転職カウンセリングのオンライン化

従来では、転職活動には「転職エージェントと実際に会って面談や相談をする」「面談を受けられる店舗・個室でのやりとりを行う」事が主流でした。しかしコロナ禍の接触回避のご時世となり、対面での転職活動が、転職業界全体で「オンライン化」に向けて急速に変化しつつあります。

顔を見ながらのやりとりができなくなった反面、オンラインツールを用いた、時間を選ばない自由な・気軽なやりとりができるようになった側面もあります。一概に悪い変化だけではない、「接触回避」によって変化した転職活動には一体どんなものがあるのでしょうか。

コロナ禍の接触回避でデジタル化、オンライン化の加速する転職業界

コロナ禍が長期に及んだことで、コロナ前よりも転職市場は売り手市場から買い手市場になり、有効求人数も大幅に落ち込みました。その後も緊急事態宣言の開始・解除によって募集は推移し、なかなか安定しない状態が続いています。

その企業採用もまた、コロナ禍への対応として大規模な会場を用いての説明会が減り、説明会そのもののオンライン化、面接のオンライン化など、志望者とのやりとりにおけるオンライン化の加速が大きな変化として挙げられます。チャットツール、ビデオ通話、web会議ツールが当たり前に用いられるようになり志望者側にもその設備の準備、ノウハウの理解が前提となる社会が始まりつつあります。

その波は企業と志望者の間だけでなく、転職活動サポートを行う転職エージェントサービスにも波及しています。対面化によって、特に大きな変化が起きたのは「転職エージェントとの面談に移動時間がかからなくなった」、これによりエージェント1人あたりが抱えられる志望者の数が増えるようになりました。

オンライン型のAI転職エージェント

更に、志望者に応じた様々な企業研究のデータを蓄積・デジタル化が進むにつれて、そもそも「エージェントを介在しないオンライン型のAI転職エージェント」サービスも開始されています。これは転職希望者が自身の経歴や職種、スキルを入力し、その経験・スキルに基づいた市場価値をAIが自動的に算出してくれる、というものです。

その市場価値から判断されるキャリア戦略・サポートを受けるにはエージェントとのやりとりが必須となりますが、それでもその前段階をAIによって解決できるようになったのは大きな変化です。よりスムーズなキャリア戦略、自己分析やマッチングするであろう求人を導き出すのに、転職業界のデータ化・オンライン化は加速するべく加速している傾向があります。

オンライン転職活動に必要な準備は?

より世の中を安全に、便利にしていくためのオンライン化ですが、同時に「今までの転職活動とは勝手が違う」点が数多く現れてくる変化です。過去に何度か転職経験がある人でも、オンラインでの転職活動についてはまた1から知らなければならないことがあるかもしれません。

しかし、事前準備と理解を深めることで万全な状態で挑めるのは、従来の転職活動と同じです。当日にあたふたとしてしまってアピール力を損なわないように、きちんと事前に「オンラインでの面接・面談に必要な準備・心構え」を把握しておきましょう。

「面接に使う機器、ネットの接続情報のチェック」

オンラインでやり取りをする以上、ネットの回線状況、機材の環境はその要です。PCならば定期アップデートを済ませて突然再起動しないようにしてあるか、スマホであれば指定されたツールがきちんと自分の機種に対応しているか、事前のチェックは欠かせません。

特にエージェントとのオンライン面談時点で、回線が途切れがちになる、ツールが落ちる等が起きる場合、同様の問題は企業とのオンライン面接時にも起きるものと考え、早めに環境改善に努めましょう。

安定して繋げられるプロバイダに変更する、PCならばWi-Fiから有線にする、スマホならばスマホとルーター間の障害物(特に電子レンジ等、周波数が回線を途切れさせる可能性があるもの)を除けることで問題が改善される可能性があります。

「マイク付きイヤホン、ヘッドセットの購入」

こちらは実際に会話する上での必須ツールです。スピーカーでそのまま聞ける状態にしたり、据置型のマイクを使用すると、相手の声が周りに筒抜けになってしまったり、逆に周囲の物音が相手に聞こえてしまい、お互いの会話を阻害してしまいます。

マイク付きイヤホン・ヘッドセットならば、互いの声をクリアに伝えやすくなります。蛍光カラーリング、使用中に輝くゲーミングヘッドセットも、機能的には問題無くとも「真面目な面談・面接の場」という観点では問題がある可能性があります。面接はただ言葉を交わすだけでなく、佇まい、表情を含めて見てもらう場であるので、印象がヘッドセットに向いてしまうのはデメリットです。奇抜過ぎないシンプルなもの、サイズ感の物が推奨されます。

「スマホ面接をするなら手で持たない」

スマホはその多機能性から、オンライン面接のツールとして十分に機能します。しかし、手で持ったままではブレてしまったり、落とした際の大きな物音などで、面接・面談相手に不快感を与えてしまう可能性もあります。その危険性を減らす手段として、専用のスマホ台で固定した状態にしてしまうのがおすすめです。

通販サイト、家電量販店のスマホブースでも、こうした固定台は購入できます。また、オンライン面接の担当者側は多くの場合PCを使用しています。スマホとPC間でも、ツールが一致していれば問題なく面談が可能ですが、縦置き・横置きでPC側に映る画面に変化があります。縦置きでは映る画面が狭くなってしまうので、特別な理由がなければ横置きでのやりとりをしましょう。

「使用ツールは早めに入手しておく」

ツールをダウンロードだけして安心していると、使用するにあたって事前登録が必要だったことが判明し、当日に大慌てで登録しなければならない事があります。面接でそうした事が起きてしまうのは絶対に避けたい事態です。

ダウンロードしている最中に使用の流れを確認しておき、登録が必要であれば事前に済ませておきましょう。また、避けるべき事態ではありますが、そういった事態で指定の時間に面談・面接が開始できない事態に備えて、オンライン面接担当者の連絡先、名前は控えておき、遅れる旨を連絡出来るようにしておきましょう。

オンライン面接直前のチェックポイント

「スマホの充電は余裕があるか」

面接中に充電が切れる事のないように、充電量を確認しておきましょう。

「目線の置き場を確認する」

オンライン面接中、話す時には画面に映る相手の顔を見てしまいがちですが、相手の画面では焦点が下向きの自分の顔が映ってしまう可能性があります。カメラが相手の目であるので、見るべき焦点もまたカメラになります。自分が話す時はカメラを見つめ、相手が喋る時にはその反応を見逃さないように、画面をしっかり見つめるようにしておきましょう。

「カメラに映ってはいけないものが無いか、自分の顔映りはどうか最終チェック」

面接直前にカメラを起動し、面接を受ける状態を一度整えた上でカメラを起動してみましょう。たまたま置き忘れた何か不要なものが映りこんでいないか、外の天候や時間帯によって自分の顔がいつもよりも暗く映っていないかなど、最終チェックを行います。

日中で自分の視覚的には明るく感じても、カメラを経由すると暗く映る事もあります。カーテンを開ける、照明をつける等で対処していきましょう。



転職カウンセリングが親身な転職エージェント

実績No1リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界大手グループのリクルートが展開している、総合型転職エージェントがリクルートエージェントです。リクルートエージェントは厳しい内部試験を突破した、全国でも屈指のキャリアコンサルタントが揃い、どのような職種でも幅広く対応しています。

非公開求人案件数が20万件を超えており、常時豊富な案件を擁しています。リクルートエージェントでは多くの転職実績を残しており、大手特有の信頼と安心感では他社を圧倒しています。

キャリアコンサルタントの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に19箇所あり、求人も全国に対応しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

20代の体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

学生時代体育会系出身者、現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方・セカンドキャリアをお考えの方へ、スポーツ経験を持つスタッフが、経験やお人柄に合わせて、非公開求人から厳選し、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。

科学的に裏付けられた適性検査や、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあり、内定獲得率86%・20代のキャリアチェンジにおすすめです。

新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートの未経験・体育会系以外もOK
※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

転職の進め方、転職で遭遇するさまざまな悩みを、キャリアアドバイザーが解決に向けて支援してくれます。転職のプロがカウンセリングで、自分の強みの生かし方やスキルの確認、効率的な転職活動についてアドバイスしてくれます。

キャリアアドバイザーの客観的なアドバイスで、自分では思いつかない新しい選択肢が見つかることもあります。面談対策も、面接合格のための模擬面接や企業の採用傾向からのアドバイス・指導を行なってくれます。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。

dodaへ無料登録