新卒で入社して数年経つと、同僚や先輩が退職するのを見送る経験が何回かあるのではないでしょうか。そんな時「このままずっとこの会社で働いていいのだろうか?」といった疑問がわいてくることもあると思います。

この記事では、これからの人勢を踏まえた上で失敗しない転職先の選び方について紹介しています。20代女性に人気の職種転職活動を失敗しないために考えること20代から未経験・異業種に転職できるのかについても紹介しているので、転職のタイミングを逃さないようぜひ参考にしてください。

転職したい20代女性に人気の仕事は?正社員になれる職種はある?

事務職だけじゃない!20代女子が選ぶ人気の職業

20代女子に人気の仕事の代表格といえば「事務職」ですが、その他にも人気の職業は多数あります。今まで知らなかった職種に目を向けることで、転職がうまくいくこともあります。

また、転職をきっかけに正社員を目指している女性のために、正社員の求人が多い職種なのかどうかも含めて、女性に人気の職種を紹介します。

営業職

バリバリ働いてしっかり稼ぎたい人に人気の職種です。厚生労働省によると、平成27年度の営業職の有効求人倍率1.31倍と高い数値をキープしています。求人数が多く、転職しやすいのも大きな魅力です。女性では、保険や金融、カウンターセールスなどの営業が多くみられます。

営業職は、未経験者を歓迎している企業が多い傾向にあり、全く経験がなくても正社員で雇ってくれる企業がほとんどです。業界にこだわらなければすぐにでも内定がもらえる職種といえます。

技術職や専門職

技術職や専門職のように手に職のある仕事も人気があります。技術職で言えば、研究開発職、建築士などが人気があります。専門職で言えば、薬剤師や看護師、管理栄養士、保育士などが女性には人気が高いです。

正社員での募集が大多数を占めますが、人手不足が深刻な保育士や看護助手などはパートの募集もあります。

しかし、これからの職種は経験者や有資格者を優遇する企業が多いため、他業界からの転職の難易度が非常に高いです。

保育士や看護助手などは資格がなくても雇ってもらえるケースがありますが、資格が必要な職種で、該当する資格がない人の場合は、転職はほぼ難しいと考えて良いでしょう。

しかしながら、諦めきれないのであれば在職中に必要な資格を取得したり、技術を身につけたりと準備することが大切です。

マーケティング職・企画職

マーケティングや企画職は非常に人気の高い職種のため、中途採用ではあまり募集していることがない職種です。募集していても未経験での採用はほぼなく、消費者のニーズや動向を探るため、営業経験のある人材が登用されやすい傾向にあります。

IT系技術職(エンジニア)

情報社会が進むにつれて、IT系の技術職も人気が高くなっています。システムエンジニアや、ヘルプデスクなどが人気が高いです。

IT系技術職は、20代のうちは未経験でも募集していることが多く、知識がなくても仕事をしながら学ぶことができ、努力次第でスキルアップが図れるます。正社員の募集が多いですが、所属している企業から契約企業に派遣されて仕事をするケースも多くみられます。

アパレル系の職種

アパレル系のショップ店員は若い女性からの支持が高く、人気のある職業です。就業時間中は立ちっぱなし、土日祝日は休めないなど働き方への不満から諦めてしまう人も多いですが、店員として経験を積むことで店長やマネージャーとステップアップしていくことが可能です。

複数のブランドを展開している大手アパレルであれば、年齢とともに年代にあったブランドに移行することもできます。

正社員での募集もありますが、契約社員やアルバイトでの募集も多くあります。

美容系の職種

エステティシャン、セラピスト、ネイリストなど、美容にまつわる仕事が増えています。それらのサービスが浸透し需要も増えてきたのと同時に人材不足の職種です。手に職を就け、将来は独立しサロンを持ちたいという女性に人気があります。

エステティシャンやセラピストは正社員の募集でも未経験歓迎の求人が多く、初心者でも研修を受ければ始めることが可能です。ネイリストやアイリストは正社員や契約社員の募集だけでなく、業務委託での求人もあるので、自分のライフスタイルやキャリアプランに合った働き方が可能です。

事務系の職種職…体力的な不安もなく、残業も少なく安定している仕事

電話応対やコピー取り、書類のファイリングなど、企業のさまざまな事務作業を担当する仕事です。企業の業務内容に応じた雑務を担当しています。体力的に辛いことも少なく、残業も他の職種に比べほとんどないため、安定している仕事としてどの年代の女性からも人気があります。

一般事務の他、総務や経理、人事といった職種も事務系に含まれることがあります。現在は一般事務職だけれども、キャリアアップを図りたいと考えている人は、簿記や秘書検定、TOEICなどの資格を取得することで仕事の幅が広がります

事務系の職種はどの会社にもある職種なので求人数も多くありますが、企業から派遣されて雇われるケースも増えてきています。募集も正社員の募集もありますが、契約社員での募集も増えてきている職種です。

事務職は未経験からでもできる仕事ですが、総務や人事、経理といった職種になると年齢を重ねるとともに経験者でなければ採用されなくなる職種でもあるので、未経験からの転職を考えている人は早めに行動した方が良いでしょう。

20代女性が転職に失敗しないためには?未経験の業界でも転職は可能?

20代女性の転職理由がキラキラ女子へのあこがれなら要注意!

SNS映えするオシャレな企業へのあこがれのみなら転職はやめよう

最近は、IT企業を中心に、清潔感溢れるおしゃれな雰囲気の企業を見かけることが多くなりました。また、SNSなどを中心にBBQなどのイベントを多く行っている企業を多く見かけるようになり、そのような企業は楽しく仕事ができそうで魅力的に見えることでしょう。

しかし、キラキラ感溢れるオシャレな企業の雰囲気だけに憧れて、転職を決意したのなら思いとどまるべきです。

オシャレな企業は最初のうちは楽しいですが、それがだんだんと負担になることが多いからです。私服通勤だったら毎回身なりにお金がかかりますし、親睦会やイベントが多いと休日も会社のイベントで休めないことも多いです。

オシャレやイベントが好きな人ならば、無理なく働けるかもしれませんが、仕事内容も吟味せず会社のイメージだけで転職を決めてしまっては後々後悔することになりかねません。

本当にオシャレやイベントは自分が仕事をする上で本当に必要なものなのか。SNSにあふれるキラキラにごまかされないよう見極めてからにしましょう。

キラキラしている丸の内OLは特別高給取りではない

キラキラ感あふれるOLの筆頭株といえば「丸の内OL」を想像する人が多いですが、果たして丸の内OLは本当にキラキラしたリア充女子なのでしょうか。

国税庁が行った平成26年度の調査によると、資本10億円以上の大手企業の年収ボリューム層は400万円~500万円です。対して資本金2千万円未満の中小企業の年収ボリューム層200万円~300万円です。しかし、女性だけでみると、大手企業・中小企業とも100万円~200万円の層となっていて、女性にとっては給与面では大手でも中小でも大差がないといえます。

福利厚生の面で言えば、組織的にも安定している大企業の方が圧倒的に整っていますが、利用率は77%という調査結果もあり、充実しているのは一部の人だけといえます。

仕事の充実度の高さが、給与や福利厚生ならば、女性の場合は大手でも中小でもあまり大差がありません。それを踏まえても、丸の内OLの方がキラキラしているのように見えるのならば、SNSマジックの賜物なのか、自分の内面やプライベートの部分がどれくらい充実できているかなのではないでしょうか。

参考URL:国税庁
平成26年分民間給与実態統計調査結果

漠然と転職を考えているのならゆっくりと進めよう

漠然と、ただ何となく転職したいと考えているのなら、転職する理由をじっくり見極めてからにしましょう。差し迫った理由や、今の仕事に大きな不満がないのに勢いだけで今の会社を退職し、転職するとこんなはずではなかったと後悔してしまうことも多いです。

転職したい明確な意思や目標がないと、挫折した時に立ち上がれないのです。

まず自分がなぜ転職したいのか転職してどうしたいのか転職するメリットやデメリットを明確にしてから「転職活動」に取り組むようにしましょう。

転職をきっかけに未経験や異業種へチャレンジするなら20代がチャンス

20代は未経験や異業種にチャレンジできるチャンス

20代は実務経験や資格がなくても「やる気」「若さ」で補える時期です。企業は、長く働ける人を採用し育てていこうと考えるので20代までは未経験での転職がしやすい時期です。

30代に入ると、即戦力として実績を求められることが多くなるので、未経験で応募できる求人数はぐっと少なくなります。

転職活動のために、実務は未経験なのに、これまでの仕事とつながらないような資格をとっても、あまり意味はありません。未経験の職種や異業種に転職したいなら、資格取得に時間を割くよりも、転職活動のための情報収集などに動くのが得策です。

これまでの経験を活かすことが転職成功の鍵

未経験や異業種への転職する時は、少しでも「前職の職務経験が生かせる業界・業種を探すこと」が重要です。今まで経験した業務内容を棚卸しして、少しでも接点のある業界や業種を選びましょう。例えば、営業から営業事務、接客から受付などへの転職です。

現在、アルバイトや派遣社員で、そこから正社員を目指す場合は、どんな業務をしたか、その経験を通してどのような能力を培ったかなどを棚卸ししましょう。そして、培った能力をどう活かし、伸ばしていけるのかをアピールできるようにすることが大切です。

30代女性の転職は難しい。女性の転職は20代後半までがおすすめ!

転職自体、年齢を重ねるにつれて市場価値が劣ってしまうものですが、特に女性は男性よりも厳しいです。女性が転職するなら27歳までがおすすめといえます。

女性が働く上で考えなくてはいけない問題のひとつが「結婚」です。現代の女性の結婚・出産の平均年齢は30歳です。採用する側としては、27歳で採用しても3年以上働ける可能性が高くなることを見込んで27歳をひとつの目安としているようです。

現在は、雇用に関し、年齢制限を設けてはいけないとなってはいますが、やはり採用する側としては、少しでも長く働いてほしいという事情があります。

また、27歳という年齢は、企業から見るともうひとつメリットがあります。新卒と違い、社会の常識やマナーが一通り身についていると考えられるので、仕事の基本を一から教える手間が省けるのです。

27歳で転職し、30歳で結婚したとすると、転職前のキャリア+転職後3年間のキャリアを築けます。こうしておけば、結婚、出産などに伴う退職や産休後のトラブルのリスクも減ります。27歳という節目の年にキャリアを積める職種についているということはとても重要です。ここを逃すと、年収はそのまま横ばいか右肩下がりになる可能性も高いのです。

20代女性の転職、失敗しない企業の選び方

本気で転職したいなら。転職に失敗しないために

20代の今からワークライフバランスを考える

女性にとって、結婚しても働ける環境にあるかどうかは仕事をする上で結構な重要ポイントです。「女性が働きやすく理解ある環境で仕事したい」と言うのは誰しもが望むことです。

そのために、今後のライフイベントを踏まえた上で結婚後や出産後に働きやすい企業を選ぶ方が良いです。育児休業制度や産後に働きやすい・時短がある・働くママが居るなどをチェックしましょう。

定年までのキャリアプランがしっかりある企業を選ぶ

転職したからには、安定して長く勤務出来る会社に入社したいと思うのはみんな同じです。ここでポイントなのは、「長くとは何歳までを想定しているのか?」と言うことです。

自分のキャリアプランを明確にした上で、それが実現できるような女性のキャリアアップを応援してくれる企業なら定年まで、安心して働けます。

今の仕事を辞めずに転職活動を始めると成功率は上がる

仕事を辞めてしばらく経つと、仕事を辞めたい理由がぼんやりしてきてしまいます。仕事を辞めずに転職活動をすると、現職において辞めたい理由が明確であると同時に、転職先への要望も妥協がなく明確なので、転職先が見つかりやすい傾向にあります。

ただ、働きながらの転職は時間に制約があるので、時間を有効に使うことがとても大切です。退職後に転職活動が長引くと、どうしても焦りや不安を感じてしまいます。転職に時間を割かない事が余裕を生むので、その分ジムやエステに行って自分を磨きましょう。転職先でキラキラした自分でスタートできます。

働きながらの20代女性の転職を楽に進めるには

時間があまりない中、転職活動をするのはとてつもなく労力を使うことです。ここで強い味方となるのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントは仕事をしながらでも使えるので、本気で転職を考えている人にはぜひ使って欲しいサービスです。

転職エージェント登録すると、さまざまな転職サポートを無料で受けることができます。履歴書や職務経歴書を応募企業毎に書かずに済み、転職先の職業・職種にあわせた添削も希望すればしてもらえます。面接日程の調整や企業訪問などスケジュールの管理も任せることができるので、時間の制約がある転職活動にはぴったりです。

また、キャリアコンサルタントが、沢山の求人情報の中から欲しい情報だけを選別してくれるので、求人を探す手間も省けます。キャリアコンサルタントは企業の内部情報にも精通しているので、実際に働き始めてからのギャップがないのも魅力です。

取り扱い求人数が多いエージェントならリクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントは、求人の質・量とも他社エージェントを圧倒しています。普通の求人に加えて、一般の求人サイトに出回らない非公開求人が10万件以上もあります。登録内容や面談を通して経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な企業の紹介をしてくれます。

また、転職活動には欠かせない、面接対策が特に充実していると評判の高いエージェントです。内定後のサポートも万全で、自分では行いづらい年収交渉、入社日の調整、円満退社のためのアドバイスなど転職活動を最後までしっかりとサポートしてくれます。

女性の転職に強いエージェントならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、女性ならではの転職の悩みに向きあい、転職のアドバイスをしてくれます。女性の転職を得意分野としているエージェントのため、女性の転職についての情報も豊富に持っています。

ベストな転職のタイミングや、キャリアアップの秘訣女性が面接で聞かれやすい質問などについて、決め細やかなアドバイスを期待できるでしょう。

産休や育児休暇などの支援制度が有るか無いか、女性が働きやすい環境かどうか、などの女性ならではの悩みや職場環境についても、相談することができます。

また、女性を積極的に採用する会社や結婚、育児経験の有る女性を求めている会社などの情報を知ることができるのも、大きなメリットです。

20代女性におすすめの転職方法と転職面接時の注意事項

20代女性、社会人経験が浅い人第二新卒の転職方法を紹介

入社後、転職を考えるにしても「新卒入社後、3年はガマン」という言葉を良く聞きますが、就労環境、人間関係で、精神的・肉体的に追い詰められている場合、やむを得ず退職するケースもあります。第二新卒期の転職についてご紹介します。

社会人1年目の転職

社会人経験が浅すぎて、企業からは即戦力とみなされず、経験者を優遇するような職種の場合は苦戦が予想されます。それでも20代はポテンシャルで採用してもらえることが多く、未経験歓迎の求人は多くあります。

特に職種にはこだわらないというのであれば、接客・販売系であれば、大手企業も狙える可能性があります。

「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」という企業の不安を払拭できるような転職理由を説明できるようにすること、入社した後の成長性をアピールすることが大切です。

社会人2年目の転職

1年間仕事をしたことで、仕事の流れ、ビジネスマナー、忍耐力などを最低限クリアしているとみなされるので、1年目の時よりも求人の数はぐっと増えます。優良な中小企業や、大手の営業求人などが増えてきます。

実績を求められることはほとんどなく、「ビジネスマナーが身についた新卒」という捕らえ方なので、未経験の業界・業種への転職も可能です。

社会人3年目の転職

社会人3年目の転職が第二新卒の中ではもっともニーズのある年です。ビジネスマナーやスキルが身につきつつも、若年層の柔軟性も持ち合せているため、企業にとって採用するメリットが高くなります。

この時期までに、分かりやすい実績があると、転職に対する自由度も高くなります。しかし、まだポテンシャルで勝負できる年でもあるので、今後の成長性を示せれば、転職も成功しやすいでしょう。

20代女性、既卒の場合の転職方法を紹介

新卒や、中途に比べると、卒業後就職していない「既卒」の就活はやや不利になっています。中には「既卒」に対して良くないイメージを持っている採用担当者がいるのも事実です。しかし、最近の売り手市場によって、企業側の対応も変わってきています。

一部の大手企業が、新卒・中途の採用枠や卒業年度、年齢にとらわれない採用システムに移行するとの発表があり、既卒に対しても以前よりは就職しやすい状況になっています。仕事への熱意・どう成長できるかなどのポテンシャルをしっかりアピールしましょう。

また、既卒や社会人経験が全くない人向けの転職エージェントもあります。そのようなサービスを利用することでより内定に近づくことができます。

既卒におすすめのエージェントなら就職Shop

就職Shop

就職Shopは業界最大手のリクルートキャリアが運営している若者向けの就職エージェントです。

就職Shopの最大の特徴は、書類選考なしで面接に進めるということです。既卒や第二新卒、フリーターなど未経験の若者の可能性を信じてくれる企業のみを紹介しています。

取り扱っている業界・職種の幅も広く希望通りの求人が見つかる可能性が高いです。

20代女性が転職の面接で気を付けること

服装

転職面接で最も無難なのはビジネススタイルといえます。黒や紺、グレーなどのビジネススーツブラウスかカットソーを合わせるのが良いでしょう。

パンツスタイルでもスカートスタイルでもどちらでも構いませんが、パンツの場合はベルトを通せるタイプの方が印象が締まります。スカートにする場合は、座った時にひざ上5cmくらいになる方が印象が良いでしょう。

ストッキングはベージュなどの肌馴染みの良いものの方が良いです。黒は避けましょう。靴は服装に合わせて3~5cm程度のヒールの高さのパンプスにしましょう。

20代前半、第二新卒であればリクルートスーツでも問題ありませんが、なるべくならビジネススーツを用意して挑むようにすると印象が変わります。

身だしなみ

髪色はその業界のビジネスシーンに合っていれば問題ありません。あまりにも派手な髪色の場合は暗めの色に染めなおした方が無難ですが、そうでなければ問題ないでしょう。

髪型は、顔周りの印象を大きく変えるため、注意して整えていきましょう。前髪が目にかかるような長さだと顔が隠れてしまい暗い印象を与えてしまうことがあります。

また、サイドの髪が顔にかかるような髪型でお辞儀をするたびに顔にかかってしまっているのを快く思わない面接官もいます。長い髪はハーフアップやポニーテールなどしっかり束ねる、髪が顔にかかる場合はピンでとめるなどして顔周りは特にスッキリとさせましょう。

マナー

面接においてはマナーも重要です。面接官は「この応募者を採用して、自分の会社の社員としてお客様の前に出しても問題ないか」チェックしています。そのため、挨拶や話し方なども面接合否の判断材料にしています。

面接の際は、面接官や応募先の社員対してしっかりとあいさつを行い相手の目を見みて話すように心がけましょう。また、面接時はあいまいな受け答えはせず、しっかりと言葉を言い切って終わるように心がけましょう。

また、香水やタバコのにおいなどもキツすぎると印象がよくありません。なるべく控えるようにしましょう。

まとめ

20代は女性のキャリアを形成する上で最も重要な時期です。転職やキャリアアップを考えているのならば、自分の今後をどうしていきたいのか結婚などのライフイベントも考慮した上でしっかりと考えた方が良いです。

また、女性にとって20代は未経験や異業種の職種に挑戦できるチャンスでもあります。挑戦してみたい気持ちがあるのなら、前職の職務経験が生かせる業界・業種を探してみましょう。

なお、20代女性が転職活動を成功させるには今の仕事を続けながら転職活動を行った方が成功率が高いです。しかし、転職活動と仕事を同時に行うのは時間に制約がかかり、時間を有効活用することが重要となります。転職エージェントを利用すれば、無料で選考のサポートや日程調整などもしてもらえるので効率よく転職活動を進めることができます

この記事を参考に、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。