都会で就職したけれど肌に合わない、結婚を機に子育てしやすいゆったりした地域で暮らしたい、年老いた親が心配なので近くに住みたいど、さまざまな理由で地方に移住して働くことを考えると人は多いと思います。
地方では、都会に比べると求人数は少なくなりますので、自分のスキルや職種にとらわれず、業種や働き方の選択肢を広げて少し視野を広げて考えてみましょう。また、移住すると補助金が支給される自治体もあります。

Uターン・Iターン転職を考えている人のために、Uターン・Iターン転職に適した転職サイト、転職エージェントの選び方をご紹介します。

Uターン・Iターン転職の魅力・メリット

「地方への人材の流動化」政府主導のプロジェクト

政府主導のプロジェクトの地方活性化戦略の一つに、「地方への人材の流動化」があります。地方中小企業には大きな成長潜在力あり、さまざまな専門性、経験を持った人材が求められています。モチベーションに直結する「自分の活躍」=「企業の成長」=「地域の発展」を実感できる新たなキャリアを構築できる環境があります。

住宅費や物価が安い、生活コストが削減できる。

地方は、物価や家賃や土地代が安いので生活コストを下げることができます。
広い家に住むこともできるし、貯金にまわす事もできますのでマイホーム実現も早くなりそうです。

ストレスを感じない、スローな生活

地方は、住んでいる人の数が少ないため、交通渋滞や人混み、待ち行列、満員電車といった混雑が少なく
通勤にかかる時間も短縮でき、通勤時のストレスからも解放されます。

子育て環境にも良いことが多い

Uターン転職で地元に帰ると、家族や友人のサポートが期待できます。地域の人々とつながりができ安心できる。勤め先の近くに住むことができ、車通勤等も可能で、通勤時間が短縮できます。ワーク・ライフ・バランスが取りやすく子育てや介護と仕事の両立、家族との時間も取れ、趣味や遊びも充実できる。

Uターン・Iターン転職のデメリット

地方でも田舎すぎると、、

地方都市、中核都市ならメリットを多く感じるかも知れませんが、かなりの田舎ですと、ショッピングや飲食店、医療機関、レジャー施設などが少ない、公共の交通網が整備されていないので車がないと生活不能、電車が一日1往復、バスが午前午後に2便とかザラです。

地域とご近所との距離感が近く、地域の行事、会合に参加しないといけない、付き合い方や、しきたりに慣れるまで苦労する方もいるようです。

おすすめは全国対応の転職サイトやエージェント

転職サイト・転職エージェントには地域を限定しているものや特定の地方に特化したもの、全国に拠点があり、国内全ての地域を網羅しているものがあります。Uターン・Iターン転職を考えるのであれば、全国対応の転職サイトや転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

Uターン・Iターン転職に限らず、転職サイトや転職エージェントを利用する際は、大手のサイトやエージェントを選ぶのが安心です。特定の地方に特化しているサイトやエージェントも、その地方での転職を考えている人によさそうに思いますが、規模の点で不安が残ります。零細中小の転職サイトや転職エージェントの中には、経営のシステムや資金面、営業力の関係で悪徳な業者も少なからず存在するからです。

見知らぬ土地に移り住んだものの、紹介された企業がブラック企業で、またすぐに転職、となっては目も当てられませんし、慣れない土地でブラック企業に勤務しながらの転職活動となると時間の面でも精神面でも、かなり厳しいものになります。

その点、全国展開している大手であれば企業調査もしっかりしていますし、営業対象となる企業も優良な企業を選んでいるので安心です。また、どの地方へのUターン・Iターン転職にも対応可能で、地方から上京して転職したい場合にも対応できます。

Uターン・Iターン転職におすすめ!転職サイト編

大手の、全国の求人を網羅している転職サイトを利用するのがおすすめです。どこに住んでいても日本全国の求人情報を探すことができますので、転職エージェントの利用を検討している場合も、自分の希望地域にどの様な求人がどの程度あるのかをあらかじめ転職サイトで見て知っておくとよいでしょう。

「産休・育休取得実績あり」、「子育てママ在籍中」と言った、子育てをしながら働く女性のための検索機能を備えるサイトや、何度も検索することで精度が向上する「適職検索エンジン」を備えるサイトなどもあります。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

全国の求人情報が集まる、転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。リクナビNEXTでは、I・U・Jターン歓迎求人情報が多数あります。まずここで登録して地方の求人情報を調査します。

リクナビNEXT公式サイト

はたらいく

はたらいく

地元や地域に密着した求人が多い転職サイトで、第二新卒や未経験でも応募可能な求人が多いです。リクナビNEXTでも掲載してないはたらいくにしか載っていない求人が93%を占めています。Uターン・Iターンの転職で働き方や人間関係を重視する人におすすめです。産休・育休取得実績ありや子育てママ在籍中などで検索もできます。

はたらいく公式サイト

Uターン・Iターン転職におすすめ!転職エージェント編

こちらも、全国の求人を網羅している大手の転職エージェントがおすすめです。全国各地に拠点があり、それぞれの拠点の担当者たちが自分の担当企業のことを社内の人間関係や雰囲気まで細かく知っていますので、どこに住んでいても、それらの情報を得ることができます。

また、転職エージェントでは情報集めやスケジュール調整など、担当者が代行してくれる部分も多いため、自力で直接応募するのに比べると現地へ足を運ぶ回数も少なくて済みます。

転職成功実績と求人数が多いエージェント、求人数が多く、地方の求人も多いエージェントなどがありますので、いくつか併用し、それぞれの得意なところを活用すると、より効率的に動くことができます。特にUターン・Iターン転職の場合は、希望する地域によっては求人そのものが少ないところもあり、エージェントAでは紹介できる求人がなかったけれど、エージェントBには紹介できる求人がある場合があります。

いくつかのエージェントに自分の希望地域・希望職種を伝えてみるとよいでしょう。自分で頻繁に足を運ぶことが難しい分、「家庭的な雰囲気の職場がよい」、「都会の大企業の雰囲気に慣れているので、ある程度ビシッとした雰囲気の職場がやりやすい」など実際に見ないとわからない部分の希望も担当者に伝えておくと、より希望に近い企業を紹介してもらえやすくなります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手のエージェントで、全国に16ヶ所の拠点があります。地方の求人にも圧倒的に強く、Uターン・Iターン転職に役立つイベントも開催しています。企業への交渉力が高く、給与額や入社時期などの条件交渉も頼りになります。

リクルートエージェント公式サイト

dodaエージェントサービス

doda

業界No.2の転職エージェントです。dodaの求人数は全国100,000件以上で、Uターン・Iターンの転職のために国内8エリア(北海道版,東北版,首都圏版,北信越版,東海版,関西版,中国四国版,九州沖縄版)の求人情報やコンテンツが充実しています。

doda公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントに無料登録

Uターン・Iターン・Jターン転職などのコラム、自治体・団体が支援する雇用促進情報などが充実しています。中堅の中では求人数がトップクラスで、80%が非公開求人です。北海道版,東北版,北関東版,首都圏版,甲信越版,北陸版,東海版,関西版,中国版,四国版,九州版 移住先エリアごとの転職情報を検索できます。

まとめ

都会と地方どちらにもメリットとデメリットがあります。自分がどんなライフスタイルを手に入れたいのか、自分にとって、家族にとって移住デメリットより価値があるものがあれば、Uターン・Iターン転職を検討してください。地方企業や地方自治体の中には、支援金・助成金・面接旅費を支給されることもあります。自治体のWEBサイトには移住転職の情報が充実していますのでチェックを忘れないように、そして、移住転職した先輩たちにも絶対相談しましょう。

転職サイト、転職エージェントを利用し下調べは万全にしましょう。それぞれ持っている地方求人が違いますので希望条件に合う求人を見逃さないためには、いくつかの転職サイト、エージェントを併用するのがおすすめです。サイトやエージェントによって企業との繋がりの深さが違うため、同じ求人でも条件が違う場合もあります。地方の移住転職に詳しいアドバイザーや転職エージェントに納得するまで相談しましょう。Uターン・Iターン転職の成功をより確実なものにしてください。