大手から外資企業まで紹介される求人数が多いです。また、業界最大手だからこそ企業からの信頼も厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすることができます
    さらに、各業界に精通したアドバイザーが多数在籍しているので、自分の条件に合う求人も紹介してもらえます。

    リクルートエージェントへ無料登録

  2. エグゼクティブ専門 キャリアカーバー

    キャリアカーバー

    年収600万円以上ミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。エキスパート・幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,500名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、ハイクラス案件に出会うことができます。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

    外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならキャリアカーバーがおすすめです。
    新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

    キャリアカーバーへ無料登録

  3. LiBzCAREER(リブズキャリア)

    株式会社LIBが運営する、『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための転職サービスです。

    プロフィールを登録すると経験・スキルなどに興味を持った企業から直接オファー(スカウトメール)が届きます、また社風との自分の相性データを加味したマッチングをする「カルチャーマッチング機能」が、入社後ギャップの少ない企業を選別して応募ができます。

    キャリアアップ・働き方改善・育児からの社会復帰など、ライフステージに合わせて納得のできる条件や希望の働き方ができる企業を見つけることができ、また、働くママにオススメの「自宅や保育園の最寄駅に帰りたい時間」から検索できる「帰れる検索」など、ユニークな機能があります。

    またキャリアパートナーの丁寧なサポートがとても評判が良いです。

    ※全国の求人情報があります。女性限定のサービスです。

    LiBzCAREER(リブズキャリア)へ無料登録

東京しごとセンター女性しごと応援テラス

東京都の女性正社員就職支援事業です。結婚・出産・育児・介護などの理由で離職し、再就職を希望する30歳から54歳までの女性を対象としたプログラムです。(その他の理由の方も可能)
また、子育てや介護と両立して働き続けたい女性の就職活動のサポートや職業紹介も行っています。

未経験でも挑戦できる正社員事務職の専門知識、就職活動の進め方、パソコン実習、さらに再就職経験者や人事担当者との交流会、職場体験までを組み合わせた5〜12日間の充実した研修を無料で受けられます。

随時説明・相談会を行っています。すべて無料ですので東京都で就職希望の方にはおすすめです!

女性しごと応援テラス・女性再就職サポートプログラム

doda女性の転職エージェントWoman Career

業界No.2のdodaの女性向け転職エージェントです。各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、履歴書・職務経歴書の書き方、面接のアドバイスまで女性ならではの視点をプラスしてサポートし、企業の採用をバックアップする採用プロジェクト担当から求人票には載らない有益な情報を提供しながら2人制でサポートしています。

女性のライフステージごとのキャリアの疑問や悩みについてキャリアアドバイザーに相談でき、「仕事と家庭を両立したい」「結婚・出産にそなえて育休など充実した企業に転職したい」など女性向け特集などにも力を入れています。

非公開求人を含む約10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、40代の案件も豊富に保有しています、またキャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率が高くなります。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめです。

今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用、転職成功しています。

dodaへ無料登録

女性の利用者数No1、1番好きな”わたし”が見つかるリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビネクストは、リクルートグループが2001年から運営する国内最大級の転職希望者の8割が利用する転職情報サイトです。求人の量・質ともに非常に充実しており、AI 技術を駆使したマッチングの仕組みから転職決定数も堂々の1位を誇る国内トップクラスの転職サイトです。

女性に理想のワークライフバランスを実現のために、出産や育児に関わる女性に優しい制度など女性が気になる条件で求人検索できます。また希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。

会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、職務経歴や希望条件などを登録しておくと、匿名スカウト機能で企業や転職エージェントからオファーをもらうこともできます。転職エージェントからのオファーには、非公開求人のオファーもあります。

女性が転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが幸せな転職に出会う第一歩です。

リクナビNEXTへ無料登録

ミドル案件が豊富リクルートスタッフィング

リクルートが運営する最大手人材派遣会社です。求人数が多く約14,000件以上、派遣業界では実績No.1
派遣会社の中では、就業者の福利厚生が特に充実していると評判は良いです。

都内であれば、50代以上が活躍している企業の求人も多数あります。シニアが応募できる求人は事務などの内勤が多いです、スキルアップ支援制度も魅力的ですし、派遣先は大手企業や優良企業が多く、健康保険や健康診断など正社員並みです。正社員へのステップアップとして派遣就業するなら、リクルートブランドはおすすめです。
※派遣登録は、オンライン面談に対応しています。

リクルートスタッフィングへ無料登録