転職が決まらない30代がチェックすべき3つの実践ポイント

転職市場では、年齢は若ければ若いほど転職しやすく、30代ともなればその年齢に釣り合うだけのスキルや経験を求められ、それらの自信のない30代は転職が決まりにくいものです。

そんな転職市場を目の前にして、「自分も30代だけど、転職できるかどうか心配…」と一歩を踏み出せずにいませんか?

この記事を読めば、転職が決まらない30代が、転職成功をめざしてすべきことがわかります。
漠然とした不安を抱えたままでは転職への道を切り開くことはできません!
問題を明確にして、転職成功への一歩を踏み出しましょう。

転職が決まらない30代がチェックすべき3つのポイント

①年齢に見合った「スキル」と「経験」を理解しているか?

30代の転職希望者に求められる事は「スキル」と「経験」

30代で転職する場合、企業側から求められることは20代とは異なります。
20代の武器は若さ、可能性、ポテンシャル、柔軟性ですが、30代の武器はその人が仕事の中で培ってきたスキル、経験です。

でも、意外と自分の武器が何なのかを把握できていない30代が多く、そのせいで転職が難航している人も多いのです。

自分の武器を知りたければ転職エージェントを利用する手もある

自分の武器が何なのかを把握するには深い自己分析が必要です。
その他にも、自分のスキルが何か、売りになる経験は何なのかについて、客観的に知る必要もあります。

これらについて、自分だけでは見つけるのが難しいという場合、第三者の力を借りるという手段もあります。
たとえば転職支援サービスを行っている転職エージェントを活用し、自分の市場価値を知るという方法もあります。

どんな手段であれ、見つかった自分の強みが、応募先に必要なものか、貢献できるものかが大切です。

②転職理由と志望動機が客観的に見て納得感があるか?

転職を決意した理由を明確にする必要がある

30代で転職を成功させるためには、なぜ転職する経緯に至ったのか?という理由を明確にしなければいけません。

ここが明確になっていないと、転職した先でも不満に感じるようになってしまうからです。
転職した先でも同じような不満を抱えることになれば、さらに年齢が高くなってリスクも高くなった状態で、再度転職しなければいけなくなってしまいます。

たとえば長い間派遣社員として働いていたが、正社員採用されたいなどの、自分も企業側も納得するような転職理由が必要なのです。

転職の理由ランキング

1位:他にやりたい仕事がある(13.0%)

今の仕事を魅力的に感じられなくなってしまったのか、それとも他のやりたい仕事がどれだけ魅力的なのか、質問された時に応えられる必要があります。

2位:会社の将来性が不安(9.3%)

業績悪化は確かに転職理由としてもっともですが、転職先の企業側からすると「ウチに来ても業績悪化したらすぐ辞めるんだろうな」と思われてしまいます。

3位:給与に不満がある、年収アップしたい(7.7%)

正直なところ、この理由が多いとは思いますが、企業側からすると、この理由をトップに持ってくる人は企業自体をよく見ていない印象が残るため、積極的に採用するのをためらってしまいます。

③自己PRを「応募先のメリット」にマッチさせているか?

本当の転職理由をそのまま話してはいけない

30代の転職を成功させるには、転職理由を正直に話すのではなく、応募先にメリットがあることが採用担当者に伝わるように変換する事が大切です。

例えば、「他にやりたい仕事がある」「もっと自分を高める事のできる仕事、もっと自分の経験を活かして貢献できる仕事」に変換すると、企業側としても採用した後に自社の力になってくれることを想像しやすく、採用につながりやすくなります。

企業のニーズに自分のスキル・経験を照合してアピールする

応募先にメリットがあると伝わるように転職理由を変換したら、次に変換したものを志望する会社のニーズに適合させる必要があります。

例えば、「私の〇〇という経験は、御社の××という新規事業の△△に役立つと考えています。」というように、あなたのスキルや経験が、企業が求めている人材にあってほしいものと結びつきますよ!という内容にしてアピールすることで、企業は採用メリットを確信し、あなたの転職も成功します。

転職が決まらない30代が実践すべき3つのこと

①「自分」と「企業が求める人材」が近い所しか応募しない

やみくもに応募して不採用を繰り返すと、疲れてやる気が落ちてきてしまいます。
「転職できるならどこでもいい」という思いで転職活動していると、希望しない環境の会社に採用され、転職失敗にもつながりかねません。

そうならないために、自分の「スキル」や「経験」が「企業の求める人材」につながっているか?ということについて、募集要項をよく読んで判断しましょう。
経験職種に応募すれば、転職に成功するだけではなく、管理職へのキャリアアップも見えてきます。

この際、転職エージェントも活用すると、より転職が決まりやすくなります。
エージェントは自分と企業が求める人材が近い企業を一緒に探してくれ、求人数が多く一般の転職サイトでは見ることの出来ない非公開求人も紹介してもらえる頼もしい味方なのです。

②応募先に合わせて準備する

転職の書類選考は、よくあるテンプレートではライバルには差がつけられません。
30代の転職をより決まりやすくしたいなら、履歴書、職務経歴書などの応募書類は応募先に合わせて作成する必要があります。

応募書類を読んだ企業側が、「会って詳しく話を聞きたいな」と思わせる事が大切です。

採用される履歴書・職務経歴書はこう書く

採用される履歴書・職務経歴書を書くなら、次のポイントが大切です。

ポイント1)深く客観的な自己分析
ポイント2)企業分析をして企業が求めている人材を把握する
ポイント3)1と2の接点を探す

そのため、複数の転職先に提出する応募書類は同じものではなく、受ける企業によって変える必要があります。

また、応募書類と同様に、面接のアピールポイントも応募先に合わせることも大切です。

③焦りや不安を面接で見せない

30代という年齢もあり、転職活動がうまくいかないと、不安や焦りが増大しますよね。
不採用が続けば、自分のキャリアを否定されたような気持ちになってしまい、面接場面でもネガティブな発言をするようになってしまい、ますますうまくいかなくなってしまいます。

このような事態を回避するためには、焦りや不安を感じた時、早めにストレス解消する方法が有効です。

ストレス解消法は人によって違いますが、大声で一人カラオケする、運動で発散する、これでもかというくらい寝る…など、自分なりのストレス解消法があると焦りや不安に負けない転職活動が実現できます。

仕事をしながらの転職活動の負担を減らすには

30代で仕事をしながらの転職活動は、さらに負担も大きく、なかなか自分一人では進めるのが難しいものです。

そんな時は、転職エージェントのサポートを活用するという方法があります。
転職エージェントでは自分に合った求人の提案、書類選考対策の履歴書や職務経歴書のチェック面接対策のサポートだけでなく、転職が決まらない不安を相談することができるので、時間のない人でも安心して効率的に転職活動をすすめることができます

30代の転職に強いエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績のランキングナンバーワンの転職エージェントです。
実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人から30代でも転職可能な求人を紹介し、応募書類の添削に至るまで手厚くサポートしてくれます。

また、応募書類を送付した後も、エージェントのキャリアアドバイザーが応募先に推薦してくれるため、転職成功率がさらにアップします。
非公開求人には高収入かつ希少価値の高い求人も含まれていますから、30代からでも条件のよい企業への転職が可能です。

リクルートエージェント公式サイト

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、エージェント利用者の満足度が87%という実績をともなった転職エージェントです。

サイトへ登録すると、必ずあなた専任のキャリアアドバイザーがついて、90分にわたるオフィス面談を行うというきめ細やかな対応が特徴的です。
東京にあるオフィスまでは出向けない…という遠方にお住まいの方は、電話面談のみの対応も行っていますが、こちらも30~60分という充実した対応です。

この面談中に30代で転職がうまくいかない不安も相談でき、自分の武器にできるスキルや経験についてもアドバイスをもらえるので、30代の転職も成功しやすくなります。

type転職エージェント公式サイト

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング

まとめ

転職が決まりにくい30代の転職を成功させるためには、次のことに留意しましょう。

・自分のスキルや経験を企業のニーズに照らし合わせてみる
・上記が合致しない企業にはむやみに応募しない
転職理由を掘り下げてみる
・応募書類は企業によって全て書き換え、その企業にしか通用しないものを作る
・不採用が続いてネガティブにならないよう、その都度ストレスを発散させる

また、これに加えて転職エージェントを利用することで、自分の武器を客観的に見てもらうことができ、豊富な求人からあなたのスキルや経験に合致した求人を紹介してもらうこともできます。

30代の転職活動が有利になるように、このようなエージェントを賢く活用していきましょう。