がむしゃらに働いてきたけれど、気づけば35歳。結婚をこのまましないかもしれないことを考えると、もっと女性が活躍できる会社に行ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、35歳からの転職には、注意すべきことがあります。

ここでは、35歳女性の正社員転職を成功させる方法と、35歳独身女性の失敗しない転職先の選び方についてまとめています。
また、35歳でも有利に転職できる資格はあるのか解説していますので、参考にしてください。

35歳女性の正社員転職、もう未経験転職は無理?

35歳の未経験転職は男女関係なく厳しい

出典:doda

有効求人倍率は上がっているものの、35歳を過ぎると求人が一気に減る傾向にあるので、年齢別で転職成功率を比較すると35歳以降の転職成功率が低いのが分かります。
特に、未経験で難なく転職できるのは30歳が限界ラインです。30歳を過ぎると、前職に染まり過ぎていたり、ポテンシャル採用は通用しなくなります。

さらに女性の場合は、結婚や妊娠、出産などのライフイベントが起きやすい年齢であるため、35歳女性の正社員採用に慎重な企業が多いのも確かです。
ただし、現在では女性でも働きやすい環境作りを重視して、再雇用制度や産休・育休制度の導入を積極的に行なっている企業もあるので、そのような企業の求人を探すと良いでしょう。

年齢不問・未経験者歓迎の求人は高確率でブラック

正社員求人は年齢の縛りがあるものや経験者優遇の求人が多く、なかなか自分と条件が合う求人を探すのは難しいですよね。そんな中でも、求人サイトなどで「年齢不問・未経験歓迎!」という言葉を添えた求人を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

一見とても嬉しい求人内容に感じますが、このような求人にこそ注意が必要です。

教育制度がしっかり整っていて、本当に年齢関係なく未経験でも育てられる企業の求人であれば問題ありませんが、ほとんどの場合がブラック企業の求人である確率が高いです。
ブラック企業は、その企業体質ゆえにすぐに人が辞めて常に欠員が出ている状態なので、スキル云々よりもとりあえず人を集めたいと考えているため、「年齢不問・未経験歓迎」の謳い文句を利用しがちです。

キャリアを生かした転職が必須

まず、企業が中途採用時に重視するのは即戦力となるキャリアやスキルがあるかどうかです。今までの仕事で培われた経験を役立ててほしいと考えています。

さらに、政府は「女性活躍推進法」を制定し、女性管理職の割合を増やす動きをしています。大学を出てから働き続けている人の場合は、キャリアが十分にあり35歳は管理職適齢期とも言えます。

そのため、35歳での正社員転職を成功させるためには、自分がどのような分野でキャリアやスキルを持っていて、どのような強みがあるかということを説明できるようにしておく必要があります
自分のキャリアに合う求人であれば、転職成功率はぐっと上がります

キャリアに自信が無い人はエージェントに相談するべし

自分には強みと言えるほどのキャリアもスキルもないと自信がない人は、一度転職エージェントに相談をしてみると良いです。
転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談すると、キャリアとスキルの棚卸をしてくれるので、自分では気づいていなかった強みを発見できることもあります
そのため、自分が考えていなかった分野の求人も紹介してくれるので、転職活動の幅が広がるというメリットもあります。

親身にキャリアカウンセリングしてくれるマイナビエージェント

マイナビエージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで網羅しているので、紹介してもらえる求人の幅が広く、マイナビだけが取り扱う独占求人も多いです。
さらに、業界に精通したキャリアアドバイザーが親切・丁寧にカウンセリングをサポートを行ってくれます。

また、マイナビエージェントに登録するだけで、女性の転職に特化した「Womanwill」を利用することもできます

マイナビエージェント公式サイト

一発逆転!35歳女性の転職で有利な資格はあるの?

能力証明のために有利な資格

35歳になり転職を考えた時に、転職活動で武器になるものが欲しいと、資格取得を考える人も少なくありません。
ただし、どの資格も持っていれば良いというわけではなく、実務経験がある仕事の能力証明のための資格を取得するのがおすすめです。

また、収入アップにも資格を持っていることで実務経験の裏付けになります。

おすすめ資格

・日商簿記(2級以上)
・医療事務
・宅地建物取引士
・中小企業診断士
・ビジネス実務法務検定試験(2級以上)
・マイクロソフトオフィススペシャリスト
・行政書士
・社会保険労務士
・英語関連資格
・ファイナンシャルプランナー
・ビジネスマネジャー検定試験
・基本情報技術者試験

35歳以上は資格より実務経験が求められる

先にもお伝えしたように、35歳以上の転職に求められるものは即戦力となるキャリアです。そのため、未経験職種の資格を一生懸命取得して知識は豊富にあったとしても、企業側は「未経験有資格者」よりも「経験ありの資格なし」の方を優先する可能性が高いです。

35歳女性の転職、求められるスキル

特定業界の専門スキル

35歳女性が転職をするうえで、武器になるスキルの一つが、特定業界の専門スキルです。

誰もができる仕事や、IT化によってどうにでもなるような仕事しかできない人は、企業の中途採用では歓迎されません。企業が今必要としている能力や経験を既に備えている人ほど、転職では重宝されます。

マネジメント経験

もう一つのスキルは、マネジメントスキルです。政府も女性管理職を増やす取り組みを進めていますが、まだまだ進んでいないのが現状です。

ある程度仕事をしていてキャリアもある女性に管理職になってもらえば、さらに女性の働きやすい発想を広げることができると企業は考えています。そのため、リーダーシップとマネジメントスキルのある女性社員が求められています

35歳の独身女性の失敗しない転職先の選び方は?

女性が働き続けられる会社を選ぶこと

転職先選びで絶対に譲れないのは、女性が良い環境で働き続けられる企業であることです。
女性の場合、ライフステージの変化が多く、結婚や出産を迎えるたびに企業で気まずい思いをしなければいけなかったり、退職勧告をされるような企業を選ぶとその後のキャリアを諦めるしか選択肢がなくなってしまいます

そうならないためにも、以下のような特徴のある企業を選ぶようにしましょう。

女性従業員の比率が多い

意外と見落としがちですが、重要なポイントが従業員の男女比率です。
男性従業員が多いと、女性に対する理解が低くなりがちです。そのため、女性従業員の比率が多い企業を選ぶようにしましょう。
女性が働きやすい制度が整っている可能性も高いです。

産休・育休制度が整っている

せっかく転職した企業なので、なるべくなら長く働き続けたいですよね。そのためには、結婚・出産に理解があり、再雇用制度や産休・育休制度が整っている企業であれば、ライフステージの変化を迎えても長く働き続けることができます。
さらに、その制度を利用した前例がある企業であればなお安心です。

時短勤務が可能

子どもを授かったり、親の介護を考え始めるのが35歳くらいからという人が多いです。そうなった時に、時間の融通が利く企業かどうかというのも、重要なポイントになります。
時間勤務が可能であれば、何かを犠牲にしてまで働いているという罪悪感もなく、ライフワークバランスを保ちやすいです。

もう絶対に失敗できない転職。良い求人に出会う方法

35歳の女性が良い求人を見つけようと思っても、求人自体が少なめなこともあり上手く転職活動が進まない可能性があります。そのような場合は、女性の転職に強い転職エージェントのサポートを利用してみるのも方法の1つです。
転職エージェントは好条件の非公開求人を保有しているので、自分で探すよりも良い求人に出会える確率が高いです。さらに、企業の内情を知ることもできるので、その企業が本当に女性が働きやすい会社かブラック企業でないかなど、希望の条件を満たす企業が分かります。

大手企業の求人が多いリクルートエージェント

リクルートエージェント

全ての業種に幅広いコネクションを持っているので、大手から外資企業まで紹介される求人数が多いです。また、業界最大手だからこそ企業からの信頼も厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすることができます
さらに、各業界に精通したアドバイザーが多数在籍しているので、自分の条件に合う求人も紹介してもらえます

リクルートエージェント公式サイト

女性専用転職サイトの女の転職@type

女の転職@type

女性専門の転職サイトです。女性を積極的に採用する企業の求人を多数掲載しています。また、長く働くためのこだわり検索システムもあり、希望に合う求人を見つけやすいです。
さらに、希望求人がメールで届くシステムの他にも、適職カウンセリング無料年収診断テストいい仕事ミイつけよう診断など、転職に役立つコンテンツも充実しています。

女の転職@type公式サイト

まとめ

35歳で転職を考えている女性は、キャリアを活かせて女性が長く働き続けられる会社に転職するようにしましょう。

また、35歳からの転職で求められるのは、特定分野でのスキルと管理職を目指せるマネジメントスキルです。転職に有利になる資格もありますが、あくまでも今までの実務経験を証明するためのものとして、取得するのがおすすめです。

自分で希望条件に合う求人を見つけづらい場合は、転職エージェントのサポートを上手に利用してみましょう。