どんなバイトがある?選ぶ基準は?高校生におすすめのバイトをタイプ別に紹介

バイトをしている高校生は沢山います。その姿を見て、自分もバイトをしてみたいと考えてはいませんか?自分に向いているバイトが何か分からなくて悩んでいるなら、この記事を参考にしてみてください。

この記事では、高校生がバイトを始める際のポイントをはじめ初心者向けのバイトや、趣味を活かせるバイトについて紹介しています。さらに、高校生向けの求職サイト情報もあるので、自分に合ったバイトを探せます。

高校生でバイトを始める際のポイント

高校生でバイトを始める際のポイントとしては、学業との両立がしやすいことや学校の規則に違反しないこと家から近く通いやすいことなどが挙げられます。

さらに、仕事内容に興味が持てるかどうかも大事なポイントです。

学業と両立できるバイトを選ぶ

学生の本文は学業です。進学するにしても就職するにしても成績が良い方が、選択肢が増えるので有利です。もし事情があってどうしてもバイトをしたいのならば、学業とバイトの両立を考えなければなりません

また、高校生にはテストや各種の行事があります。それを考慮に入れると、おのずと選ぶべきバイトが決まってきます。

まず、学業とバイトの両立がしやすいバイトとして挙げられるのが、短時間のバイトです。また、夏休み、冬休みなどの長期休暇を利用できるバイトなら、十分両立が可能です。

シフトに融通が効くバイトだったなら、学業との両立を第一にシフト調整をしてもらいましょう。バイトをうまく利用してオンとオフを切り替えると、勉強への集中力も高まるものです。

学校の規則に違反しないバイトを選ぶ

高校生がバイトをする上で、どうしても確認をしておかなければならないことがあります。それはアルバイトに関する校則です。

高校生の学業に差しさわりがあるということで、アルバイトを禁止している高校があります。もし自分の通っている高校がバイトを禁止していたら、バイトは諦めるしかありません。なぜかというと、学校の許可なくバイトをしていることが判明した場合、停学や退学になる可能性があるからです。

大事なことは、高校がバイトを禁止しているのかどうか確かめることです。高校によっては、届け出を出せばバイトが許可されることもあります。また、家庭の事情を考慮して認めてくれることもあります。担任の先生と、バイトについてよく話し合いましょう。

家から通いやすいバイトを選ぶ

次に大事なポイントは、家から通いやすいバイト先を選ぶことです。家での勉強時間や夕食、入浴時間を考えると、帰宅時間は遅くならないようにしたいものです。

そうすると、家にできるだけ近いバイト先を選ぶことが重要になります。また、少しでも長時間バイトをしたいのならば、通いやすい距離のバイトが有利です。交通手段がちゃんとあるのか、確認することも大事です。

高校生が働ける時間は、1日8時間までと決まっています。しかも6時間を超える場合には休憩時間が必要になります。この点も考慮してバイトの計画を立てましょう。また、22時から翌朝5時までの深夜労働はできません。この決まりを守り、自分に負担をかけない働き方をすることが大事です。

仕事内容に興味が持てるバイトを選ぶ

バイトをするなら、仕事内容に興味が持てるバイトを選ぶようにしましょう。というのは、好きな仕事を選べば関心を持てるので、長く続けやすいからです。

バイトの仕事に関心があれば、仕事内容や専門知識を覚えることが楽しくなりますし、仕事への意欲も高まります。仕事への意欲が高まれば、技能も向上しやすいのです。

興味を持ちやすい仕事とは、自分の目的に沿っている仕事ということになります。たとえば、接客能力を身に付けたいと思っているのなら、カフェやレストランを選ぶのがよいでしょう。

また、料理の腕を上達させたいのならば、厨房内で仕事ができるバイトがおすすめです。こういった自分の要望に合ったバイトを選ぶのが、長続きさせる秘訣です。

バイト初心者の高校生におすすめのバイト

バイト初心者の高校生におすすめのバイトとしては、コンビニエンスストアのバイト、ファミレスファーストフードのバイトが挙げられます。

また、スーパーマーケットのバイト、ピザ屋のバイトなどもおすすめです。

コンビニエンスストアのバイト

コンビニエンスストアは店舗数が多いので、家から近いバイト先を選べます。普段から利用しているコンビニなら、店の雰囲気も分かるでしょう。

また、よく利用する場所なので、どんな働き方をしているのか、イメージをしやすいものです。どんな仕事か分からないといった不安が少ないのも、おすすめする理由のひとつです。

コンビニの仕事内容は接客対応、レジ打ち、品出し、揚げ物等の調理などいろいろあります。様々な体験ができるので、自分の得意分野を発見することが可能です。思わぬ適正を見つけて、自分を見直すこともあるものです。

また、コンビニはシフトの融通が効きやすいので、学業との両立を図ることができます。店長とよく相談をし、無理のないシフトでバイトをしましょう。

ファミレスやファーストフードのバイト

ファミレスやファーストフードのバイトは、高校生のバイトの定番ともいえる仕事です。というのは高校生がバイトをする上で、いろいろと有利な点があるからです。

まず、バイトをしている人が多いのでシフトの融通が効きやすいというメリットがあります。シフト時間を選べるので、学業との両立が容易です。

仕事内容は接客対応、レジ打ち、調理などがあり、自分のニーズに合った仕事を選べます。たとえば、接客能力を身に付けたいならホール、調理能力を身に付けたいならキッチンが最適です。また、まかない料理を食べられることがあるので、食費を節約することができます。

スーパーマーケットのバイト

スーパーマーケットの仕事内容は接客対応、レジ打ち、品出し、商品の手配などです。レジ打ちに関しては、コンビニよりも大変そうなイメージがあるかもしれませんが大丈夫です。というのは、お金を入れると自動的に清算してくれるレジのタイプが増えているからです。

また、業務効率化の進んでいる環境が多いので、負担なくバイトができます

バイトをする時間に関しては、シフト調整が可能なスーパーマーケットが多いので、希望する時間でバイトができます。つまり、学業との両立も図りやすいというわけです。学校の帰りにバイトをするのも容易です。

ピザ屋のバイト

ピザ屋の仕事内容には接客対応、レジ打ち、ピザの調理、ピザの宅配など様々な作業があります。そのため自分のやってみたい仕事や、興味のある仕事を選ぶことができます。

また、「未経験者可」としている場合が多く、初めてのバイトでも挑戦しやすいという特徴があります。バイトをしている従業員は同世代のことが多く、その点でも働きやすい職場です。

ピザの宅配に関しては、原付免許が必要です。もしデリバリーをしてみたいのならば、16歳まで待ちましょう。16歳になれば原付免許を取得できるので、デリバリーとしても働くことができるのです。

趣味を活かしたい高校生におすすめのバイト

趣味を活かしたい高校生におすすめのバイトとして、カラオケ店CDショップのバイトがあります。また、カフェ雑貨店のバイト、本屋のバイトもあります。この後詳しく説明するので、自分の趣味に合わせて選びましょう。

カラオケ店やCDショップのバイト

カラオケ店の仕事内容には、接客対応、レジ打ち、カラオケルーム等の掃除、マイクなどカラオケ機器の準備などがあります。休みの日にカラオケで楽しむ高校生にとっては、とても馴染みのある仕事内容だといえるでしょう。もともと歌うことが好きな高校生には、最適なバイトです。

またCDショップの仕事内容には、商品の販売、接客対応、レジ打ち、品出しなどがあります。こちらも音楽が好きな高校生に適したバイトです。新曲などの音楽情報を得やすいので、自分の趣味にも活かせます。また、チェーン店などはマニュアルもあるので、働きやすいバイトです。

カフェや雑貨店のバイト

カフェや雑貨店の仕事内容には、接客対応、レジ打ち、品出し、商品の配列やレイアウト、ポップ作りなどがあります。どちらもおしゃれな雰囲気のある場所なので、そういったところでバイトをしたい高校生におすすめです。

可愛い制服だったり、店に可愛い小物が置いてあったりすることも多く、可愛いものに囲まれてバイトをしたい高校生にも向いています。新商品などを早く知ることができますし、レイアウトやポップ作りなどでデザインやセンスを磨くことが可能です。こういった特技があるのなら、バイトに活かせるので最適だといえるでしょう。

本屋のバイト

読書が好きな高校生には、本屋でのバイトをおすすめします。小説や漫画に興味があるのなら、本屋はまさに趣味と実益を兼ねたバイト先だといえます。本屋でバイトをすれば、新刊情報や人気の高い本など、書籍の情報を早く知ることができるのです。

また、学校で人気になっているライトノベルの情報などを持ち込めば、店にとってもプラスになります。仕事としてはレジ打ちや棚の整理がメインで、比較的やり方が型化されている業務が多いため、仕事内容を覚えやすいというメリットもあります。好きな本に囲まれて仕事ができるので、長続きしやすいバイトです。

友達と一緒に楽しめる高校生におすすめのバイト

友達と一緒に楽しめる高校生におすすめのバイトとしては、イベントスタッフのバイト、レジャースタッフのバイトがあります。どちらも多くのスタッフを必要とするので、友達と一緒に参加することができます。

イベントスタッフのバイト

イベントスタッフのバイトの仕事内容には、ライブやイベント会場での接客対応、グッズ販売、会場の設営や運営などがあります。どの仕事も大勢のスタッフが必要なので、募集人員が多くなります。

そのため、友達と参加できる可能性が高いバイトだといえます。友達と一緒に仕事をすることができるので、初めてのバイトで心細いという高校生にもおすすめです。

また、イベントは土日祝日に単発で開催されることが多いので、学校のある高校生でも働きやすいという特徴があります。特に夏休みには各地で開催されるので、レジャーを兼ねて参加する高校生もみられます。

レジャースタッフのバイト

レジャースタッフのバイトの仕事内容には、遊園地やアミューズメント施設の接客対応、入場受付、清掃、乗り物の案内などがあります。この仕事の特徴としては、人との触れ合いが多いという点が挙げられます。そのため、人と話すことが好きな高校生には、特におすすめのバイトだといえます。

従業員も社交的なことが多いので、友達を作りやすいというメリットがあります。遊園地やアミューズメント施設は夏休みや冬休みが書き入れ時なので、そういった長期休暇を利用すればバイトに採用されやすくなります。明るい雰囲気の中で、楽しく仕事ができるバイトです。

高校生がバイトを探すときにおすすめのサイト

高校生がバイトを探すときにおすすめのサイトとして、マイベストジョブ高校生タウンワークが挙げられます。どちらも高校生向けのバイト情報が豊富です。このふたつの特徴を知り、バイト探しに役立てましょう。

マイベストジョブ高校生

マイベストジョブ高校生は、高校生のバイト探しに特化したサイトです。日本全国を網羅しているので、自分の学校に近いバイト先を探すことが可能です。

高校生向けのバイトを専門に扱っているだけあって、高校生歓迎のバイト先が多いという特徴があります。また、このサイトを利用した先輩から、現役高校生へのアドバイスが掲載されているので、自分がバイトをする際の参考にすることができます。

このサイトではエリアを選び、職種、こだわり条件、時間帯などを入力します。また、勤務時間や勤務日数、給与などの希望も入力できるので、自分の望む条件のバイトを探せます

タウンワーク

タウンワークは高校生以外の人たちも利用する求職サイトですが、高校生専門のページが開設されているので、そちらを利用するようにしましょう。

タウンワークは求職サイトの老舗でもあるので、体験談や面接のコツなど、高校生に役立つ情報の宝庫です。人気のバイトとして、コンビニやファミレス、食品製造・販売など5つをピックアップしています。自宅近くのコンビニや、ファミレスの求人情報などを知りたい時に便利です。

また、参考になるコンテンツとして高校生のバイト人気ランキングがあります。男女ごとのランキングなので、バイト探しに役立てましょう。

まとめ

高校生のバイトにとって最も重要なことは、高校生活との両立です。バイトに熱中するあまり、高校生活がおざなりになっては本末転倒になってしまいます。バイトをしなければならない事情があるにせよ、学業を最優先とするのが基本です。

また、自分に向いているバイトを探し出すことも重要です。というのは、興味がありやりがいを感じられるバイトならば、さらに仕事に打ち込むことができるからです。

この記事では、高校生に人気のあるファミレス店員やカフェ店員などの情報を詳しく扱っています。また、高校生がバイトを探す際に重宝するサイトも紹介しています。ここまで紹介したバイト情報と、高校生向けの求職サイトを活用し、自分に合ったバイトを探しましょう。