毎日PCと向かい合いつづけ、残業漬けの過酷な労働環境から逃げ出したい。
システム開発職ならよく聞く話ですよね。
短納期で炎上中の現場から抜け出したい、将来の展望が見えない、低賃金で辛い・・・
もうSEを辞めたい。
IT業界・IT技術職から異業種へ転職したいと思っているSE職も、少なくありません。

30代SEの異業種転職って、どうなのでしょう?
20代とは異なるリスクも多々ありそうです。
そもそもSEからの異業種転職は、可能なのでしょうか?
30代SEの異業種転職についてのアドバイス、絶対やってはいけないことなど、情報をまとめました。

SEから異業種転職でやってはいけないこととは?

SE経験を捨てて転職するのは、やってはいけない

20代なら未経験の異業種にも転職は可能だか、高リスク

20代の若手人材であれば、まだSE経験を捨てての異業種への未経験転職もポテンシャル採用で可能です。ただし、まったくの未経験に転職するなら、新卒と同じ待遇であっても文句はいえませんよね。採用する企業側も、ポテンシャルだけで採用するわけですから、高いギャラは払ってくれません。収入には期待できないのが当然です。

新卒カードも失った未経験人材を中途採用してくれる会社って、どんな企業でしょうか?もしかすると人手不足やハードワークなど、新卒での採用が難しいタイプのハードな業界やブラック系企業の可能性が高いかもしれません。
若年層ならSEから異業種への転職は可能ですが、リスクは高いので覚悟が必要です。

30代で未経験の異業種への転職は、無謀です

30代でSE職のキャリアを捨てて、まったく未経験の異業種への転職は、ほぼ無理ですし無謀です。異業種への未経験転職は、年齢が上がるにつれて難しくなりますし、特に35歳以上の異業種への転職率はガクッと下がります。
未経験の30代を採用する企業とは、本当にハードでブラックな誰も応募しないような低待遇の過酷な業界や、離職率の高い企業の可能性が高いでしょう。
つまり人材を使い捨てるような業界や企業であり、過酷なSE職の現場から逃げようとして更にブラックな職場に陥るという最悪パターンです。

SE経験を捨てて転職すると、転落のブラックループ

一度SEとしてのキャリアを捨ててしまうと簡単には戻れませんし、ブラック企業に転職してしまうと、どんどん転落してしまいがちです。仕事人生は簡単にリセットすることはできません。年齢は確実に増えていきますし、スキルはどんどん古くなります
一旦ハマった悪循環から抜け出すのは容易では無く、最悪なブラック企業のループにハマり、延々抜け出せない悲惨なケースも少なくありません。
30代SEの異業種転職では、SEとしてのキャリアを安易に捨ててしまうことは、絶対やってはいけません。

SE経験を捨てるのではなく、活用する方向もある

製造業やメーカーのIT技術職として転職する

SE職はSEとしてしか仕事ができないわけでなく、ある程度のIT業界親和性の高い業界やIT系職種への転職もあります。まったくの異業種は無謀であっても、PCを使用する仕事やIT系の職種であれば、転職可能です。
優秀なITエンジニア・技術職であれば、自動車業界、電気や医療、販売業などもシステムエンジニアを積極的に採用しようとしています。

底辺SIerから脱却する

システム開発の多重請負構造、SIピラミッドの最底辺である零細SIerのポジションから脱出するだけでも、快適な労働環境を手に入れることは十分に可能です。SIerもピンキリで、いろいろあります。
現在の過酷な職場から抜け出すことと、IT業界やSE職から完全に離れることは異なります。最下層から上流へ転職するだけでも、世界はまったく変わって見えるでしょう。

30代SEの異業種転職、おすすめの職種4選

30代SE職なら、まったくの未経験異業種で1からスタートするよりも、システムエンジニアとして積み上げてきたキャリアを活かせる転職先を選びましょう。

①Webエンジニア

Web系のIT企業は、基本的に自社サービスを展開し、アプリやゲームなどを開発運営しています。SIピラミッド構造とは異なり自社開発なので、協力会社や下請けなどのITゼネコン体質とは無縁なWeb系企業が多いですね。
Webエンジニアは開発職であっても、従来のSIerとは違う企業文化を持っています。
新興ベンチャー系企業も多く採用は活発で、SEからの転職成功率もズバ抜けて高いのがWEB業界です。

②社内SE

社内SEとは、メーカーや製造業など各種事業会社での「社内のIT担当」というイメージが一般的です。IT系企業ではなく、一般的な会社のシステム担当者・ITの専門家という立ち位置になります。オフィスにPCは一人一台が当たり前の企業もあれば、まだまだIT化が遅れている企業も多々あります。企業によって担当範囲は異なり、既存システムの保守や導入、PCやネットワーク関連の雑用まで、IT系の何でも屋の側面もあります。
社内の調整やITリテラシーの低い一般社員への教育指導など、対人スキルの高い、人の役に立ちたいタイプ向けです。コミュニケーション能力が必要なので、30代以上の落ち着いた人材や女性などにも、おすすめです。

③フリーランス

フリーSEとして、プロジェクト単位や年契約で契約して現場へ出向くタイプや、在宅で請け負うタイプもあります。スキル次第でリピート顧客もつき、腕一本で稼ぐことも可能ですが、会社員とは異なり税務関係など事務処理も全て自分で行う必要があります。営業活動や契約・集金も必要ですし、向き不向きもあります。
フリーの身分は社会的な信用が無いので、結婚や住宅購入などを考えている30代にはデメリットも大きいです。若い時期に数年単位で実力を試す、スキルをつけるという意味でフリーランスにトライするのも良いかもしれません。一時的にと割り切って在宅で作業量をセーブしつつ、主婦業や子育てと両立させている女性も少なくありません。

④ITコンサルタント

能力の高いSE職なら、コンサルティングファームへITコンサルタント職としてキャリアアップ転職も可能です。作業的な仕事では無く、付加価値の高い仕事をしたい、成果やヤリガイを求める、優秀なSE職におすすめの転職先です。
高年収が保証される高キャリア職種ですが、かなりハードワークで責任の重い仕事です。

SEから異業種転職に役立つ転職エージェント

IT以外の異業種転職なら求人数が豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェント

人材市場の最大手であるリクルートエージェントは、国内トップの転職エージェントです。IT業界にも詳しいキャリアコンサルタントも在籍していますから、キャリアカウンセリングでキャリアの詳細な棚卸しも可能で、とても心強いです。

さまざまな業界や業種とのパイプもあり、保有しているSEとしてのスキルやキャリアを活用できるような、異業種の転職先とマッチングしてくれます。圧倒的な求人保有数だからこそ、希望条件や優先順位などにマッチする幅広い転職先の選択が可能になります。

リクルートエージェント公式サイト

ITキャリアを生かした異業種転職に強いマイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT

マイナビが運営している20~30代のITエンジニアの支援に強いエージェントで、エンジニア専門のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。業界ならではの悩みの相談にも乗ってくれるので、転職の強い味方です。

応募する求人に合わせて応募書類の添削をしてくれて、面接対策にも対応しています。独占求人や非公開求人も豊富なので、他では見つけられない求人に応募することもできます。

マイナビエージェント×IT公式サイト

女性SEにおすすめの異業種転職先

高収入を期待せず、職住近接や働きやすさ優先であれば、PCスキルを活かした事務職などもアリでしょう。コミュニケーション能力も高く物腰の柔らかい女性には、事業会社での社内SE職もおすすめです。Web系には若い企業も多く女性の働き方にも柔軟で、Webエンジニアは女性が活躍しやすい環境です。
それまでのキャリアやスキルを捨てる必要はありませんし、ライフシーンにより変化する優先順位に合わせて。転職を重ねるのも一つの手です。
女性だからといってSEとしての経験を捨ててキャリアアップを諦める必要はありません。

女性SEの異業種転職のポイント

女性SEの場合は、結婚や出産。子育てなど女性特有のライフシーンの変化に柔軟な対応ができる職場への転職がおすすめです。福利厚生が充実している職場や、安定していてストレスも少なく働ける企業、自宅に近い職場という選択肢もあります。
ハードワークな職場よりも柔軟な働き方ができる企業、SEのスキルで在宅勤務が可能な企業など、人それぞれの価値観やライフバランスに合う転職先を選びましょう。

SEから異業種転職は、資格よりも転職理由が重要

異業種転職こそ転職理由を明確にする

逃げの転職理由は通用しない

今までのSEとしてのキャリアを捨てて異業種転職を目指す場合、転職理由が明確になっていないと企業側は採用しません。変に怪しまれてしまうケースも多々あります、
「なぜSEを辞めるのか?」を、ネガティブではなくポジティブな転職理由で明確に示す必要があります。逃げの転職理由や曖昧な理由では「また、すぐ辞めるかもしれない」と疑われ、内定がとれません。

資格は無いよりマシのレベル

資格取得していた場合でも、SE職から異業種への転職で無ければならない転職理由を、しっかりと突き詰めて語れるようにしておいてください。資格を取得する意欲や勉強した事実は評価されるとしても、「師・士業」レベルの資格・免許で無ければ意味がありません。
そもそも「なぜ、その資格をとろうと思ったのか?」が必ず問われます。

転職理由によっては、異業種転職の必要なし

現職が辛いからというだけの理由であれば、異業種転職でなく、職場を変えるだけで解決するケースも多々あります。
根本的にSEの仕事が向かない、嫌いだというのなら別ですが、まったく未経験での異業種転職を目指すよりも、単に今の過酷な職場から少しでも環境や待遇のよい職場へ転職することがおすすめです。SEを辞めなくても零細SIerから脱出すれば、それだけで待遇や労働環境が劇的に改善されるケースは多いです。年収アップも期待できます。

SEのスキルを活かせる転職先を見つける

未経験の異業種転職をしてブラック企業の罠にハマるのは、絶対に避けたいですよね。
過酷なSE職から脱出したいなら、業種や業界を飛び越えて今までのSE経験を活用できる転職先を探してみてください。まったくの未経験異業種より、SE職のスキルやキャリアを有効に活用できる転職先がおすすめです。
キャリアやスキルを活かせれば収入アップの可能性もありますし、待遇もよく安定した条件のよい企業を見つけることもできます。

リスクなく安全にSEから異業種への転職を成功させるには、転職エージェントでのキャリアカウンセリングを受けてみましょう。
SE職もいろいろですし、積んできたキャリアや使えるスキルも人それぞれ多種多様です。
適切な転職先とのマッチングは、転職のプロ・転職エージェントの利用がおすすめです。

まとめ

SEから異業種への転職を考えているなら、特に30代SE職が異業種への転職を狙うなら、リスクを減らすことが重要です。
まったくの未経験職種への転職は、1からのリスタートになります。
収入も待遇も下がるのが当然ですし、ブラック企業に当たる可能性も高いでしょう。
異業種への転職リスクを減らすには、SEからの逃げの転職ではなく、保有スキルを少しでも活用できる転職先を探してください。
今までのキャリアやスキルを転職のための武器として活かすことが、IT業界から異業種への転職成功を狙う人には重要です。

少しでもリスク回避して異業種転職を成功させたいなら、転職エージェントのアドバイスが有効です。
特に30代SE職なら、リスキーな異業種へ無謀に飛び込むような未経験転職をする前に、まずは転職エージェントに相談してください。