年末年始にバイトをしようと思っても、何をしていいか分からない人もいるのではないでしょうか。年末は大掃除などで慌ただしく、年始は帰省でゆっくりしたい人もいるでしょう。
そんな年末年始はバイトの募集が増える時期でもあり、応募するのに狙い目です。これから、おすすめのバイトをご紹介しますので、年末年始のバイトを検討している方は参考にしてみてください。

年末年始バイトのメリット

時給が高いうえに特別手当も期待できる

年末年始のバイトはさまざまですが、全体的に給料が高くなることがメリットです。どの職場でも、年終わりや年初めとして、いつもとは異なる仕事が入ります。そこで、仕事内容が増えるため、時給が高くなるのです。
また、年末年始は多くの人が休みを希望する期間で、その時期のバイト代は手当が出されます。一般的に、年末年始の時給は約1000円~1300円が平均です。人手が足りないと特別手当を付ける場合もあります。

採用されやすい

年末年始のバイトは雇われやすく、応募してすぐに採用されやすいこともメリットです。短期バイトのため、詳しい履歴書がいらないところもあります。バイトの数も多く、最短1日や日払い制の仕事が多いです。さらに、年末年始ならではの巫女や郵便局のバイトは、この時期にしかできません。そのため、社会勉強だけではなく、貴重な体験ができるでしょう。

年末年始にしかできない!年末年始ならではのバイトを紹介

「巫女」

年末年始ならではのバイトとして、「巫女」があります。一般的には、大みそかから1月5日頃までのバイトです。
巫女装束と呼ばれる衣装を着て、おみくじや絵馬の販売・甘酒などの配布をします。巫女のバイトは、参拝客が多い9時~18時までの時間に交代制で行うことが多く、一般的な勤務時間は1人6時間程度です。大みそかから新年になるタイミングは多くの参拝客が来るため、夜勤をすることもあります。
神社によって異なりますが、時給は900円~1200円ぐらいで、夜勤のバイト代は約1万円です。

「神社やお寺のバイト」

神社やお寺のバイト」もおすすめです。一般的に、参拝客や宿坊客の案内と接客・販売などをします。特に参拝客への案内役として、「参拝はこちらです」「絵馬の販売はこちらです」などと説明することが多いでしょう。絵馬やおみくじ・お守りなどの販売もします。通常は室内で販売している神社やお寺でも、年末年始は屋外の特設スペースなどで販売することが多いです。
神社やお寺での販売は、基本的に現金でやり取りします。つまり、おつりなどを間違えることなく計算することが大切です。時給は900円~1200円ぐらいになります。

「年賀状の仕分けや配達」

年賀状の仕分けや配達」は、年末年始ならではのバイトです。通常は11月頃からバイトの募集が始まり、年賀状を投函できるようになった時から仕事が始まります。
まずは、仕分け作業をする郵便局に届いた年賀はがきを、郵便番号順に仕分けをしていくことからです。仕分けは、手作業と機械を使う場合があり、郵便局によって異なります。区分けされたら、居住者名簿を使用して世帯ごとに分けていくのです。年賀状がバラバラにならないため、世帯ごとに輪ゴムで留める仕事もあります。時給は980円~1200円で、時間帯や休日などで手当がつくでしょう。

年賀状を配達するバイトは1月1日から始まり、一般的には自転車やスクーターに乗って、決められた地域に配ります。配った部数で換算する歩合制ではなく時給制になっていて、時給は900円前後です。配達のみのバイトは午前中で終わりますが、その後仕分けバイトもできます。
大みそかから1月5日までは、投函される年賀状が多いため、残業でバイト代を増やす人もいます。未経験の人や高校生でのバイトも可能です。

「おもちやおせちの製造」

おもちやおせちの製造」も、年末年始に多い仕事です。コンビニやスーパーで大量に販売するものを、工場内で担当制になって作成します。製造だけでなく箱詰めもあり、募集人数も多いです。勤務期間は3日程度で、1日当たり5時間~8時間ほど働きます。
調理経験がなくても担当制の流れ作業になるので、初心者でも応募可能です。食品を扱っているため、確認などの会話以外は話をせずに働けます。

「お歳暮の仕分け」

お歳暮の仕分け」は、10月~12月にかけて多いバイトです。倉庫の在庫管理や注文されたお歳暮の梱包作業などをします。特にインターネットで注文されたお歳暮を倉庫から取り出し、のしを付ける作業や梱包・宛名ラベルをつける作業が多いです。
また、デパートやスーパーの特設会場に出向き、レジや梱包作業・伝票の整理をすることもあります。数日から数ヶ月のみのバイトですが、デパートの場合は接客研修を受けることが必要です。時給は1000円~1200円で、高めの傾向があります。1日に4時間~8時間、週に2回からの募集条件が多いです。

「年越しそばの販売」

年越しそばの販売」は、スーパーやコンビニ・特設会場などで販売します。12月後半からの仕事で、12月30日と31日は販売に力を入れる日でしょう。大みそかの日のみで働くことも可能です。
日給は即日支払いが多く、売った数の歩合制ではなく、時給制になります。平均時給額は1200円~1500円と高めです。

年末年始でガッツリ稼ぐ!どんなバイトがある?

「イベントの設営や警備スタッフ」

イベントの設営や警備スタッフ」のバイトは、年末年始に多くなります。年末年始は年越しライブやコンサートなどで補助員として働けるでしょう。また、大型商業施設の年末年始キャンペーンなどのサポートをする仕事もあります。
勤務期間はイベントの日のみ、もしくは3日~4日です。1日8時間程度働くことが多く、日給で1万円を超します

「リゾートバイト」

リゾートバイト」とは、各地のリゾート施設でのバイトです。年末年始の場合は、スキー場などのバイトが増えてきます。案内や販売・指導者など、さまざまな種類の仕事があります。
リゾートバイトの特徴は、時給が高いことです。時給は1500円前後で、日給は1万円以上になります。2週間から1ヶ月程度リゾート地に住みこみ、無料で寮に住めるのです。寮によっては、無料で食事をつけてくれるところもあります。リゾート地のバイトは時給が高いだけでなく、その期間の食費もかからないためバイト代が貯まりやすいです。一緒に働いている人達とも仲良くなり、楽しみながら働けます。

「引っ越しバイト」

引っ越しバイト」も、年末年始にできるバイトです。引っ越しのバイトは一年中募集していますが、人手が足りなくなる年末年始は採用されやすくなります
時給は1200円前後で、1日に数件の引っ越し作業を行う時は、日給1万円を超すこともあります。引っ越しを依頼した家に行き、梱包や搬送をします。バイトがトラックを運転することはなく、トラックの助手席に同乗することになります。

応募は計画的に!年末年始バイトの注意点

年末年始のバイトに応募する時は、募集時期を確認することが大切です。年末にする仕事でも、早めに募集して研修をするバイトでは、応募したい時には締め切っている場合もあります。
また、休みが取れないバイトの応募にも注意が必要です。仕事内容によって、この日は確実に出勤してもらいたいという日があり、その日に休みたくなっても休めないのです。さらに、バイト代の支払い日も確認しておきましょう。年末年始にバイトをしても、支払いが即日ではなく後日になることもあります。年末年始に大きな金額を使いたい場合は、即日支払いをしてくれるバイトにするといいでしょう。

年末年始のバイトには早めに応募しよう

年末年始のバイトは大量に募集されますが、比較的簡単な仕事内容が多いです。
募集期間が設定されていることもあるので、早めに確認するといいでしょう。バイトの内容を理解すれば、それぞれに合うバイトが見つかります。自分でもできるか迷っている場合は、挑戦してみるといいでしょう。