転職に失敗して後悔する人→いきなり本命企業に応募して撃沈

初めての転職だし、一発で決めたいからいきなり本命を受けようとしているあなた!
この記事を読んで正解です。
初めての転職では、いきなり本命に応募してはいけません。

この記事では、いきなり本命に応募してはいけない理由初転職に適した年齢モメない退職理由の伝え方について紹介します。

この記事を読めば、転職のベストタイミングと初転職に最適な応募先がわかるので、リスクを最小限に抑えながらも最大の利益を得られる転職が実現できます。

本命企業で見事に散る!初めての転職がなかなか成功しないワケ

全力で応募した本命企業に落ち自信喪失

初めての転職は、夢や希望を持っていきなり本命企業に応募しがちですよね。
夢や希望を打ち砕くようで申し訳ないのですが、実は初めての転職で本命に応募すると、たいていのケースで失敗に終わってしまいます。

転職初心者は、履歴書や職務経歴書、面接など転職ならではのノウハウを知らずに本命企業に応募してしまうので、なかなか成功に至らないのです。

本命企業に全力で応募して落ちた場合、自分の転職市場価値を低く見積もって、条件よりも「転職すること」だけが目的になってしまう恐れがあります。
その結果、ブラック企業に入社してしまったり、やりたいこととは異なる業界や職種に就いてしまうというネガティブな転職になってしまうのです。

転職初心者は甘い言葉に踊らされがち

転職初心者は、転職サイトにあふれる「アットホームな職場」や「やさしく指導します」などと言った言葉を信用しがちです。

中には本当に言葉どおりの会社もあることにはありますが、ほぼこれらは地雷ワードと言っても大げさではありません。

現在の職場に不満があって転職を考えている場合、転職サイトのいい感じの職場風景写真やこういったワードを信じて、ブラック企業に応募してしまう人が後を絶ちません。

転職初心者が騙されがちな甘い言葉のウラ側

アットホームな職場

挨拶と同時に私語も飛び交い、勤務中の使用電話・メールは当たり前、休憩時間と仕事中の見分けがつかないほどのグダグダした雰囲気であることも多いのですが、これを「アットホーム」と呼ぶ企業もあります。
また、このような職場では、恋人は?結婚は?親の仕事は?など、プライベートにもズカズカと侵入してくることも多いものです。

やさしく指導します

決して本当に「優しく」指導するのではなく、「易しく」指導する企業がこのフレーズを使っています。
つまり、仕事に関するまともなマニュアルや指導方法が構築されていないので、簡単に指導するにとどまっていると言えます。

あなたのがんばり次第で年収〇〇〇万円(高収入)以上可!

このような場合、多くは営業の「がんばり=成果給(インセンティブ)」ですから、基本給がとても低く、契約本数に応じた収入が大部分を占めているものです。

この文句を見たら、ウラを返せば「がんばらなければ低収入!」だと思いましょう。

転職を決意!初めての職場に選ぶべきなのはどんな会社?

「条件は、今よりいい会社。以上。」の姿勢だけではNG!

誰だって転職するからには、現職よりももっといい待遇を期待するものです。
特に今の会社への不満が退職理由の場合、条件がよい会社を目指すのは当然ですよね。

ところが、勤務条件や待遇だけを優先してしまうと、仕事のやりがいなどが二の次になってしまい、大したキャリアも積めないままに、結局また早期に転職するという結果も招きかねません。

このような事態を回避するためにも、自分にとっての「いい会社」とは何なのか、具体的に考えておく必要があります。
実は、この「いい会社」は人によって千差万別で、なかなかひとことで表すことは難しいのです。

転職理由別!自分だけの「今よりいい会社」を見つける方法

もっと裁量の大きい仕事がしたい!

大企業では待遇面などの補償はありがたいことに充実しているものの、自分で決められる裁量が小さく、会社の「歯車感」が大きいものです。

それがイヤで転職したいなら、あなたにとっての「いい会社」は、ベンチャー企業です。
ベンチャー企業では、一人に任される仕事の幅が広く、ホテルの予約や航空券の予約まで自分でやらなければいけないというデメリットはあるものの、任された仕事のほぼ全ての裁量はあなたに与えられます。

専門性を高めたい!

お茶くみ、コピー、議事録のまとめ…いったい自分は何のために働いているのか分からないから、もっと専門性の高い仕事がしたい!という場合、「いい会社」は大手企業の専門職です。

大手だからこそ実現できるキャリアアップ制度や、専門性を高めるための投資を惜しみなく与えてもらえます。

ワークライフバランスを充実させたい!

休みが少ない、残業が多い…という理由でプライベートがほぼない!ということが転職理由の場合、あなたにとっての「いい会社」は会社ではない可能性があります。

会社があるせいでワークライフバランスがとれないなら、そもそも会社員を辞めて、フリーランスになるのはいかがでしょうか。

リスクは高いですが、どんな仕事にもリスクはつきものです。
一度フリーランスになってみれば、その自由さ、ワークライフバランスのとれた生活を手放せなくなるでしょう。

または、正社員という雇用形態にこだわらず、契約社員やパートタイマーとなってプライベートの時間を確保するという手もあります。

いずれにしても、仕事のやり方について、もっと柔軟に考えてみることで、ワークライフバランスのとれた生活が手に入るのです。

役職に就きたい!

もう何年も会社に貢献しているのに、なかなか役職に就けない!ということが転職理由の場合、「いい会社」は今よりも社格の低い企業です。

社格を下げれば、あなたが役職に就ける可能性はグンとアップします。
役員報酬を考慮すれば、今の年収と変わらない、もしくは年収が少しアップすることもあります。

会社選びのキーワードは「同僚との距離が近く、スキルを活かせる会社」

自分の退職・転職理由によって転職先を見極めるのと同時に、会社選びの際に大切なポイントがもう2つあります。

スキルが活かせる

古い体制の会社などでは、前職が同じ職種にもかかわらず会社独自のルールに基づいて一からのスタートになる場合もあります。
この場合、もし次に転職を考えた場合でもスキルを応用できない可能性があるのです。

逆に、前職で経験のある仕事だからと放置されて、転職先で仕事に慣れるのに時間がかかるパターンもあります。

未経験の職種にチャレンジするのであれば別ですが、何かしらこれまでの経歴やスキルにつながる職種なら、職場選びは特に重要です。

同僚との距離が近い

もし上記のようにスキルが活かしにくい職場だった場合でも、同僚との距離が近ければ、アドバイスをもらいながら奮闘できるものです。
そのため、同僚との距離の近さも重要なポイントです。

また、気難しい先輩の攻略法や、得意先を回る時のコツなど、同僚との距離が程よく近ければ、さまざまな面で情報源となってくれます。

転職初心者が会社選びに失敗しないためには?

会社の口コミサイトの情報だけを信じると馬鹿を見る

転職にあたり、有益な情報を手に入れることは必須ですが、会社の口コミが書かれているサイトにはサクラも多く、実情を知りにくいのが現実です。
求人サイトと連携している口コミサイトは特に、広告主(求人企業)に優位に作成されているので、本当に悪いことは書かれていないものです。

では、応募先の実態を知るためには、どうしたらいいのでしょうか?
その答えの1つは、企業の経営状況や内情について多くの情報を保有している転職エージェントを利用することです。
転職エージェントであれば、第三者であるキャリアコンサルタントの視点から企業の内情を知ることができます。

しかも、転職エージェントは非公開求人を多く保有しているので、本命企業とは別の、自分の条件を満たした優良企業が見つかる可能性もあります。

職務経歴書や履歴書作成、初めての転職面接の不安も解消できる

求人が掲載されているだけの転職サイトでは、転職初心者のあなたをバックアップできるような細やかなサポートは期待できません。

しかし、転職エージェントであれば、履歴書や職務経歴書などの書類作成のサポートもあり、転職初心者でも利用しやすくなっています。

さらに模擬面接など面接対策も万全で、応募企業に沿った練習ができるので、自分だけで準備するよりも効果的に初めての転職活動を進めることができます。
初めての転職ではなかなか自分では行いにくい年収交渉も、キャリアコンサルタントが本人に代わって行ってくれるので安心です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功率NO.1の転職エージェントです。
エージェントの中でも最大手ですから、保有している求人数が格段に違い、さらにネットなどで閲覧できる公開求人よりも非公開求人を多く(10万件以上)抱えています。

非公開求人の中には転職初心者向けの優良求人もあるのはもちろんのこと、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削から、心配な面接練習までの対策を講じてくれるので、初めての転職活動でもコンサルタントと相談しながら安心してすすめることができます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

不安と期待が入り混じる初めての転職活動を成功させるためには、以下のことを事前によく確認することが大切です。

最初の応募先は、経験値の低さから落ちる可能性が高いので本命にしない
転職サイトの甘い言葉を鵜吞みにせず、ウラ側を読む
自分にとっての「いい会社」とはどんな会社か、よく考えてみる
口コミサイトはサクラやヤラセが多いのでアテにしない

以上のことをやってみても、実際に応募する際には初めて職務経歴書を書いたり、初めて転職面接を受けるなどの初めてづくしで不安になるものです。
そんな時は転職エージェントを活用し、応募書類の添削、面接指導を受けて、自信を持って初めての転職活動に臨みましょう。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング