正社員で働いていても、給料は一向に増えない会社が多い中、副業のアルバイトを考えている方は多くいます。そこでアルバイトの中で最も多い「飲食店」の中から、焼肉店のアルバイトについて解説していきます。飲食店のアルバイトは数多くありますが、他の飲食店に比べ焼肉店は少し特殊です。時給や仕事内容など気になるポイントを中心に進めていきます。

焼肉屋バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

まかないで焼肉が食べられる

焼肉屋でバイトする最大のメリットは、まかないで焼肉が食べられることでしょう。まかないが目当てで、焼肉屋のバイトを始める人も少なくありません。店舗によって好きなお肉を食べられる店、定食風な食事を出してくれる店と色々ありますが、賄いが無料の店と有料の店があるので気をつけるポイントです。

https://twitter.com/precure_peace_m/status/895156781042860032
https://twitter.com/23Miley_rose/status/1067286006750109696
https://twitter.com/_kinariiiii/status/1071034294485712896

コミュニケーション能力が身につく

ホールスタッフであれば、接客を通してコミュニケーション能力が身につきます。焼肉屋は客層が広く、若いカップルから家族連れまでさまざまなお客が来るので、幅広いタイプの人に対応するスキルを習得できる可能性があります。

店舗のある場所によっても客層が大きく変わり、繁華街では会社帰りのサラリーマンやOLと言った居酒屋の客層と同じになりますが、郊外店や住宅地に近い店舗ではファミリー層が増えます。都市部になるほど忙しく、それに比例して時給は高めになります。営業時間も深夜まで営業している店が多くなります。

一般的に焼肉店の繁忙期はやはり金・土・日になり、平日に比べると何倍もの仕事量になります。しかし、曜日による忙しさは地域性に関連するので、繁華街やオフィス街であれば平日も忙しくなり逆に次の日が平日の日曜日は少なくなる場合もあります

22時以降の時間帯は時給が増えるのが魅力ですが、忙しさで言えば、焼肉店はあまり忙しくない場合が多いです。ピークは19時から21時までとなり、21時を過ぎるとまず団体客が減ります。オーダーの仕方もピーク時に比べると緩やかになります。

キッチンなら接客なし

焼肉屋のバイトといっても、ホールには出ないキッチンだけの求人もあります。キッチンだけのバイトであれば、接客がないので苦手な人も安心です。自分の担当作業を黙々とこなす仕事なので、1人でコツコツやる方が好きな人に向いています。

焼肉店は他の飲食店に比べ配膳に重いものが増えます。炭火焼きの店は炭の入れ替えがあり、料理を運ぶより労力がかかります。また、飲料は生ビールがメインになるのでカフェなどに比べ、配膳に力が要るのが焼肉屋の特徴です。キッチンではそういったものを扱うことが多いので、力も必要になってきます。

https://twitter.com/chalmesian/status/958025947797585920

肉に詳しくなれる

焼肉屋で働いていると、肉に詳しくなれます。部位名や部位ごとの肉質の違いなどが覚えられます。キッチンに入る人であれば、肉の捌き方なども覚えられるでしょう。将来飲食業界を目指している人や、調理師志望の人などにもおすすめです。

焼肉屋のキッチンは、調理といっても難しい作業はなく、盛り付けをするなどの簡単な作業だけです。求人も「調理補助」となっていることが多いです。他の飲食店に比べてメニューのバリエーションも少ないので、逆に料理に自信がなくてもすぐに覚えられるでしょう。


https://twitter.com/333mmm_0707/status/915553368172400642
https://twitter.com/kosuke_sgi/status/958638123625299968

明るくさっぱりした人が多い

お店によって例外もありますが、焼肉屋のスタッフは、明るくさっぱりした性格の人が集まる傾向があります。そのため、職場の人間関係が良好なお店が多いです。

若いアルバイトが多いこともあって、お店によってはプライベートでもバイト同士で遊ぶこともあります。また、男女比は半々くらいが一般的なため、出会いが得られる人もいます。

焼肉屋バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は

肉の部位を覚えるのが難しい

焼肉屋で働いていると、「柔らかいのはどっちの部位?」、「この肉はどこの部分?」などお客に肉について質問されることがあります。

そのため、調理をしないホール担当であっても、肉の部位名と部位ごとの特徴を覚えておかなければなりません

また、お客に肉を運ぶときも、見た目で肉の種類を判別できないと、運ぶ肉を間違えてしまいます。人によっては、これが難しくてバイトを続けられなくなる人もいます。焼肉が好きで自分でもお店に食べに行くような人であれば、それほど難しくないですが、焼肉に興味がない人だとまったく頭に入らなくて辛い可能性があります。

https://twitter.com/gekidol_shit/status/1024710222294601728
https://twitter.com/TheGivingTree33/status/1022988261839360000

洗い物が大変で臭いがつく

焼肉屋は脂汚れが付着したお皿が多いので、飲食店の中でも特に洗い物が大変です。頑固な脂汚れを熱湯と強力洗剤で落としていきます。

手荒れしやすい人や、熱いものに触るのが苦手な人は、食洗機を導入しているお店なら手で洗うのは下洗いまでで済みます。なお、焼肉屋のバイトは最初のうちは、物の位置を覚えるために皿洗いからさせられることが多いです。店内も油っぽくなりやすいため、店の清掃も他の飲食店より大変です。

ずっと焼肉を焼いているところにいるので、髪や服に臭いもつきます。炭火を使っているお店だと、炭の臭いもつきます。


https://twitter.com/p_chan_g/status/952779426600665088

火傷しやすく意外に危険

汚れた焼き網を交換するときに火傷しやすいので、忙しくても慌てず、注意深く作業を行う必要があります。自分はもちろんですが、お客に火傷させても大変です。

七輪を使っているお店の場合は、「炭場」と呼ばれる炉から、焚けた炭を七輪に組んで客席に運びますが、こちらも熱いので火傷しやすいです。七輪本体だけでなく、炭を挟む火バサミや火の粉で火傷する人もいます。

石焼ビビンバなどが盛られた鉄製の器も、うっかり素手で触ると危険です。焼肉屋でバイト経験がある人のほとんどが、バイト中に火傷経験ありといって差し支えないほど、火傷は頻繁に起こります。

https://twitter.com/bluen_m_s/status/1055391477331677185


https://twitter.com/bluen_m_s/status/979030722739560449

忙しい時間帯は地獄だが時給は安い

混む時間帯は地獄のように忙しいです。ランチタイムもそうですが、夜はメニューが増えるお店が多く、お酒もよく出るため、とても忙しくなります。レストランやカフェに比べると来客数は多く、一人あたりのオーダー数も多くなります。生ビールやチューハイなどドリンクもアルバイトが担当する事が多く、暇な時間帯はあまりないので、ゆっくり働きたい人には不向きな職場です。

場合によっては、絡む酔っぱらいの相手をしなければいけないこともあるでしょう。

特に忙しくなるのが週末です。親子連れも増えるので、走り回る子供にぶつかって料理をこぼしたり、火傷させないようにといったことにまで気を配らなくてはなりません。食べ放題のお店の場合は、通常の焼肉屋よりも忙しくなります。

ですが、焼肉屋は時給が安いお店も多いため、割に合わないと感じる人もいるようです。東京都のアルバイトの平均時給は1,134円ですが、焼肉屋に限定すると、平均時給は1,091円です。

https://twitter.com/mikoto_1syumi/status/1063312753140498432
https://twitter.com/takkuuman/status/1071409363888132096
https://twitter.com/AkiakiYuk/status/864876456517574656

大人しい人だと雰囲気になじみにくい

焼肉屋のアルバイトは元気で社交的な人が多いため、大人しい人だと人の輪に入りにくく感じる人もいます。

特に調理の業務は、それぞれ担当する作業が割り振られるので、1人で黙々と自分の作業を行うことになります。忙しくて仕事中は会話もほとんどないため、休憩時間に打ち解けられないと難しいものがあります。


https://twitter.com/mimi2mi2/status/889770640491794432

まかないの焼肉で太る

体質などにもよりますが、焼肉屋のバイトはまかないで太ります。まかないが焼肉でないお店の場合も、肉料理などカロリーが高い料理を出してくれるお店が多いため、どうしても太りやすい環境になります。

焼肉屋で長くバイトするのであれば、普段の食事を調整したり、運動量を増やすなど、カロリーオーバーにならないよう工夫した方がよいでしょう。


https://twitter.com/KHM_53/status/1017313251707650048

バイト探しに役立つサイトBest5


ショットワークス
短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

バイトル バイト探しちゅー
アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

ギガバイト
最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数!!。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、1日のみの単発仕事からスキマ時間で稼げるアンケート系お仕事も多数紹介しています。

キャリアバイト
アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。インターンでも労働者扱いですので、通常のアルバイト時給で実践的な職務経験を積むことができます。大手の内定を勝ち取れるかも!?

焼肉屋のバイトの仕事内容

メインは配膳

焼肉店のアルバイトが担当する仕事内容は、お客様の接客、配膳が主な業務になります。オーダーを受け、厨房に伝達し、料理や飲物を運ぶという流れです。

仕事に慣れてくると、会計(キャッシャー)や電話応対なども担当する事があります。店舗によっては厨房に入って調理補助の仕事を任される場合もあります。

店舗によって仕事は多岐にわたる

焼肉店は店舗によって仕事内容の幅がかなり変わります。大型店の場合は配膳は配膳だけ、会計は会計だけと完全に分担されて効率を図る傾向にあります。小規模なお店、または個人店の場合は電話対応や厨房の仕事など多岐にわたって任されるケースが多くあります。

チェーン店の焼肉屋はかなり業務が決まっており、個人店は臨機応変に様々な仕事を求められる傾向にあります。一見チェーン店のほうが働きやすそうですが、個人店は職場に馴染みやすいというメリットもあります。時給もチェーン店は決まった金額になりますが、個人店は経営者次第で時給アップもあります。

焼肉屋のバイトの給料(平均時給・月収)

平均時給はいくらか

地域により価格差があり、都市部では1200円前後、地方では900円前後が相場です。業務形態によっても価格は変わり、高級焼肉店であれば時給1500円を超える店も多くあります。

月収はいくらか

焼肉屋のアルバイトでは、募集している時間は夕方から夜にかけてが最も多くあります。一日平均5時間で20日勤務すれば10万円前後になります。深夜まで営業している店であれば、22時以降は時給が割増になるのでこれより高くなります。

時給を上げるには

時給を上げるには、経験を重ねて任される仕事が増えると時給アップの可能性があります。ただし飲食店全般に言えることですが、求人に「昇給あり」と書かれていても実態は違う場合もあるので面接時に確認しておく必要があります。「何ヶ月以上で何円アップ」や「調理補助まで担当すると何円アップ」といった事が明確に提示されている場合は確実に上がります

焼肉屋のバイトの年齢層

何歳くらいのどんな人が働いてるか?

アルバイト全般に言えることですが、近年は子供の数が少なく、それに従ってアルバイトの主力である大学生やフリーターの数も激減しています。コンビニの店員に中高年の方が増えたように、飲食店でアルバイトをする人の年齢も若い層からシニア層まで幅広くなりました。

20代が一番多くいますが、近年30代40代も増えています。居酒屋と焼肉店は夜の営業がメインとなるので主婦層はおらず、20代の学生やフリーター、30代で副業をする会社員などが多い傾向にあります。

年齢制限はあるのか

求人の条件として年齢制限を授けている店舗はほぼ無く、人手不足もあり年齢による制限は見当たりません。しかし、実態としては立ち仕事で体力も必要なので、50代になると採用されるのが難しくなります。

焼肉店以外にも、飲食店全般の傾向ですが求人欄には「年齢・性別不問」と書かれていても、店側としては狙っている人物像がハッキリしている場合もあります。

「男性ばかりなので、今度は女性を入れよう」と思っていたり、「学生ばかりだと任せられないので、少し上の年齢が欲しい」など、具体的な場合です。焼肉屋の募集枠はオープニング・スタッフでもない限り、一人や二人といった少ない枠である事がほとんどです。

応募してみて採用されなかったとしても、こちらの問題ではなく店側が欲しい対象が決まっている場合があるので気にする必要はありません。

焼肉屋のバイトに採用されるコツ

どんな人を求めているか

店舗の営業方針にもよりますが、多くの焼肉屋は「元気がある事」が第一条件です。飲食店の中で焼肉屋は「客の話し声」と「肉の焼ける音」が飛び交う賑やかな職場です。スタッフとしてはスピーディーに動ける人、声が大きい人が重宝されます。

向いている人

まず基本的に「焼肉が好きであること」が第一条件になります。接客の仕方や服装などは厳しくない店舗が多く、働く側としてはそれよりも毎日「焼肉の匂い」を嗅ぐことになります。好きでなければ続かないので焼肉が好きな方は基本的に向いています。

また飲食店や接客業の経験はそれほど重要視されないので、焼肉屋の求人には「未経験者歓迎」の文字が書かれている店舗が多くあります。

向いていない人

焼肉屋は土日・祝日が混み合うので、そのシフトが取りにくい人は向いていません。最初から「平日限定」で応募したのであれば問題ありませんが、週末や祝日の繁忙期に休むと他のスタッフに迷惑がかかります。逆に週末や祝日が出勤できれば、採用される可能性が格段に上がります。

飲食業界に特化した転職エージェント

フーズラボ

フーズラボ

月給35万円以上・週休2日など優良企業の非公開求人が豊富な飲食業界専門の転職エージェント。転職前にお店の実態について独自情報を入手することができます。登録すると専属のキャリアアドバイザーが希望する求人の紹介から面接対策条件交渉まで転職活動のサポートをしてくれます。【年間約5,000名以上】の実績があり、関東一都三県+関西支社(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)まで対応しています。

フーズラボへ無料登録

飲食関係転職ならクックビズ | 業界No.1の転職支援サービス

クックビズ

クックビズは、民間のハローワーク(厚生労働大臣認可 紹介27-ユ-300801)として飲食業界、外食産業に特化した転職支援サービスを行っています。外食チェーン、和食、洋食・イタリアン・フレンチ、ホテル・ブライダル、製菓・製パンなど店舗勤務から、業態・メニュー開発・店舗開発まで飲食業界の求人は全国7,000件以上。求人企業が一般に公開していない非公開求人も提案してくれます。

飲食専門の転職コンサルタントが、あなたの希望や条件を伺い、該当する求人を厳選してご案内します。内情を知った上で選考へ進めるので、内定獲得率が飛躍的に高まります。毎月500名以上の転職活動を支えています。

クックビズへ中止中

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークスへ無料登録

  2. バイトル バイト探しちゅ〜

    CMでも話題の、学生やフリーターなど若年層から人気を集めている求人サイトです。また、アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。
    エリアや職種の他にも、仕事の特徴や給与、雇用形態など、求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。
    ※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

    バイトルへ無料登録

  3. ギガバイト

    最速で最適なアルバイト探しは、ギガバイト。最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数掲載。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、詳しい条件検索や、1日のみの単発仕事や春/夏/冬休みなどで絞り込みもできます。アンケートモニターバイトなど、スマホでどこでもできる、スキマ時間で稼げるお仕事も多数紹介しています。

    ギガバイトへ無料登録

  4. キャリアバイト

    若者正社員チャレンジ

    単なるアルバイト情報サイトではなく、インターン情報サイトです。アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。職場体験的なプログラムとは違い、実践的なインターンで職務経験としてキャリアに繋がります。

    インターンでも労働者扱いですので、労働基準法、最低賃金法など各法規を遵守しています。大手企業からベンチャー企業まで多種多様な職種業種で累計2,500社以上です。大手の内定を勝ち取れるかも!?

    キャリアバイト 公式サイトへ

  5. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

焼肉屋のアルバイトは忙しい半面、他のアルバイトに比べ時給は高めです。賄いが出る事も大きな魅力で仕事に出れば一食分浮くというのは、大きなプラスです。焼肉屋は座席数もそれほど多くなく、抱えるスタッフ数も少人数の店舗が多くあります。土日祝日がメインのため、週末が休みの20代、30代会社員の副業としてもおすすめです。