「技術」を専門に活躍している技術職ですが、ずっと技術職のままでは収入面でもキャリアアップの面でも、多くを望むことは難しいでしょう。そこで挑戦したいのが、技術営業職への道です。技術営業職は、エンジニアとしての知識を活かしながら、営業のスキルを必要とする、会社にとって必要不可欠となる人材の一つです。

また、技術営業職を経験することで、その後のキャリアパスにも大きく関わってくる分岐点のような職種でもあります。そこで今回は、技術営業職へとスムーズに転職する方法や、技術営業職という仕事について調べてみました。

技術営業職の仕事内容とは?


技術が必要となるエンジニアの仕事は、専門的な知識を必要とするので、未経験からすぐに初められる仕事ではありません。色々な経験や知識、技術が必要となるエンジニアの仕事ですが、いつまでもエンジニアのままではなく、「いつかはキャリアアップを果たしたい!」 と考えている方も多いのではないでしょうか。

エンジニアよりもさらに高みを目指すのであれば、次に考えられる職種が「技術営業職」
です。一度は聞いたことがあるとは思う技術営業職という仕事ですが、技術と営業が合わさったようなイメージですが、どのような内容の仕事なのでしょうか。

エンジニアの知識を活かしながら、営業のスキルが必要になる仕事

技術営業職とは、実際にエンジニアとして培ってきた経験や知識を活かし、顧客へと「売り込み」 を行う大事な仕事です。

一般的な営業と何が違うの?と思うかもしれませんが、一般の営業職とは違い、「エンジニア」という看板を背負う形になりますので、ただ売り込む仕事というよりは、専門知識を持って、より詳細な売り込みができる人材という位置づけになります。

何の知識もなく、ただ紙面上での説明しか行えない一般の営業職とは違い、より技術的な知識が必要となる営業職になるので、エンジニアとして経験を積んできた方でしか務まらない仕事でもあります。

エンジニアとしての経験を存分に活かせる

たとえば、一つの商品に関しても、色々なキャッチフレーズや説明書きがあります。一般の営業職では、こうした情報を元に販売を行い、価格交渉などを行っていきますが、技術営業職となると、より詳細な商品の中身を熟知しているので、エンジニアならではの視点で顧客に提案できるのです。

そのため、安易に安売りして売り叩くのではなく、より商品の良さや中身を知ってもらうための説明ができるので、会社にとっては一般の営業職よりも重宝される人材と言えるでしょう。

技術営業職から可能なキャリアパスは?


エンジニアとしては、目指すべき一つの道となる技術営業職。エンジニアのままでいいという方もいらっしゃるかもしれませんが、いつまでもエンジニアのままでは、収入UPも狙えません。

技術営業職では、エンジニアとしての技術や知識、営業としてのスキルが必要とされますので大変な仕事ではありますが、その分やりがいも大きく収入UPも望めるでしょう。

また、技術営業職からのキャリアパスも、色々と広がっていきます。では、技術営業職からさらに高みを目指すとなると、どのようなキャリアパスが広がっていくのでしょうか。

企画部門へのキャリアパスも

エンジニアの仕事は、基本的には社内での仕事となりますが、技術営業職となると社外に出て実際に顧客の元へと赴き、会話を重ねて営業を行っていきます。技術営業職は「生の声」が聞ける仕事となるのです。

そのため、技術営業職のキャリアパスには、企画部門や製品企画部門といった道が開けてくることでしょう。技術営業職で蓄積した顧客からのフィードバックは、企画考案や製品の企画の際に活用できるからです。

エンジニアとしてのキャリアパス

技術営業職の経験を積むことで、今度は「生の声」を活かした開発を行えるようになります。これはエンジニアとして仕事をしているだけでは経験できないことです。実際に技術営業職で見聞きした意見は、あなた自身のスキルへと変わっていきます。

技術営業に適性や必要スキルは?


その後のキャリアパスにも大いに関係してくる技術営業職の仕事。エンジニアとしては目指すべきポジションでもある仕事ですが、単純にエンジニアとしての知識があればいいという仕事ではありません。

営業という仕事とは真逆に感じるエンジニアの仕事ですので、エンジニアの方が営業の仕事を覚えると言うのは、なかなか大変なものとなるでしょう。しかしその分、その後のスキルアップには欠かせないものとなります。では、実際に技術営業職に必要なスキルや適性は、どのようなものなのでしょうか。

営業職では商談するスキルが重要に

技術営業職では、すでに持っているエンジニアのスキルに加え、営業というスキルが必要になります。営業のスキルと言うのは、基本的には顧客と対話し、顧客の意見をくみ取るというスキルが必要になってきます。

また、価格交渉や提案といった商談スキルも必要となってきます。この商談スキルが、営業職では重要なものとなってきます。

交渉術は説得力で勝負できる

商談と一言で聞くと、エンジニアには向いていないと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、顧客からしてみれば、より詳しい人から説明を聞いて、納得した上で買いたいと感じるものではないでしょうか。

説得力のある技術営業職を目指すことができれば、おのずと交渉術というのも身につくもの。会話が難しいと考えるよりは、どのようにエンジニアとしての経験を活かすかがポイントとなってきそうです。

技術職から技術営業職への転職方法は?


単にエンジニアとして経験を積んだからと言って、簡単に技術営業職へと転職できるわけではありません。キャリアアップするためには、まずはアクションを起こすことが重要となります。ここからは、実際に転職する方法や押さえておくべきポイントについて解説していきます。

転職エージェントがおすすめ

エンジニアから技術営業職へ転職するには、まずは転職エージェントを利用してみるのも一つの方法となります。自力で転職先を探すのはおろか、エンジニア職では外に出る機会というのもそうありませんので、外とのパイプも作りにくかったりもします。

また、転職先がどのような会社かどうかも不安に感じるところ。こうした問題も、転職エージェントを利用することで解決します。あなたに合った会社を探すのにも、あなたのエンジニアとしてのスキルを高く評価してくれるのにも、大きく役立つことでしょう。

自分をしっかりと売り込めるかがカギ

エンジニアとしてのスキルは、実際のところは目には見えない部分ではあります。そのため、しっかりと自分を売り込む力がなければ、自力での技術営業へと転職するのも難しかったりといった問題もあります。

その点、転職エージェントであれば、しっかりとあなたのスキルを理解した上で転職を斡旋してもらえ、相手先の企業もあなたという人材を理解した上で、転職を成功させることが可能となるのです。

技術営業の志望動機・自己PRの書き方は?


技術営業職に転職する際には、転職先への志望動機や自己PRと言った部分は、必ず必要となるところです。しかし、ここでも転職エージェントを利用することが、大きな力となることでしょう。

前述の通り、自分の評価や自己PRなど、自分をしっかりと売り込める力があれば問題はありませんが、ここは無理せず転職エージェントに頼ることをおすすめします。

とはいえ、あなた自身の考え方や志望動機といった部分は、自らの言葉で伝える必要があります。では、技術営業職への転職を行う際の志望動機や自己PRは、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか。

大事なのは経験と気持ち

自分を売り込む際に大事になるのは、やはりこれまで培ってきたエンジニアとしてのスキルになります。どのくらいエンジニアとして経験してきたか、どのような案件に携わってきたか、どのようなスキルを持っているかなど、思いつく限りのことはPRしていきましょう。

また、技術営業職への志望動機は前向きな気持ちが重要となるのではないでしょうか。ただ単に「エンジニアと違うことがしたいから」 と言った考えでは、「この人はすぐにいなくなるのでは・・・」 と受け取られかねません。しっかりと相手先企業の製品や考え方をリサーチし、その製品を売りたいという強い気持ちを持つようにしましょう。

営業スキルはなくて当たり前

技術営業職では営業スキルも必要になってきます。とはいえ、技術営業職に最も必要となるスキルは、あなたがすでに持っている知識です。営業のスキルはこれから身につけるべきものですので、現時点で持っていなくても問題ありません。

それよりも、その知識をしっかりと相手に伝えられるか、素人にも伝わる説明ができるかなど、あなた自身の人柄や話し方が大事になるかもしれません。技術営業職への転職で大事になるのは、転職先への強い気持ちと、自分のスキルを活かしていきたいという気持ち、さらにコミュニケーション能力です。

技術営業に求められる英語力は?


近年では、英語が必要となる企業も徐々に増加傾向にあります。エンジニアとして働いているときにはそこまで必要でなかった英語力も、技術営業職では必要になる場合があります。また、転職時には英語力不問と言われていても、後々から英語が必要になる場合もあるようです。

では、実際に技術営業職では英語力が必要なのかどうか、必要であればどのくらいの英語力が必要なのかを考えてみましょう。

英語力はあった方がベター

英語力は必須というわけではありません。しかし、転職先で仕事をする上で英語力が必要ないとしても、転職先の取引先に英語が必要となる場合も少なからずあるでしょう。また、英語が必要となる環境も、近年では徐々に増加傾向にあります。

その後の自分も見据えてみましょう

あなたがキャリアパスとして技術営業職を選択しているのであれば、そのさらに先のキャリアパスには英語力が必要になる場合があります。エンジニアである今のうちから、基本的な英語力やエンジニアで頻繁に使われるような専門的な英語力を身につけておいたほうがベターと言えそうです。

技術営業職の求人の多い転職サイトは?


転職サイトにも色々なサイトが存在しますが、サイトによっては得意・不得意とする業種や職種もあります。また、技術営業職の求人は、エンジニアの求人と比較するとグッと量も減ってきます。

その中でも、技術営業職の転職や求人が多い転職サイトも存在します。

エンジニアと比較しても、狭き門である技術営業職

技術営業職の求人が多いサイトですが、記事執筆時点で一番多く掲載されていたのがリクナビNEXTの112件というのが、一番多い求人数でした。エンジニアになると500件を越えてくるサイトもある中、技術営業職の求人は圧倒的に少ないですね。

また、次いで多かったのが、転職サイトでも有名なdodaの61件。技術営業職の求人は少ないために、良いと思ったときに応募してみるのが良さそうです。

まとめ

エンジニアとして十分な知識、経験を積んできたあとは、自身のキャリアアップを目指すために、ぜひ技術営業職への転職を考えてみてはどうでしょうか。

今回ご紹介してきたような転職のポイントや方法、考え方といった部分を参考にして、もっとあなたが活躍できる場を探すため、まずは転職エージェントを利用して、チャンスがあったときにすぐにアクションを起こせるように用意しておきましょう。