公認会計士の転職先

会計のプロである公認会計士は、会計に関する専門知識を有し、「監査法人」や「一般の企業」「会計事務所」で業務しています。その専門知識を生かして活躍する場所は、さほど多岐にわたるわけでは無く、会計の場に限られます。

監査法人

公認会計士の資格を取得すると、ほとんどの人が「会計監査」の経験を積むために、監査法人へ入ります。大企業が法的に健全な経営をしているかどうかをチェックするための「監査」を専門に行う特殊法人が監査法人で、その業務を独占的に担当できるのが公認会計士です。

まずは会計監査をやるために、監査法人に就職するのが基本です。大企業の監査は大規模な大手監査法人が担当しているので、できるだけ大手監査法人(いわゆる四大監査法人)に入ることを望む人が多いです。

一般の企業・事業会社

企業内部で、コスト削減や経営戦略、M&Aなどに関わる経営コンサル系の業務を担当し、企業のサポートをします。経理部門や財務部所にて、予算編成や調整などを専門に行うような場合もあり、自社の企業経営に直接的に関わることができます。

コンサルティングファーム

企業経営やコンサルティングを外部から、専門的にサポートしていく仕事です。キャリア・エージェントとして専門分野・専門的な業界知識や実績を持っている人も少なくありません。

個人の会計事務所

会計事務所に勤務して、中小企業の相談にのり財務書類を作成したり、税務やコンサルティングに関する業務を行います。基本的には中小の取引先企業が多く、地方では特に税理士と同様の業務範囲のケースが多いとされています。

個人の事務所では、税務関係から経営コンサルティングまで、さまざまな業務を一手に引き受ける必要があります。

公認会計士の資格取得して、将来的な独立を視野に入れている人もいますが、個人の会計事務所では多岐にわたった業務スキルが必要とされますので、資格取得後いきなり開業するのは厳しいです。

監査法人で監査の経験を積み、一般の企業・事業会社などで経営スキルを磨いてコンサルティングや税務のキャリアを重ねてから、独立するという形が一般的です。

公認会計士の転職では、このキャリアアップやステップアップ目的が多いのです。

公認会計士の転職理由としては

  • よりよい収入や労働条件を求める
  • 現状と異なる業務経験を積みたい、税務を経験したい、財務をやりたい、監査をやってみたい
  • 会社都合によるリストラ、倒産、契約終了など
  • その他(人間関係、結婚・出産など)

公認会計士の資格取得が、学生時代に取得して新卒で就職したパターンと、社会人経験があり仕事を続けていきながら資格を取得したパターンとでは、転職の背景なども異なります。監査法人から、監査業務以外の未経験分野への転職する場合などは、年収を下げてでも将来へのキャリアパスとして転職を決意するケースも少なくありません。

公認会計士におすすめの転職先は

一般的な、監査法人からの転職先としては

一般事業会社(経理系と経理以外) 60%以上
他の監査法人や個人の会計事務所 20%程度
独立や起業 10%
その他(結婚、自由業など)10%未満

監査法人から一般の企業へ転職する目的のほとんどは、待遇や収入ではなくステップアップのための税務経験を積むためです。

監査法人は監査に必要な財務諸表を作成する責任は無く、チェック(監査)はしても作成はしないために、企業の経理や財務部門で財務諸表を経験したいとして転職をする人も多いのです。

財務諸表の作成は数字を作ることで、企業経営にダイレクトに関わってきますので、やりがいや面白さを感じる公認会計士も多いです。

一般企業での公認会計士の採用も増加傾向で、経理や財務部門だけでなく、管理部門のマネージャー職や経営企画など、数多くのポジションで公認会計士の活躍の場も広がっています。M&Aなどの業務において、社内に専門家を置いておきたいとう企業ニーズもあり、公認会計士の資格保持者を優先採用する企業も増えてきました。

公認会計士のキャリアとして、キャリア・エージェントという選択肢もあります。大手監査法人で監査業務を3〜5年程度経験した30歳前後の公認会計士の将来的なキャリアの方向性としては、コンサルティングファームへの転職もおすすめです。

一般企業への転職は自社の経理や財務・経営企画などですが、コンサルティングファームはさまざまな企業への業務支援です。つまり、チームワークで会社を盛り上げていくか、外部からいろいろな企業のサポートをするかの違いです。

公認会計士の転職活動のポイント

公認会計士のキャリアは、監査法人から「コンサルティングファーム」「会計事務所」「一般企業(上場企業やベンチャー企業)」など、複数の選択肢が多様化しています。年収の水準も異なりますし、独立の有無や業務の方向性も異なりますので、公認会計士として将来的な目的をもって転職先を検討することがポイントです。

出産や子育てを機に離職する女性の公認会計士も、少なくありません。女性比率の高い会計事務所も増えてきましたし、定時退社が可能なワーキングマザーの公認会計士にピッタリの職場も増えつつあります。

転職エージェントにしっかり希望を示し、将来のキャリアパスを相談してみてはいかがでしょうか。

会計士専門の転職エージェント「マイナビ会計士」ってどんなサイト?


公認会計士、公認会計士試験合格者、USCPA専門の転職エージェント

「公認会計士」への転職を検討している人におすすめしたい転職エージェントがマイナビ会計士です。転職サイトの「マイナビ」が運営していて、ご存じの人も多いはずです。

公認会計士は国家資格で、年に1度の国家試験に合格しないと名乗ることはできません。医師と弁護士と並ぶ「三大国家試験」の一つで毎回合格率は10%以下、1発で合格するのはほぼ無理と言われている最難関の資格です。

資格を持つ人の転職ならスムーズに進めることができますが、資格を持たない人が現在の仕事をしながら勉強していくのは大変なことで、合格できるまで何年とかかってしまうこともあります。

しかし資格を持たない人でも会計事務所や税理士法人に転職して業務をしながら資格取得を目指す方法もあり、自分にとって最適な方法を見つけるためにもこのような特化したサイトに相談する方法はおすすめで、会計士専任のキャリア・エージェントにサポートしてもらえるのは何よりも心強いはずです。

「マイナビ会計士」はどうやって利用するの?

マイナビ会計士は基本的に全てのサービスを無料で利用でき、会員登録をしなくても公式サイト上の「公開求人情報の検索」や「転職成功事例の閲覧」をすることができます。しかしパソコンやスマホの専用サイトから会員登録をすれば会計士専任のキャリア・エージェントによるサポートを受けることができます。

マイナビの転職エージェントにしてもらえること

○1対1の個別ヒアリング(電話も可能です)一緒にキャリアプランを考えます
○非公開求人の紹介と転職に必要な書類の書き方サポート
○各企業ごとに最適な面接方法のアドバイス、面接後のフォロー
○応募する企業へ手続きと面接のスケジュール調整、入社日や給料などの交渉
○入社後の長期的なサポート

どんな職種でも基本的には転職活動は在職中にすることが好ましく、キャリア・エージェントと面談をしたくても忙しくて時間が取れないこともありますよね。そんな時は電話やメールでもサポートはしてもらえるので安心です。

しかしながらキャリア・エージェントは今後長くサポートしてもらう人であり、やはり最初の一度だけでもできれば顔を合わせておくことが好ましいですね。(東京都中央区にオフィスがあります。)

公認会計士・試験合格者・USCPA向け 年収診断

8つの質問に答えるだけで現在の適正適正年収が分かります。
適正年収から、マイナビ会計士からおすすめの求人が表示されます。

マイナビの転職相談会

異業種への転職相談、キャリアチェンジ個別相談会、地方転職相談会、年収アップ転職相談、各種セミナー情報など多種多様な相談会を開催しています。

開催場所

株式会社マイナビ 紹介事業本部
〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー10F東京メトロ銀座線「京橋駅」2番出口直結
都営地下鉄浅草線「宝町駅」A4出口より 徒歩3分
JR「東京駅」八重洲南口より 徒歩5分

月曜日から土曜日まで様々なセミナー相談会が開催されています。参加無料ですので、興味があれば参加してみてください。

「マイナビ会計士」の強みは?

マイナビ会計士は他にはない「強み」があります。

非公開求人数が多い

マイナビ会計士では非公開求人の数が全体の8割を占めます。企業が求人を非公開にする理由はいくつもありますが「応募の殺到を避ける(選考にかかる時間を省く)ため」、また「新規事業立ち上げのための求人を同業他社に知られたくないため」。

そして最も重要なポイントが「即戦力になる人がいれば、もしくは意欲の高い人がいればいつでも会いたい」という希望から非公開にしている企業が多いです。実際に非公開求人を紹介してもらって転職成功に至ったケースがいくつもあるので、ぜひ会員登録をして利用したいです。

自分では探しにくい職種を紹介してもらえる

公開、非公開を含めた数多くの求人のうち、会計事務所や税理士法人はもちろんのこと、監査法人やコンサルティングファーム、そしてUSCPA(米国公認会計士)の転職も取り揃えています。特に外資系やIT系、医療系などのコンサルティングファームに転職を希望する人にとっては自分で求人を探すのは難しいはず。それでもマイナビ会計士であれば希望を叶らえれるかもしれません。

「マイナビ会計士」を実際に利用した人の口コミは?

マイナビエージェントは丁寧なサポートに定評があります。

○これまで監査法人で働いてきた経験を生かして転職をしたいと思いマイナビ会計士に登録しました。転職活動には少し時間がかかってしまいましたが、希望通りの企業を見つけてもらうことができて利用してよかったです。(女性)

○将来的には独立を見据え、実務経験を生かせる転職をしたくて登録しました。年収は少し下がってしまいましたが、それでも税理士法人からの内定をいただけてよかったです。(男性)

○会計士試験に合格した年の就職が厳しい時代、やっとみつけた小規模監査法人で経験を積んできましたが、やはり夢であった大手に転職したいという気持ちから登録。30代中盤であったのが気になりましたが、それでもこの熱意をくみとっていただき内定をもらえてうれしかったです。(男性)

マイナビ会計士の公式サイトにも成功事例がいくつかありますので、気になる人はチェックしてみてください。

会計士の転職は「マイナビ会計士」に登録をおすすめ

マイナビ会計士自体の歴史は浅いながらも、マイナビは40年以上の歴史から転職に関する多くのノウハウを蓄積しています。

日本全国の大手企業の会計部門などともつながりがあることから非公開求人の数は業界最大級とも言われていること、そしてキャリア・エージェントによる手厚いサポートが人気で「一人に対して多くの時間をかけて相談にのってくれるのがありがたい」という口コミもいくつかみかけます。

マイナビ会計士のように会計士の転職に特化した転職エージェントや転職サイトの数は少ないですが、会計士や税理士の転職に関係する転職サイトや転職エージェントを様々な面で評価したあるインターネットのサイトでも人気No.1を獲得しています。

マイナビ会計士ではやはり都心部での求人情報が多くなってしまい、それ以外の地域では求人が少ない可能性もありますので、リクルートエージェントなど大手エージェントサイトも合わせて登録することをおすすめします。

マイナビ会計士

マイナビ会計士

大手転職エージェントのマイナビが運営している会計士に特化したエージェントです。信頼と実績を兼ね備えたエージェントで、非公開求人数は会計業界に特化したエージェントの中でも最大です。

キャリアアドバイザーが親身に丁寧に相談に乗ってくれるため、各悩みに応じた転職サポートに定評があり、初めての転職でも安心です。

マイナビ会計士へ無料登録