本が好きな方にとって魅力的なのが、図書館のバイトです。図書館は土日祝日も開いていることが多いため、平日勤務の方でもバイトができる可能性があります。

図書館のバイトの実情を知りたい、といった方のお悩みにこたえるのが今回の記事です。

働いている人の年齢層仕事内容などが分かる記事になっていますので、お悩み解決に役立ててみてください。

図書館バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

知らない本に出会える

図書館でバイトをするメリットの一つは、知らない本に出会える機会が増えることです。1日中本に触れる仕事なので、さまざまな本と出会えるでしょう。

また、図書館の職員は本好きな人が多いので、おすすめの本を教えてもらえることもあります。

静かな環境で働ける

利用者も職員も大きな声を出してはいけない場所なので、静かな環境で落ち着いて働けます。聴覚過敏などで騒がしい空間が苦手な人にも、他のバイトより働きやすいでしょう。

本屋とは違って売り上げを上げることは考えなくてよいので、その点も気が楽です。

https://twitter.com/capricorn0223/status/1024869047555379200

仕事の内容が簡単

バイトの仕事内容は、貸し出しや返却に来る利用者の受付をしたり、返却された本を書棚に戻したり、掃除をしたりといった単調な作業です。

難しい業務はなく、マルチタスク能力もそれほど必要ないので、複雑な作業が苦手な人でもすぐに覚えられるでしょう。

資格なしでも働ける

司書資格があれば選考に有利になりますが、必ずしも資格が必須でない求人もあります。図書館には受付や清掃など、資格がなくてもできる業務もたくさんあるからです。

ただし、応募条件にWordとExcelを使えることを求められる求人が多いので、最低限のPCスキルは必要です。

図書館バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

仕事の内容によっては時給が低い

図書館のバイトは、時給は普通レベルのところが多いです。しかし、大学図書館の学生アルバイトや、期間限定の本の整理のアルバイトは、通常よりも時給が安い傾向があります。

また、民間業者に委託している清掃だけのアルバイトもありますが、こちらは勤務時間が3時間程度しかないため、しっかり稼ぎたい人には微妙です。


https://twitter.com/kewi_mossball/status/1066915168951517184

肉体労働が多く、丁寧さが求められる

図書館のバイトというと頭脳労働のイメージが強いですが、意外に肉体労働が多いです。

図書館では受付業務の他に、書棚の清掃や本の清掃も行いますが、美術本などの大きくて重い本もあるので、思いのほか体力がいります。

図書館の規模によっては、歩く距離も長くなります。

ですが、女性にも務まる程度の作業内容で、極端な重労働ではありません。

また、コンビニなどと違い、スピードよりも丁寧さが重視されるので、体育会系の職場が苦手な人にはおすすめです。

一方、本の並べ方なども細かく決まっているので、几帳面な人には働きやすい環境ですが、大雑把な人だと適応しにくい可能性があります。


https://twitter.com/km_akari/status/1071570450759569408
https://twitter.com/chikau0112/status/1025295505159376896

本を扱うので職場が埃っぽい

図書館は、本や新聞といった紙類が大量に保管されています。紙類は埃を吸いやすく、古い本もあるので、図書館の中はどうしても埃っぽくなります。書棚や本を清掃する際も、埃が舞いやすいです。

アレルギーなどで埃に敏感な体質の人や、喉が弱い人には辛い職場環境といえます。裏方作業のときはマスクも使えるので、必要に応じて着用するとだいぶマシになります。

返却の催促の電話をかけるのが憂鬱

本の返却期限が切れていたり、返却された本が破損・汚損していたときは、借りた人に電話で連絡をしなければなりません。ときには、その場で直接注意しなければならないこともあるでしょう。

相手の落ち度を指摘しなければならないので、図書館の業務の中でも特に憂鬱な仕事です。ときには、しらを切られて埒が開かないといったこともあります。

バイト探しに役立つサイト厳選Best3

シェアフル
登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリです。大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで「1日単位で」「すぐに」「簡単に」働ける、平均時給1200円以上のバイトがたくさん。求人情報は東京中心に全国拡大中。

シゴト.inバイト
an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。職種・給与・エリアに加え、時間帯や一日・短期・日払い・憧れの職種などで検索できます。

マッハバイト
バイトに採用が決まったら必ずお祝い金がもらえるバイト情報サイト最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

図書館のバイトの仕事内容

図書館のバイトでは、いろいろな業務を担当する可能性があります。大きな図書館には、さまざまな部署が設けられていることが多いため、配属された部署によって仕事内容が異なるケースは少なくありません。

バイトのスタッフが行っている図書館の代表的な仕事について、ここでは取り上げてみましょう。

カウンターでの貸出、返却対応

図書館の代表的な業務になるのが、資料の貸出や返却された資料の処理です。

この手の業務は、カウンターの窓口で行うのが一般的です。来館者が持ってきた資料を受け取り、バーコードを専用端末で読み取って処理を行います。

貸出と返却のカウンターはそれぞれ独立している場合もありますが、小さな図書館では同じ場所で貸出と返却に対応します。延滞資料があるときには、その旨を告げて返却を促すこともあります。

返却された資料を棚に戻す

カウンターで返却処理をした資料を所定の棚に戻すのも、図書館のバイトの仕事です。資料には1点ずつ分類用のラベルが貼られていますので、ワゴンなどに資料をのせて元の場所に戻していきます。

新しい本にバーコードを貼る

多くの図書館では、資料をコンピューターのデータに登録して管理をしています。新しい資料が入ったときには、読み取り用のバーコードを添付して受け入れの処理を行います。

蔵書の整理

図書館には、蔵書整理期間が設けられていることが多いです。こういった期間には館内のすべての資料をチェックして、保管先の変更などを行います。

蔵書整理期間は一般的に図書館は休みになりますが、業務量が一気に増えるため、短期バイトのスタッフを雇う図書館も見られます。

図書館のバイトの給料(平均時給・月収)

図書館のバイトの給料は、勤務する図書館や図書館司書の資格があるかどうか、などによって多少前後します。

図書館には、自治体が運営する公立図書館や大学の図書館、企業の中に設けられた図書館などがあり、バイトのスタッフの給料にもやや幅が見られます。

平均的な時給は1,000円前後、平均月収は13万円前後

バイトのスタッフの平均的な時給は、1,000円前後です。英語の資料などを専門に扱う施設の中には、時給1,500円という好待遇をしているところも見られます。

1日7時間、週5日勤務をした場合、図書館のバイトの平均月収は13万円から14万円前後です。

ただ、待遇の良い図書館では、バイトのスタッフにも月収17万円から18万円の給料を支給しており、給料の額は実のところ勤務する図書館次第と言えます。

資格を取ると時給が上がることがある

図書館司書の資格を取っている場合は、時給が少し上がることがあります。資格手当などを設けている図書館も多く、時給をアップしてもらいたいときには、資格取得をするのが1つの方法です。

図書館司書の資格は、大学や短大の通信講座などを利用して取得ができますので、バイトをしながら目指すことも可能です。

図書館のバイトの年齢層

図書館では、女性のスタッフだけでなく男性のスタッフも多く働いています。重い資料を持ち運ぶ、など、思いのほか肉体労働が多いのが図書館の仕事の特徴です。大学生はもちろん、学校から許可が取れれば高校生でも働ける可能性はあります。

時期的なイベントなどでは、10代や20代の若いスタッフが働いているケースも少なくありません。

20代から50代まで幅広い年代が働ける職場

カウンターでの対応や資料の片付けなどは、いろいろな年齢のスタッフが担当をしています。

20代や30代の若いスタッフはもちろんですが、50代以上のスタッフもかなり見られるのが図書館の特徴です。年齢制限があるかどうかは、その図書館によって異なります。

フリーターや主婦からも人気の仕事

図書館のバイトは、フリーターや主婦からも人気がある仕事です。フルタイムの勤務であればある程度まとまった金額が稼げますので、1名の募集枠に数名の応募者が殺到する、などは日常茶飯事です。

長く続けられる仕事であるため欠員が少なく、応募する際の競争率は高くなる傾向があります。

資格は必ずしも必要ではない

多くの場合、図書館のバイトは図書館司書の資格がなくても応募することは可能です。募集要項に「資格が必須」というコメントがなければ、資格を持っていない方でも採用される可能性はあります。

実際、図書館のバイトをしている方の中にも、資格を持っていない方はたくさんいます。

図書館のバイトに採用されるコツ

図書館のバイトは概して競争率が激しくなるため、応募する際には採用されるためのコツをしっかりと把握しておきたいところです。どんな人が求められているかが掴めれば、履歴書にも相応しい内容を記載できます。

本が好きな人は有利になりやすい

バイトの選考ではスキルや経験などは余り問われませんが、その分志望動機が重要になってきます。普段からいろいろな本を読んでいる読書家の方は、本が好きなことをアピールすると採用される確率がアップする可能性があります。

図書館で働いている人の中には実のところ読書家が多いため、「本が好き」という志望動機は有利になりやすいです。

慎重に仕事ができる人が求められている

日本十進分類法と呼ばれるルールにしたがって分類されているのが、図書館の資料です。

仕事をするうえでも、このようなルールを守ることは大切になってきますので、ミスがないように慎重に仕事ができる人が求められています。

向いているのは、本に興味がある人や整理整頓が好きな人

本に興味がある人は、楽しみながら仕事ができることが多いです。新刊やベストセラーをいち早くチェックできるところは、図書館の仕事ならではの魅力です。

細かい分類作業が発生するため、整理整頓が好きな人にも向いています。

全く本に興味がない人や、静寂が苦手な人にとってはつらい仕事になることも

図書館では本を多く取り扱うため、全く本に興味のない人は仕事をこなすのがつらくなることが考えられます。図書館は一般的に静かな雰囲気であり、館内での仕事は静寂が苦手な人にも余り向いていません

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのアルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで、平均時給1,200円の色々な仕事を希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  3. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  4. リクルートがフリーターから正社員転職を支援する、就職Shop

    就職Shop

    リクナビやリクルートエージェントでお馴染みのリクルートキャリアが運営する、既卒や第二新卒、フリーターに特化した就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません。

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。
    業界・職種の中卒・高卒・未経験OK・書類選考なしでエントリーできる正社員求人もあり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやマナー講座、模擬面接大会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートを展開しているのも特徴的です。
    全国対応で、拠点は首都圏と関西圏になりますが、リモート対応も可能です。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

図書館のバイトは、人気がある一方で、募集が少ないという特徴があります。

図書館は都市部に集中しているため、求人も地方より都市のほうが多くなります。図書館のバイトを希望している場合は、こまめに情報をチェックしておくのがポイントです。

欠員がでたタイミングを逃さないように、コンスタントに求人情報を見ておきましょう。