メイドカフェのバイトは、短い時間から勤務できるのが魅力です。ただ、このバイトの場合、具体的な仕事内容や待遇などについては少し不安を持っている方もいるかもしれませんね。今回は、メイドカフェの仕事に興味がある、という方のために、バイトの詳細情報をお伝えしていきます。働いている人の年齢層や採用されるコツなども取り上げますので、自分に合っているかどうかを判断しやすくなりますよ。

メイド喫茶バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

メイド服が可愛くて髪形やネイルも自由

メイド喫茶のバイトは、可愛いメイド服を着て働けることが最大の魅力といえます。一般的なメイド服の他に、最近は学生服や巫女装束のメイド喫茶もあります。制服はお店で用意してくれますが、髪形などその他の身だしなみについては基本的に自由です。

髪色が派手やネイルアート、ピアスも自由です。ただし、スキンヘッドや鼻ピアスなど、「可愛いメイド」のイメージからあまりに掛け離れた格好はNGとされることが多いです。また、お客もメイドが目当てでお店に来るので、ちやほやしてもらえて承認欲求が満たせます。

一般の飲食店と違って、メイドカフェは客層がある程度限定されます。したがって、他のレストランやカフェのように、ランチタイムや休日に多数の利用客が殺到する、といった状況は少なくなります。比較的落ち着いて仕事ができるところは、メイドカフェならではの楽なところと言えます。

お店によっては時給が高い

メイド喫茶の時給は1,000円前後が一般的ですが、お店によっては時給が1,400~1,500円ももらえるところもあります。

さらに、時給とは別にインセンティブがもらえるお店もあります。メイド喫茶のインセンティブは料理やドリンク、写真撮影の注文などに対して加算されるので、人気のあるメイドだと時給に換算して2,000円以上稼ぐ人もいます。

キャバクラほどではありませんが、お店さえ選べば稼げるバイトです。夜だけキャバクラになって時給も上がるというお店もあるので、両方の時間帯で掛け持ちしてもよいでしょう。

まかない付きのお店が多く、仕事の帰りや休日のバイトの際には自分で食事を用意する必要がなくなるので、経済的な面でも少なからずメリットが得られます。また、新メニューを試せる、などのプラスアルファのメリットもあります。交通費の支給やメイド服の無料貸し出しなど、福利厚生がしっかりしているお店も多いです。

https://twitter.com/hirookarina0311/status/1008732480679997440

メイド喫茶バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

セクハラやストーカー被害に遭うことも

メイド喫茶のバイトは可愛い格好で接客するので、お客にちやほやしてもらえる反面、中には度を超えてメイドに入れ込み過ぎてしまうお客や、モラルのないお客もいます。

お店に通い詰めるだけなら稼げるのでよいですが、ストーカーやセクハラといった犯罪に発展する可能性もあります。

問題行動が目に余るお客は出入り禁止という形でお店が対策してくれるのが一般的ですが、犯罪被害に遭わないよう、自分でも気をつける必要があります。

一般的に、オタクの男性は紳士でやさしい人が多いとされますが、メイド喫茶に来るお客が全員オタクとは限りませんし、オタクの中にも悪い人はいます。

メイド喫茶でバイトするなら、防犯には充分注意しましょう。


https://twitter.com/mkyuki23/status/45836057534672896

長時間のビラ配りで暑さ・寒さが辛い

メイド喫茶のバイトでは店内でおもてなしや調理をする他に、街頭でのビラ配りも行います。ビラ配りは長時間行いますが、宣伝のためにメイド服で外に立つため、夏の暑さと冬の寒さが辛いです。店内でも立ちっ放しですし、ダンスを踊ったりもするので、見た目の可愛さに反して意外に体力仕事でもあります。

夕方からのシフトを選んだときには、帰宅する時間が多少遅くなることは覚悟しておく必要があります。深夜から早朝のシフトもあり、選んだシフトによっては翌日の予定に支障が出ることも考えられます。送迎がないお店の場合は、タクシーを利用しなければならないケースもあるのがデメリットです。

さらに、メイド喫茶のメイドはアニメ声で仕事をする人が多いですが、専門的な訓練を受けていない人が無理なアニメ声でしゃべり続けると喉を傷めます。喉を傷めることで風邪を引きやすくなるなどの弊害も出てくるので、長く続けるつもりであれば、ボイストレーナーなどの専門家に相談した方がよいでしょう。

女社会だから派閥ができやすい

メイド喫茶は従業員のほとんどが女性で、ほぼ完全な女社会のため、派閥ができやすく人間関係がギスギスしているお店も多いです。

一つのお店の中でどうしても、人気のあるメイドと売れないメイドが出てきますが、同性同士ということもあって、嫉妬や足の引っ張り合い、マウンティングなどが起こりやすいのです。

そもそも、メイド喫茶で働く女性は自己顕示欲・承認欲求が強い人が多く、年齢的にも若くて未熟な人の集まりなので、優劣を競ってトゲトゲしやすいです。

対人スキルが高い人や精神的にタフな人でないと、長く続けるのは難しいでしょう。

勤務中はメイドになり切らなければいけない

メイド喫茶なのですから、勤務中はメイドになり切り、ご主人であるお客に愛想よく奉仕しなければなりません。ただでさえ、接客業は嫌なことがあっても顔に出さずにニコニコしていなければなりませんが、メイド喫茶の場合はキャラクターも作っているので、普通の接客よりも神経が疲れます

トークの業務が多いお店の場合は、勤務中も利用客と雑談をしなければなりません。人見知りをする人や話をするのが苦手な人などは、この手の業務を苦痛に感じることがあります。ガールズバー風のお店では、接客をする時間も長くなるため、話を盛り上げなければならない、とプレッシャーを感じる状況もでてきます。

メイド喫茶の接客業務を心から楽しめる人にはよいですが、そうでない人がやり続けるのはなかなか厳しいものがあるでしょう。中には、キャラ作りのためにブログを書かされるお店もあります。

身バレの可能性が0ではない

メイド喫茶でバイトしていることをオープンにしている人であれば問題ありませんが、オタクであることを隠しているなど、周りに内緒でこっそりバイトしたい人もいるでしょう。

ですが、メイド喫茶のバイトは、身バレの可能性が0ではありません。ビラ配りなどで制服のまま外に出ることもありますし、まさかと思うような知り合いがお店に来る可能性もないとは言い切れません。

髪形やメイクを普段と変えておけばパッと見には分からない可能性もありますが、絶対にバレたくない人は知り合いが来ないエリアのお店を選びましょう。

違法なお店もあるので注意が必要

メイド喫茶の中には、風俗店に近いようなお店や、暴力団と関わりのあるお店も存在します。

また、「写真撮影の注文が入ったらキャッシュバック」という話だったのに、実際はキャッシュバックが受けられないといったトラブルや、サービス残業が多いといった話もよく耳にします。

運営会社がクリーンでないお店や、契約違反・労働基準法違反が見受けられるお店は避けた方がよいでしょう。また、風俗店とメイド喫茶を同じオーナーが経営しているようなところも、避けた方が安心です。

悪質なところになると、「メイド喫茶という話でスカウトされたのに、連れて行かれたお店は風俗店だった」というケースもあります。

飼い殺しされるお店もある

もう一つ注意したいのが、「飼い殺し」が行われているお店です。メイド喫茶同士には紳士協定が結ばれていて、他のメイド喫茶に在籍している女の子は雇わない決まりになっています。

ですが、他のメイド喫茶に移りたくても、退職させてくれないお店があります。これを俗に「飼い殺し」といいます。

勤務実態がないまま在籍させてもお店には何のメリットもないので、これは完全に嫌がらせでしかありません。さらにタチが悪いお店になると、辞めないように脅迫してくるところもあります。

特に稼げるメイドの場合は、飼い殺しにされてメイド以外のバイトしかできなくなると、収入が下がって生活に困窮することもあり、深刻な問題です。

バイト探しに役立つサイトBest3


ショットワークス

短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

マッハバイト

バイトに採用が決まったらお祝い金がもらえるバイト情報サイト。最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

バイトル

求人情報は140万件以上!求人数が豊富なバイト情報サイト。お店や職場の雰囲気をチェックできる動画や、勤務先の制服が見られる「制服写真」などビジュアル機能が充実しています。

メイドカフェのバイトの仕事内容

メイドカフェには、ソフトドリンクを中心に提供するカフェタイプのお店、お酒も出すガールズバー風のメイドカフェなど、さまざまなタイプがあり、任される仕事内容もお店によって多少変わります。一般的に、夕方から深夜にかけてのシフトは、ガールズバーのような接客が求められます。

メイドの衣装を身につけて接客

メイドやアニメのキャラクターの衣装を身につけて接客をする点は、メイドカフェならではの特徴です。大抵は、お店のコンセプトに合わせて制服が用意されており、勤務中はメイドをイメージしたスタイルで接客を行います。お店によっては、接客をする際のスタッフの言葉遣いにも一定のルールが設けられています。

フロアスタッフの業務がメイン

メイドカフェのバイトのメインになるのが、フロアスタッフの業務です。例えば、カフェ風のメイドカフェの場合は、コーヒーやパスタなどの軽食を出しています。こういったメニューのオーダーを取り、出来上がった料理を給仕するのが、スタッフの仕事です。お酒を提供しているお店では、カクテルやワイン、シャンパンなどを出すこともあります。

利用客とトークやゲームをする

メイドカフェは、概して接客をするスタッフと利用客とのトークを重視しています。軽い会話を交わしてその場を盛り上げるのも、スタッフの仕事の1つです。カウンター越しに接客をするお店の場合は、とくにトークの業務が多くなります。テーブル席が多いお店では、オーダーや給仕の際に軽く言葉を交わす程度で済むケースが多いです。また、お店によっては、利用客と簡単なゲームも行います。

メイドカフェのバイトの給料(平均時給・月収


メイドカフェのバイトの時給は、お店によって1,000円から2,000円ほどの差があります。お店のタイプや勤務する時間帯で給料の額が変わるのが、メイドカフェの仕事です。月収は、時給やシフトを入れる量によって大分変わってきますので、給料の額は個人の働き方で決まると考えておいたほうがよいでしょう。

平均的な時給は1,000円から3,000円

メイドカフェの平均時給は、1,000円から3,000円といったところです。トークの仕事が少ないなど、通常のカフェと仕事内容が同じお店の場合は、時給もレストランやカフェのバイトとほとんど変わらないことがあります。逆に、トークの業務が多いお店では、3,000円前後の時給になるケースが多いです。1日数時間から働けるお店も多いため、月収は勤務時間や勤務日数で前後します。フルタイムで働いた場合は、10万円前後が月収の平均です。

夕方からのシフトを選ぶと時給がアップしやすい

夕方から深夜のシフトは、時給を若干高く設定しているお店がほとんどです。より高い時給で働きたいときには、昼間よりも夕方以降の時間帯にシフトを入れるのが1つの方法です。同じお店でも時間帯で時給を変えている場合がありますので、各シフトの時給を確認しておきましょう。

メイドカフェのバイトの年齢層

メイドカフェでバイトをしている人の年齢は、お店の基準次第で多少変わります。いろいろなタイプのメイドカフェが見られるため、応募をするときにはそのお店の方針をチェックしておくと確かです。公式サイトなどで公開されているスタッフの写真を見れば、年齢層が大体分かります。

10代から20代の女性が中心

メイドカフェのバイトは、10代から20代前半の女性が圧倒的多数を占めます。18歳以上から応募できるお店も多く、10代の女性のバイト先としてもメイドカフェは人気です。お店によって、「高校生不可」、「29歳以下」などの条件を設けている場合があり、応募ができるかどうかはお店次第と言えます。

学生でも応募が可能なお店がある

「18歳からOK」というお店が多いため、年齢的には高校3年生でもメイドカフェに応募することは可能です。ただ、高校生の場合は、学校でバイトが禁止されていることがあります。このようなときには、やはりバイトをするのは難しくなります。お店の中には高校生を雇わないところも見られますので確認が必要です。メイドカフェは学生を歓迎しているケースが多く、専門学校生や大学生は応募できるお店の数も増えます。

メイドカフェのバイトに採用されるコツ

メイドカフェのバイトは、大体においてトークのスキルがある方が求められています。さらに、接客マナーがひととおり身についていれば、採用される確率も上がる可能性があります。利用客をもてなすことがメイドカフェの1つの目的ですので、トークや接客のスキルはどのお店でも重視されています。

人と話すのが好きな人には向いている

誰とでもフランクに話ができる人は、メイドカフェのバイトに向いています。お店にはさまざまな人が訪れますので、その都度相手に合わせて会話ができれば、仕事もスムーズに進む可能性が高いです。相手を楽しませるような会話が自然にできる人は、利用客からの評価も高くなります。

会話が苦手な人には不向き

通常のカフェやレストランよりも、メイドカフェは会話が重要になってきます。したがって、知らない人と会話をするのが苦手な人は、仕事でもストレスを感じることが多くなります。うまい具合に会話が弾まないなど、仕事の中でも問題を抱える可能性があることから、お店を選ぶ工夫が必要です。

飲食業界に特化した転職エージェント

飲食関係転職ならクックビズ | 業界No.1の転職支援サービス

クックビズ

クックビズは、民間のハローワーク(厚生労働大臣認可 紹介27-ユ-300801)として飲食業界、外食産業に特化した転職支援サービスを行っています。外食チェーン、和食、洋食・イタリアン・フレンチ、ホテル・ブライダル、製菓・製パンなど店舗勤務から、業態・メニュー開発・店舗開発まで飲食業界の求人は全国7,000件以上。求人企業が一般に公開していない非公開求人も提案してくれます。

飲食専門の転職コンサルタントが、あなたの希望や条件を伺い、該当する求人を厳選してご案内します。内情を知った上で選考へ進めるので、内定獲得率が飛躍的に高まります。毎月500名以上の転職活動を支えています。

クックビズ 公式サイト

フーズラボ

フーズラボ

月給35万円以上・週休2日など優良企業の非公開求人が豊富な飲食業界専門の転職エージェント。転職前にお店の実態について独自情報を入手することができます。登録すると専属のキャリアアドバイザーが希望する求人の紹介から面接対策条件交渉まで転職活動のサポートをしてくれます。

フーズラボ公式サイト

バイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークス公式サイト

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望する倍あとが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、バイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイト 公式サイト

  3. バイトル

    CMでも話題の、学生やフリーターなど若年層から人気を集めている求人サイトです。また、アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。
    エリアや職種の他にも、仕事の特徴や給与、雇用形態など、求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。
    ※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

    バイトル公式サイト

  4. バイトするならタウンワーク

    “バイトするならタウンワーク”CMでも有名なタウンワークの日本最大級WEB求人サイト、運営は業界NO1のリクルート。
    地域に密着したフリーペーパーからの情報は、地方の求人情報も豊富です。店舗名やオープニングバイトなどこだわりの検索機能などで自分に合ったアルバイトを簡単に探せます。言わずもがなの業界トップクラスのアルバイト求人情報サイトですね

    タウンワーク 公式サイト

  5. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shop公式サイト

  6. フリーターから正社員就職へ5日間カレッジ(JAIC)

    20代の既卒・第二新卒、フリーターを対象とした13年以上の歴史がある数少ない就職支援サービスです。
    書類選考免除されて未経験者を採用したい優良企業約20社と面接できるため、最短2週間で内定を得られます。
    ビジネス研修や面接対策、コミュニケーション能力を上げるためのプレゼンテーション研修など就職成功率81.1%の就活講座も実施、研修日数5日間のみっちり講座から集団面接会までワンストップで支援され、未経験の受け入れ前提とした企業約5000社以上から、より細かく求職者一人ひとりにマッチングしサービスを開始以降、総勢14,000名以上の正社員雇用を実現しています。徹底的に就活研修してもらって正社員になれる、まさに就職カレッジ、おすすめです。

    就職カレッジ(JAIC) 公式ページはこちら

まとめ

メイドカフェのバイトをするときに、まず考えておきたいのが適性です。メイドカフェのバイトは、少し独特のスキルが求められてきますので、自身のパーソナリティなどを考慮したうえで応募をしましょう。お店によって求められるスキルが多少変わることもあるため、募集要項やお店の紹介などをよく確認しておくことも大切です。