転職に成功しやすい人と、そうではない人の違いはどこにあるのでしょうか。そこには能力や学歴・職歴の他に、どうアピールできているのかという違いがあります。スカウトを受けてのヘッドハンター転職ができれば好条件にも期待できますが、希望していてもなかなかチャンスが得られない。そんな人は是非参考にしてください。

転職に有効な自己紹介/職歴紹介文章の成功しやすい書き方

転職において多くの人が面接を重視しています。書類選考に通ってしまえば、後は面接で頑張れば良いと考えている人も多いのですが、ヘッドハンター転職ではまず書類段階でスカウトの対象になる必要があるのです。

自己紹介や職歴紹介を軽視している人もいますが、そもそも転職において手を抜いてよい項目はありません。それでは注目されやすい内容は、どのように書けば良いのかという話になります。自己紹介にしても職歴紹介にしても、重要なのは具体性です。これこそが自己紹介/職歴紹介文章の成功しやすい書き方になります。

例えば自分はどういう性格をしているのかという紹介をしようとしても、その性格だから何があったのかというエピソードがなければ、読み流されてしまいます。これは職歴紹介にも同じことが言えるのですが、いつ、どこで、どんなことをしていたのかを必ず書いてください。

具体的な時期を思い出せなかったら「○年頃」や「○○をしていた時」でも良いです。書かれていることにしっかり中身があると見られるのか、それともただの文字の羅列だとみられるのかでは結果がまるで違います。

ただし詳細がわからないからといって嘘を書いてはいけません。整合性のとれない内容だとわかったら大きな減点対象になってしまいますし、曖昧なアピールをするくらいならそこは簡潔にまとめた方が良いでしょう。

転職に成功しやすい人はどんなことを書いているのか

ヘッドハンター転職での転職に成功しやすい人は、実際にどのようなことを書いているのかは気になるところです。しかし、改めてその内容を確認してみると、特別なことを書いているわけではありません。ポイントになるのは、その内容がどんなものなのかではなく、それをわかりやすく伝える内容になっているのかです。

例えば「新規事業を立ち上げた」ことについて、それをそのまま書いただけでは何も伝わりません。どんな役職でどれだけの規模の新規事業を立ち上げたのか、そしてそれによって「どのような結果を出せたのか」まで書くようにしましょう。

この結果の部分については、事業としての結果だけではなく自分自身がどういうものを得られたのかも含まれます。成長する機会になったのだとしても、それはどういう部分の成長になったのかが書かれていなければ、大きく注目されることはないのです。

概要だけを書いておき、面接で聞かれたら具体的に回答しようと考えている人もいますが、そこまで期待してしまうのは甘えていると言わざるを得ません。興味を持ってもらいたいポイントがあるなら、どんどんアピールしていきましょう。もちろん、そこからさらに踏み込んだ質問を受けることになっても回答できる準備も忘れないでください。

今の自分やこれからに向けての話で「〜に関心があります」と書く人もいますが、これもNGです。

関心があるなら、それに向けて今は何をしているのかが伝えるべき内容です。関心を持つだけなら誰でもできますが、それに対してどう行動を起こしているのかがヘッドハンターの知りたいことになります。

何に対して何をやってどういう結果になったのかを意識することが、自己紹介/職歴紹介文章の成功しやすい書き方です。具体的なエピソードと結びつけることによって信憑性を持たせるように気をつけてください。

ヘッドハンター転職をしたいならスキルのアピールも忘れない

転職に成功しやすい人は、自分自身にどんなスキルがあるのかもしっかりアピールしています。

自分は何を得意としているのかをしっかり把握していなければ列挙するのも大変ですが、そもそもヘッドハンター転職を希望しているなら、他社とは違う何かをアピールできなければいけません。

スキルには「テクニカルスキル」と「ポータブルスキル」があります。

テクニカルスキルとは、特定の業界や職種で求められているスキルです。その仕事をするために必要な能力だと考えてください。

ポータブルスキルは自分自身の持っている純粋な能力を指すもので、対人能力や課題に対してどう向かうのか、決断力やリーダーシップなどが該当します。

自分にはどんなスキルがあるのかをしっかりアピールしたいと考えてしまいますが、あまりたくさん出し過ぎるとくどくなる点にも注意しましょう。5〜10個程度にして、なおかつそれぞれのスキルが結びついてどういう結果を出せるのかというエピソードにできれば良いです。

まずは自分自身にあると思えるスキルを箇条書きでまとめ、その中から何を強くアピールするべきなのか、そのためにはどういう組み合わせが良いのかを考えてみてください。そうすれば自己紹介で書くべき内容についても見えてきます。

ヘッドハンター転職のチャンスが来ても落ち着いて対応すること

ヘッドハンティングの打診があれば、自分の能力を評価してもらえたとうれしくなってしまいますが、そこでいきなり飛びつくことがないように気をつけましょう。

学歴・職歴や現在の職業によっては、スカウトメールはたくさん来ます。そこまで来ると冷静になって考えられるようになりますが、スカウトメールを受け取り慣れていない人の場合、興奮してそのまま自分が転職した後のことまで考え出してしまいます。

自分の将来に対してビジョンを思い浮かべることも成功するためには重要ですが、あなたがそのスカウトメールに対して注ぐ熱量をヘッドハンターも持っているとは限りません。

ヘッドハンティングの実情としては、その企業や組織において空白のできているポストに合致した能力を持っている人へメールを送っていることがほとんどです。そのスカウトメールを送ってきた先での仕事が、あなた自身が本当に望んだキャリアプランにつながるとも限らないのです。

企業および採用担当者が誰を採用するのかを選ぶと同時に、応募する側も自分自身がどのような道に進むのかを選ぶ立場であると自覚しましょう。ヘッドハンター転職をしても、転職先で上手くいかず、結果的に元の職場で働き続けていたほうが良かったと思えるケースはたくさんあります。

自己紹介/職歴紹介文章の成功しやすい書き方は、こういう場面でも力を発揮してくれます。

自分自身がどういう人間なのかがしっかり伝わらなければ、すれ違いが生じたまま採用されてしまうこともあるのです。そうなると採用する側もされる側も、実際に働き始めてから「何か違う」という思いを抱くことになりかねません。

そもそも転職に成功しやすい人とは

そもそもの話として、転職に成功するとは「転職できること」ではなく「転職できて満足できる仕事ができること」です。転職自体がゴールではなく、転職はあくまでも新しいスタートラインに立つことだと考えてください。

ヘッドハンター転職の機会が得られるのはうれしいことですが、そこからの結果がどうなるのかについても考えるようにしましょう。そしてそこで残念な結果にならないためにも、自己紹介/職歴紹介文章の成功しやすい書き方を始めとした努力は怠らないようにしましょう。

ヘッドハンター転職ならリクルートのキャリアカーバーがおすすめ

転職活動をスムーズに進めるために、またより良い条件での転職を実現するために転職サイトや転職エージェントを利用する人は多くいます。それぞれのサービスサイトで個性を打ち出していて、扱っている求人案件や業界、条件などに特徴があります。

その中で、特にハイクラスの転職に特化したサービスを行っているのが、リクルートグループが運営するエグゼクティブ転職に特化したヘッドハンンティング型転職エージェントのキャリアカーバーです。ミドル層で高年収の職を見つけたい、高い役職が欲しい、ブランド力の高い企業に行きたいという人を対象としています。

質の高い転職支援サービスを受けるために、国内最大級のヘッドハンターのネットワークサービスのキャリアカーバーの特徴とメリットを知ることはとても役に立ちます。

キャリアカーバーの特徴

キャリアカーバーの特徴としては、まず即戦力人材をメインとしてサポートを行っているという点です。すでに高いキャリアを築いてきて、スキルや実務経験を十分に持つ人たちです。こうした人材は多くの企業が求めているため、高い年収や役職、融通の利く雇用条件での採用を提示してくることが多いです。

そのため、全体的にキャリアカーバーで扱っている求人案件は、質の高いものがたくさんあるのです。また、キャリアカーバーの特徴としては、多角的な支援を行っているという点があります。

条件に合う人材が登録をすると、キャリアを持つアドバイザーによるマッチングや紹介だけでなく、企業からのスカウトが行われます。そのため、一度登録をすれば多くの企業からのスカウトを待つことができて、時間や手間を無駄にせず候補をリサーチしていけるのです。

マッチング力が高く、求職者のスキルや希望に合った企業からのオファーが来ます。そのため、いわゆる無駄なスカウトが少なく、求人をチェックするのも簡単です。それに、異なる経営規模の会社や業界からスカウトが来ますが、明確に収入や役職などの提示がなされていますので、自分の人材としての市場価値を客観的に探ることができます。

今まで築いてきたキャリアが正当に評価され、よりレベルの高いところに移れるというメリットを得られます。

業界を知り尽くしたヘッドハンターが転職をサポート

キャリアカーバーは、それぞれの業界でたくさんの人材の転職をサポートしてきたヘッドハンターを2500名以上抱えています。そのため、本人すら認識していないような高い評価をして、より良い条件での転職ができるようにサポートします。

どの企業がどんな人材を求めているかを常にウォッチして、あらゆるニーズに応えられるように情報を蓄積しています。この情報を基に求職者のスキルや経験を比較して、そのニーズに合ったマッチングをすることができます。

そして、ヘッドハンターはできるだけ良い条件での転職ができるように手を尽くします。報酬条件が他社よりも高い水準にあるというのも、こうしたプロの努力によるものです。今までに企業にとって即戦力となる優秀な人材を紹介してきた実績がありますので、その信頼を基に好条件での採用を促すことができるのです。

さらに、単純にハイキャリアの求人案件数が多いというのも特徴です。たくさんの企業が求人を出してきますので、それだけ扱える業界や求める人物像、ポジションなどの幅が広くなるのです。

そして、転職までの流れが非常にスピーディーに進んでいくというのも特徴です。それぞれのヘッドハンターが抱える案件は、適合する人材がいればすぐに連絡がなされ、マッチングしていきます。そのため、効率よくどんどん内定まで進んでいくのです。

すぐにでも好条件の転職をしたいという人にとても便利で、無駄な待機期間を持たずに速やかに移動することができます。このように、キャリアカーバーは求人の掲載期間が短く、案件が早いサイクルで移っていきます。

そのため、このエージェントを使う場合には、気になるスカウト案件があった場合にはすぐに連絡して、必要な動きを取れるようにしていくことが肝心です。すぐに動かないと、魅力的な求人があっという間になくなってしまうこともあるのです。せっかく良いスカウト案件を見つけられたのであれば、無駄にすることがないようにしましょう。

年収750万以上専用のハイクラスの転職ヘッドハントサービス

キャリアカーバーは、年収750万以上専用のハイクラスの転職をしたい人にぴったりです。もともと、この転職支援サービスはすでに高いスキルと実務経験を持っている人材をメインとしています。そのため、企業としても好条件での採用を前提としていて、より良い人材を求めるための場として利用されているのです。

そのため、自分としては長年の経験から高度なスキルを身に着けているという思いがあるのであれば、積極的にこのサービスを活用してみると良いでしょう。また、今勤めている会社ではなかなか給料が上がらないという悩みがある場合にも、キャリアアップするための大きな助けとなるのは間違いありません。

さらに、人材としての価値を確認するのにも役立つサービスです。経験豊富なヘッドハンターが、丁寧にヒアリングと経歴チェックをしますので、キャリアにふさわしい企業を紹介してくれます。また、企業側も気になる人材にのみスカウトを提示してきますので、どんな企業から評価されているのかも知ることができます。

このように、自分の経歴やスキルが必要とされているということを、実際の市場で見られて客観的にチェックする機会を得られるのです。

30代40代50代に強く実績が豊富なサービス

このキャリアカーバーは、上記のように即戦力となるハイクラスの人材に特化して転職支援をしています。そのため、30代40代50代が主な利用者となっています。厳格に年齢制限をしているわけではありませんが、実質的にこの年代のマッチングが多くなります。

中堅クラスからマネージャーや経営陣クラスまで、経験を豊富に持つ人材に強いのが特徴です。このサービスを利用するに当たっては、すでに600万円以上の年収をもらっていることや、管理職として働いているなどの経験が必要です。もしくは、専門性の高いスキルを持っていることでも条件を満たせます。

このように、他の転職支援サービスとは違って、前提条件としてすでに一定の役職を得ている人が登録できることになっているのです。必然的に30代40代50代の人材が多く集まるというわけです。そして、企業としてもそのことを知った上で求人を出しています。

40代を過ぎると次第に転職が難しくなってくると一般的に言われています。しかし、この転職エージェントを利用すれば、逆に40代以上を含む、ハイキャリアの人材を求める企業ばかりに出会えますので、より転職を成功させる確率が高くなるのです。

役員や代表取締役として転職したい人にメリットが大きい

この転職エージェントでは、役員や代表取締役の役職にすでに就いている人、そして転職によってこうした役職を得たい人にも充実したサポートを提供しています。スカウトをしてくる企業としても、こうした役職での採用を考えているところがたくさんありますので、マッチングのチャンスが高くなります。

他の転職エージェントでは、なかなか役員や代表取締役での求人というのは見つけづらいので、このサービスを使う大きなメリットとなります。賢くサービスを利用してハイクラスの転職を成功させましょう。

世界最大級60年の実績ハイクラスエージェント ランスタッド

ランスタッド

オランダで創業した世界最大級の総合人材会社でグローバルに60年間、毎年約20万人の転職サポート実績をもつランスタッド。ハイクラス求人は、S&P500企業からスタートアップまで独自のポジションが200件以上揃っています。

外資系ユニコーンから大手企業に強い求人は、IT通信、機械・電気系、建築系、医療系、販売・サービス系、マーケティング・経営企画・管理系、金融系・営業系まで、ポジションはBusiness Partnerから代表取締役、Director、Manager、営業部長や研究開発・R&Dエンジニアなどなど年収1000万円以上の求人を常時5000件以上保有しています。

外資系らしい世界レベルで活躍する優秀なコンサルタント(英語、中国語に対応したバイリンガルコンサルタントが多数在籍)に当たる可能性が高いので、外資系転職の求人なら期待の出来る転職エージェントです。

※日本国内でも急拡大中で北海道から九州まで全国各地に93拠点があります。
※マネジメント経験を生かしたい30代〜50代までおすすめです。

ランスタッドへ無料登録

リクルートのエグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

最大手リクルートが運営する、年収600万円以上のエグゼクティブ専門の転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中からヘッドハンターが求人を探してくれるのが基本なので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。もちろん、自分で求人検索することもできます。

約100社、2500名以上のヘッドハンターがあなたの代わりに求人を探し、提案してくれるので、自分では思いつかなかった、自分だけでは探せなかったような案件に出会うことができます。
※年収800万円以上の求人情報を89,000件以上保有しています。(2021年6月時点)

他の転職サイトのように、期待度が低いスカウトメールが来ることが少ないので使いやすいです。提携しているヘッドハンターも、経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターが揃っているので、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。

※全国対応、直近年収600万円以上の方のみの受付です。

キャリアカーバーへ無料登録