憧れの土日休みの仕事に転職したい!その女性の思いを叶える方法

平日休みの会社に勤めていると、「友人と予定が合わなくて学生時代の友人と疎遠に」「子供の学校行事に参加できない」といった不便がありますよね。休みの曜日が不満で転職を考えている人もいるでしょう。

ここでは平日休みと土日休みのメリット・デメリットを整理しつつ、土日に休みの会社に転職する際に気を付けるべきことや、土日休みの会社に転職を成功させやすい方法などをお伝えします。

平日休みの会社から土日休みの会社への転職は自己流だと難易度が高くなりやすいので、記事を参考にしながら取り組んでみてくださいね。

会社の休日選びは大事

ライフスタイルが異なる

社会人は勤務先が土日休みか平日休みによって、ライフスタイルは全く違うものになります。土日休みと平日休みでは、家族との過ごし方や付き合う友人も変わってくるので、その辺りをどうしたいかが仕事を選ぶときのポイントになります。

家族や友人と予定を合わせやすいのは、言うまでもなく土日休みの会社です。男性ももちろんそうですが、女性の場合は特に、将来家庭を持ったときのことを考えて、土日休みを希望する人が多いです。

土日休みと平日休みは表裏一体

土日休みと平日休みは、どちらにもメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
土日休み ・友達・家族と予定を合わせやすい
・イベント事は土日開催が多い
・毎週連休がある
・GW万歳!
・公共施設になかなか行けない
・どこにいっても混んでいる
平日休み ・空いているときに遊びに行ける
・旅行の予約を安く取ることが出来るなど、平日割引価格を利用できる
・病院や市役所等の公共施設に行きやすい
・友達や子供の学校行事と予定が合わない
・通勤が土日ダイヤで運行が少ない
・連休になりにくい

平日休みの会社に勤めている人が土日休みの会社に転職すれば、土日休みの恩恵を受けられる一方で、これまでの平日休みならではのメリットは手放さなければなりませんし、ライフスタイルの変更を求められることもあります。

性格や求めるライフスタイルによっては平日休みの方が合う場合もあるので、本当に土日休みの会社を選ぶべきかよく検討しましょう。

憧れの土日休みへの転職で気をつけるべきこと

土日休みの仕事

土日休みの仕事に転職したいなら、土日休みの傾向が高い仕事を知っておくことが先決です。

公務員

警察官や学芸員などの例外はありますが、基本的には土日休みが多いです。

営業

土日休みの会社が多いですが、不動産業など業種によっては平日休みの会社もあります。

企画

個人の顧客の休みに合わせる必要がないので、土日休みの会社が多いです。

事務

休日出勤が生じる場合もありますが、基本的に土日休みです。

経理

お客さんに会う仕事ではないので、土日休みが基本です。

物流

B to B(企業間取引)事業の会社なら土日休みが多いです。

設計

住宅系の会社など例外はありますが、基本的には土日休みの会社が多いです。

研究

土日休みの会社が多いですが、出産や育児などによるブランクがネックになりやすい職種です。

インターネット

インターネット関連は土日休みの会社がほとんどです。

IT

行政などが顧客となるため、土日休みの会社が多いです。

金融機関

融資など担当業務によっては土日出勤がありますが、基本的には土日休みです。

出版

会社や職種によってはブラックですが、大手出版社は福利厚生がよく、産休や育休などの制度も整っていることが多いです。編集者など時間も曜日も無関係な職種もありますが、基本的には土日休みです。

広告

広告業界の休日は会社・職種・担当クライアントによって異なります。土日休みの取引先が多い会社なら土日休みです。

企業選びに注意!

土日休みにこだわるなら、製造業は止めるべきです。本社採用されても、異動先が工場というのはよくあるケースだからです。工場に配属されてしまうと、変則シフト勤務などで土日休みにはなりにくいです。

狙い目は営業や企画営業などの営業関係です。営業の中でも、B to B営業の会社なら土日休みが多いです。IT系、インターネット関連も土日休みの会社が多いので、プログラミングやWEB系の知識をつけて、IT関係やインターネット関係の会社に転職する方法もあります。

また、土日休みの会社でも「土曜日は隔週だけ休み」「休日出勤が多い」などの会社もあります。自分がどこまで譲歩できるかを考えた上で、事前に勤務の実態をリサーチすることも大切です。

土日休みの転職は難しい?成功させる方法とは

基本的に異業種転職になるので難しい

休みの曜日は業種によって傾向が分かれるため、平日休みの仕事から土日休みの仕事への転職となると、経験ナシの異業種に転職しなければならない可能性が高いです。

転職は、これまでの実績を一番の判断材料にされるため、未経験異業種への転職は非常に厳しいものになります。

30代前半までであれば、経験のない業種への転職でも、現職と同職種を狙えば比較的成功しやすいですが、30代後半になると業種を変えるのはかなり困難です。

もし、「子供を持ったら土日休みの仕事に就きたい」などの計画があるなら、若いうちに土日休みの仕事を選んでおいた方がよいです。

厳しい異業種転職を成功させるために転職エージェントの利用がおすすめな理由

異業種転職という厳しい条件の転職をする場合は特に、転職エージェントのサポートを受けた方が転職成功しやすいです。転職エージェントは業界や企業の情報に詳しいので、「土日休みだから応募したのに、入社したら休日出勤が多かった」といった失敗を防げるからです。

また、キャリアの棚卸しを行ってくれるので、自分の年齢・学歴・職務経験から自分の本当の市場価値を知ることもできますし、自分の条件や能力に合った求人を紹介してもらえるので、自力だけで転職活動するよりも採用に繋がりやすいです。

さらに、転職エージェントなら非公開求人も持っています。そのエージェントしか取り扱っていない独占非公開求人もあります。

まとめ

平日休みの仕事から土日休みの仕事に転職を希望する場合は、業種自体を変えなければならない可能性が非常に高いです。しかし中途採用は即戦力になれる人材を求められるため、経験ナシの異業種への転職は非常に不利です。

ですが、転職エージェントのサポートを受ければ、他では入手できない求人情報も手に入りやすく、自分の市場価値に合った求人を紹介してもらえるので、自力だけで転職活動するよりもずっと成功しやすくなります。

土日休みの会社に転職したい人には、リクルートエージェントを利用するのがおすすめです。求人数が一番多いので、業種を変えなければならない人に合う求人が見付かる可能性が高くなります。