キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーなどの違い

転職を検討している人にとって、各種の転職サービスは非常に頼りになる存在です。ただ、転職サービスには分かりにくいところもあり、特にキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザー、転職エージェント辺りの言葉は混乱を招きます。

これらの言葉のうち転職エージェントだけ意味が大きく異なっており、転職エージェントは人材を欲している企業と転職希望者を結びつける職業紹介サービスのことです。そして、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーは、転職エージェントなどで転職希望者にアドバイスを行う専門家のことですが、意味合いはそれぞれ異なります。

キャリアコンサルタント

まず、キャリアコンサルタントは2016年4月以前と以降で意味合いが変わっており、かつでは転職サービスなどで転職希望者のサポートを行う人が名乗る肩書きでした。しかし、2016年4月にキャリアコンサルタントが国家資格となったため、現在では国家試験をパスしないとキャリアコンサルタントと名乗ることはできません。

有資格者以外にその肩書きを使うことができない特殊な資格を名称独占資格と呼びますが、キャリアコンサルタントも名称独占資格の1つです。どの資格であっても、資格を持っていない人が有資格者だと偽ってはいけないのですが、名称独占資格の場合はその資格を持っていると偽ったり、その資格とよく似た紛らわしい肩書きを名乗ったりすると30万円以下の罰金を課せられることがあります。

罰則が重いからキャリアコンサルタントを名乗る偽物がいない、と断定はできないものの、キャリアコンサルタントを名乗る人は国家試験に合格した実力の持ち主と考えて問題ありません。キャリアコンサルタントが働く場所の代表格が転職エージェントなどの転職サービスですが、大学などの教育機関で働く人や、講師として独立する人も多いため、転職サービス以外で名前を聞くことも十分にあり得ます。

キャリアコンサルティング技能士

そして、キャリアコンサルタントより上位の肩書きがキャリアコンサルティング技能士で、キャリアコンサルタント合格などの条件を満たした上で、さらに国家検定のキャリアコンサルティング技能検定をパスしないといけません。キャリアコンサルタントの国家試験は、厚生労働大臣認定の講習を修了していれば受験できるため、実務経験が必須ではありません。

一方、キャリアコンサルティング技能士には1級と2級がありますが、2級を受験するためには最低3年、1級を受験するためには最低6年の実務経験が必要です。十分な実務経験があり、さらに国家検定をパスした人のみが、キャリアコンサルティング技能士と名乗ることができます。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー

もう1つ、似たような肩書きとしてCDAことキャリア・デベロップメント・アドバイザーがありますが、こちらはキャリアコンサルタント合格を前提とした資格です。キャリアコンサルタントの国家試験を実施している日本キャリア開発協会独自の資格で、キャリアコンサルタントに合格した人が指定登録機関で登録した場合はキャリアコンサルタントに、日本キャリア開発協会に入会した場合はCDAになれるという仕組みです。

細かい違いはありますが、キャリアコンサルタント、キャリアコンサルティング技能士、CDAの肩書きを持つ人は国家試験や国家検定に合格していたり、実務経験が十分であったりと、高い実力が認められています。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーはキャリアコンサルタントと似ていますが、国家検定とは関係なく名乗ることのできる肩書きです。先に書いたように、2016年の法改正以降、キャリアコンサルタントを名乗るためには国家試験をパスする必要が出てきました。そのため、転職希望者の支援を行っているが、キャリアコンサルタントとは名乗れない人のことをキャリアアドバイザーと呼ぶケースが2016年より増えてきました。

キャリアアドバイザーになるための資格は特に存在せず、転職や就職のサポート経験がない人がキャリアアドバイザーとして働き始めることもあります。もちろん、信頼できる人も多いものの、キャリアアドバイザーだからといって必ずしも実力があるとは限りません。

キャリアカウンセラー

キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーと似た言葉としてキャリアカウンセラーがありますが、こちらの意味合いは概ねキャリアアドバイザーと同じです。かつてはキャリアコンサルタントと似たような意味で使われていましたが、現在ではキャリアアドバイザーと同様、キャリアコンサルタントの肩書きを使えない人が名乗る肩書きです。

キャリアアドバイザーと同じく、キャリアカウンセラーになるために必要な資格や経験は特にありません。両者の違いはほとんどないものの、各種転職サービスで転職希望者のサポートを行う人はキャリアアドバイザーの肩書きを使うことが多く、キャリアカウンセラーの肩書きは以前ほど使用されていません。

転職相談におすすめなのは転職エージェント

転職相談をする際におすすめなのはどの肩書きを持つ人なのか、このような疑問を持っている人も多いでしょうが、まずはキャリアコンサルタントが所属している転職エージェントを探すのが基本です。先に書いたように、キャリアコンサルタントの肩書きを持つ人が活躍している場所は色々とあるものの、転職エージェントに登録すれば総合的なサポートが期待できます。

キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーからは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策など様々なアドバイスを受けられますが、転職エージェントを利用した場合はこれらに加えて豊富な求人情報や企業の内情についての情報を得られるのが魅力です。求人情報が豊富なので希望する仕事が見つかる可能性が高い上に、非公開求人を紹介してもらえる場合もあります。

転職エージェントの非公開求人

非公開求人とは、転職エージェントの公式サイトでの検索では出てこない非公開にされている求人のことで、条件のよい求人が多いのが特徴です。

企業の知名度が高く求人募集を行うと応募が殺到してしまう、他社にプロジェクトの情報を気取られるのを嫌がる、転職エージェントが太鼓判を押す優秀な人材にのみアプローチしてもらいたいなど、企業が非公開求人に踏み切る理由は様々ですが、いずれにしても個人で転職活動を進める場合、非公開求人はほぼ無縁の存在です。

ヘッドハンティングを受けるなど、公開されている求人以外の形で転職が決まるケースもあるものの、ハローワークなどを利用し公開されている求人に応募するのが個人の転職活動における基本の形なので、よい企業に巡り会えるとは限りません。転職エージェントに登録すれば確実に紹介してもらえるわけではないものの、実力があれば非公開求人の紹介にも期待が持てます。

企業の内部情報に詳しい

また、企業の内情についての情報が集まりやすい点も非常に重要で、個人で転職活動を進める場合は企業の内情を知る方法は少なく、口コミに頼るのが基本です。転職会議やVokersを始めとして、企業の社員や元社員らが口コミを投稿できるサイトもあるものの、口コミが本当に正しいとは限りません。

口コミでは高く評価されているけれども相性が今ひとつだった、口コミではあまり評判がよくないが意外と居心地がよかった、など口コミと入社後の感想が一致しないケースは多いため、口コミを信用しすぎるのも問題です。

転職エージェントには企業の待遇、評価システム、離職率などの情報が集まりやすいため、キャリアコンサルタントのアドバイスを参考にしながら、同時並行で企業の内情についての情報を収集するのが有効です。

転職相談におすすめな転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大の転職エージェントで、転職実績トップの就職支援サービスです。一般には公表していない非公開求人の数が多く、その中には大手企業や上場企業の幅広い業界・業種の転職に対応していて、現場からオフィスワークまで求人が非常に数が多く、未経験からハイキャリアまで幅広く対応します。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントの求人は全国に対応しており、休日や電話での面談も受け付けています。忙しい社会人の転職を専任のキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

20代の体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

学生時代体育会系出身者、現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方・セカンドキャリアをお考えの方へ、スポーツ経験を持つスタッフが、経験やお人柄に合わせて、非公開求人から厳選し、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。

科学的に裏付けられた適性検査や、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあり、内定獲得率86%・20代のキャリアチェンジにおすすめです。

新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートの未経験・体育会系以外もOK
※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録

必ず面談してくれるSpring転職エージェント

Spring転職エージェント

世界人材シェアNo.1のアデコが運営する、外資系転職エージェントです。外資系を中心に、日系企業の求人も扱っています。求人の80%が非公開求人で、良質な求人が多いです。
面談希望者を断らないので、スキルや経験に自信がない人や、未経験転職にもおすすめです。受け身だとサポートが手薄になりますが、求職者が求めればしっかりサポートしてくれます。

国内での知名度は低いですが、全国に拠点があり、地方の人も利用できます。
※20代〜40代で、一都三県、東海地方、関西地方の転職者限定です。

Spring転職エージェントへ無料登録

転職サポートが充実しているdodaエージェントサービス

doda

転職ビジネスの老舗で、大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い企業にパイプがあります。一人ひとりの求職者にじっくり時間を取ってもらえます。自己分析などの込み入った相談に乗って欲しい人も、納得いくまで話を聞いてもらいやすいです。
親身で手厚いサポートにも定評があり、使いやすい転職エージェントです。また、非公開求人が80%を占めており、「dodaの非公開求人には、魅力的な求人が多い」と聞きます。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を毎日多数開催しています。

dodaへ無料登録

求人を紹介しない転職コーチングサービスのポジウィルキャリア!

20〜30代に特化した、キャリアのパーソナルトレーニングです。専属トレーナーがマンツーマンで指導し、転職先を紹介するだけではなく、どう生きるかの整理をすることをサービスの主目的としています。

求人を紹介しないのでノルマが無い、転職者の幸せを一番に考える、経験豊富で各業界に精通したキャリアアドバイザーが、より中立的な立場で真っ正面からサポート、現在の悩みを解決し、徹底的に自己分析をしキャリアの軸を固め、自分の強みがはっきり解り、希望の転職実現に向けて自分をこだわり抜いて磨き上げる。

「これから先、どう生きていったらいいか分からない」という転職以前の悩みの解決から、「本当に望んでいることは何なのか」そしていま何をすべきかを「利害関係のない」キャリアアドバイザーが一緒に考えサポートしてくれる。

自分の強みや価値観がはっきりすれば、自分のキャリアに自信が持て、転職活動も変わってきます。悩んでしまったら、アドバイザーに相談して、自分のことを正しく理解する事からはじめてみませんか?
満足いただけない方は返金保証ありです。

人生を変える転職が待っているかもしれません。転職成功までを徹底的にサポートするポジウィルキャリア

ポジウィルキャリア!転職へ無料登録

理想のキャリアをハックする【キャリアアップコーチング】

キャリヤや転職に悩める20〜30代のキャリア・転職に特化した、有料キャリアコーチングサービスです。
自分の理想のキャリア・未来から逆算して、後悔しない人生を送るために必要な自己分析、戦略設計、行動までのサポートを一緒に行っています。

意思決定力向上のために、人生の過去から現在、 未来までの価値観、思考、実現したいこと、キャリアを整理する自己分析から内定獲得企業から後悔しない内定先(現職含む)を選ぶ支援をしています。

内定獲得力向上のためのプログラムは、職務経歴書の書き方指導、面接の見せ方の戦略作りサポート、面接対策(模擬面接とフィードバック)適切な転職エージェントや転職サイト等の紹介をしています。

入社後の行動力向上のために、活躍するための戦略・戦術の策定、Goodモデルを活用した、 活躍に向けたTODOのモニタリングを行い、怠慢をできるだけ無くすことで、 行動の強制力を上げていき、 習慣化を促します。

※意思決定診断や、 転職に特化した意思決定ツール・行動管理のための独自のサポートツールも作成しています。
※キャリアや人生に漠然と悩みを抱えている方、人生でやりたいことや、自分の強み・弱みがわからない方におすすめです。

キャリアアップコーチング 無料面談へ