営業にノルマはつきものです。でも、そのノルマが厳しいからと言う理由で営業が嫌になったり、転職を考えたりする人も多いのです。ノルマさえなければ営業の仕事を続けたいのに、と思っている人はノルマがない営業職に転職を考えてみるのも一つの方法です。また、他業種から営業職にチャレンジする人も、ノルマがない営業を希望する人が多いです。

ここではノルマが無いまたはノルマがゆるい営業職の見分け方と、ノルマなしの営業職への転職する際の注意点をまとめてみました。ノルマなしの営業を目指している人は、ぜひ、参考にしてみてください。

ノルマなしの営業職は本当にあるの?

ノルマがきつい営業職

営業と一言で言っても、その種類はたくさんあります。まず、未経験者の求人に多いのが新規開拓営業です。いわゆる「飛び込み」もこちらに含まれます。新しい顧客を開拓する仕事で、断られることが前提と考えて、打たれ強さも必要です。
また、売る商材によっても仕事内容が大きく異なります。製品として形のあるものは実物を見て交渉することができますが、有価証券のように形のないものは売り方が難しくなります。

一般的に、新規開拓、有形商材・個人相手の業界・職種の営業職はノルマがきついと言われていて、離職率が高いために出されている求人も多い、といった傾向があります。

ノルマが無い営業職

ルート営業

ルート営業とは、既に取引のある企業やメーカーなどの顧客を回る営業を指します。既存顧客に、商品やサービスのセールスを行う営業職で、顧客の現状やビジョンを的確に把握して、戦略的な営業活動を進めていきます。一昔前なら「御用聞き」という言葉もありましたが、現在は、プラスアルファとして新しいニーズを掘り起こすことも求められています。
仕事ですから「目標」はありますが、一般営業のような厳しいノルマを課されることは少ない職種です。「前年比」や「前期比」といった比較によって目標が設定される事が多いので、それが実質的なノルマという意味合いになることは否めません。また、ルート営業のほうがジリ貧だと、顧客層を広げることしかなくなり、新規開拓を余儀なくされることもあります。

深耕営業

すでに顧客となっている相手に対しての関係性を深めることを目的とした営業です。日々の進捗管理や売上管理、トラブル対応など多角的なアプローチが必要になります。関係性を良好に保つことはもちろん、新たなニーズを探ったり取引を増やしたり、取引拡大につなげることが求められます。
こちらも、いわゆる「ノルマ」というものはないケースが多いですが、あくまでも個人としてのノルマがない代わりにチームでのノルマはある、ということもあります。

「営業職 ノルマなし」という求人には注意が必要

求人誌や求人サイトなどに「営業職 ノルマなし」といったフレーズがあると、未経験でもとりあえずチャレンジできそう、と安心してしまいがちですが、鵜呑みにしてはいけません。
「ノルマなしの営業」という条件に惹かれて入社したものの、実際にはノルマがあった、という話は少なくありません。また、ノルマはないけれど基本給が相当低く抑えられていて、歩合の割合が大きいため、結局成績を上げなければ給料が安い、ということもよくある話です。

会社としてのノルマがないだけで、個人的なノルマはあって結局数字に追われている、というのでは転職する意味もありません。しかし、企業として存在する以上、目標もノルマも全くない、というのは資本主義に反します。自分が納得できるラインはどこなのか、落としどころが大切です。

ノルマなしの営業職に転職するには?失敗しない求人の見分け方

ノルマのゆるい営業職の見分けるポイント

営業は、その会社の商材を売る仕事なので、自分が好きになれる、売りたいと思える魅力的な商材があるかどうか、はとても重要なファクターです。同業他社の商材と比較しても競争力があるかどうかも見極める必要があります。

次に、規模の大きな会社だと、営業職は自分やチームの営業という仕事に集中できる環境が整っているケースが多いですが、中小企業ではそう簡単にはいきません。中小企業は社員数が限られるため、一人ひとりに掛かる負担が大きくなりがちです。大企業なら営業事務が担ってくれるような事務処理や電話応対などの雑務も、営業がすべて行わなければならないことも多いのが現実です。

「営業職 ノルマなし」求人票に書かれてるけど本当か

求人票に書かれてある「営業職 ノルマなし」という文言についつい目がいくけれど、本当のところどうなのか?ということを知りたいなら、応募する前に狙っている企業の内情を調べる必要があります。企業の内情を知るには、転職エージェントを利用するのが手っ取り早いです。エージェント経由で転職した人から情報を吸い上げているので、本当にノルマが無いかを確実に知ることができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントは数多くありますが、強い職種・業界などそれぞれ特徴があります。営業職は転職者も多く競争も激しいため、転職エージェントの力量が問われる職種でもあります。そんな営業職への転職を目指すなら、業界No.1の圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントにまずは登録しておくことをおすすめします。

リクルートエージェントでは、キャリアコンサルタントが業界ごとの専属チームを組んで、転職者のサポートに力を入れています。各業界のプロフェッショナル集団による的確なアドバイスによって、高い転職成功率を実現しています。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

営業職は通年で求人数が多い職種で、転職しやすい職種でもありますが、裏返せば離職率が高い職種でもあります。ノルマがない営業職を目指すなら、第一に求人の見極めが重要です。そして、ノルマがないからといって、自由にのんびり営業できるというわけではないことを理解しておくことも大切です。あくまでも、会社に利益を生み出すことが営業の条件なのです。その点を踏まえて、転職エージェントをうまく利用してください。ノルマのない営業職に転職したい、というなら、転職エージェントの活用は必須です。