もしかしたらうちの会社はブラック企業かもと思いながらも、気付かない振りをして無理に頑張っている人もいるのではないでしょうか。思い切って楽な仕事に転職することを考えてみるのも一つの選択肢です。
ここでは、楽な仕事だけど正社員として働ける仕事と、正社員として転職する方法や注意点について解説します。
また、精神的・肉体的に楽な仕事の特徴男女別に転職しやすい楽な職業ランキングも合わせて紹介します。

そもそも楽な仕事ってどんな仕事?

楽な仕事のタイプ 楽なポイント
精神的ストレスが少ない ・人と関わらないで1人で仕事ができる
・ノルマ・責任がない
・忙しくなく、自分のペースで仕事が出来る
・自分の好きな仕事をできる
肉体的ストレスがない ・座って仕事ができる
・残業がなく長時間労働にならない
・仕事中危険な思いをしない
単純作業でできる ・マニュアル通りの仕事だけしていれば良い
・常に新しいことを勉強する必要がない

精神的ストレスを感じない楽な仕事の特徴

ノルマがない仕事

ノルマがない仕事は、ノルマ達成のためのストレスがないため追い詰められることがなく、精神的に楽な仕事といえます。営業や販売の仕事には、ノルマが課せられることが多いので精神的に楽な仕事を探している人はノルマのない仕事が向いています。

対人や接客応対がなく、人間関係も気にせず一人でできる仕事

人間関係でストレスを感じやすい人にとっては、接客がない仕事やひとりでできる仕事が精神的に楽な仕事といえます。ほかの人に気を遣わず、自分のペースで仕事ができるため、社内・社外を問わず一人で出来る仕事がおすすめです。建物やモノ相手の仕事は人との接触が少ないですが、直接人に会わなくても、電話対応の仕事は対人ストレスがかかるので注意が必要です。

肉体的ストレスを感じない楽な仕事の特徴

座ってできる仕事

仕事内容自体が、常に体力を使うのもであると気力はあっても体がついていかないという状況に陥ってしまいます。身体を壊しては将来的に仕事ができなくなる可能性もあるため、無理に体を酷使する仕事は避け、事務系の仕事など座ってできる仕事だと安心です。

残業がなく定時で帰宅できる

毎日遅くまで残業が当たり前の仕事をしていると、体力も気力も落ちてきてしまいます。その点、残業がなく毎日定時で帰れる仕事プライベートも充実させることができ、ライフワークバランスが保たれます

単純作業でできる仕事

単純作業でできる仕事も楽な仕事です。特別な技術や知識の習得のために努力する必要がなく、毎日同じ作業の繰り返しのため、緊張しにくく精神的な負担をあまり感じないで済みます。同じ手順で作業を進めることができ、コツコツとした作業が苦にならない人におすすめの仕事です。
また、このような仕事は勤務時間が決まっていることが多くムダな残業が無いためワークライフバランスを保ちやすいです。

自分に合う仕事は楽と感じやすい

人が何を楽と感じるかは、個人によって異なります。人と接しているのが好きな人もいれば、苦痛に感じる人もいます。座っている仕事を楽と感じる人もいれば、体を動かしているほうが楽しいと感じる人もいます。
そのため、どんな仕事を楽な仕事と感じるかは、人により異なります。自分に合う仕事は「楽」に感じられるため、一般的な意見よりも自分に合うのはどんな仕事かを考えることも大切です。
また、仕事を続けるモチベーションになる興味ややりがいがもてる仕事をしたいと思うかどうかもポイントです。

男女別!楽な仕事ランキング【BEST10】

女性におすすめの楽な仕事ランキング【BEST10】

  1. 事務員などのオフィスワーク系

    女性の場合、事務や経理などのオフィスワークは、身体をあまり動かすことなく、室内で座って仕事を行うため、身体的に楽な仕事で人気があります。土日祝日はきっちり休める会社も多く、ノルマや不特定多数の人に会って話す機会も少ない仕事です。ワードやエクセルなどのパソコンスキル、語学力、簿記や経理などの知識を一度身につけると転職がしやすく、条件のよい仕事が見つかりやすくなります。
  2. 受付

    来客対応が主な仕事になるので、人と関わる機会は多いですが、ノルマや責任を求められることは少なく精神的に楽な仕事です。
    コミュニケーション能力さえあれば、未経験者でも挑戦しやすい仕事です。
  3. 地方公務員・団体職員

    女性の転職の場合、公務員の中でも地方公務員がおすすめです。残業が少なく休日出勤もないので、ワークライフバランスを重視したい人におすすめです。産休・育休制度が充実しているので、仕事を長く続け安いです。
  4. 図書館スタッフ

    本の整理やカウンター内での貸し借りの手続きが主な仕事内容です。1人でのんびりと仕事をすることができます
    勤務時間が午前9時から午後5時までと決まっている所が多く残業もほとんどないので、自分の時間を大切にした働き方をしたい人におすすめです。
  5. 学校事務

    学校運営に関する様々な事務業務全般を行います。業務内容はルーティン業務も多く、残業は少ないです。また、産休・育休制度などの福利厚生が充実しているので女性でも働きやすいです。
    小中学校・高校・教育委員会など、活躍の場は多岐に渡ります。
  6. コールセンター

    コールセンターのオペレーターには大きく分けて2種類の仕事があります。1つはサービス・製品に関する問い合わせ対応のインバウンド、もう1つは市場調査やセールスの電話を掛けるアウトバウンドです。
    室内で座った状態で仕事が出来るので、体力的に楽な仕事ですが、インバウンドの場合はクレーム対応も多いので注意が必要です。
  7. webライターやクラウドワーカーなどの在宅勤務系

    webライターやクラウドワーカーなどの在宅勤務では、基本的に仕事は自宅でおこなうため、長時間満員電車に乗って会社と自宅を行き来する必要がありません。仕事はひとりでおこなうため、人間関係のストレスがなく、自分の裁量で仕事を選んで進めることができます。家庭と仕事を両立することが簡単にでき、好きなタイミングで休暇をとることができることも魅力です。
  8. 自動車教習所の指導員

    生徒を指導するには指定自動車教習指導員という国家資格が必要ですが、入社してから2~6か月間の間で資格取得を目指すので、現在資格を持っていない人でも応募可能です。
    残業やノルマが少なく、女性にも人気の職業です。
  9. 家事代行サービス

    女性は、掃除やベビーシッターなどの家事代行サービスという仕事につくこともができます。家事代行の仕事は主婦が家庭でおこなうような作業内容がメインで、特別なスキルや資格がなくても始められる仕事です。勤務時間に融通が利くことが多く、小さい子供がいる人はパートワークで、がっつり稼ぎたい人はフルタイムでと働き方を選べることもこの仕事の魅力です。
  10. インストラクター

    自分の好きなことを仕事にできる職業です。英会話やヨガなどは人気が高いので求人募集も多いです。
    曜日や時間が決まっているので、自分のペースで働きやすいです。また、大きな教室ではなく、プライベートコーチとして働くことも可能です。

男性におすすめの楽な仕事ランキング【BEST10】

  1. 薬剤師

    薬を調合して患者に説明するのが、主な仕事です。体力を必要とせずノルマもないため、体力的にも精神的にも楽な仕事です。
    薬学部を卒業して国家試験を受ける必要がありますが、働き口が多く将来的にも安定した職業です。
  2. 社内SE

    SE職の中でも、社内システムの管理・運用を行う仕事です。他のSEと違い、クライアントの納期や要望による残業が発生することはありません。打合せなどの外出も少なく、社内での座り仕事なので体力的にも精神的にも楽な仕事です。
    ただし、社内のシステム変更や更新作業があると、当番制で休日出勤することもあります。
  3. ルート営業

    営業職の中でも、既存の営業先を回って商品・サービスの紹介やフォローを行います。既存の営業先を回ればいいので、飛び込み営業などの新規開拓の必要がなく、ノルマも比較的少ないです。
    また、外回りは一人ですることが多いので上司や先輩に気を遣わずに済みます。
  4. 工場勤務や清掃作業員などの単純作業系

    男性が転職できる楽な仕事といえば、工場勤務や清掃作業員です。仕事の範囲が決められていて、単純作業でマニュアル通りの手順で進めることができるので、特別なスキルや経験が要求されません。作業中の会話は制限されているケースが多く、黙々とひとりで仕事を進めることがほとんどなので、人と接するのが苦手な人も気を使わずに働けるというメリットもあります。
  5. 管理人やメンテナンス仕事などの一人作業系

    マンション管理人やビルメンテナンスの仕事は、たいてい単独で作業をするので、他人に気を使う必要がなく、自分のペースで作業を進めることができます。人と関わるのが苦手な人におすすめの仕事です。仕事に就くにはスキルや資格を求められることがあります。
  6. 投資、フリーランスなど自分で時間を決められる独立起業系

    デイトレーダーやフリーランスのSEは働く場所や時間を自分で決めることができます。自宅で一人で仕事をすることができるので、人間関係にわずらわされない、通勤時間が発生しない、育児や介護と仕事を両立できるというメリットがあります。
  7. トラック運転手

    トラックを運転し、企業や個人宅などの配送先を回る仕事です。荷物の積み下ろしが必要ですが、一人で行う仕事なので、一人で黙々と仕事をしたい人には精神的に楽な仕事です。
  8. 警備員

    担当建物の鍵の管理、トラブル対応が主な仕事です。いざという時には責任感と対応力が問われ、場合によっては身の危険も起こりえます。
    ただし、そのようなトラブルがない場合は、業務内容はルーティンワークで1人でのんびりと仕事ができます
  9. 交通量調査

    指定された道路や場所に行き、通行人や車の交通量を調べる仕事です。決まった時間の間、カウンターを押し続けるだけなので気楽にやれる仕事です。
    外で行う場合が多く、悪天候の日や夏・冬は体力が必要です。
  10. イベントスタッフ

    単発で開催されるコンサートなどのスタッフです。設営・撤去は体力が必要ですが、イベントの雰囲気を楽しめて人間関係で悩むこともないので、精神的に楽な仕事です。

楽な仕事に「正社員」で転職する方法

正社員の楽な仕事ランキング【BEST10】

  1. 薬剤師

    薬学部を卒業して国家試験を受ける必要がありますが、働き口が多く将来的にも安定した職業です。
    薬を調合して患者に説明するのが主な仕事で、体力を必要とせずノルマもないため、体力的にも精神的にも楽な仕事です。また、勤務時間がきちんと決まっていることが多いのでプライベートも大事にしながら働くことができます。

  2. 行政系の地方公務員

    アルバイトや派遣社員だけでなく、正社員という働き方でも楽な仕事に就くことが可能です。例えば行政系の地方公務員の仕事はデスクワークで、ルーティンの仕事がメインになります。同じ地方公務員でも窓口業務のない部署の方がより精神的負担が少なくなります。公務員は給料がよく年齢を重ねても仕事を続けやすいため、安定を求める人にも狙い目です。
  3. 図書館司書

    精神的にも体力的にも楽な職種です。正規職員になれば、高月給と充実した福利厚生を受けることができます。さらに勤務時間帯が朝9時から夕方5時までという所が多く、ほとんど残業はありません。
  4. 学校事務

    小中学校・高校・教育委員会など活躍の場は多岐に渡り、学校運営に関する様々な事務業務全般を行います。業務内容はルーティン業務も多く、残業は少ないです。また、産休・育休制度などの福利厚生が充実しているので女性でも働きやすいです。

  5. ビルメンテナンスや施設管理人・守衛・警備員

    施設管理や警備の仕事は、持ち場について待機して、異変がないかどうか監視することが主な仕事です。交代制の仕事なので休憩時間や休日がきっちり決められていて、残業や休日出勤がほぼ発生しません。仕事内容も難しい作業がほぼないのですが、責任がともないますので正社員の求人が多く、正社員にこだわって楽な仕事を探している人におすすめです。
  6. 社内SE

    一般のSE職はクライアントの要望に応えなければならなかったり、納期に間に合わせるために残業が当たり前のことも多いですが、社内SEは自社内の社内システムの管理・運用を行います。基本的に社内での座り仕事なので、体力的にも精神的にも楽な仕事です。
    ただし、社内のシステム変更や更新作業があると、当番制で休日出勤することもあります。
  7. ルート営業

    営業と聞くとノルマが厳しいイメージがありますが、ルート営業は既存の営業先を回って商品・サービスの紹介やフォローを行います。飛び込み営業などの新規開拓の必要がなく、ノルマも比較的少ないです。
    また、外回りは一人ですることが多いので上司や先輩に気を遣わずに済みます。
  8. 事務員などのオフィスワーク系

    女性の場合、事務や経理などのオフィスワークは、身体をあまり動かすことなく、室内で座って仕事を行うため、身体的に楽な仕事で人気があります。土日祝日はきっちり休める会社も多く、ノルマや不特定多数の人に会って話す機会も少ない仕事です。ワードやエクセルなどのパソコンスキル、語学力、簿記や経理などの知識を一度身につけると転職がしやすく、条件のよい仕事が見つかりやすくなります。
  9. 受付

    来客対応が主な仕事になるので、人と関わる機会は多いですが、ノルマや責任を求められることは少なく精神的に楽な仕事です。
    コミュニケーション能力さえあれば、未経験者でも挑戦しやすい仕事です。
  10. 工場勤務や清掃作業員などの単純作業系

    男性が転職できる楽な仕事といえば、工場勤務や清掃作業員です。仕事の範囲が決められていて、単純作業でマニュアル通りの手順で進めることができるので、特別なスキルや経験が要求されません。作業中の会話は制限されているケースが多く、黙々とひとりで仕事を進めることがほとんどなので、人と接するのが苦手な人も気を使わずに働けるというメリットもあります。

楽な仕事に転職する際の注意点

一度正社員の道を外れると再び正社員になるのは難しい

楽な仕事を探して転職をしたい人は、今の仕事が余りにもつらくて精神的や肉体的に追い詰められていることが多く、とりあえず退職してから仕事を探すため、やむをえず正社員ではない仕事に就くケースが多く見られます。
一度正社員としての経歴が途絶えてしまうと、再就職の時にアルバイトや派遣の仕事はキャリアをみなしてもらえないことも多く、再び正社員の仕事に就くことが難しくなってしまうので、注意が必要です。

求人情報に騙されない

楽な仕事につきたいと急いで求人を探して転職してしまうと、ブラック企業に捕まってしまうことがあります。ブラック企業は常に人で不足のため求人票に「楽で簡単」、「未経験歓迎」などの甘い言葉で人を集めています。
特に営業職で求人票に甘い記載がある企業はブラック企業の確率が高いので、応募の前に企業の情報を集める必要があります。

退職者の少ない企業を調べる

ブラック企業に対して、従業員に優しい企業をホワイト企業といいます。
退職者が少ないということは、居心地がいいということでもあります。長く働きたくなるような従業員に優しい企業のなかには、働きやすいシステムを努力して構築している企業も少なくありません。
「楽」な仕事ではなく、従業員に優しい「居心地のいい」職場を探すというのも、選択肢の一つです。

本当に楽な仕事の正社員求人を見つけるには

転職希望者がハローワークや転職サイトなど一般の求人情報から、楽な仕事を見極めるのは難しいことです。応募しようと思っている仕事の内容が楽かどうかは、実際にそこで働いている人に話を聞くのが確実です。しかし普通は直接聞くコネクションがなく、企業の実態をつかめないままの場合がほとんどです。

本当に楽な仕事に転職したいのであれば転職エージェントを利用して、担当のコンサルタントに企業の実情を聞くのがおすすめです。登録するとコンサルタントの面談がありますので、ひとりで進められる仕事につきたいとか、休日がしっかりとれる企業で働きたい、という希望をコンサルタントに伝えて、条件に合う仕事を紹介してもらいましょう。

求人数が業界最多のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内で最大の転職エージェントで、非公開求人を含む約20万件以上の求人を抱えています。大量の求人の中から、精神的・肉体的に楽な仕事を紹介してもらい、担当のコンサルタントに企業の内情を確認してから応募することができるので、入社後のミスマッチが発生しません。コンサルタントが求人紹介や書類添削、面接日程の調節など転職活動をフォローしてくれるので、働きながら正社員のキャリアを絶やさず、今よりも働きやすい企業への転職を実現することができます。

リクルートエージェント公式サイト

キャリアカウンセリングが手厚いtype転職エージェント

type転職エージェント

転職の進め方、転職で遭遇するさまざまな悩みを、キャリアアドバイザーが解決に向けて支援してくれます。
Type転職エージェントは、利用者の満足度が高く、利用者の87%の人が「満足」と答えています。
転職のプロがカウンセリングで、自分の強みの生かし方やスキルの確認、効率的な転職活動についてアドバイスしてくれます。キャリアアドバイザーの客観的なアドバイスで、自分では思いつかない新しい選択肢が見つかることもあります。

type転職エージェント

まとめ

楽な仕事に転職し正社員として働くためには、求人の見極めが重要です。

行政系の地方公務員ビルメンテナンスや施設管理人などが正社員で楽な仕事ですが、ブラック企業の求人に騙されないよう注意が必要です。
また、正社員を一旦辞めると再び正社員として転職することは難しくなります。

転職エージェントを上手に活用して求人の見極めをしっかり行い、転職活動のサポートをしてもらうことで、今の仕事を続けながらもより良い楽な転職先を見つけることができます。