【社員目線】転職で優良企業・ホワイト企業の見分け方と探し方

「確実に優良企業を見分ける方法があったらいいのに」、「よく調べたつもりなのに、いつもブラック企業ばかりに入社してしまう」、「好きな商品を作っているから入社したが、社員にとってはイマイチな会社だった」…。

企業の実態は外からは分からないことも多く、転職を考えている人にとって非常に頭の痛い問題ですよね。ここでは、優良企業の見分け方と、効率よく優良企業を探す方法を教えます。二度とブラック企業に行きたくない人・絶対に優良企業を選びたい人は、ぜひ参考にしてください。

株主目線と社員目線は違う!優良企業の見分け方

いわゆるホワイト企業ってどんな会社?

優良企業の条件にはさまざまなものが挙げられますが、見る人の立場によって、何をもって優良企業とするのかが異なります。

・ユーザー目線:製品やサービスやよい、値段が安い、使いやすい、なじみがあるなど。
・株主目線:上場していて売り上げが伸びている、投資する価値を感じる、経営基盤がしっかりしているなど。
・従業員目線:離職率が低い、契約社員よりも正社員率が高い、福利厚生がしっかりしている、平均年収が高い、完全週休制などで労働環境がよいなど。

転職先を選ぶ場合には、従業員目線で見たときにホワイト企業かどうかを見極めることが大切です。

優良企業が多い業種・職種は?

業種・職種によっても、優良企業が多い・ブラック企業が多いといった傾向があります。優良企業が多い業種・職種から転職先を選ぶのもよい方法です。

・公務員:給与が安定している、業績不振などでクビになることがない。
・工場勤務系:単純作業・同一のルーチンワークであることが多く、仕事が簡単。時間が来たら交代できて残業がない。
・電力会社・ガス会社などのインフラ系:離職率がもっとも低い。

優良企業ランキング

平均年数、平均勤続年数、社員数、企業戦略力対象

企業名 特徴
1位 パナソニック 従業員数が6万人近いが、平均勤続年数が22.8年と長い。平均年収も781万円と高め。
2位 デンソー 4万人近い従業員がいるが、平均勤続年数も22.6年と長い。平均年収も827万円と高い。
3位 トヨタ自動車 従業員数は7万人以上で、平均勤続年数は15.4年と長め。平均年収が高く、852万円。売れる営業ノウハウが確立されている。

優良企業一覧

社員目線の優良企業(社員定着率)

企業名 特徴
1位 中国電力 採用数が多いが、性別や学歴にかかわらず、3年以内に退職する新卒がほぼいない。離職率全体も低い。福利厚生が充実しており、有給取得率も高い。
2位 塩野義製薬 性別や学歴にかかわらず、3年以内に退職する新卒がほぼいない。離職率全体も1%程度。福利厚生が充実しており、有給取得率も高い。
3位 沢井製薬 性別や学歴にかかわらず、3年以内に退職する新卒がほぼいない。福利厚生が充実しており、残業も少ない。女性も長く働ける。
4位 国際石油開発帝石 性別や学歴にかかわらず、3年以内に退職する新卒がほぼいない。離職率全体も低く、平均勤続年数が長い。有給取得率は68%程度だが、残業が少ない。
5位 安川電機 性別や学歴にかかわらず、3年以内に退職する新卒がほぼいない。平均勤続年数は18.6年と長い。福利厚生が充実しており、残業も少ない。

優良企業の求人の探し方と転職方法

優良企業を見分ける基準

優良企業の定義は求職者それぞれの価値観などによっても違ってきますが、「経営の安定性」はすべての求職者に必要な条件になります。

したがって、優良企業かどうかを見分ける上で、全員がチェックすべき点は、「倒産の心配がないかどうか」です。企業の安定性を見るには、以下の点をチェックしてみましょう。

・①営業利益率が高く、黒字経営が続いている
・②新規参入が少ない
・③製品・サービスのシェアが高い
・④会社の設立から長い

これらの条件を満たしている企業なら、倒産やリストラなどの心配は少ないです。このうち、①と②の条件は特に重要です。

情報ツールを駆使する

優良企業を探すための情報ツールには、会社四季報や、帝国データバンク発行の東京商工リサーチなどがあります。

これらの情報ツールでは、大企業から零細企業まで、さまざまな企業の信用情報や、経営・財務データを見ることができます。企業も取引予定先の経営状態を調べるのに利用しているので、信憑性の高い情報が得られます。

その他に、ビジネス雑誌で取材されている企業も、優良企業の可能性が高いです。ビジネス雑誌で紹介される企業は、成長中の企業や、業績がよい企業などの場合が多いからです。

ただし、こうした情報ツールを活用しても、働きやすさや待遇といった、実際の内部事情までは分からないので、その点は注意が必要です。

もっと簡単に優良企業を探し、転職する方法はある?

四季報などで調べるよりも、もっと簡単に優良企業を探す方法もあります。それは、転職エージェントで非公開求人を紹介してもらう方法です。

転職エージェントなら、自分の経歴で内定可能な優良企業の求人をコンサルタントが提案してくれるので、自分で調査する手間が省けます。

ハローワークなどとは違って、実際の勤務条件や待遇、職場の雰囲気なども詳しく教えてもらえるので、ブラック求人に騙される心配もありません。

優良企業の求人が多い転職エージェント

転職エージェントにもさまざまな特性のエージェントがあります。優良企業に転職したいなら、優良企業の求人が豊富な転職エージェントを利用するのがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数最多の転職エージェントで、良質な求人が多いです。非公開求人も約12万件あります。業種・職種が幅広く、地方求人・海外求人も豊富です。大企業の求人が中心ですが、中小やベンチャーの求人も多いです。

取引企業数が多く、数多くの企業について内部情報まで熟知しているので、優良企業を探すための情報ツールとしての価値も高いです。

コンサルタントの提案力も高いので、経験やスキルが活かせる求人をいろいろと提案してもらえます。書類添削や面接対策などのサポートも受けられ、転職に役立つ無料セミナーも充実しています。対応がスピーディーで、転職が決まるまでも早いです。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

優良企業に転職したいなら、安定性や待遇、勤務条件などをチェックし、「社員から見て優良な企業」を選ぶことが大切です。ユーザーや株主にとっての優良企業と、社員から見た優良企業では違ってくるので、その点に注意して吟味しましょう。

簡単・確実に優良企業を探したいなら、転職エージェントで非公開求人を紹介してもらう方法がおすすめです。転職エージェントなら、自分で探さなくても優良求人を紹介してもらえます。また、求人企業の経営状態だけでなく、詳しい内部事情まで教えてもらえるので安心です。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング