営業としてのスキルやキャリアに自信があるなら、自分の新たな可能性を求めて外資系企業の営業にチャレンジしてみるのも一つの選択肢です。しかし、外資系企業の営業職への転職は自力でできるの?という疑問もあります。

こちらでは、外資系企業の営業職に転職する方法や、働きがいのある外資系企業のランキングなど、外資系企業の営業職に転職を考えている人に役立つ情報をまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

外資系企業の営業職を目指すときに気をつけること

気をつけること

日本企業にはない魅力が多い外資系企業

外資系企業は、純粋な成果主義で日本企業にはない魅力も多いですが、気をつけなければならない点もあります。まず、雇用環境が安定していないことは大前提としてあります。ノルマを達成できなれば減給や降格はあり得ますが、それ以上に職を追われる可能性もあります。厳しい競争を勝ち抜かなければ、自分の椅子を失うことになりかねません。

外資系企業の営業職は個人事業主

日本企業の営業はチームを組むことが多いのに比べて、外資系企業の営業職は、一人ひとりが個人事業主のようなイメージです。中途採用で転職しても、教育係がいるわけでもないので、自ら考えて行動し、仕事をするというスタンスが必要です。
フレックス制などを導入しスケジュール管理の自由度が高いのも特徴ですが、自分できちんと管理する能力も求められます。
また、契約や調整にかかる社内手続きが本国を経由しての決裁が必要になるため、仕事をすすめる上での決裁フローが複雑になりがちです。

労働環境・福利厚生は日本とは文化が異なる

厚生年金や健康保険といった福利厚生に関しては、外資系企業と日本企業とは全く異なるので要注意です。ユニークな福利厚生に力を入れている日本企業も増えている中、そういった期待は持たない方が良いです。
また、昇給や昇進も成果型、会社への帰属意識も高くないため、日本企業のように年功序列や終身雇用といった慣例はありません。「残業は仕事ができない人がすること」という考えがあり、ワークライフバランスを重視しています。

仕事に関して高い能力と結果が求められる厳しい世界

経験者が有利なことは言うまでもありませんが、外資系企業の中には日本市場の開拓にプライオリティをおいている企業も多く、その部分を任される営業職は成果を求められるため、厳しいノルマを課せられることもあります。
また、外資系企業で働くには最低でもTOEIC700点の語学力は必要で、中途採用の応募条件に入っているケースも多いです。

日系企業から外資系企業に転職しやすい業界とは?

ランキング

インセンティブの高い営業職

外資系企業の営業職の収入は、一般的にインセンティブに頼る部分が大きいのが特徴です。家族や知人、友人などあらゆるネットワークを使って顧客を広げたり、とにかく使えるものは使って売りまくることが求められます。うまくいけばがっちり稼ぐことができますが、成果を挙げなければ厳しい現実が待ち受けていることも覚悟しておかなければなりません。日系企業から外資系企業への転職を目指すなら、転職しやすいのは金融系の営業職です。

外資系保険会社の営業職

外資系の保険営業は歩合制の割合が大きく、基本給が低く抑えられているので、収入を上げるにはとにかく売りまくるしかありません。一人ひとりが個人事業主としての感覚を持って働く必要があります
一方で、水が合わなければ離職する人も多いので、通年で求人があり、営業としての腕に覚えがある人なら日系企業からでも転職はしやすい業界です。

外資系の金融リテール営業職

外資系の金融リテール営業職も日系企業から転職しやすい業界です。
いずれにしても、英語力はあるに越したことはありませんが、それよりもやはり「売る」能力が求められます。また、保険営業同様、高い専門性や能力が常に求められ、プロフェッショナルが集まる業界です。

働き甲斐のある外資系企業ランキング

実際に勤務経験のある人からの口コミなどで人気の高かった外資系企業ランキングTOP10をご紹介します。

①プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G)

日用品などを扱う、日本人にも馴染みのある企業。社内競争が厳しく上昇志向の強い人におすすめです。出産や育児などのライフイベントを持つ女性はもちろん、男性の育児参加にも理解があり、ワークライフバランスの整った環境です。完全実力主義で大企業らしいパワフルな企業文化が根付いています。

②株式会社セールスフォース・ドットコム

世界トップクラスのクラウドサービスを展開していて、まだまだ成長が見込める会社です。ベース+コミッションが月給となり、フルコミッション制の企業に比べると安定性はあります。徹底的に顧客の視点に立ったスタンスは、同業他社にはない優位性を持っています。

③グーグル株式会社

IT・Webサービスを展開する、言わずと知れた大企業です。個性の強い人材が集まる中、いかに社内協働していくかが重要になるため、高いコミュニケーション能力が求められます。個人の裁量権が大きく、自分の力を試せる環境があります。給与は、年俸とボーナスに加えて、株の支給もあり、どれも目標に対してどれくらい成果を挙げられたかによって決まります。

④マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社

絶対的なブランド力を持つコンサルタント企業です。外資系企業ですが日本支社のため、日本企業を相手とするプロジェクトが多く、長期出張はあっても海外の駐在勤務はあまりありません。実際に働いた人からは、新卒入社組と中途採用組との処遇差がある、という声も上がっているので、その点は予め覚悟しておく必要があります。

⑤株式会社ボストンコンサルティンググループ

外資系企業の中では比較的残業が多いですが、完全実力主義のコンサルタント会社です。契約社員としてスタートし、成果が上がれば正社員になれるという仕組みを取っています。海外でのプロジェクトも多いため、海外勤務のチャンスは比較的多い企業です。各業界のトップマネジメント層と関わる案件も多く、個人的なスキルアップにもつながりやすい環境です。

⑥マースジャパンリミテッド

少人数でチームを組んで業務に当たるスタイルで、個人への責任は大きい傾向があります。正社員よりも契約社員や派遣社員の方が多いですが、給与水準は高く、成果主義による評価制度も明確という声が多く聞かれます。会社の業績による決算ボーナスもあります。近年日本人社長になってからは、日本企業への理解も深まり、市場の現実に寄り添った事業展開がなされています。

⑦プルデンシャル生命保険株式会社

日本国内でも知名度の高い生命保険会社です。顧客のニーズをしっかり把握した商品提案力には定評があり、理想を求めて同業他社から転職する営業マンも多い企業です。フルコミッション制の給与体系で、完全成果主義が根付いています。3年目からはフレックスな働き方が選べるため様々なスタイルで働くことができますが、安定性があるわけではないので、同時に自己管理能力も求められます。

⑧ゴールドマン・サックス証券株式会社

年収レンジの高い証券会社の外資系ということで、若くして高収入を得ることもできる企業です。投資銀行としての歴史は古く、近年はリテール営業にも力を入れて事業拡大しています。世界各国のマーケットを相手にするため、昼夜問わず仕事や会議に追われることは覚悟しておく必要があります。社員の意識が総じて高く、自分のキャリア・スキルの底上げにも一役買ってくれます。

⑨GEジャパン株式会社

合併を繰り返した結果、様々な企業文化が入り交じった環境が特徴的な企業です。チームで協力して仕事をするよりも、社員同士で競争して成果を上げていくスタイルのため、向上心や自己顕示欲が強い人向きの企業文化といえます。給与評価に関しては、利益率を求められるため、いくら売上を上げても利益がなければ評価も低い、という結果になります。外資系企業の中では福利厚生が手厚いことで知られています。

⑩デュポン株式会社

日本市場にも身近な商品を扱っている企業です。言いたいことを言える風通しの良い環境で、社員同士がリスペクトし合える企業文化が根付いています。極端な個人主義に走らず、チームとして協力してプロジェクトを進めるスタイルなので、外資系企業の中では比較的日本的な文化を持ち合わせている傾向があります。

出典:http://www.vorkers.com/award/

働き甲斐のある理想の外資系企業営業職に転職するために必要なこととは?

必要なこと

外資系転職と日系企業への転職の違い

第一に、企業選びが重要です。外資系企業への転職は語学力があることが前提となります。応募書類も英文で、英文レジュメ、英語インタビューを求められることもあります。

外資系企業は日系企業とは違う点も事前に企業研究することが必要

外資系企業に転職する場合、働く場所だけでなく本社の国籍は重要です。グローバル展開している企業の場合、つい見落としがちですが、本社の国籍によっては思わぬ文化の違いを突きつけられるケースもあります。転職活動をする際は、本国の影響をどれだけ受けるかを入念に調べるべきです。
また、日系企業は組織を重んじる傾向がありますが、外資系企業が優先するのは「個人」です。外資系企業は経営に関してドライな部分も多く、倒産以外でも撤退する可能性があるので、売上高や利益などを見て継続的に利益を出しているかを調べておくことも重要です。

情報を得るためにも転職エージェントを活用

しかし、これらのことを自分一人で調べるのは大変な作業です。ましてや、転職となれば仕事をしながらで更に時間に追われることになります。
転職エージェントを利用すれば、企業の経営状況、営業職の細かい働き方など、企業の内情に精通したキャリアコンサルタントから話を聞くことができるので、一つ一つ自分で調べる時間をかけずに済みます。

外資系企業の営業職に転職、おすすめの転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系企業の営業職に転職を考えているなら、JACリクルートメントへの登録をおすすめします。ロンドン生まれ・日系転職エージェントということから、イギリスやアジアを中心にグローバル展開していて、年収レンジが高い外資系企業の求人には強みを持っています。東証一部上場企業が運営し、多角化する人材紹介業において、JACリクルートメントは、転職支援サービスに特化し、国内売上3位という実績を持っています。
JACリクルートメントは、ハイキャリアのミドル層をターゲットとし、量より質というスタンスで厳選した条件の良い求人を紹介してくれます。社内教育も行き届いており、少数精鋭の優秀なコンサルタントが在籍していることでも知られています。

JACリクルートメント公式サイト

まとめ

日本企業とは企業文化が異なる外資系企業への転職は、自力ではなかなか難しいものです。ましては、営業職は企業の最前線に立つ顔でもあるので、責任も結果も求められます。外資系企業の営業職への転職を考えるなら、キャリアコンサルタントの的確なアドバイスと、企業とのコネクションを活かせる転職エージェントの活用が必須です。
転職エージェントに登録して、外資系企業への営業職への転職を現実にしてみませんか。