上場企業を5社持つ岩手県

岩手県には、薬王堂や岩手銀行、北日本銀行などの上場企業が5社あります。その他にも、転職先として人気のおすすめのホワイト企業はたくさんあります。転職先を探す都道府県としては、岩手県はたくさんの選択肢の中から絞り込みやすいエリアと言えるでしょう。

岩手県内のおすすめのホワイト企業を絞り込む際には、どんな点で絞り込みますか?年収・離職率といった数字で絞り込む人もいれば、有給取得率・福利厚生などプライベートと両立できる職場へ転職したいという人もいるでしょう。また、平均勤続年数をチェックすることによって、働きやすい職場かどうかという点が分ります。岩手県には、転職先としておすすめの企業としてはどこがおすすめなのでしょうか?

岩手県はまだまだ成長中

都道府県別にみると、岩手県はまだまだ名目経済成長率が上昇しているという特徴があります。毎年上昇し続けているということは、岩手県はまだまだ成長が期待できる地域と言えるでしょう。実質経済成長率を見ると、全国平均はマイナスとなっているものの、岩手県では1%以上を維持し続けています。

都道府県の成長とともに自分のキャリアも成長したいという人にとっては、岩手県は転職先として一押しです。
南北に長く伸びる岩手県は、農林漁業と言った第一次産業が盛んです。第一次産業に携わる労働者の数を見ると、全国平均の2倍になります。製造や建設業も盛んで、他の都道府県よりもたくさんの人が第二次産業に従事しています。

岩手県でおすすめのホワイト企業へ転職したい人は、企業の売上高や従業員の数だけで転職先の候補を絞り込むのではなく、有給取得率・福利厚生や県全体の成長も念頭に入れた上で、伸びしろが多い企業を探したいものです。

岩手県の平均年収・離職率は?

岩手県の平均年収は、350万円程度です。全国平均と比較すると、決して高年収が期待できる都道府県というわけではありません。しかも、この年収にはボーナスも含まれており、毎月の平均月収だと23万円程度です。

ただし、県内の企業すべてが、低めの年収設定というわけではありません。業種や産業によって年収には大きな差があります。岩手県の場合には、建築や製造などは比較的高めの水準となっていますが、繊維工業では年収は低めです。もしも第二次産業で働きたいという人は、企業ごとに年収にいは大きな差があることを理解しておきたいものです。

離職率はどうでしょうか?新卒者の3年以内離職率を見ると、全国平均は3割程度となっているのに対し、岩手県の場合には4割程度と高めです。県が行った調査によると、県内での就職や転職においては、待遇が良い企業で働きたいという人は、県外志向が強く、県内で働きたい人の多くは労働条件よりも働きやすい環境を重視する傾向にあります。

しかし、働きやすい雰囲気で職場を選んだ人でも、実際に働いてみると労働時間や休日、賃金の条件が良くないと感じることは多いのかもしれません。待遇面の理由で離職する人は多く、それが岩手県の離職率が高い理由だと考えられています。

岩手県の優良企業ランキング1位:岩手日報社

日刊新聞を取り扱っている岩手日報社は、岩手県内では知名度が高い新聞社です。明治9年に創業した老舗で、平均年齢が41歳と高めという点が特徴です。新聞の印刷や発行がメインの事業ですが、その他にも各種スポーツや音楽など、文化事業も展開しています。社員は250人程度と少なく、少数精鋭型の企業と言えます。

地域密着型の老舗企業は、岩手日報社以外でも年功序列制の社風を持つところが多いのですが、この企業も例外ではありません。しかし、社内ではバランスのとれた文武両道な人材が多く、人間力のある人が活躍できる社風でもあります。また岩手日報は、老舗企業の中では最新技術を積極的に導入する企業としても知られています。ローカルな新聞社ですがデジタル版の岩手日報を立ち上げ、スマホやタブレットを使ったデジタルファンの拡大に努めています。

岩手日報は、社員の平均年収は664万円と県内企業ではナンバーワンです。待遇面で転職先を決めたいという人にとっては、大満足できる転職先と言えるでしょう。残業時間は月の平均46時間程度と多く、有給消化率は14%程度です。忙しければお休みを取りづらい社風であることは、転職前に理解しておきましょう。

岩手県の優良企業ランキング2位:薬王堂ホールディングス

県内企業では売上高ナンバーワンの薬王堂ホールディングスは、岩手県内を地盤にし、県内はもとより近隣の青森県や秋田県、宮城県へドラッグストアを300店舗以上展開しています。独立系のドラッグストア途いう位置づけで、近年では医薬品や化粧品に加えて、日用品や食品も店内で販売しているのが特徴です。

薬王堂ホールディングスは、県内ではドラッグストア業界を牽引する立場にある企業です。少子高齢化や人口減少といった社会問題は、県内でも深刻な問題となっていますが、そうした状況でも新しいビジネスモデルを確立することで、マーケットの拡大を模索しています。ドラッグストア業界で働いてみたい人はもちろんのこと、新しいビジネスモデルづくりに関わりたい人にとっては、挑戦してみたいことが多いワクワクする転職先ではないでしょうか。

この企業は店舗数が多く、女性の幹部登用にも積極的です。残業時間や有休消化率に関しては公表されていませんが、キャリアを築きたい人なら大きなやりがいを感じられるでしょう。ただし、店舗勤務だと正社員でもシフト勤務になることが多く、毎週決まった日にお休みをとることは難しいかもしれません。家庭や育児と両立したり、規則正しい生活をしたい人は、そのあたりを考えた上で転職するかどうかを決めましょう。

岩手県の優良企業ランキング3位:株式会社岩手銀行

岩手県には、たくさんの銀行が店舗を展開しています。県内企業としては売上高ナンバー2を誇る岩手銀行に加え、北日本銀行や東北銀行などもあります。その中でも岩手銀行は、昭和7年に設立された地方銀行で、今日までには陸中銀行や岩手貯蓄銀行などを吸収合併しながら成長してきました。県内では老舗銀行として知られていて、知名度が高く規模も大きいため、転職先としても人気があります。県内を中心に、109ヶ所に店舗展開しています。

岩手銀行は、社員の年収が高めで好待遇な企業としても人気があります。平均年収は647万円と高いため、待遇で転職先を選びたい人にとってもオススメです。銀行業務の他には、クレジットカード業務やリース業務など、幅広い金融サービスを提供しており、転職すると配属先によって幅広い業務に携わることができます。平均勤続年数は15年と長い点もまた、この企業の特徴です。

この銀行は、残業時間は月平均13時間と少なめです。有給消化率は50%と高く、プライベートと仕事を両立させたい人にとっては、働きやすい環境と言えるでしょう。また人材育成の制度が完備されているため、バンカーとしてのキャリアを築きたい人にとっては、大きなやりがいを感じられる職場でもあります。

ただし、営業職やセールス職として働く場合には、強いストレスを感じる人が多く、離職理由の一つにもなっています。また、規模が大きな銀行ですが地域密着型という点を重視し、飲み会をはじめとする社員同士の親睦会も頻繁に開催されます。こうした点をプラスと考えるかマイナスと考えるかは、転職希望者次第ですが、事前に社風を理解しておくことで、転職後に後悔するリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

岩手県でホワイト企業の求人を見つけるには

岩手の求人に強い転職エージェントを利用する

岩手県にも優良企業はありますが、優良企業は退職者が出にくいため、求人が出ることが稀です。

岩手の優良企業への転職活動で失敗しないためには、岩手の求人に強い転職エージェントを利用した方が良いです。公式サイトや転職サイトで良い求人が見つからなくても、転職エージェントなら非公開求人を持っている可能性があります。

転職を急いでいない人も、転職サイトに登録だけでもしておくと、優良求人を見逃さないのでおすすめです。

履歴書や職務経歴書の書き方や求人企業に合わせた面接対策など、選考通過のためのサポートも受けられるので、転職が初めての人は特に利用すべきです。自分では言い出しにくい年収交渉も代行してもらえます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職エージェントで、求人数が最多です。営業力・交渉力が高いため、質の高い求人を豊富に保有しています。求人の業種・職種も幅広く、80%が非公開求人です。全国に拠点があるので、岩手の求人にも強いです。

サポートの流れがスピーディーなので、転職を急いでいる人にも安心です。

リクルートエージェントへ無料登録